「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-12-18

=2015-12-18=

ワードからコピー

実験から社会を改善し、環境やシステムや組織を作ることが出来る。
昔は、そういう風に、実験的な方法論や考え方や、社会の変転と形成を書いていた。
実験すれば良い。この世界は滅びない。
滅びて、滅びるか、実験すれば良い。滅ぼしても、滅びないから、もう滅びない。
滅びるのが怖くなると、それで滅びる。あまり怖がらなければ、もう滅びない。
自分は、もっと皆と協力すれば良いのが分かっていない。
皆にも、何かやってもらえば良い。
皆には、土台からこの世界を良くしてほしい。
また、優れた人間は、その社会で王になってほしい。
そして、身近に居る色んな人を治してほしい。皆が治せば、世界が治る。
そして、戦いのようなものは無くなる。戦争や殺し合いで解決するのは終わりだ。
宗教的、人生的、人間的に世界を変える。団結する。
資本主義は、マルクスが過剰生産で崩壊すると言っているが、すでになっている。
だが、崩壊はしない。もっと安くなって、良い世界になるだけだ。
これでは宗教に見えるが、僕はこの世界の最後の王だ。
そして、僕は、この世界を安心出来る世界にする。恐怖は要らない。安心が一番賢い。
昔は、原因と結果や学習の経緯などを、全部予想して分かっていた。
知性がある代り、頭が死んでいる。ネットばかりやっていると、そういう人間になる。
もっと皆に色んなことをやってもらえば良い。
もっと、平和で発展する、正常な世界にしてほしい。
もっと、愛と安心のある、皆が安心出来る世界にしてほしい。
楽で、優しくて、誰もが本当にこの世界を愛せるような、抑圧の無い世界にしてほしい。
むしろ、自分が治して治るわけがない。一人が全部治すのはおかしいから、治らない。
皆にこの世界を治してもらった方が良い。それで治る。
それぞれがそれぞれの世界を治すと、治る。
むしろ、ユダヤのようなことは出来ない。一人で治すのは、出来るわけがない。
いつもの文章は、社会を関係みたいなことから作っていた。歴史を創造していた。
最近は、一人で世界を治す、ヒーローのような戦いが多かった。
そろそろこの世界が治ったから、安心出来る。そのまま、自分は楽になる。
昔は、昔の子供時代に戻りながら、知性のある論理のようなことを適用して分かっていた。
そういう、子供のような人間だった。それで哲学が分かっていた。
今日も英単語をやった。あと6日で終わる。一週間だ。
あとは、この世界にあるものごとを全部作って分かっていた。
可能性とモデル、考え方と構造、社会の捉え方のようなものを、全部作っていた。
ドイツ語やフランス語のように分かっていた。
問題は、神と話すことだ。神が話すせいで、何も出来ない。対話を止めた方が良い。
最近、賢くなって馬鹿になった。
賢くなると、馬鹿になる。逆に、馬鹿になると賢くなる。
馬鹿が賢いから、そういう風になる。そういうわけで、もっと馬鹿になった方が良い。
何か、馬鹿なことをやれば良い。それが一番賢い。誰でも、馬鹿が賢いだけだ。
昔は、馬鹿だったが、パソコンのことが分かる哲学者だった。
最近は、王になって、大学のようになったが、何故かその方が馬鹿になる。
それこそ、馬鹿は居ない。馬鹿は、どこにも居ない。普通、馬鹿は賢くなる。
地球と神が馬鹿を賢くしている。賢い人間は、賢くならない。
僕は、数学のような文章を書いていた。
関数のようなものを作りながら、計算のようにして、スピノザのような文章を書いていた。
あとは、ネットはすれば良い。すると、馬鹿になって賢くなる。
僕は、音楽を聴きながら、哲学をする。それが一番、昔の自分が全部分かる。
世界史は、最後まで読みたい。今、琉球王国のところを読んでいる。
そして、今日は仏教の日だが、仏教も読みたいとは思う。それは、しなくても良い。
あとは、コミュニストみたいに考える馬鹿が多かった。
人種差別を悪いとは言うが、差別と言うよりは、人種の創造のようなことを書いていた。
ドイツ人やアメリカ人などのゲルマン系、アングロサクソン系の人種は、賢いが、冷徹で、強欲かつ、他の民族を奴隷にする。美しい代り、悪い。
