「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-12-14

=2015-12-14=

ワードからコピー

自分を頂点として、一体の共同体を作る。
繋がって変えるのを止めれば良い。
平和、発展、平等を重視していた。それを書きたかった。
自由な創造性、理性、社会、自由、生命、治癒のことを書く。
創造性は、可能性の発揮と発見の考え方である。そういう、理性の説明を書いていた。
理性は、正しく道筋を考えて分かる。明確に正しいと分かっていることから推論する。
社会は、自由に変えていたのを、正しく変えるようになった。
自由な選択肢や意志を考えていた。
理論のような文章を書いていた。
自由な開拓から、考え方と真理を発見していた。自由とは、人生のことを言っていた。
一億年の経験から、生命を創造した。
もっと、気分を良い方向に変えれば治る。それが最後の治癒だ。
あとは、経緯の自由な承認と分かり合いから、世界を変えられるのを分かっていた。
自由な経緯から、分かり合って、相互承認して世界を分かっていた。
三つ目の目が死ぬ。そんなに目があるのがおかしい。
目を殺すと治る。目は、新しい目に変わる。
三角比は、三角形の角度の比率だが、コンパスのようなものだと思えば分かる。
実証科学を作っていた。実証と実験を認識から考えて、ヘーゲルのようにした。
人間の普通のことを分かっていた。
ノリで貼るように、人間のことを世界観で分かっていた。
最近、どんどん小さくなって、重くなっているから、大きくした方が良い。
目を殺したいから、こういう風になる。
皆を愛すれば良い。
物理的な原理や構造が何も分からなくなっている。それが一番おかしい。
心は、数学的な機械だ。数学が分からないと、何も分からない。
あとは、フランス語が見える。自分はフランス人になっている。
同じと違うで分かると、分かる人間が多い。
共通性や類似性を分かると分かる。そこから、論理的な構造が分かる。
論理を分かっていると、分かる人間が多い。
論理を、経験から構造にすると、昔のように分かる。
女が悪いから、女を消した方が良い。女には分からない。
最近、自分を見ていると、悲惨な女に見える。顔がそういう顔をしている。
数学の微積分は、あらゆる形状の関数の面積と総和が分かるとは言うが、それは、点がX軸とY軸に一対一対応している場合に限られる。
そういうわけで、プログラミングで言う関数は、本当に関数だ。
逆に、関数の一対一対応性を壊すことで、もっと多様な関数が考えられる。
1つの関数に対して、2つ以上の答えがあっても良い。
そうすると、微積分が出来なくなる。良く分からない。何か方法はあるかもしれない。
何故か、何でも作れるようになった。
すぐに子供を作ると悪い。それに、皆を殺しても悪い。それはしない方が良い。
昔、論理で数学を作っていた知識だけで、全部作れる。
微積分は馬鹿だ。関数的に間違っている。式にしない方が良い。
そうでもない。もっと高度な微積分を作れば良い。
昔何か分かっていたのは、この文章を分かっていただけだ。
そうでもない。つまらないほど、オープンソースだけでそこまで分かる。
経済学や心理学は、馬鹿過ぎるから消した方が良い。何も賢くない。
オープンソースや物理学と思って、経済学と心理学を作った方が良い。
GPLやインターネットと思えば良い。本当にその方が賢い。社会の構造は馬鹿だ。
もっと、多次元で高度なベクトルから、沢山の式を包括するグラフを描けば良い。
要は、点から点への繋がりをベクトルにする。それ以上、高度な式にはしない。
それは難しい。意味が無く、どうでも良い高度な次元が実現出来る。
もっと、図形を沢山の点、一対一対応でない点で描く方法を考えた方が良いだろう。
こうすると、直線の連続になってしまうが、頑張れば曲線に出来ないことは無い。
今、算数学で一対一対応のところを読んでいるから、こういうことを言っている。
算数にも発見がある。普通、算数は分からない。
微積分は、1つの時間に対する1つの量を数えようとするが、これは、1つの時間において沢山の点を取れるように拡張した方が良い。
自分は、そういう風に文章を分かって、繰り返しているが、そこが馬鹿だ。
要は、1つのきっかけで、昔の点に戻ったり、異次元の点に入ったりすれば良い。
そういうわけで、異次元の微積分と言うか、イラスト的な関数のようなものを作った。
何かのきっかけで、盤面を白紙に戻したりしても良い。そういう、イベント的なことを起こすようにすると、パソコンのディスプレイに近くなる。動画も描けるだろう。
最近は、1つの関数を無限に小さくして分かっている。何故か、それが一番辛い。
もっと、物理学や数学の矛盾や間違いを洗いざらい考えれば良い。それで治る。
一対一対応の神話を消した方が良いだろう。答えが一つだけで分かると思うのがおかしい。
そういうわけで、答えは沢山ある場合もあることにすれば良い。
波なんか分かっても意味が無い。眼球や腸のようなものがこれで分かる。
