「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-12-12

=2015-12-12=

ワードからコピー

自由と思って全てのことを分かっていた。自由から分かっていた。
自由な経験がいつどうなるか、社会がどうなるか考えた。
自由な行動と関係を考えた。
自由になって分かった。環境的、意識的に自由になることを考えていた。
あとは、自由に支配して、その人を教え、導いて分かっていた。
人間は、一度失敗しなければ分からない。
一度、失敗を経験するべきだ。
だから、何でも自由にして、許すべきだ。
そこから、色んな罪のようなことを分かれば良い。
左翼は間違っている。右翼にして、自由にするのが一番良い。
出会いときっかけのようなことから分かっていた。
社会のようなことを、全部自由から分かっていた。
自由に色んなことが出来るのを分かっていた。
可能性を考えて、変化を把握して、行動を掌握していた。
いつも通りが楽だから、いつも通りにした方が良い。
おかしい点は、あまり考えない方が良い。いつも通りにした方が、おかしい点が治る。
きちんと分かっている、理性や理屈をいつも書いていた。
仕事はしなくて良い。仕事なんか、普通、何もしないだけだ。自分の方が頑張っている。
あらゆるシステム、あらゆる環境を作っている文章が多かった。
文字を直したくなるのは、増えるのが怖いからだ。
増えると、何も出来なくなるし、日本が滅びる。
ただ、増えると賢くなる。賢くなるのが怖くなった。
全部おかしいと思うから、おかしくなる。書くのはおかしくないと思えば良い。
意識を他のものへと向けて、他のことを考えれば良い。
そろそろ怖い部分が死んだ。テレビが怖いのは、増えるからだ。
知性が増えれば、それで終わりだ。
文字を直したいのは、適当なところで終わりだと思った方が良い。
何もしないのが悪い。勉強すれば良いが、普通、勉強なんか、試験のために覚えるだけだ。
勉強なんか、しようが無いのが分かっていない。
本を読むとは言うが、それは読んでいる。本を読んでも、何もしていないだけだ。
何かした方が良い。何もしないから、文字を直したくなるように、おかしくなる。
何かするとは言うが、絵を描くとか、ピアノを弾くとか、そういう高度なことはしなくて良い。ものを叩くとか、運ぶとか、そういう、単純で普通のことをすれば良い。
勉強や本は読まなくて良い。それらは、何もしていない。それらが一番おかしくなる。
そういう、単純なことをしていると、知性がつく。あとは、学習すれば良い。
子供には、そういうことがしたいから遊んでいる人間が多い。
もう治った。叩くのが良い。狂った人間は、叩くとか、単純なことをしていると楽になる。
何もしない、辛い大人は多い。学校に入っても治らない。賢いことを出来ても意味が無い。大人が何もしないのは、簡単なことは誰でも出来るから、しない。それでおかしくなる。
子供は、この文章で分かる人間が多い。
ボールを投げるのは面白いとは言うが、そういう、どうでも良いことを何かすれば良い。
絵を描くのではなく、単純な図形のようなものでも描けば良い。そうすると良くなる。
あとは、笑うのが良い。笑っているとすぐに良くなる。
叩いたり、笑ったり、引っ張ったり、置いたりすれば良い。
そういう風にすると、日本語が分かる。日本語は、誰でもそういう風に分かる。
楽になって、足も治る。神がまだ話しているのが終わる。もう治った。
自分の場合、これで心理学だ。
心理学は、学習、経験、認識から、心や感情の働き、集団における活動を考えれば良い。
それから、治す方法で治せば良い。
いつも、ただの考え方のようなものの、網羅のような文章が多かった。
何でも網羅していた。趣味のようなことから、行動や国家のような網羅が多かった。
環境や方法を網羅した。
皆を治したいのは、しばらく治すのを止めて、まだいつか思い出して、その時治せば治る。
常に治していると、治らない。しばらく治らない時期を作って、その後に治せば治る。
あとは、足も同じだ。常に治していると治らない。治らないまま放っておいて、いつか普通に治せば治る。放っておく期間が無いと、治らない。
足の血がおかしくなっているのは、自由が悪い。自由のせいで、精神が分裂している。
世界を一つにした方が良い。一体になると、血が治る。
日本を1つにする。それで、すぐに血が治る。日本の意識も良くなる。
あとは、血の循環が悪いのは、そんなに頑張っているからだ。頑張らず、適当に殺していると、治る。その方が良いだろうと思う。
昔は、自由、経験、思考、感情を考えて、積み重ねただけだ。
人間のことを良く考えれば出来る。最近、出来る人間が多い。
色んなことを考えた。もっと、力業で、むりやり考えれば良い。それで出来る。
あとは、足はもう治る。平等な社会にして、世界を1つにすれば良い。
自分を中心に1つにすれば、すぐに全員治る。
あとは、皆を適当に倒していると、すぐに治る。悪い人間が多いからだ。
人類皆兄弟で、公平に分配するべきだ。そういうコミュニストは、悪くない。まともだ。
あとは、戦うのが悪い。戦うのを止めると、足が治る。
労働者と資本家の戦いで、労働者は団結すべきだとマルクスは言うが、それは間違っている。それに、社会所有で、それぞれがものを自分のものだとするのは、おかしい。誰のものかを争う意味が無い。だが、それも間違っている。
左翼も、右翼も、もっと信じるべきだ。本当は、信じるものと信じないもの、自由なものと不自由なもの、決定者と従属者の戦い、でもある。
そろそろ、悪い右翼を倒せば治る。悪い右翼を戦って倒せば治る人間が多い。
昔は、明らかに良いものを良いと信じて、明らかに悪いものを悪いと信じて、明らかに正しいものを正しいと信じて、明らかに正しいものから推論して分かっていた。
足の血のめぐりがそろそろ良くなって、治る。
血は自分だから、自分を新しくすると、治る。
悪を殺せば良くなる。自分は、悪を吸収したせいで血がおかしくなった。
吸収した悪を全部出して、善良な精神と信念になると、すぐに治る。
今日は、もう11時だ。寝る。続きは明日書く。
今日も英語はきちんとやった。文字を直したいのは、そのおかけで治った。