「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-11-29

=2015-11-29=

ワードからコピー

この世界は、一つの世界に一人、解決者が居る。
それは、全員で、順繰りと、ローテーションで体験している。
だから、全員偉大だ。
自分を助けてくれる誰かが、確かに居る。その人とともに体験している。
自分が居なくなっても、自分の代りをしてくれる誰かが居る。その人が好きだ。
自分の前の誰かが、一番悪く見える。悪く見えて、その人を倒すことから分かるのが自分だ。自分の前の世界では、その人が解決者だった。
そういうわけで、全員神だが、自分が見ると、前の馬鹿が嫌いで、自分が何もしないなら、誰か自分の好きな誰かがやってくれる。
何故こんなことを言うかと言うと、この通りの夢を見たからだ。
キリストも、父親も、何か別の形で自分と同じように世界を救っている。
皆自分が嫌いなのは、自分も自分で、神で、悪魔で、意味が無いからだ。
それこそ、自分はヒトラーの神だ。皆そういう馬鹿が嫌いなのは、一番悪いからだ。
逆に、自分はゲーテだ。皆そういう馬鹿が好きなのは、一番偉大だからだ。
自分は神だが、神はこういう風に、全員だ。
論理的な世界観を作っていた。
法と可能性など、考え方を考えていた。
ソ連なんか、強制収容所だが、それは他の国にもあった。
場とプラットフォームのように、相対的な考え方を考えた。
人格を全員にした。全員人格で吸収した。
そういう人格を治せば治る。自分は、人格の病気だ。
体験や環境を考えた。特に、色んな体験を考えた。
神のようになって、思いやりを考えた。
数学的な方法を考えた。
Androidのおかげで、Linuxが勝っている。自分は、Androidが嫌いだ。
英語をやった。
手助けが出来る仕事がしたい。皆を手助けしたい。そういう、善行がしたい。
それが一番賢い人間になる。
人間の段階を考えていた。
皆、神となれ。
最初から最後まで、全部、科学のようなものをイチから作って分かっていた。
体験していた。自由な、全員分の体験をしていた。
この世界は、全員仏であり、全員伝説である。何かしら、伝説を信じているものだ。
ここから先、自分が悪くて、自分の好きだった人間が良い。
そういうわけで、Androidが悪くて、何か自分が好きだった人間が良いことをする。
そして、ビルゲイツが嫌いなのは、自分の前に、良いことをしていたからだ。
キリストも、ヒトラーも、レーニンも、そういう風に偉大なことをしている。
あとは、自分が居なくて、誰が何をするのかが分かっていない。
手助けの実感で分かっていた。実感で、手助けをしながら、行動を分かっていた。
ブラック企業は悪くない。むしろ、普通ブラックだ。休みたい会社員なんか、居ない。
今から、Androidが悪い。自分が一番悪く見える。
自分なんか、居ても居なくても変わらないから、居なく見えるのが神だ。
自分が神に見えて、皆も神だ。自分はただの普通だと、神がいつも言っていた。
あとは、仏教の真理のようなことをいつも言っていた。
抽象的で、相対的な、個別性と普遍性や命題と法則のような、数学的なことを言う。
プラットフォームのようなことをいつも言っていた。
仏教のように、全ての段階と道が分かっていた。ブッダの再来のようだった。
ブラックバイトとは言うが、アルバイトなんか、辛いなら辞めれば良いだけだ。
ただ、本当に自由は悪い。ブラックで良いわけがない。そんなに人を苦しめるのは悪い。
昔は、自分でやるのを考えて、自分でも出来るのだと信じていた。
馬鹿に見えて、そういう風に考えないと、分からない。
あとは、数学的に考えて、自由から分かっていた。
自由に自分がすること、出来ることから分かった。
それは馬鹿だ。知識のない人間に見える。何も知らないのに分かっている。
昔なんか、自分が自由にするだけだ。それだけの人間だ。
そのためだけに、沢山のものを作って、下準備して、吸収して、出来るようになった。
社会を全て知った。考え方を考えた。
それが手助けをして分かっていた。
最近の方が良い。最近は、地獄を治したいだけだ。
不思議と、手助けや善行をすると、すぐに治る。あとは、人格を治せば良い。
考え方を積極的に作って、積極的に行動し、活動し、体験すること。
もう何もしたくないとは言うが、何もしていないだけだ。
最近は、コンスタントに文章を書くのを続けるようになった。勉強もしている。
英単語は、昨日やった。また新しいユニットになった。
存在、認識、社会の可能性を考えること。
神と対話すること。
神は、全ての体験の総和であり、全てを創造したものである。
神が悪いのは、自分のような悪い信者が多いのを言っている。神本人もそこまで悪い。
宣言し、勉強し、全員のことを支配して、治すこと。
最近は、王になって、皆のことを解放し、治し、多様化するようになった。
社会を全部創っていた。
