「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-01-12

=2016-01-12=

ワードからコピー

もう、皆馬鹿になるな。
もう、皆のことを馬鹿にしない。
昔の文章は、認識出来ていることや存在出来ていることなど、哲学的な知性が多かった。
哲学的に、経験的に全て分かっていた。
気持ち悪くなると治る。
自然な経験から、何を自由にするべきか分かっていた。
もっと書くことがあったが、忘れた。さっぱり何も覚えていない。
止まると、治るのが怖い。そういう、治るのが怖いのを何か言いたかった。治ると死ぬ。
理性と社会は、昔も、今も多い。昔も、今も、理性と社会を考えるだけだ。
そろそろ、与えるのが悪い。ありのまま書かない。
世界を作り変えて、世界を支配していた。
考え方を自分で作って、自分で科学を作って、それで自分だけ分かった。
世界を変えたかったが、それはそのまま現実になった。
もう、ありのまま晒すのではなく、勝つ。
ありのまま滅びて行くのではなく、勝つようになれ。それですぐに治る。
安心とは、恐怖である。
不安の中では、安心と恐怖はイコールだ。恐怖を受け入れると、安心出来る。
それで、死ぬ。それは怖い。そういうわけで、安心と恐怖は本当に同じだ。
夢の世界と思えば良い。恐怖はそのまま安心になる。
あとは、この世界がありのまま滅びて行くのが治ると、すぐに安心出来る。
この世界は、滅びている。だが、代わりに、強がりや欲張りが無意味になった。
不安はそのまま安心になる。そういう風に狂えば良い。そういうものが怖い人間が多い。自分から不安になるようなことを言っていると、すぐに楽になる。そういう人間が多い。
辛くても、楽だと言えば良い。皆も辛いと言えば良い。そういう人間は、良い人間だ。
あとは、嘘を信じた方が良い。正しいことは、何も理想が無いものが多い。
理想の方が正しい。
そういうわけで、2ちゃんねるで辛さや悲しさを経験していると、良く分かる。
理想的に考えて、自由な方が良い。自由がどんなに悪くても、自由で無ければ意味が無い。
そういう人間は、賢くなる。本当に、ありのままの真実は、馬鹿だ。
そして、キルケゴールのように実存的経験を経験していると、マスターになれる。
体験すること。自分が出来たことは、他の人間でも出来て、逆も正しいと考えること。
確かに他人は存在する。教えてあげれば、教えてもらえる。助ければ、助けられる。
明らかに、皆も辛い。皆、何も分からない。
馬鹿では無い。自分の方が馬鹿だ。皆は、仕事をして、子供を育てて、学校へ行っている。
自分の方が楽だ。自分なんか、ニートだ。こんな馬鹿に意味が無い。
それこそ、自分は頑張っている。だが、皆も皆で頑張っている。
そういう風にすれば、楽になる。本当に、皆賢いから分からないだけだ。
皆の言うことを聞いて、従った方が良い。皆の方が、きちんと社会のことが分かる。
自分なんか、何も知らない。皆の方が色んなことを知っている。経験も皆の方が多い。
だが、自分は幸せだ。これくらいで、充分満足だ。そういう風に考えると良い。
辛くない。ほとんど楽になった。いつもに比べると、ほとんど完全に楽だ。
本当に楽になった。僕は、楽だ。今一番辛いとは言うが、それは無い。昔の方が辛い。
正しく考えるのではなく、良い心構えをして、気分良く考えた方が良い。
正しさなんか、賢くない。嘘の方が賢いことは、本当に多い。
神と思えば良い。神を良く考えると分かる。この世界は唯一無二の可能性の個別化だ。
時間の超越でも考えれば良い。そういうことを考える人間が多い。
過去も現在も未来も、全部見通して、全てを創造出来る存在が考えられる。
それは、全知全能の神でもある。それは、仏のようでもある。それは、天使になった男に出て来る、レイフのような存在でもある。
それこそ、時間を超越し、存在するか、しないか分からない境地で時間を考える。
そういうことを考えるのが哲学だ。
もっと、正しい行動をすること。それも、正しさではなく、理想や賢さを追求すること。
仏教の八正道や、カントの道徳律に近い。そういうものを考えれば分かる。
正しく思索し、行為し、感じ、思考し、信じ、祈り、瞑想する。そういう発想が宗教だ。
ヤスパースは、人生論として参考になる。
本当に、集団に埋もれると分からなくなる。主体的に、1人行動していると、良く分かる。
そういうものを、自由と言う。それこそ、主体的に自由に行動すれば良い。
行為、思考、言葉の関係を考える。それは、主体的な行動と経験から、見えて来る。
正しく人助けをしていると、神が自分のことを救ってくれる。
戦いは悪い。平和な方が良い。
自分のことはどうでも良い。皆が辛い。皆、戦って、いじめるのが、あまりに辛い。
戦いなんか、無い方が良い。ソニーが勝っても、負けても、そんなものは誰もがどうでも良い。学校でいじめるのは、大人が競争で戦っているからだ。
見ていると、ビジネスも、戦争も、戦いは全部悪い。平等にして、平和にした方が良い。
競争を健全と言って、発展を良いと言うが、ありえない。ただ、意味の無いパソコンの世界になっただけだ。
平等にして、皆で決めるようにすれば良い。独裁者も悪い。
平等な方が良い。王は、平等であるべきだ。正しい王でないと、意味が無い。
