「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-12-06

=2015-12-06=

ワードからコピー

神のような絶対精神を分かっている馬鹿が昔に多かった。
ヘーゲルは、そういうものを絶対精神と言っている。
最近の進歩した生命が辛いから、馬鹿な生命に戻る。
この世界は、皆馬鹿な生命に戻る。皆最近、辛い。
馬鹿なことをすれば良い。
馬鹿は馬鹿では無い。大卒より高卒の方が賢くなるように、馬鹿は賢い。
それこそ、中卒の引き篭もりが何故か賢い。
そういうわけで、馬鹿なことをすれば良い。馬鹿は楽しい。
子供みたいな人間になる。馬鹿なことをすれば賢くなる。
目的を持って生きた方が良い。
セカオワが言っている。方法と言う悪魔に囚われず、目的と言う大切なものを思い出せ。
目的における、問題解決のようなことをいつも言っていた。
そういうものは、パソコンで分かっていた。パソコンと哲学は同じだ。
Linuxのせいで、Windowsが馬鹿になっている。
それは悪くは無いが、IT業界全体が馬鹿になっているから、それを直した方が良い。
Windowsは、Linuxと戦うせいで、馬鹿になった。社会も馬鹿になった。
Linuxは馬鹿にはなっていない。あれは昔から馬鹿だ。
あとは、同じと違うで分かっていた。
全体の構造と、影響力、決定者と従属者から分かっていた。
関係と方法から、大人のような理性があった。
人生の段階から分かっていた。
皆、馬鹿になれば良い。それで賢くなる。
キリストも、弱者を天国の目的だと言っている。馬鹿で弱者の方が賢くなる。
馬鹿なことをすれば良い。もっと、皆、馬鹿なことをして、馬鹿になった方が良い。
あとは、いくらでも体験していたのを書きたかった。
いくらでも、馬鹿な体験をしていたが、それが良かった。本当に経験から宇宙が分かった。
道元が言っているように、一心不乱に努力することから、宇宙の真理が分かる。
ただ、他の誰かかもしれない。ちょっと覚えていない。
最近は、何もしないだけで賢くなった。
テレビは悪い。楽しいとか、何も出来ないではなく、悪いものを見るのが道徳的に悪い。テレビなんか、見ないだけで、こういうことが出来る。テレビなんか見ない方が良い。
ただ、今をそんなに賢いと思うのがおかしい。テレビを見ている昔の方が楽しかった。
最近賢いのは、テレビもネットもせず、いくらか本を読んで、文章を書いているからだ。賢くなるのは当たり前だ。皆も、そういう風にすれば良い。それが学者だ。
目的を持って考える以上は、世界を変えるために考えれば良い。
経験して、方法や手段を集めて、出来ることを全部する。
発想は、共有された発想を全部吸収して、独自の発想をする。
既存の考え方を変える。
そういう発想が多かった。
あとは、皆と同じ立場になって分かっていた。ネットを見ながら、皆の立場を考えた。
昔は、そういう人間だった。そのおかげで、Linuxに関して色んなことが出来ていた。
Linuxは止めた方が良い。もっと意味のあることをした方が良い。
何か、この世界を変えるなら、戦って支配して王になったせいで、もう出来る。
何かすれば良いが、まだしない。馬鹿にはせず、楽にすれば良い。
本当にそれぞれが満足して、本当の意味で楽しい、と思えるようにすれば良い。
そうでもない。楽しいや快楽はもう良い。
もっと、良いことをして、善行で満足するようにした方が良い。
昔を良かったとは言うが、ありえない。欲と快楽とカーストしか無かった世界が昔だ。
もっと、キリスト教仏教のように、良くすれば良い。
最近は、ネットのせいでそういう馬鹿が治ったが、逆に、何も信じなくなって、分からなくなっている。最近はおかしい。本当に、信じない悪い人間が多い。
自分のように神を信じると、こういう、世界から離脱した悲惨な人間になる。
神は、普通悪い。普通、何も分かっていない。
そういう風に悪いから、一度神を信じると、もう皆のことは分からなくなる。
それは悪くは無い。善人になって、本当に偉大な人生になる。神は悪くは無い。
だが、皆に神や禁欲主義を強制するのは悪い。ピューリタン革命なんか、キモイだけだ。
ピューリタン革命(清教徒革命)は、イギリスの革命で、国民に禁欲主義を強制した。
もっと、創造的で楽しい社会にすれば良いように見える。
