「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-12-25

=2015-12-25=

ワードからコピー

今日はクリスマスだが、英単語はやった。あと2日で終わる。
いつもの文章は、理系みたいな賢い人間を書いていた。
観察や実験から、法則を発見するとか、理系的な方法や世界観を書いていた。
プラットフォームやボトムアップと言っていた。
理性を書いていた。
ロキのような、きちんと分かった理性的な人間の理性を書いていた。
方法や思いやりや慈悲のような内容が多かった。
きちんと理性的に分かっていた。そういう、人間像のような文章が多かった。
自分で出来て、実現出来て、社会的に変えられるのを分かっていた。
もっと「出来る」を考えれば分かる。出来るのを考えると分かる人間が多い。
あとは、挑戦が多かった。挑戦と体験から、神やマスターのように分かっていた。
この文章は、もう書かなくて良い。書かなければ、本人が分かる。
書かなければ治る。だが、治った方が辛いところがある。頑張っている間、楽だ。
もうそろそろ、全部治った。
いつもの文章は、多く見えて少ない。あとは、経験や認識のようなことを言っていた。
良く考えれば分かる。ものや知や認識を考えれば良い。
ものには、自然のものと、人工のものがある。良く考えると、誰でもそういう風に分かる。
あとは、知覚や原因と結果のようなことを言う。人生みたいな段階をいつも言っていた。
文字や数や表現のようなことを、自由な決まりと概念から考えていた。
あとは、心理学みたいな内容が多かった。
道と法則のようなことをいつも真理として書いていた。
ハイデガーのように、未知や可能性のようなことを、いつも考えていた。
本当に、昔は未知や可能性のことが分かる、哲学者のような知性のある人間だった。
そろそろ終わりにする。もう、最後の文章だ。
あとは、自分が分かれば良い。本人が分かってしまうと、他に書いていない。
あとは、本質のような内容が多かった。本質と概念から疑って信じて分かっていた。
それから、肯定と否定のような内容が多かった。そういう対話をしていた。
あとは、自然な可能性から、成り立ちと多様性を作っていた。
記憶と方法のようなものを全部書いていた。
そろそろ終わりだ。多いとは言うが、馬鹿に自由が多いだけで、少ない。
自由な世界観を書いていた。
環境を自由にするとか、手段を与えるとか、そういうことを言う。
そのまま、社会を全部作っていた。
支配者は、自由な方が良い。そこらへんが分かっていなかった。自由な王が一番良い。
ペルシア帝国のような、自由な王にするべきだ。それで正しい。それが自分だ。
選挙によって選ばれる、自由な連邦の王だとか、そういう自由な発想が多かった。
あとは、心理学的な精神現象、心の変化のような文章が多かった。
知性の説明みたいなものを書いていた。全部分かっていた。
宇宙と生命を創造していた。
真実、人生、自由が真理である。神は、そういうことを言う。
ロキが賢い。ロキを見ると、ロキだけできちんと分かる。フレイは賢くない。
最近、何も起きないまま、楽になったせいで、皆賢くなった。
誰でも、そういう風になると、賢くなる。昔は、そういう風に賢かった。
あとは、過去のしがらみを捨てて、自由に考えること。それが一番賢くなる。
今日でもう終わりだ。
自然な可能性とか、そういう自由な中で、考え方や社会を作っていた。
自分はもう9年ぐらい書いているが、誰でも4年ぐらいで分かる。
もう分かった人間しか居ない。終わった人間が多い。
もう馬鹿になって馬鹿な世界になる。それで、全て終わりだ。
自分も、昔4年ぐらいで分かっている。その後、3年から4年ぐらい戦った。
皆は、それぐらいが終わった人間が多い。そういうわけで、もう終わりだ。
ロキだけで出来るせいで、誰でも出来る。皆は、あとは、フレイになるだろう。
皆、ロキを分かってフレイをするのが良い。
自由な革命家のような文章がいつも多かった。
正しいこと、間違っていることの区別がつくと分かる。最近、それが分かっていない。