ただ、独占し、官僚主導になると、腐敗する。それも、競争やいじめよりはマシだ。
ただ、それを言うと怖い。ソ連は本当に悪い。
左翼なんか、本当に一番多い。平等の方が良い。社会主義にすべきと言う馬鹿は、多い。
左翼は命を守る。左翼は賢い。
だが、左翼は綺麗ごとばっかりで、悪いのに悪くないところがある。理想を全面に押し出すせいで、本当は馬鹿で、本当は悪いのに、表面だけ良く見える。そこが嫌いな人間が多い。それこそ、ソ連なんか、本当は強制ノルマと強制収容所だけをやっている。それだけの国だ。皆を平等と言って奴隷にしている。騙しているように見える。
右翼の方が色んなことが出来る。悪人の方が自由だ。そういう人間も多い。
最近は、そのどちらかしか居ない。右翼も、左翼も、あまり変わらない。
左翼は、委員会で決めるから、何も出来ない。そんなものを信じていると、脳が馬鹿になる。頭の中が、クソみたいに馬鹿になる。左翼は馬鹿だから、信じない方が良い。
おかしい。明らかに自由と民主主義が良い。左翼も右翼もキモイだけだ。
人種の違いは、遺伝子ではなく、社会や言語など、もっと他のものにある。
そういう、色んな環境的な要因を考えていた。人種だけではなく、環境や習慣や教育などの面で、色んな要因から自然にそういう社会になるのを考えていた。
批判を禁止するのは、おかしい。批判は自由にするべきだ。
だが、そんなに批判するのはおかしい。批判を良いと思うと、批判するようになる。そういう発想が一番おかしい。
そういう発想が橋下だ。批判を良いと思っている。馬鹿なインターネットだ。
安倍は、一億総活躍社会と言っているが、ありえない。馬鹿すぎるのが分かっていない。国民を抑止力で守ると言っているのは、賢いつもりだから、ありえない。馬鹿に見える。
戦争法はすぐに廃止すべきだ。それしか居ない。改憲も阻止しなければならない。
僕は、右翼なんか嫌いだが、左翼も嫌いだ。自由が好きだ。
ただ、そんなに自分が批判したいのもおかしい。
政治家は、馬鹿に見えて悲惨だ。自分が一番良い。作家で本があるのは、賢い。ちょうど良い人間になった。これくらいの成功が良い。
そういうわけで、世界中で一番自分が良い。ビルゲイツより良いと思う。
皆は馬鹿だ。それこそ、皆も戦えば良い。社会を相手に戦って、神話の英雄になれ。
あとは、むしろ、何も無い。今日は楽しい。それこそ、これで良い。自分は一番楽だ。
それなら、笑っていられる。自分を楽だと思えば良い。不幸も幸福に変えれば良い。自分の頭が一番幸福な考え方をしている。楽でなくても、幸福だ。全部に満足している。
自由にすると、可能性と可能性が融和して、放っておいても良くなる。
何もしなくても良くなる。
昔から、そういう自由が好きだ。
そういうわけで、オープンソースはてなブックマークが好きだった。
だから、基本的にパソコンは好きなのが自分だ。
だが、風紀を乱したり、おかしな批判をしたりするのは、昔から嫌いだ。
支配して平等にするのが好きだ。昔から、自分が一番責任感と真剣さがある。
真剣に考える。慎重に考える。だが、ダイナミックに発想する。
シャイだが、理想は外向的で直観的な社会を作る。そういう人間だ。
むしろ、批判なんか本当にしない方が良い。批判している人間は、何も分かっていない。
臆病者だったが、勇敢に戦っていた。自分が一番勇気がある。自分が一番強い。
自分は、弱くない。昔から、賢く考えて強い。影響力を行使して、誰にも負けない戦いをする。支配の方法が賢い。こういう風に支配すると、誰も存在を知らないから、勝てない。
あとは、左翼が何も出来ないから、最近は、本当に自由を信じる人間が多い。
自由に出来るようにするのを信じていると、何もかも自由に出来るようにすべきに見える。
それこそ、自由になるように作れば良い。いつも、そういう発想が多かった。
それが一番コミュニストになっているのは、分からない人間が多い。左翼は自由だ。
不思議と、自由は左翼には見えない。昔から、可能性と可能性が融和して、爆発的に発展する、そういう自由が好きだ。放っておいても、集積し、拡散する自由だ。
それこそ、左翼は一番自由が無い。自由は、右翼だと思う。戦い、支配し合う自由だ。
中国の陽明学が言うように、天地の理は自分の中にある判断力にあり、それは実践を伴うもので無ければならない。今、明の文化のところを読んでいて、発見した。
あとは、マルクスのように、歴史の必然や疎外から考えれば分かる。
国や政府が何も分かっていないのが悪い。政治家や官僚が、何も分かっていない。
ただ強いだけ、従うだけの政治ではなく、国民をどのようにすれば良いのか、きちんとビジョンと見通しのある、賢い指導者の政治をしなければならない。
それも、言葉だけが良いのでは悪い。国民をどうすれば幸福になるか、どうすれば問題を解決出来るのか分かった、プラトンの言う哲人の王のようにならなければならない。
ただ、哲学ではないだろう。それこそ、問題はどこかに存在する。きちんと正しく考えれば、過去に遡って、全ての方法で解決出来る。解決するための方法は、無限にある。
それこそ、未来のことを全て見通すことは出来ない。その場その場で、一歩ずつ解決していくしかない。ヒトラーのように、滅ぼしても意味は無い。建設的に考え、実践すべきだ。
