「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-01-11

=2016-01-11=

ワードからコピー

考え方のようなことを書いていた。
社会は、具体性と可能性だ。
ものごとは、個体性と関連性だ。
システムは、基盤と自由だ。
あとは、記憶と場とか、可能性と法とか、制度と社会的な経験とか、そういうことを言う。
文字には、意味がある。
存在は、ありのままに存在している。
決まりは、皆で作って、皆で変えて、皆で守る。
出来るようにすれば、出来る。社会も、機械も、出来るようにして、作る。
あとは、むしろ、馬鹿になった方が分かる。
ものごとは、自然に生まれ、自然に消え去る。
世界は、先人の知恵と労力があって成り立つ。確かにそれをしてくれた人がいる。
先人の労力と遺産があって、初めてこの世界がある。
社会は、自然に積み重なって出来ている。
世界は、人間によって、全て変えられる。
経験によって、本当に大切なことが分かる。本当に大切なことは、経験から分かる。
平等にしないのはおかしい。自由は間違っている。平等にした方が良い。
生命は、確かに生きている。
ものは、再利用出来る。
こういう風に、考え方から分かる人間が一番多い。
自然と相対性から、類似性と関連性が分かって来る。それが構造になる。
認識の段階を考えていた。
電子が力で、光が時間なら、回転と浮遊がものなのかもしれない。
引き篭もりは悲惨だ。一度引き篭もりになって、怪我をしたせいで、何も出来なくなった。
学校に行った方が良い。放送大学で良い。きちんとどこかに行かないと、意味が無い。
家に居て、常に何もしていないのが、間違っている。この文章は書いた方が良い。
ものごとは、決まりと記憶である。
物理学は、もっと実体を考えた方が良い。光が存在では、宇宙にある実体を無視している。
人間と人間の関係、心と心の関係、環境と環境の関係、社会と社会の関係を考えていた。
放送大学を見ていると、物理は出来ない。物理は本当に難しい。
何も出来ないから、大学なんか出来るわけがない。働くのも辛いから、何もしなくて良い。
自分はクズだ。クズと言うよりは、グズだ。昔からグズみたいな人間だ。
最近、もうオヤジみたいな顔をしている。骸骨みたいなキモイ顔をしている。
ただ、たまに可愛い女みたいな顔をする。ドイツ人の兄ちゃんみたいな顔をしている。
最近、顔が丸くなったと言われる。昔はやせ細った悲惨な顔をしていた。
昔は、ウィトゲンシュタインのような顔をしていた。最近は、赤ちゃんみたいに見える。
あとは、ロシアの文明のようなものが分かっていた。そういうものが分かる人間だった。
大学はしない方が良い。コンピュータや情報工学の授業は、それはそれで難しい。
本を読んだ方が良い。自分は、本を読むのが一番良いと思う。
工場で働くのは、辛い。何も出来ない。会社にも入れないし、入っても何も出来ない。
おとなの教養の宗教の章を読んだ。次は宇宙だ。
この世界に、人間の力の及ばない、何かの存在がある。宗教は、そこから始まった。
祈ることや、瞑想することによって、何らかの安心感があるのは、良く分かる。
科学の発展とともに、無理があるところも出て来ているが、宗教はそういうものだ。
昔が悲惨な馬鹿だから、悲惨な馬鹿になると治る。
カントのように考えると良い。様相や仮象を考える。あとは、デカルトのような正しい考え方をすると分かる。正しいと分かっているものだけから考える。
そういう風にすると、きちんと分かる。
もっと、未知が未知であり、自分が何を考えているのか、良く考えれば良い。
自分が何を知っていて、どのように考えれば正しくものや世界の理が分かるのか、考える。
何が分かっていて、何が分かっていないのか。
本当に正しく考えるために、どうすれば良いか。
そういうものは、会話と経験から分かる。色んな人の話を聞いて、読まないと分からない。