皆も、それですぐに治る。意識が高まって賢くなる。治る。
むしろ、治らない方が良い。その方が、色々と、出来る。治らずに、分かるのが良い。
自分も、皆も、治らない方が良い。治らない方が、出来る人間しか居ない。
あとは、自分の人生を覚えていない。
何故か、本人の偉大な人生を思い出せば良い。それをいつも、繰り返し何度も書いていた。
覚えていないのは、いつも書いていたせいで、覚えている意味が無いからだ。
ヘーゲルキルケゴールと同じだと思えば分かる。
あとは、視野を広げて、学習から気づいて、出会いや別れの中で存在を分かっていた。
ネットで分かった、仮定と条件と意味の分かる人間だった。
哲学者のようになって、永遠の宣言をして、革命家のように戦った。
偉大な賢い人生だった。
もう、書かずに偉大な人生を思い出せば良い。書く意味が無い。残っていないだけで、いつも書いていた。ロキやブラーギと思えば分かる。ほとんど全部もう書いた。
人生は、一度文章を全部消せば分かる。そうすると、本当に馬鹿な人生だ。
2ちゃんねるで創造性が分かった。フリーソフトから、オープンソース活動をした。
それだけだ。思い出して、環境と意味を考えることで、哲学的に経験を分かった。
最近は、馬鹿な革命をして、神と対話して、自分を治しただけだ。
昔から、自分を治すと言う発想が多い。治すだけに精通して、哲学者が出来ていた。
昔は、その馬鹿な人生を繰り返し書いているだけだ。
あとは、皆がロボットになって、うつになっているから、治した方が良い。
馬鹿が正常だから、馬鹿になると治る。うつは、何も分からないのが悪い。馬鹿みたいにいくらでも分かっていると、うつが治る。そういうわけで、馬鹿になると治る人間が多い。
自分のせいで、皆が時計の機械になっている。それくらいを革命でやっていた。
これでは馬鹿に見えるが、昔の人生にあった考え方や知識を全部言っていた。
そこが賢かった。昔は、馬鹿に見えて分かっていた。
科学的な応用と人生とマスターの経験が分かる人間だった。神みたいに賢かった。
人生とは言うが、そんなものしか書いていない。応用やマスターの経験を書いている。
文章で科学を作る馬鹿が多かった。政治や世界観を作っていた。
スピノザのような、公理主義の文章を書いていた。それが、神になったのが全く同じだ。
あとは、学習と知の経緯のようなものを書いていた。
いつもの狂っている精神がおかしいから、まだ頭がおかしくなる。
狂っている精神がおかしい。昔ではなく、最近だ。戦って狂って、おかしくなっている。
うつは、こういう風に、いくらでも分かると治る。それでがんが治る。
そういうわけで、終わりだ。もう全て治って、神との対話が終わる。
最近は、おかしい。あまりに悪いことを書く、おかしな革命家だった。
だが、あれは頑張って戦っていたし、責務のようなものを果たしたから、賢かった。
もう、無い。皆、これで昔みたいな良い人間になった。皆の方がはるかに賢い。
自分は、キモイ引き篭もりの革命家だ。ただのクズなヒトラーになっている。
だが、支配した責任のようなものは果たした。それが賢かった。本当に頑張って治した。
あとは、最近は辛かった。歩き回る恐怖と疲れの中で、地獄の神を信じた。
皆を治したいのが悪い。悪いどころか、良い人間だった。菩薩のような、受け入れて、自ら負ける、何も悪くない戦いをした。
もう、ほとんど治った。
今日はもう寝る。あとは、明日考えれば良い。信じて終わりにする。
皆が見る自分になっている。
バルドルが辛くて、フレイヤが怖い。そういう2人になっている。
弱くなると楽になる。そんなに強くなりたいのがおかしい。
神を信じずに、すぐに治せば良い。それですぐに治る。
人生経験から、ネットで世界を知った。それを書きたかった。
ネットで世界を知って、子供が大人になった。
色んな世界を知ったのをいつも書いていた。
分からないだけの文章を書いている。皆を分からなくして分かるのが悪い。
女は、分からなくして分かる人間が多い。男は、最初から分からない代り、分かる。