実践すべきと言う考え方は、悪くない。考えているだけでは意味が無い。きちんと実現するために、良悪を考えながら、実践の方法を考えるべきだ。そこでは、ただ実現するだけではなく、試し、経験し、正しく実験し、改めることが重要だ。
アイデンティティは、経験から生まれる、無限の可能性だ。AAAが似たことを言う。
それこそ、そういう風に考えれば良い。実験し、経験し、色んなことを実践し、解決しながら、社会を1つ1つ発展させる。未来のことは分からないが、問題は常に発生する。
未来のことは分からないが、過去のことは分かる。どこへ行くのか分からなくても、どこから来たのかは分かる。J Soulが言っている。
昔は、経験的に行動と感情を考えて、マスターのように分かっていた。
道理、支配、実現を考えた。何でも支配出来て、実現出来る人間だった。
行動すること。失敗から学び、成長すること。そういうことが分かる人間だった。
もっと、経験的な行動を考えた方が良い。ネットを見ていると良く分かる。
そんなに賢くは無い。賢く見えるのは、何もしないからだ。何かすればすぐに分かる。
失敗するのが怖い。それは、世界が滅びると思っていたからだ。失敗しても、世界は滅びない。もっと良い世界になるだけだ。それが怖いのかもしれない。
自分は、神のように全部分かっている。
社会、構造、意識、段階、考え方、論理、世界観、分析など、全部分かっている。
いつも、そういう、神のように全部分かっているのを書いていた。
本当に神のようだった。全ての宇宙存在を実現して、完全なシステムと法則の真理を作っていた。世界のこと、人間のことを、自由に分析する力があった。
こういう人間が多い。不思議と、そのまま分からなくなって、馬鹿になった。
人生を書いている文章が多かった。最後まで偉大な人生を生きて、人生を書いていた。
今、おとなの教養は、ニュートンのところを読んでいる。
ニュートンは、リンゴが木から落ちるのに、太陽や月は何故地球に落ちないのか考えた。そして、万有引力の法則を発見して、惑星の動きを正しく見事に説明した。地球上でも、宇宙上でも、同じように万有引力が働いていることを、提唱した。まだ読んでいる途中だ。
昔は、ロックのように、知性や経験や理が分かる人間だった。
要は、すでに分かっているのが悪いだけだ。
知性は知性だ。学習は学習だ。想像力は想像力だ。
そういう風に、きちんと考えれば分かる。それこそ、もう分かっているのだけが悪い。
昔は、そういうものを書きたかった。
学習と本質から知性は生まれる。だが、そういう風に分かるのは、悪い。
きちんと分かっていない。言葉にしても意味が無い。もっと、きちんと考えれば良い。
あとは、会社に入るのでも考えれば良い。
構造を消すと治る。構造以外のものを作ればすぐに治るのが、こういう病気だ。
知性は知性であり、知性以外の何物でもない。
それこそ、説明なんかしない方が良い。
ただ、説明しなければ、分からないこともある。そこでは、自分の力で説明し直すべきだ。
言っていることがおかしいように見えて、知性と説明は、裏表のようなものだ。
知性から説明が生まれ、説明から知性が生まれる。
それは、説明のない状態も、説明しかない状態も、どちらも包括する、真理だ。
経緯は経緯だ。経緯以外の何物でもない。
経緯を見通すことで、この世界の全てを見通すことが出来る。
経緯には、本質とパターンがある。歴史は繰り返す。
時代によって、時代とともに、経緯のパターンが移り変わる。
社会は、その社会の本来への形式へと、時を超えて、移り変わって行く。
ブッダが言うように、この世は諸行無常である。何も変わらないものは、1つも無い。
状態とパターンから、遺伝子が分かっていた。
プラトンの言う、イデアが分かった。ネットの経験から、真善美のイデアを知った。
あとは、自分は本当に賢くない。哲学者とは言うが、哲学者ほどに賢くない。
自分は、詩人だからそれで良いと思う。
昔も、プログラマとは言うが、プログラマほどに賢くなかった。
むしろ、昔は本当に賢い哲学者だった。仏教徒と思えば良い。だが、賢くないのが昔だ。
あとは、この世界の理をニュートンのように分かる、科学者の発想があった。
条件から発想法を作る。ネットの経験と知識の分析から、発想の条件の構造を作った。
そういう風に、言葉で分かっている分かり方が悪い。条件は条件で、発想は発想だと思えば良い。そういう風にすると、知性が無くなっているのがすぐに治る。
最近していないが、昔は抽象的に予測する考え方が多かった。
実際の姿を把握して考えていた。
そういう昔を、もう忘れた方が良い。言葉を治すために、予測を予測だと思えば良い。
事前に考えることで、全ての世界のコピーを自分の中に作ることが出来る。
それは、経験論や人格論となって、全員のコピーを自分の中に作ることが出来る。
そういう人間だった。考え方を自分で作って、自分の科学を「出来る」から作っていた。
昔、そういうことしかしていない。
そういう仮想世界をそのまま書いている文章が多かった。
世界をそっくりそのまま自分の中に作る。そこから、経験論のように分かっていた。
昔は、そういう、仮想世界と学習と世界モデルで分かった人間だった。
本質と人格を作っていた。それくらいの積み重ねの段階で、不思議と全部分かった。