色んな思考をすること。読みながら思考していると、そういう風に考える人間が多い。
もちろん、物理的な考え方が出来る必要があるが、自分はそれくらいが分かっていない。
いつも、そういうことを書いていただけだ。
ものが黒いからと言って、全部のものが黒いわけではない。
ものが黒くなるからと言って、最初から黒くなるのが決まっているとは限らない。後天的に黒くなった可能性もある。だが、最初から黒くなるのが決まっていることもある。
そういう発想が、遺伝子だ。そういうわけで、馬鹿な右翼には分からない。
デカルトも、同じように、数学や自由と思えば分かる。
例えば、環境に人間が居て、それが自由に任されていて、そこにインターネットがあれば、その人間はインターネットをする。その人間が知識を持っていて、Wikiの書き方を知っていれば、その人間はWikiを書く。
それを可能とするための手段は、自由な環境と、Wikiだ。逆に、自由な環境とWikiがあれば、それは可能となる。
そういう、可能性、特に、自由な条件が満たされた可能性のようなことを考えていると、数学的にものごとが分かる。昔の自由な可能性は、そこを考えていた。
だが、デカルトはそういうことは言わない。もっと、命題的、証明的な、ものごとの認識の理のようなことを言っている。そういうわけで、認識や命題を考えると良く分かる。
それこそ、いじめを解決するために何が出来るか?それは、条件的に考えれば良い。
いじめを誰もが見つけられるなら、処罰すれば良いだろう。
だが、いじめは見つけられないことも多い。
そういう風に考えていると、もっと見つけるために頑張れば良いように見えるし、見つけられなくても、最初から自発的にしないように、道徳精神を教えれば良いように見える。
それこそ、そういう社会問題をデカルト的に考えていると、分かる人間が多い。
人間が何をいつどのようにするか、何がどうなるか、科学的な知の発見のプロセスはどうなるか、全てデカルトと考える内容が同じだ。
そういうわけで、デカルトはまともな賢い人間になる。分からなくなって、分かるようになる。不思議と、デカルトなんか、無い方が分かる人間が、自分のように多い。そうは言うが、昔デカルト的にきちんと分かっていた馬鹿が自分だ。
論理的に考える、と言うことと、デカルト的に正しく考える、と言うことは、イコールだ。
こういう、提案的、解決的な考え方は、昔の自分に多かった。
デカルトは、書けていない。普通、命題を正しい方法で考える。数学的に考えるだけだ。正しいと分かっているものだけから、考える。
むしろ、もっと正しいデカルトを書いたように見える。
デカルトをした方が良い。それで分かる。思弁哲学がきちんと出来るようになる。
ヘーゲルも、ただ数学的に考えているだけだ。デカルトをすると、きちんと出来る。
ただ、出来るわけがない。普通、そんな考え方はしない。デカルトは、昔の自分で充分だ。
環境で、自由に色んなことが出来るようにするのを考えていた。
自由を考えていた。
色んな環境で、具体的に色んなことが出来るようにする。
実践的に、環境を皆の手で作れるようにする。
そういう、環境の具体的な自由のようなことを、いつも書いていた。
言語を自由にすると言っていた。
形容詞や動詞を文法的に改善し、冠詞を多様にし、語順を自由にする。
あとは、数学的な命題と法則のようなことを言っていた。
数学は、一番馬鹿になると分かる。昔は、数学のことは分かっていた。
デカルトと同じように考えて、数学的に美しい文章を書いていた。
推論や証明などは、一番出来る人間だった。論理学は、基礎から全部作っていた。
最近、分からなくなった。何故か、証明の方法すら、分からない。
数学なんか、無い方が賢い。こういう、数学が無い方が賢い人間が多い。
世界が馬鹿なのは、数学的なものが多いからだ。そういうもののせいで、馬鹿になる。