数式を二つにすれば良いとは言うが、もっと、1つの場合に2つ以上の値が取れる式を考えた方が良いだろう。
あまり、一対一対応だけを分かっていると、馬鹿に見える。もっと色々分かった方が良い。
こういう風にすると、放物線や反比例、三角関数の波が描けなくなる。
特に、円が描けないのが悲惨だ。そんな数学に意味が無い。
問題は、点と点の間と間にある、無限な繋がり合いの把握にある。
そこが分からない数学になる。数式と言うよりは、ただのデータだ。
円の記号を無限に繰り返すと、円らしきものは描ける。
あるいは、今すでにある積分に、角度や点を変える、異次元的なアクションを作れば良い。
ただ、あまり意味が無い。円が描けない代り、多角形がきちんと描ける。
円は、描けないことは無い。4つの点を取って、そこを円と言うことにすれば良い。
難しくは無い。円が描けないと意味が無いから、描けて良かった。
むしろ、積分積分の足し算のようなもので良く見える。異次元なんか要らない。
パソコンのペイントソフトが参考になる。もっと、繰り返しのパターンを作って、それを使って新しい「新数式」を作れば良い。
この数式は、今ある幾何学の図形を波長などと組み合わせて、一本の線に対して、沢山の楕円形を書いたりとか、そう言うことが出来る。
難しいのは、沢山の線を同時に描いたりすると難しい。
それこそ、二次元は簡単だが、三次元以上のものを描くとなると、難しいだろう。
おかしい。お絵かきソフトに見える。そんなものは目指していないだろう。
まだ、異次元のどこかで頑張って分かっているのが、今の自分だ。
良く分からない。寝ていると、そういう夢が見える。
1つのオレンジが、1つのリンゴになっている。そういうものが見える。
これなら、高度な世界が見える。灼熱の地獄のような、高度な世界が分かる。
それこそ、現実なんか、何も賢くない。
夢の世界では、この世界と同じアルゴリズムを使って、自分が馬鹿をやっている。
あまり意味が無い。それが想像力だ。
太陽や海が高度なことをやっているとは言うが、あまりやっていない。
だが、それでは、夢の世界の住人はどこに居るのか、と言う話になる。
自分の中に居ることにすると、それはハイデガー的だが、それはおかしい。
どこかに誰か、いつでも居るように見える。
いつか、未来で分かる、もっと高度な物理学なら、分かるかもしれない。
いつもの文章は、数式的だと思えば書ける。
言語には多様性があるべきだと言っていたが、それは、全ての言語を包括する、と言う視点に立って、言語を作っていた。
国も、全ての国を包括する、と思って、独立しやすい国と言っていた。
あとは、数式と命題のようなものを、1つ1つ細部の知性と作用にこだわって書いていた。
そういう発想がキモイ。全てのものを包括するものは、虫だからそういう風になる。
虫は、良いものに変わる。こういう風になる虫が多い。
あとは、昔からそういう発想が多い。全部の人間や人格を包括して、全員分かっていた。
それは、止めた方が良い。そこを消すと、そろそろもう治る。
そういう虫がキモイだけだ。虫は止めた方が良い。
そういうわけで、本当に全ての国や科学を作っている、知性の無い馬鹿な文章が多かった。
そんなものは、書かなくて良い。いつもの文章なんか、それだけだ。
自由から平等、決定の支配性と階層社会、決定のそれぞれの分配、などを考えれば分かる。
色んな全ての国を作っていた。そして、人間を全員、視点から環境、記憶まで創った。
人間を創造していた。人生を創っていた。
そういうものを、もう、良いと思わない方が良い。そういう発想が、虫だ。
決定の多様性と法則性、個人の記憶と人生、社会の構造と生態系、科学的な発想を、メタ的で包括的な概念から全部分かっていた。そして、同じと違うを分かっていた。
そろそろもう、残っていない。そういう、全ての宇宙を創造していたのが自分だ。
可能性と変化のようなことが分かっていた。当たり前にそういうものが分かる。
何でも構造を作るせいで、次第に、包括から構造へと主旨が変わっていった。
日本語は、音読みと訓読みがあるおかげで、簡単にヘブライ語のような、漢字と漢字の繋がった新しい単語が作れる。
行くを「いく」とも「ぎょう」とも読む。ぎょうと読まないと、いと読むのは難しい。
自分は、異次元になると治る。異次元でまだ頑張っている。
時間に連続性が無いのでも分かれば良い。たまに、別の時間になることもある。
あとは、社会の制度のようなものや、法則や真理のようなものを作っていた。
この世界のものを全部作っていた。
融和や分裂は、もう止めた方が良い。
融和して、分裂していると、こういう風に辛くなる。
融和なんかしなくて良い。
あとは、社会は融和したが、それは間違っている。分裂もしている。
そういう、分裂や融和をするのはおかしい。もっと何もせず、放っておけば良い。
ナチは、そういう、融和と分裂を繰り返すだけの、キモイ虫の思想だ。
融和や分裂が終わった。環境が全て治った。