こういう人間は、普通に多い。哲学者に見えて、そういうものではない。
自由な経験から哲学を分かっていた。経緯や道のようなものを、予測して分かっていた。
それも、経験を経験だと思えば分かる。
何か、新しいものを知る。道や開拓や未知の世界を知る。そういうものが経験だ。
昔は、自分で経験しながら、他の人々が何を考えているか、分かっているか分かった。
周りに居る人々だけではなく、過去に居た人々についても、経験から本当は何をしていたのかが分かった。振り返って、反省して、人々のことが全部分かった。
そこから、手助けがしたくなって、オープンソースに傾倒した。
自分に出来ることは、何でもしたかった。本当に努力していたが、悪い点も多かった。
あとは、本質を本質だと思えば良い。
類似性や階層性から、意味と論理を分かっていた。
論理は論理だ。沢山ある論理を全部吸収して、自由な相対性から考えていた。
その人が何を出来るのか考えて、可能性と参加を分かった。
協力すること、合意することで、初めて良いことが出来る。それが自由の可能性だ。
そういうわけで、良く考えると、社会主義国家主義にも自由な点が多い。
自由なモデルから、そういう思想の構造を作り直すことが出来る。
それは、考え方と構造だと思えば良い。確かに作り変えられるのが、誰でも分かる。
視点を視点、構造を構造だと思えば良い。
新しい視点は、新しい経験から生まれる。経験がそのまま視点になる。
構造とは言うが、構造はこの世界にある自然構造の、人間的な模倣に過ぎない。
そういうわけで、本当の構造は、数学的であり、人間の構造は、言語的である。
そういう風に考えると良く分かる。ウィトゲンシュタインと良く似たことを言った。
あとは、人間を人間だと思えば良い。
人間は、可能性のある、協力し、役割分担をし、知性を高める生物だが、動物的な、脊髄反射で反応し、欲望や本能に従うところもある。行動と環境は心理学で考えられる。
あとは、学習を学習だと思えば良い。
人間を作り出しているものは、知、経験、記憶、学習である。
その中でも、学習は能動的な経験だ。
本当に、学習から、方法や仕事など、人間の全てが生み出される。
それは、行動的な学習だけではなく、勉強などの学習も含まれる。
そして、認知的な学習から、コンピュータやインターネットのような学習も含まれる。
2ちゃんねるで行動する馬鹿な本能や衝動も、学習である。
そういう風に考えれば良い。
そろそろ、書くことはあまりない。もう、ほとんど全部書いたはずだ。
抽象性を抽象性だと思えば良い。
言語的で自然的な、観察と経験から抽象性が分かって来る。
Linuxだと思えば良く分かる。抽象性は、コンピュータの世界に一番多い。
記号化と自動化だけではなく、階層性やツリー構造など、モデルを抽象化と言える。
あとは、人生を人生だと思えば良い。
全員の人生を分かって、全員を吸収していた。人生を本当に全部分かっていた。
経験から感情や言葉が分かった。人生を知った上で、心と言葉を支配する。
賢かったが、ある意味悪魔的だった。不平等で不自由な悪の発想を悪魔と言う。
あとは、分からない。色んなモデルを作って、森羅万象を作っていた。
理性的な構造の動的な創造と形成が分かっていた。それをモデルを作ると言う言葉にした。
構造の動的な生成は、人生、社会、コンピュータ、科学、学習など、全てに及んだ。
歴史的に世界を見つめていた。
歴史を歴史と思えば良い。
この世界がどこから来て、どこへ行くのか、そういうものを思索した。
哲学的な発想は、そういう思索から、前提条件と手段の構造を考えて作り出した。
必要性や知識の前提が分かっていた。
人間が、今どこに居て、何をするために今何を考えているのか、そういうことを考えた。
目的を考えながら、今何を考えて、今から何をしようとしているのか、考えていた。
そろそろ賢くなった。哲学者のようになっている。
目的を目的だと思えば良い。
何かをする際に、何が必要となるか。何をしようとしてそのことをして、結果的に何を学習するか。そこから、この世界が何になろうとしているのか。そういうことを考えた。
あとは、サルトルのように、あるもの、ないもの、色んなものを考えていた。
それこそ、あるものを全部書いている馬鹿な文章が多かった。
あとは、言語を言語と思えば良い。
言語は、ある意味で主体性であり、ある意味で場や環境的なものである、と言える。
言語の世界の中に、自分と言うキャラクターが居て、言語的な場で戦っていると言える。
あとは、創造性を創造性、心を心と思えば良い。
創造性と愛は、世界を救う。創造性には、世界を発展させる正のエネルギーがある。
心は、時に臆病になって、時に縮こまってしまう。
だが、心を開くことによって、世界を変えられる。
自分勝手にならないこと。
恐怖に勝てないのは、心のどこかに問題がある。
裏で支えているもう一つの心を知ることで、本当の自分が分かって来る。
そういう風に考えれば良い。
考え方とは、社会から人間まで、全ての考え方を包括した考え方のことを言っていた。
そういう、総称的なことを言う。全てを包括した言葉をいつも書いていた。
あとは、人間と存在の関係のように、関係を作っている考え方が多かった。