あとは、環境だけではなく、認識や手段など、色んなところで、自由に色んなことが出来るようにするのを考えていた。心理学や経済学や国家モデルを作って考えていた。
あとは、論理学のような文章が多かった。論理的なモデルを作って、全貌を書いていた。
そして、自然な法則性の全貌のようなことを言う。ヘーゲルと似ている文章だった。
不思議と、経験論と数学が分かると分かる人間が多い。
昔の自分は、そういう風に分かっていた。
知覚、観念、印象、知性、経験のような、経験論をモデルにして分かっていた。
それで、パソコンと理性によって、数学を分かっていた。
そういうわけで、分かりたいなら、数学とデカルトとロックをすれば良い。
誰でもそれくらい、しなくても分かる。子供には、そういう、賢い人間が多い。
おとなの教養は、天動説と地動説のところを読んでいる。不思議と、科学は賢くない。
学習と本質と方法でも考えれば良い。
そういう、上へと上がって行く、と言う発想が無いのがおかしい。
もっと、レベルアップしていけば良い。今のままで賢いと思うのが間違っている。
経験を理性的に考えること。
昔は、何でも経験したいと思っていた。経験は、全てが自分のためになると思っていた。
文章にも、そういう文章を書いている。経験は全て、自分のためになる。
最近、全部考えるようになった。昔から、そういう、全部考えるための方法を書いている。
何故か、「ために」とか「もし」とか「よって」を考える。
正しく、道筋をきちんと考える方法を練習した方が良い。
それは、教えてもらわないと分からない。
誰でもそれくらい分かるから、分かった方が良い。
数学の問題を解かないと分からない。
自分は、知ることは出来ているが、考えることが出来ていない。
昔は、逆に、何も知らない代り、自分で考えることが出来ていた。
そういう、昔の幻想を一度全部消した方が良い。
キマグレンの言うように、自分自身が誰なのか分かっていない。
怖いのは、昔の自分は、レッドハットのハッカーのような、悪い人間だ。
そういう理由で、分からなくなった。そんな悪いものは、必要ない。
知ることを一度止めて、何も無く考えれば良いが、そんなに知らないのも間違っている。
そのためには、何も知らない人間の言うことを聞けば良い。
皆の言うことを聞かないと、分からない。
だが、普通そんな皆は居ない。普通、学校には馬鹿しか居ない。その馬鹿が賢い。そういう学校の馬鹿は、まともな賢い人間が多い。
誰でも、そういう風に賢くなる。要は、学校に行かない、孤独な人間なのが間違っている。
皆と付き合わないで、分かるわけがない。ネットも悪い。悪い人間ばかりネットに多い。
要は、キモイ人間と付き合っても、何も分からない。賢い人間と付き合えば良い。
そうでもない。質より量だ。沢山の人間と付き合えば良い。賢い人間なんか、居ない。
昔のハッカーも馬鹿では無い。本当に数学や物理を全部分かっていた。
哲学的に考える力もあった。思索と思惟の理性があった。昔は賢い人間だった。
要は、普通分からないことは、分からなくて良い。もっと、普通分かることを知れば良い。
知っている対象の選択がおかしい。歴史や哲学や宗教なんか、知る意味が無い。
もっと、社会のことや物理のことを知った方が良い。誰でもそういうことを知りたい。
不可知なものは要らない。もっと、可知なもの、普遍的なものを吸収すれば良い。
要は、皆より賢くならなくて良い。皆と同じように賢くなれば良い。それが賢い。
あまり言う意味が無いが、ウィトゲンシュタインなんか理解しても意味が無い。物理的な真発見もしなくて良い。コーヒーの銘柄とか、仕事の方法とか、生きる心構えとか、憲法の基本とか、北朝鮮のニュースとか、近くにオープンしたイタリアンの店とか、そういう、誰でも分かる普通のことを知った方が良い。
あまり意味が無い。それこそ、それでは間違っている。普遍的なことを知れば良い。普遍的なことを2ちゃんねるで知って賢くなったのが昔だ。そういう発想が良い。