昔は、心の可能性を考えた。いつ何がどう変えられるか、から心を分かった。
経済学を作っていた。まるでマルクスのヒュームのようだった。
昔は、時間軸、欲求、動機のようなものを考えて分かっただけだ。
そういう、ネットみたいな人間だった。
それで、共有や実感が多かった。本当に友人になれば、世界は変えられると思っていた。
創造性と一体感と共感から、日本を分かっていた。
ネットのせいで、皆の意志をコントロール出来るようになった。そういう悪魔だった。
人格は、何もしないでいるとおかしくなる。
人格は、何も考えないと馬鹿になる。
優れた人格をしているから、そのままで楽にした方が良い。
未知の可能性を残して、発見すれば分かる。そういう文章が多かった。
足は、治らない。
分離するのが怖いだけだ。
植物や虫など、生態系レベルの低い生命は、自主性が少ない。独立性が少ない。
人間は社会に依存するが、他を奴隷にして生きている。
社会主義封建社会など、全体主義の国は、自主性が少ない。
逆に、民主主義や個人主義の国は、自主性が高い。独立性が高い。
そういうわけで、ファシズムは、人間を虫へと退化させている。
また、共産主義は、植物のような、意味の無い平等をやっている。
文章でシステムを作っていた。
意識の深層を分かっていた。
言葉の意味を同じにして分かっていた。
その、言葉の意味を違うようにすれば良い。
言葉の意味を同じにしたせいで、日本語が分からなくなった。
Androidを使っている。Google Keepが使える。
今日も英語をやった。そろそろ知らない単語が多いから、面白い。
日本語は、形容詞や関係代名詞をつけると、ダイナミックに分かる。
昔は、それを考えただけだ。
Androidは、使える。Linuxには、可能性がある。技術力があると、いざという時に何でも出来る。Androidのせいで、そういうものになった。
昔は、パソコンの世界を全部知って分かっていた。
本を読みたい。色んなことを知りたい。
歴史は忘れるが、色んな本を読めば覚える。何より楽しい。
ブッダのような真理は、一つ一つ段階的に分かっていた。
確かな実感から分かっていた。
Linuxのシステムから、社会が分かった。
コミュニケーションから分かった。
最近、助けてほしい人間がいない。皆、自立しているし、楽だ。
そういうわけで、目が見えないとか、本当の弱者を助けた方が良い。
右翼と左翼はバランスだ。どちらも悪い。
自分より、テレビの方が悪い。自分の方が賢い。
何も出来ないのは当たり前だから、しなくて良い。
機械なんか、工業大学で学んで工場で作る。
だが、色んなことを知っていると、普通良い。作り方、仕組み、歴史でも知れば良い。
そういう、背景知識を書いて分かっていた。
いつもやっていることを減らして、賢いやり方をすれば良い。
そういう風にやることを増やすと、賢くなる。
昔は、事前に考え方や方法や可能性を分かることで、再利用や自動化などの考え方を分かっていた。
人間をモデルにして分かっていた。
それがそこにある、いる時を仮定して、成り立たせて分かっていた。
つまらない。何もやることがない。
夢がないのが悪い。また、哲学でもやれば良い。
全部怖いのは、何とかすれば治る。慣れるしかない。
放送大学を見ている。
自分は、何か現実離れしたものを知りたいのだと思う。普通のことより、歴史や哲学など、超人のようなことを知りたい。
何と言うか、普通のことは知りたくない。宇宙のことでも知れば良いように思う。物理の読みものでも読めば良い。
父親の持っている、子供のための相対性理論と言う本を読むことにした。
この本は面白い。本当に子供向けに書かれているから、物理と言う感じがしない。面白いから、読むことにする。
最初の1話を読んだ。全部で40話ある。最初だから簡単だが、そのうち難しくなる。
今、タイムトンネル宇宙船のところを読んでいる。本当に、わくわくドキドキするように面白い。
2話を読んだ。
そろそろ、楽しいが分かった。自閉症が治る。もう怖くない。
ニュートン力学アインシュタインによって覆されたように、アインシュタインも変わる。
何か宇宙で起きたことは、全て宇宙全体に繋がっている。少なくとも、何らかの影響を与えている。
何となく、宇宙は小説やゲームのようなものに見える。
宇宙には、光速を超える速さはない。ここから、E=mc2の意味が見えてくる。最も速い速度の二乗で質量からエネルギーが爆発するのが見える。
それを、宇宙のエネルギー法則的な、加速度のようなものだと考えれば良い。
そうすると、ものが光の速度で加速しているのがエネルギーということになる。
宇宙は、どこでも同じだ。この空間、暗闇は、全部同じ宇宙だ。
必要に応じてボタンの意味が変わるのは賢いとか、パソコンのようなことを言っていた。
ものは可能性豊かに出来る。社会は、それぞれが築くことで、多様化出来る。
予測力や思考力を想像力からつけていた。
視野を広げて、気づいて分かっていた。