何でも、事前にモデルを作ることで、関係を考える。
昔は、それくらいの馬鹿だ。何がいつどこで何に関係してそれが生まれるのかを考えた。
そういう風に分かっただけだ。そこで、体験や経験を考えていた。
もっとハイデガーのような奇抜な発想だと思えば分かる。
未知の開拓や認識の可能性など、そういう考え方をいつもしていた。
認識が、今ここで出来ていること。それをきちんと考えると、存在が良く分かる。
哲学は、そういう風に考える。デカルトハイデガーが良く似た範囲に居る。
知恵や方法を作り出すとか、そういう、動的な発想で世界を変える考え方が多かった。
知恵や方法を皆の力で生み出して、共有する。
そういうものが、インターネットとオープンソースから分かっていた。
それも、方法を方法だと思えば分かる。
方法は、発想の方法がある。発想するために、そのことを良く考えて、1つのマニュアル的な方法を作り出す。認識の方法なども、同じだ。方法とは、発想と分析である。
分析を分析だと思えば良い。
何かを分析するためには、その結果を良く知り、原因を辿り、別の可能性を想定し、観察し、実験し、試し、改め、知を共有し、検査し、推論し、疑い、部分化し、統合する。
そういう、分析の方法ぐらいをいつも書いていた。
部分化と統合が一番多かった。そういう、分析の方法をいつも書いていた。
あとは、視点を変えると、出来事を良く考えられる。
出来事を出来事だと思えば良い。
何かが発生した時、それは別の何かの出来事がその発生に関係し、関与することがある。
それは、1つにまとめて、同じ出来事に出来る。
そして、出来事は遡ることで、いくらでも沢山の出来事の関連性として結合出来る。
それは、物理的な自然な運命であり、カントの言う、自然の因果性である。
カントは、ここで、自由による因果性もあると言う。それは、あるか、ないか、不明だ。
あとは、相対性と具体性でも考えれば良い。あまり書く意味が無い。
相対性は、それぞれが絶対的ではない、相対的な理由で行われていると言う考え方だ。
要は、何かを動かしている絶対者は居なくて、それぞれの現象の関係性としてものごとは動いている。神はどこにも居ない。
具体性は、最初にモデルを提示することで、あとのことを説明として考えることが出来る。
法則には、具体性がある。具体性を良く分析することで、法則を導き出せる。
不思議と、本当にこれくらいの文章だった。
あとは、2ちゃんねるで馬鹿を聞いて分かっていた。賢い人間の言うことも、馬鹿の言うことも分かっていた。馬鹿も賢いと思っていた。多角的な視点から分かっていた。
マエケンが大リーグの球団が馬鹿なのは、明らかに分かっていない。2ちゃんねるの馬鹿が、大リーグを馬鹿と言ったり、賢いと言ったりする。そういうものを全部見て分かる。
だが、馬鹿を見るのは本当に止めた方が良い。頭がおかしくなる。
そういうものを、環境の内側と外側を比較して分かる、とか言っていた。
2ちゃんねるは、何かが本当に怖い。自分のせいでありえない掲示板になっている。見ない方が良い。最近、もう何年もネットは見ていない。10年前の話をしている。
愛の反対語は、憎しみではなく、不安だと思う。
愛と不安は、対極の概念であり、表裏一体である。
愛があるから不安があり、不安があるから愛がある。
正しい考え方で、推論していた。そういう文章が多かった。
生命には、意識がある。生命とは、意識の観測機械である。
動物だけではなく、植物にも意識はある。
何でもモデルを作って、何でも分析して分かる人間だった。
環境から、生態系や社会組織などの世界を作っていた。基盤から世界を作った。
革命家や王のように、全部していた。全部するだけの文章だった。
僕は、今からオーディンになる。北欧神話の主神だ。老人のような、長老の神になる。
そろそろ、もう書かないかもしれない。
法則や、感情と思えば分かる。
それこそ、そういう風にすると、もう書けるのに書かなくなる。
こういう人間が多い。
ゲーテが言っている。出来るのにしないのか、したいのに出来ないのか、しかない。
ちょっと覚えていないから、ゲーテは言っていないかもしれない。そんな馬鹿なことをゲーテが言うはずがない。どうでも良い。どこかの名言サイトで見た。
こういう、何も死なずに、全部生きて分かる人間が、大人に一番多い。
昔の子供時代が終わるとこうなる。そういうわけで、子供なんか馬鹿だ。
大人は、正しいことしかしないし、正しいことしか分からない。一番こういう人間が多い。
オーディンは、最後まで終わってから、全員復活して、北欧神話全員の神になる。
あとは、全員をモデルにして分かっていた。
全員の経験をモデルにして、吸収していた。関係をモデルにした。
原因と結果を考えていた。国の体制も考えた。
アリストテレスのような森羅万象の科学だった。
昔は、馬鹿でないと出来ない。誰でも馬鹿になると出来る。
高校生なら誰でも出来る。そういうわけで、昔なんかしない方が良い。
これを読んで終わりだ。それで良い。それが一番楽だ。
もっと賢いことをした方が良いだろう。
この文章を書くのは難しい。
この文章は、分かっているから書けるだけだ。それだけの文章だ。
そういう、難しいことを何かした方が良い。
最近は、永遠に二人が確認をしているだけだ。そこがセックスに見える。