昔は、子供のように考えていた。
色んな環境があれ、人間があれ、多様な社会があれ、と思っていた。
そういう、賢い人間には、子供のような大人が多い。
むしろ、大人のように理想や思いやりや希望のようなことも分かっていた。
賢い人間に大人が多いとは言うが、本当に賢い人間には、子供が多い。
そういうわけで、賢い大人ばかり子供になる。子供に見えて、本当に大人の人間が多い。
子供は大人だ。賢い人間は、そういう子供しか居ない。
あとは、一般常識と言うと間違っている。知るのをやめて、もっとゼロベースで考えれば良い。最近は、民主党の誰かがいつか言っていたように、ゼロベースが分かる人間が多い。
ゼロベースは悪くない。ゼロから考えないと分からない。
そういうわけで、プログラマにはゼロベースで考える大人の子供が多い。それは馬鹿だ。
むしろ、行動や思いやりや想像力を考えれば良い。これならそういう風に考える。
理想と社会のことを知りたいなら、どんな理想があるのか考えれば良い。
そういう風に、具体的なことを考えれば良い。
社会が分かりたいなら、どんな社会があるのか考える。人間が知りたいなら、どんな人間が居るのかを考える。行動が知りたいなら、どんな行動があるのかを考える。
それ以上は、論理的に、成り立ちと出来ることを考えれば良い。
何をするためにはどうする必要があるか、どうなったら良いと思うか、とか、そういう風に、色んな希望や欲望を考える。そこから生まれてくるのが、哲学的な理性だ。
もっとそのために何をすれば良いか、何があれば良いか、それは、誰がすれば良いのか、誰がするべきなのか、その人が出来るためにどうすれば良いのか、そういうことを論理的に考えれば良い。同時に、その人が何が出来るのか、どんな自由があるのか、実際には何をしているのか、どうすればその人が出来るようになるのか、考えれば良い。それがそうなっている原因を考えて、どうすれば変えられるのか、そのためには何が出来るのか考える。それがそうなった時、この世界や人間はどうなるか、変わるのか、考えれば良い。
昔は、認識や環境やプラットフォームみたいなことを考えていた。
認識から、環境やプラットフォームが生まれると言う。
そういう、自然で自由な秩序のような文章を書いていた。
環境や共同体を認識から作っていた。
そろそろ終わりだ。それ以上、何も無かった。
あとは、想像力で原因や経緯のようなことを考えていた。
哲学者は、こういう人間が多い。
自由をもう書いたせいで、書くことがもうない。こういう風に書いていると書ける。
もっと面白い文章を書いた方が良い。最近のこの文章はつまらない。自分の大学だ。
人間は、ものを作る。それはあまり書いていない。役割分担をして、設計図から部品を作って、組み立てる。昔の場合は奴隷を使って作る。最近はきちんと自由にしている。使って作る。作って使う。そういう風に作る。
ただ、自由にも悪い点はある。奴隷で儲けて、奴隷を増やすのは、何も平等で無い。
ただ、ものと向き合って、頑張って作る。
そこには、方法と本質と考え方とプロセスがある。そして、手段によって自由になる。
皆頑張っている。だが、何も出来ないから、頑張っていない人間も多い。
ソ連だって、誰も働いていない。働かない楽をユートピアだと言っているように見える。
ものは、部分化して、組み合わせて、初期投資して、機械の再利用で作る。
パソコンぐらいが辛い。工場は楽だ。何もしないでも、誰でも作れる。簡単だ。
自由の方が良い。金儲けにすると、おかしいぐらい出来る。平等には何も出来ない。
あとは、これで色んなことを経験していた。
経験から人間や人生など、色んなことが分かっていた。
また、日本の将来を考えていた。
文章にも書いていたし、ネットでも未来学者のように分かっていた。
今日はそれで終わりにする。もう寝る時間だ。明日も書いた方が良い。今日は良かった。