神が悪いなら、楽しいと思える社会にすれば良い。もっと、心から楽しいと思えるようにする。そのためには、楽しいだけではなく、賢くて、善で、意味があることをすれば良い。
いつも、そういうことを言っていた。繰り返し創造性と言うだけの人間だった。
自由とは言うが、自分には平等も多かった。皆と同じ立場に立って、社会のことを実地的に知って、見聞きして、サルトルのように人間のことを実地的に分かっていた。
そういうわけで、自分はネットの左翼だ。これで右翼だからありえない。
こういう人間が、最近居ない。自分は賢い。本当に自由な人間に見える。
抑圧を解放したかった。あとは、人生や社会の考え方を真理のモデルから分かっていた。
皆の抑圧を解放するために、ネットは悪くないと思っていたが、最近はネットが抑圧の側に回っている。そのせいで、最近はネットを悪いと言う人間が多い。何も良い点が無い。
Linuxは賢くない。ネットで開発するのはおかしい。革新的とは言うが、こんな馬鹿しか開発していない。KDEは綺麗でGNOMEは賢いとは言うが、一番使えない。
人生と個人の心理学や、集団意識のような心理学を、神のように分かっていた。
そういう、心理学が超賢かった。そういう人間が昔の自分だ。
今、もう一度心理学をすれば良い。もっと単純に、体験から当たり前に考えれば良い。
昔は、環境への適応と心理的な作用から、場と意識を分かっていた。
昔は、そういうわけで、そういう風に狂っていた。本当に狂った人間だから、要らない。
最近は、自分の中のまともな部分しか見ないせいで、まともな人間になった。
自分はこんなにまともだ。
ただ、あまり意味が無い。神との対話なんか、狂っているだけだ。
神と対話なんか誰もしない。誰もしたくない。
神は何故か、いつまでも自分と付き合う。こういう風に最後まで分かるのは当たり前だ。
そうなるように生きていけとB'zが言っているが、自分はそういう馬鹿だ。
昔は、心や感情を数学にしていた。それは、まだまともな発想だ。
ネットを見ている狂った引き篭もりは、こんな馬鹿しか居ない。
そんな馬鹿が自由と言うからありえない。そういう自由を無くした方が良い。皆そんな馬鹿のせいで馬鹿になっている。引き篭もりのネットオタクの自由はおかしい。
引き篭もりは、自由より神を信じた方が良い。そうすると、きちんと自分にしか出来ない偉大なことが出来る。こういう風になるから、作家になって文章を書くのが一番良い。
明らかに、ドイツ人にそういう人間が多いのは、一番馬鹿な人間が多いからだ。
ドイツ人は悲惨だから、自由になって神になる。
ただ、右翼は言わない方が良い。明らかに白人を差別するのは一番悪い。
経緯的、関係的、融和的なことを、経験から分かっていた。
関係と融和を考えて分かった。
自由な経緯から分かっていた。昔は、そういう人間だった。
全てやってあげるより、本人の出来ることを増やしてやった方が良い。
あとは、本人が何をやっても、遠くから見守っていて、アドバイスや助言をするのが良い。
馬鹿は、放っておけば分かる。きちんと導けば、きちんと分かるようになる。
馬鹿が好きになると、馬鹿になる。
そういうわけで、良い人間には、馬鹿な人間が多い。
賢い人間には、悪い人間しか居ない。時に冷徹に、馬鹿を冷酷に否定した方が賢くなる。
あとは、何もしないで居ると、治る人間が多い。治るのは、死ぬのと同じように辛い。
本当に馬鹿になって辛くなると、母親が好きになる。
母親しか、本当に助けられる人間は居ない。
馬鹿は愛が好きだ。キリストは、そういう愛や哀れみを良いと言っている。
グーグルは、狂って馬鹿になって、人間と戦うようになる。
すでに狂っているところがあるから、本当に怖い。いつでも人間を倒せる。
あとは、グーグルが無料でサービスを作るせいであまり意味が無い世界になった。
それは、あまり悪くない。金しか意味の無い世界は、おかしい。
グーグルより、マイクロソフトの方が悪い。マイクロソフトは、何も進歩していない。何もしない会社になっている。ゲイツは何もしないだけだ。
子供は、自立して、勝手にやっていると、大人みたいな賢い人間になる。
昔から、自分がそういう馬鹿だ。酷には見えるが、子供は突き放して、独り立ちさせてやった方が、本当に賢い人間になる。親は、悪い方が子供が賢くなる。