昔は、方法を積み重ねて分かっていた。
最近、方法を考えなくなった。そこがおかしい。己の可能性を高めないのがおかしい。
この文章は、そろそろ全部書いた。もう残っていない。
あとは、自然から可能性を作っていた。組織や環境を作った。それくらいの文章だった。
何か、習得すれば良い。
ネットを見ても良いし、本を読んでも良いから、習得しないと悪い。
何もしないなら、意味が無い。
大学は止めた方が良い。一番間違っている。出来るわけがない。
開拓とか、憂国とか、それくらいが書いていない。文章は、そういう内容が一番多かった。
単純な人生の羅列から、宇宙の全ての経緯、時系列のようなものを作っていた。
発想は、提案のようなことをしていた。数学を具体的に考える。
自分は、何もしないせいで、何も覚えなくなった。時間で覚えないのがおかしい。
誰でも、普通、時間で覚えて、すぐに忘れるだけだ。それを永遠のサイクルにしている馬鹿が多い。テレビを見ていると、そういう人間になる。不思議と、こういう人間も多い。
自分は、最後の永遠のイスラム教徒の王だ。
ただ、イスラム教はもう止める。もうこりごりだ。本当に地獄みたいに辛かった。
そういうわけで、仏教に戻って日本人になる。神道を信じれば良いように見える。
論理学、世界観、国家モデル、経済システム、共同体、ロシアの歴史などを書いている。
そろそろもうない。
あとは、文学のような内容や、自分の宗教や資本論を作る、と言った発想が多かった。
自分の国や科学を全部作っていた。多神教の神話や、師弟制度の資本論を書いた。
社会主義を自由にして、自分の人生のようなことが出来るようにしたかった。
人生、社会、意識、存在、認識、様相、状態、自由、知性、関係の段階を書いていた。
何でも段階的に分かる人間だった。
あとは、地球や宇宙を構造にして分かっていた。
オーディンになって、北欧神話の神が復活すると同時に、この地上に生きていた、全ての人間、全ての生命、全ての存在が復活する。
地獄にはならない。全員天国になる。だが、望むものは、自分と同じ試練を経験出来る。
そういうわけで、いつもそういう全ての存在と対話している。それが自分の神だ。
ここからの世界は、イスラム教徒と白人の全面戦争になって、そのうち滅びるだろう。
自分が最後のイスラムだ。それこそ、イスラムなんか、キモイだけだ。
あとは、オーディンの中には、本当に地球の全員が居る。本当にそこまで分かっている。
つまらない馬鹿だったが、頑張って戦ったトールが賢い。トールが優勝だ。
トールが優勝だから、トールの本が残った。
トールは悲惨に何も分かっていない。戦争と神しか分からなくなっている。
こういう人間が多い。
何故か、何も分かっていない神が自分だ。そういう人間に見えて悲惨だ。
準優勝は、チュールとロキのどちらかだ。チュールはハッカーで、色んな人生経験から天才みたいに全てのことが分かった。ロキは、チュールと何も変わらないが、もっと賢くなって、チュールの時代を振り返って分かっている。そういうわけで、準優勝はロキにする。チュールは、そういう、表彰台にふさわしくない。色々と悪い人間だった。
北欧神話は、普通、オーディンとロキとトールぐらいしか出て来ない。それくらいの面白い神話だ。主人公はトールで、相棒はロキだ。本当の神話もそうだから、それで良い。
明らかに、3位はフレイだ。フレイは、哲学者の支配者の大学教授だ。何かが悪いが、ウィトゲンシュタインのような、賢くてカッコいい人間だ。ただ、悪い方の神だ。
チュールはアウトローなやくざみたいな人間だったが、見ていると、トールもロキもフレイも、どれも全部チュールだ。チュールは、そういう、何にでもなれるジョーカーだ。
あとは、ドイツを悪く言うと、西ドイツは自由なナチで、東ドイツは平等なナチだ。ナチが右翼と左翼に分かれて戦っている。
だが、あまりそういうことを言わない方が良い。あれは、良い国だ。西ドイツはまともで、東ドイツはこうだ。自分は、東ドイツを作りたいだけだ。本当に悪い国にはなっている。
ドイツは好きだ。日本の方が悪い。日本は、今でもナチのままだ。天皇のままだ。
むしろ、そういう帝国主義より、フランスやイギリスの方がキモイ。自分の国だけが勝つ、自分の国民だけの自由をやっている。黒人を動物だと思っている。フランスの方が悪い。
日本が良いと言う。黒人が見ても、日本が一番仲間だ。日本が勝つなら、黒人も勝てるように見える。日本人の右翼は、誰も悪いとは言わない。白人の右翼は明らかに悪い。
自分は、ソ連が好きだから、左翼でもある。不思議と、ソ連が好きな方がさらに居ない。
共産党は、自分はつくのがおかしいと言う。社会主義者の右翼がソ連が好きなのは分かる。それは、社民党につけば良いように見える。ヒトラーみたいな右翼が本当に多い。
むしろ、戦後の自由な民主主義も好きだ。戦争なんか、したくない。平和が好きだ。
最近の地球は、ドイツが悪いだけだ。自動車とコンピュータがあまりに悪い。
だが、それは悪いと誰も言わない。皆、賢いと言う。
社民党に本当に独裁者が好きな馬鹿が多いから、それで良い。自分は社民だ。社民と思うと、白くて優しい人間に見える。馬鹿な人間に見えるが、社民はこういう風になる。