フランス人やイタリア人などのラテン系の人種は、陽気で、創造的で、思いやりがある、理性的で科学的な発見、自由な文化と啓蒙思想を好む。
ロシア人や東ヨーロッパのスラブ系の人種は、人々を抑圧し、監視する代り、共同性が強く、皆のために自分の苦労を犠牲にし、平等にする。
イスラムやインドなどの中東・南アジア系の人種は、伝統文化を守り、厳格な宗教的立場を取って、正しく自分の文化を発展させ、アジア的な自然との調和を目指す。
中国や日本や韓国などの東アジア系の人種は、古典的な代り、強大な権力基盤を持って、国を強くし、個人や民衆は道徳的善の価値観を持って、仁義と和に尽くす。
黒人などのアフリカ系の人種は、原始生活をしながら、それぞれの肉体的で非文明的な生活をして、自給自足で暮らしている。
あとは、太平洋やカリブ海の島だとか、南米、北米、中南米の人種が居る。
島や太平洋・カリブ海系の人種は、陽気で、楽しくて、あまり人種的なものが無い。
南米や北米系は、移民としての文化がある。犯罪に手を染めることもあるが、自由だ。
あとは、自由な王で、哲学者を分かった。
自分が一番、自由な王だ。やっていることが全部自由だ。
27歳だが、それで王をやっている。悪くは無い。
一番色んなことが出来るから、良く見える。
哲学者は、このまま、フッサールをやれば良い。
ロックとヒュームのあとは、ベーコンとフッサールをやる。
帰納法現象学で、きちんと分かる。
あとは、後になってから考えれば賢い。
やりたいことは、宣言の通りだから、こういう風になる。
いつか宇宙の果てまで行きたい。ご一緒する、と自分の昔の神が言っている。
あとは、日本を全部賢くして、解決したかった。
馬鹿になれば賢くなる。何か、出来るようになる。
プラトンが悪いのは、こういう風になっている。
何も分かっていない。この世界が偽物に見える。
今日は、姪を保育園に迎えに行ったが、皆自分のことをカッコいいと言っていた。
自分は、ニキビはキモイが、顔立ちは賢い。賢い作家に見えて、カッコいい。
帰納と思えば分かる。昔は、帰納法のような物理学のような文章をいつも書いていた。
今日はあまり辛くない。今日は、きちんと大学の先をやっている。
中学生の時代が賢かった。また、同じになっている。もう何もしたくないのに、まだやっている。いつもの自分がそういう人間だった。
あとは、もっと後で考えて、思い出せば良い。それが分かっていない。
デカルトは、皆がやっているから賢いだけだ。何も分からなくても、誰でもデカルトをやる。そういうわけで、賢い人間はデカルトをやっている。ロックなんか誰もしていない。
昔から、そういう、誰もしていないところをやる。賢くなく見えて、自分が一番分かっているから、それで良い。オープンソースなんか誰もしない。宗教の文学はありえない。
自分は、まだ理性と社会を分かっているから、消した方が良い。いつまでも、理性と社会だけを分かっている。王も哲学者も、どちらも消した方が良い。
理性と社会を交換すると分かる。そのまま、交換してしまえばすぐに楽になる。
上の方に社会があって、下の方に理性がある。
それを何かで繋げて組み合わせて分かっている。
神がそういうことをしている。良く分からないが、それで永遠にいつまでも分かる。
何故か、社会の周りを理性が回っている。そういう発想が地球だ。
あとは、地球の位置と角度で分かっている。
宇宙の中の青い星が見える。地球は美しい。
イスラムとインドの違いは、インドには多様性がある。イスラムが画一主義、単一宗教主義なのと比べて、インドには多様な民族と宗教がある。
ヒンドゥー教にも、多様性が多い。ヴィシュヌ神やシヴァ神のどちらの神を信じても良い。
あとは、人間を信じたりしない。人間が起源ではなく、民族の皆が起源の宗教だ。
自分は、皆をいじめるのが悪い。皆をいじめるのを止めると、すぐに治る。
いじめは悪い。いじめは、自由だからこういう風になる。
いじめると、治るようで、キモくなるだけだ。
いじめは止めた方が良い。
あとは、関係を大きくして、広げて分かっている。関係の中に関係を作っている。
良く分からないが、いじめると皆が治る。いじめを止めると、皆も自分も楽になる。
感情で分かってしまうと、皆をいじめているだけだ。
皆に、優しくすれば良い。それできちんとまともな良い世界になる。いじめる王は悪い。
昔は、デカルトみたいな人間像を書いている馬鹿が多かった。