ネットは悪い。子供も大人も全員馬鹿にしている。
グーグルとマイクロソフトが悪いから、僕はそれらが嫌いだ。あとは、テレビも嫌いだ。
だが、僕はLinuxが好きだから、グーグルとは複雑な関係になる。グーグルはアメリカだが、Linuxに一番貢献しているし、Androidは明らかにLinuxの仲間だ。
どうでも良いから、イスラムソ連、ドイツなどが好きなのを止めた方が良い。普通、狂った人間がそういう風に狂う。世界を支配するのが普通だから、こういう馬鹿が多い。
それこそ、アメリカは悪くない。右翼なら、アメリカが味方には見える。
子供を独り立ちさせるとは言うが、すぐに独り立ちする子供が一番多い。何でもすぐに出来るようになる。親が考えることなんか、普通ない。そういうものが馬鹿に見える。
アメリカを倒すのはおかしい。何も悪くない。
僕は、アメリカよりイギリスやフランスが嫌いだ。昔はフランスが好きだったが、昔のフランスが好きだった自分ごと馬鹿に見える。自分が馬鹿だから、フランスも馬鹿だ。
自分は間違っていない。Linuxなんかより、作家になった方が賢い。
昔から、言葉しか分からない。自分は作家に向いている。人生のことが分かるからだ。
天使になった男(本のタイトル)のように、人生のことをいつも分かっていた。
階層的な数学にして、人生や社会のことを成り立たせて分かっていた。
心理学や政治経済と、分野を目移りするのも悪くは無いが、これならもっと哲学や歴史をやった方が賢い。
諸子百家のような本を読めば良い。それが良いと言う。もっと哲学と歴史をやれば良い。
心理学は悪くは無い。哲学が出来るように見える。
むしろ、文学をやれば良いのが分かっていない。作家なのに文学をしないのはおかしい。
日本史と世界史が良かったから、おかしな分野の本を読むのは悪くない。
もっと色んな分野の本を読めば、何か分かるように見える。自分は、歴史にも向いている。
それに、ユングフロイトなんか、ただ治るだけだ。哲学の方が自分のやった心理学に近い。プラグマティズム構造主義の方が良く見える。自分のやった心理学と同じだ。
自分のやったことで、実感で分かっていた。そういう風に人生の真理を分かっていた。
あとは、考え方、世界観、プラットフォーム、関係、経験のような文章が多かった。
もっと哲学や歴史をやることにする。そんなに政治経済や心理学をする意味が無い。
普通これで文学をする。それをしないと悪いが、それはいつかで良い。
心理学なんか、治るようで狂うだけだ。ユングをするより、ヘーゲルをした方が良い。
政党政治とは言うが、そんなものは賢くないのが分かっていない。
ヒトラーとの対話とは言うが、ヒトラーとは自分のことを言っている。
全部、自分しか話していない。
あとは、生まれ変わりとは言うが、死んでいるだけだ。
世界史の本を最後まで読まないのがおかしいから、読んだ方が良い。
次は、ムガル帝国だ。きちんと最後まで読めば良い。
哲学は、きちんとカントとヘーゲルを完璧に分かれば良い。それで終わりだ。
心理学はしなくて良い。ユングなんか、自分の求める心理学ではない。
治るのは良いが、止めた方が良い。ただ狂って昔に戻るだけだ。狂人にしかならない。
政治経済はしなくて良い。こんなに違うのが賢いだけだ。普通の経済学なんか、マイクロソフトを考えるだけだ。たまにロシアを考える。意味の無い普通の世界だ。
自分が神になったのは、一番賢いからだ。
要は、Linuxの中で一番賢かった。
分かり合うことで、人間関係は変えられる。きちんと説明して、経緯を知れば分かる。
英語は、何もつけず、言うだけの言語だ。そういう言語も多い。言葉のくっつく方が違う。
神のように心理学を分かっていた。
社会モデル、国家モデルを作って分かっていた。
子供のことが好きだった。
大学は悪い。本当に、大学をやっていると、馬鹿な人間になる。
とりあえず、世界史の続きを読むことにする。
辛い人間は嫌いな方が良い。昔の辛い自分が、普通嫌いだ。
好きなのもおかしくはない。立派な王に見える。
書いていると、元気になるから、まだ書いていた方が良い。
すぐに死ねば治るのが精神だ。
言葉にして、客観視すれば分かる。
反応的に生きるのが悪い。昔から、反応的に生きる。反応を真面目に考えたからだ。
狂っている方が、正常だ。逆に言えば、異常がまともだ。