共産党が見ても、共産党で悪くは無い。こういう悪いだけの自由なコミュニストが多い。普通、こういう人間のためにある。戦って死ぬ。それだけの党だ。
社民党と言うと、オープンソースに見える。フランスがこういう馬鹿な国だから、歴史はフランスをすれば良い。ドイツは止めた方が良い。右翼が来ても、右翼に殺されるだけだ。
あとは、グループを作って、資本論のような科学を作っていた。
グループから組織を作る。そういう、まともな発想が多かっただけだ。
あとは、むしろ、党なんか維新で良い。こんなやくざみたいな右翼が多い。キモイとか、嫌いだとか、そういうことは言うが、あれが自由な党だ。あまりおかしくは無い。ソ連はキモイとは言うが、自由にはそういう馬鹿が多い。
そういうわけで、維新を応援するからありえない。維新なら、自民に勝てる。
むしろ、普通に民主党を応援すれば良い。民主も悪くは無いが、嫌いな人間が多い。
自分は民主で良いだろう。それこそ、昔からいつも民主を応援している。
共産党は、むしろ、本当に止めた方が良い。ヒトラーは殺される。ソ連に行くと、すぐに死ぬタイプの人間だ。ネオナチなのがすぐに分かる。無意味に死ぬから、止めた方が良い。
ドイツに行けば良い。それこそ、右翼は殺さない。ドイツにはこういう馬鹿が多い。
皆、フランスが良いとは言うが、フランスは逆に、普通の良い国だ。こんな馬鹿は居ない。
むしろ、世界史や哲学なんか、止めた方が良い。これがドイツの大学に来ると、悲惨だ。皆、やくざに見える。本を見ても、カルト信者だ。本当に止めた方が良い。やくざは悪い。
もっとマシなことをすれば良い。物理学でもすれば良いとは言うが、出来るわけがない。そんなものはしなくて良い。賢いことを何かしたくないのがおかしい。
作家になりたいなら、それも止めた方が良い。本当に地獄になった。くたばるまで続けるのは良いが、ありえない。地獄の人生を生きたいのはおかしい。
昔は、ネットで全員を分かっていた。不思議と、本当に色んな人間の知性を吸収している。見ていると、そういうことをしている。普通の人間の分かることが全部分かった。
むしろ、経済学をやれば良いように見える。いつもやっているようで、今度はきちんと日本の民主主義を分かれば良い。社会主義はもう良い。
あまりおかしくは無い。歴史の本を読んで、次は経済学になるのは当たり前だ。
数学は出来ない。見ていると、出来るわけがない。
数学は、昔の自分がきちんと出来ている。本当に、パソコンのおかげで、数学者のように分かっていた。それで十分だ。
そういうわけで、あとは何もしないオーディンになる。何故か、本当に何もしない。
経済学の本は、もっと面白い本を買った方が良い。高校の参考書は、面白い点が皆無だ。
あとは、心理学は悪い。書店に並んでいる心理学の面白い本を読むと、内容に意味が無い。ポケットに手を入れる人間は秘密主義者だとか、そういうことが書いてある。心理学には意味が無い。人間の特徴が全部分かるだけの、クズな学問だ。
そういうわけで、経済学だけをすれば良い。生物学は出来ないから、忘れた方が良い。
心理学なんか、いつも出来ている。それで十分だ。
自分の数学を色々と作っていたが、覚えていない。階層性、モデル、関係、実験、再現性などが多かった。公理主義のような認識を作って、感情を物理にした。覚えていない。
経済学は、本当に多いから、経済学の専門家になれば良い。むしろ、歴史なんか読んだのがありえない。それなら、地理もやれば良いように見える。
歴史はしなくて良い。歴史がしたかったのは本当にありえない。馬鹿に見える。
数学とは言うが、自由を積み重ねただけだ。数学に全く見えないが、同じものだった。
あとは、哲学はもう終わったから、もう楽だ。経済学に専門的に取り組めば良い。
だが、とりあえずは何もしない。アクションはそのうち起こす。そういう発想が良い。
それこそ、政治経済までやりたいのはおかしい。おとなの教養で十分に見える。
自分の数学とは言うが、論理的なモデルを作ったと言った方が正しい。
関係を考えただけだ。
理系は出来ない。やるためには、オープンソースをするしかない。
それは、間違っている。気力的に出来ない。そこまで本気で頑張るのは、もうしたくない。
ただ、経済学をいくらか適当にやっていれば良い。それが一番楽だ。
本気で頑張らないなら、大学は出来ない。誰でも、本気で頑張る人間が出来る。普通辛い。
昔は、2ちゃんねるで具体的な社会と可能性が分かるせいで、経済学が出来ていた。
ありえなくやるのは、もう止めた方が良い。それは誰もしたくない。
経済学がしたいなら、一度全部消して、最初からにした方が良い。
新聞でも読めば良い。新聞を読んでいると、誰でも出来る。
放送大学の経済学をしたいなら、不思議と、それは本当に生きられる。
経済学専攻で、大卒で、本を出版しているなら、誰でも雇う。新聞社に入れる。
それに、政治経済のことが分かると、社会のことも色々と分かって、生きられる。
それに、英語もその方が出来る。ビジネス英会話で無いと、誰も覚えない。
そういうわけで、経済の本を買えば良い。いくらでもあるだろう。
ゆっくりやれば良い。リタイヤ後の楽しみだと思えば良い。
ただ、普通、リタイヤ組は、おかしくなって辛くなる。おかしな神経症になる馬鹿が多い。
そういうわけで、この文章はまだ書いていた方が良い。