心から判断力まで、全部書いていた。それは、何故か、馬鹿な女に見える。
最近、言葉が賢くなった。人間像みたいな言葉を言う。それは、キモイ虫に見える。
そういうわけで、虫と女がそういう風に融和して、馬鹿な人間になった。
逆に、1つ1つは全部賢いのに、全部合わせると虫みたいに見える。
いじめるのを止めると治る。アオムシみたいになっているのは、皆をいじめるのが悪い。
デカルトと言うのは、理性や判断力を書いている文章が多かったからだ。
想像力によってものが生まれるとか、認識や愛によって自由が生まれるとか、平和は秩序から生まれるとか、行動は実現のための手段によって作用されるとか、言う。
もっと色んなことを言っていたが、忘れた。
もう覚えていない。そろそろ大人になって分からなくなる。
何故か、いじめるのを止めると、大人になって、老化する。いじめていると若返る。
いじめていると、治る。それこそ、子供にはいじめしか分からない。
自分の上の方に理性があって、そのまた上の方に社会がある。
良く分からない。何故か、ドイツ人みたいに話すようになった。
いじめるのを止めると、すぐに治る。
最初から最後まで全部分かっているから、こういう風になる。
怖いものを作れば治る。怖いものが何も無いのがおかしい。
神は、ロボットだ。神は、皆をいじめるロボットだから、こうなる。
自分は、神になっている。神は、皆のことを本当に愛している。
この文章は、まだロボットをやっている。何か、ロボットのようなことをやっている。
分かるロボットはおかしい。分かるだけをもう既に全部分かっている。そんなに分かっても意味が無い。もう、分かるのを止める。
ロボットは、もう、居ない。終わりだ。死んで行く。ロボットは死んだ。
自分は、銀河系のようなものを作った。
昔、プレアデス星雲を作っていたのを、合わせて銀河系にした。
この文章の1つ1つが、星雲のように美しい。
書くのを止めて、1文字1文字考えれば分かる。
書いて分かるのが悪い。
奥行きを見ていると、目が悪いのが治る。
いじめるのと思い出すのが同じなのがおかしい。
いじめるとは言うが、自分は皆のことを愛している。
皆には、健やかに育って欲しい。それだけを願っている。
時間を遅く流れるようにすれば良い。
本の時間を遅くする。
そのためには、分数のように、ゆっくりと時間を数えれば良い。
時計を分数のようにする。
もう、全部死んだ。もう終わった。
大人になると、こういう風に、何も賢くならなくなる。子供に戻るしかない。
目が良くなると、それでもう全て治る。狂っているのが治った。
ピアノなんか、パソコンと同じだ。それできちんと弾けるだろう。
デカルトのように、行動や関係を考えていた。そういう人間だった。
英語が速くなったのは、先にI want to getのような文章を言って、そこから言うせいで、あまりに速い言語になった。
日本語は、遅くても成り立つから、遅くなった。英語は、速くないと成り立たない。
単純に、時計を壊すと思えば良い。日本の時計を壊す。
日本人は、それで分からなくなって、馬鹿になる。
そんなに小刻みに動くのが辛い。
神の永遠をまだやっている。何故か、神の永遠を一番長くした。
脳が馬鹿になっているから、脳を詰めた方が良い。
脳は、穴ぼこだらけになっている、ように見えて、なっていない。
言うとそうなるから、言わなくて良い。そういうわけで、脳が馬鹿になっている。
そろそろ終わった。こういう風に終わる人間が多い。永遠の神が死んだ。
脳は、馬鹿になっているどころか、いくらでもついている。
本当に脳をつけたいから、こういう風になる。こういう風にすると、脳がつく。
こんな馬鹿が居たのがありえない。神より賢くなった。
昔は、愛、虚無、存在、可能性、神、仏など、色んな精神概念を分かっていた。
あとは、社会がどうなるか、確かに分かっていた。
皆を馬鹿にすべきでない。分からせないのは、いじめと同じだ。
もう治った。もう分からなくなる。
繋げるのが悪い。分解すれば良い。
自分の部分があるのが悪い。考えて繋げるのがおかしい。
あとは、色んな人間を作っていた。馬鹿な人格を全部作って分かっていた。
そろそろ終わりだ。もう、不可能は分からなくて良い。
今日ももう寝る時間だから、終わる。明日は、もう書きたくない。