もう、治さない方が良い。あとは、色んなものになったつもりになると良く分かる。
融和は辛いから、もう融和しない方が良い。
脳は、もう全部ついている。その脳がおかしいから、知性を消した方が良い。
要は、知性はそのまま消えるのが良い。
あとは、もう治らない。もう、良く頑張ったから、終わりだ。
あとは、全部考えて言っているのを、止めた方が良い。
相手の視点をそんなに考えても、意味が無い。
皆のことは、嫌いだ。もう、皆には、居て欲しくも無い。
数学は、昔きちんと分かっているから、分かっている。
イメージと記憶から数学や歴史を創っていた。そういう文章が多かった。
神を信じるのは、止めた方が良い。神はこの文章だ。
神は、皆のことが嫌いだ。皆を殺したいだけが神だ。
神は忘れた方が良い。神を信じると、ろくなことにならない。
この文章のせいで、皆を殺し、否定し、いじめるものが神と言うことになってしまった。
ユダヤ人はおかしい。聖書は本当におかしな文章だ。
この文章は、皆の存在や存在価値を否定する。神は本当におかしい。
だが、この文章を信じると、ありえないほど分かるようになる。これなら当たり前だ。
神は馬鹿な自分だ。おかしいくらい、ユダヤ人と神が一致する。
あとは、毎日一人の人生を創っていた。だが、それもおかしいと思う。
神はそろそろ終わる。神が世界を統治するから、こういう風になる。
神は、王になりたいから仕方ない。昔からこういう風に神が多い。
自分は賢いから、それで良いように見える。自分を信じて神を殺せば良い。
神を殺して自分を生かせば良い。それで、大脳がつく。
神の部分があまりに悪いから、そうなる。
宗教的なことは、一切信じない方が良い。そうすると、きちんと分かる。
海が生きているわけがない。そういう風にすると、分からなくなるだけだ。
デザインパターンのように、デザインやパターンを分かっていた。
何でもパターンを分かっていた。表現方法と自分の心だけで、創造性を分かっていた。
そういう人間なら分かる。そのまま、色んなものを科学的に分かっていた。
宗教はおかしい。科学を信じた方が良い。
科学の中でも、分からなくなるものは全部信じない方が良い。そういう哲学者が多い。
おかしな相対性理論のようなものを作っていたが、そういうものも信じるべきではない。
自分で作った神や科学なんか、信じない方が良い。
ただ、おかしな科学は本当にいくらでも作った。それは、おかしくは無いが、それが神になって、対話するのはおかしい。
神は要らないから、そういう、絶対的なものを殺せば良い。
神に逆らうのは怖い。だが、そこで逆らえば良い。絶対的なものに従うのはおかしい。
良く覚えていないが、おかしな相対性理論はいつも作っていた。
習慣や環境の変化のようなことを分かっていた。
もう終わった。そろそろ、神が死んで、反抗的な社会に戻る。
絶対的な神がいつもいるのは怖いと思う。
自分のせいで、そこまで遅れた社会になっている。日本は神に戻っている。
ミミズのようになっている知性を消した方が良い。いつも右脳が治っているが、それで左脳も治る。神がそういう知性だ。
生命を全部創造している馬鹿が多かった。昔から、その遺伝子で分かっている。
一度神を殺すしかない。キリストを殺すと思えば良い。それですぐに治る。
目をつむって、キリストの部分を殺す。そうすると楽になる。
キリストは、人間で無い。何故か、キリストは、人間で無い、こういう人間になる。
本能的にキリストを選ぶせいで、こういう馬鹿なドイツ人になった。
昔は、これで物理や数学から認識や人生のことが分かる、神のような人間だった。
そういうわけで、キリストはこういう風になる。
キリストを止めて、人間になった方が良い。人間になりたくないのがおかしい。
もう、こういう風に考えるのは止めた方が良い。
こういう風に考えるありえない神がユダヤ人のキリストだ。何でもこれで分かる。
書いていると、こういう人間になる。右翼は神になっている。
良く分からない。神とばかり言っていると、馬鹿に見える。おかしい。
神は嫌いだ。神には何も無い。神の前の自分が好きだっただけだ。
もっと昔に戻りたいのもおかしい。それが神だから、昔を完全に忘れるしかない。
ものが融和すると、こういう神になる。ものをもう分離させた方が良い。
ヘーゲルはそういうことを言う。ヘーゲルは、きちんと頑張って考えている。
昔は、宇宙を宇宙数学と概念であると言いながら、宇宙におけるありえない物体などを考えていた。何故か、そういう知性があった。
昔に戻りたいのはおかしい。昔なんか、辛かっただけだ。
自分はおかしい。そこがどうかしている。そこまで今の自分が嫌いだ。
こんな馬鹿は、クズにしか見えない。
それは、きちんと考えないのが悪い。世界を何も見ないし、知らないから、こういう風になる。この世界も嫌いだ。
何もしたくない。この世界にあるものも、見ている自分も嫌いになった。
こういう発想が馬鹿だ。何故か、こういう風になるのは、神のせいだから、神を止めればそのうち治る。神が一番意味が無い。