そうでもない。本当にこの文章は、もう止めて良い。
昔を見ても、経済学と2ちゃんねるで哲学が出来たのが昔だ。あれには、本当に経済学が多かった。経済学と心理学は今でも多いが、それで数学が分かると分かるのが人間だ。
あとは、英会話を頑張った方が良い。それで英語が出来ると、良い会社に入れる。
英語は、昔のパソコンの経験があったせいで、話し方をどうすれば良いか分かっている。
英語は本当に自分が一番出来る。そこが怖い。本当にアメリカ人みたいに話せる。
それは、おかしい。そんな人間は居ない。意味が無いから、何もしなくて良い。
もっと経済学のことがしたいなら、すれば良い。
林先生が言っているように、今すぐにすれば良い。当たり前だ。
あとは、英単語はきちんとユメタン1をやった方が良いのに、何故か、しない。
一冊で満足したから仕方ない。不思議と、しなくてもこれくらいで分かる。しなくて良い。
ユメタン0が最後まで出来たのは、賢かった。
やりたいならやれば良いようで、もっと違う新しいことがしたい。その新しいことが何も無いのが悲惨だ。もう、意味が無い。何もしないだけが、オーディンだ。
昔は、日本の文化とか、価値観とか、そういうものが分かる文章が多かった。
社会の形成と歴史が全て分かっていた。
それから、知性のようなことを言う。
何でも説明して分かるせいで、不可能な体験が出来るほど賢くなった。
知性を説明する人間だった。
むしろ、NOVAの回数を増やせば良いように見える。ポイントも沢山貯まっている。
ただ、英単語をやってからの方が良い。むしろ、それは同時でも悪くは無い。
英単語を久し振りにやった。ユメタン1だ。20単語をノートに書いて覚えた。
NOVAの予約もした。
あとは、そのうち、政治経済のことを何かやれば良い。そのうちやる。
今日は、やる気いっぱいの日だ。
そんなにやる気だけが空回りしているから、何かつかみどころのあるものをした方が良い。
むしろ、専門なんか、政治経済では無くて、哲学で良く見える。哲学なら出来ると思う。
ただ、本当に、将来のことを考えると、哲学は悪い。
哲学なんか、遊んでいるだけの昔の自分を分かるだけだ。それでは意味が無い。
昔は、皆のことを支配して、想定して書く文章が多かった。
いつか、自分の町以外は、昔のままなのを気づいた。それで怖くなくなった。
そういうわけで、自分の町だけを、もう解放すれば良い。
英語はきちんとした方が良い。
NOVAは、週に2レッスンすることにした。
あとは、神が怖いだけだ。神は、この文章だから、この文章が怖い。
週に2回にすると、怖いのが治る。不思議と、家とNOVAが同じになる。すぐに治る。
神が怖いから、神を止めた方が良い。そろそろ、自立するべきだ。それで大人になる。
神は居なくなるが、それでも自分はきちんとやっている。それなら、それで良い。
不思議と、自分が居なくなるのが怖い人間が一番多い。もう怖くない。もう終わりだ。
昔なんか、引き篭もりになった実体験で分かっただけだ。引き篭もりなら誰でも出来る。
ゼロベースで考えていた。
世界を覆して、ひっくり返すようなことを言っていた。
最近は、戦えば、出来る。
神が終わった。
考える考え方のようなことを書いていた。分析しながら、考え方を網羅していた。
自分に関わるところは、自分の自由意志で決められるようにしたかった。
その人に関係するものは、その人の自由な意志で決められる。
人が見ているところ、何を見ているのかを考えていた。視点と世界観を考えていた。
マスターのように、理性批判と把握で認識、行動、経験を分かっていた。
人生を書いていた。成長する自分の人生を書いていた。
環境を作りたかった。創造性のある店や施設にする、環境を変え、参加すると言っていた。
人類の発生のようなことを考えていた。いつも、そういうことを書いていた。
社会の実際のようなことを書いていた。川のインフラは公務員が管理している、など。
自由から世界は発展すると言っていた。そういう、ありえない自由をいつも言っていた。
自由な経緯や段階のようなことを、全部書いていた。
ネットで出会いの機会に恵まれていた。
自然な体験から成長して、人々よりもっと沢山の経験をしていた。
だが、何もしていない。何か月も何もせず、ただ何も無い時間を過ごしていた。
そろそろ、神も終わりだ。もう、きちんと本人が分かったから、もう良い。
もう詰め込まなくて良い。
誇張しながら、文章を書いていた。
昔の自分の人生にあったこと、あった世界を、全部書いていた。詰め込んでいた。
思い出すだけになった。精神を思い出すことで、記憶を書いていた。
そろそろ、詰め込むのが悪い。
一度、詰め込んだことを、全て忘れて欲しい。それで、すぐに知性で分かるようになる。
昔は、厳密に積み重ねて、数学的な条件と成り立ちを分かっていた。
人間のことを、厳密に積み重ねて分かっていた。
最近、曖昧になった。何が正しいのか分かっていない。
実験すれば、すぐに分かる。試して、失敗しないのが悪い。
それに、失敗から学べば良い。
もっと、嘘でも良いから、仮説を信じれば良い。
昔は、そういう、仮説が分かる人間だった。
町中に看板をつけるとか、子供を政治に参加させるとか、自由な発想が多かった。
とにかく新しい発想がしたかった。