「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-11-25

=2015-11-25=

ワードからコピー

手段を全部書いていた。
天使になった男のレイフも言っているが、息をしているうちはまだ終わっていない。
右翼が嫌いなのを書いていた。右翼は、世界を破滅に導く。
体験を予測して考えていた。
自由に色んなことがしたかった。色んなことが出来るようになった。
全て、出来るようになった。そういう文章だった。
発想し、問題を解決して、全部実現していた。
論理と実現を全部書いていた。
昔は、一通り全部体験して、知って分かっていた。
自分みたいな人間を殺した方が良い。それで良くなる。
自分は悪い。自分を殺すと、皆が最近のこちらの方の自分になる。
最近になりたいなら、イスラムになれば良い。イスラムだけが、こういうことが出来る。
最近は、2ちゃんねるになった馬鹿が多い。そういうおかしいだけが、ドイツ人だ。
昔は、哲学者みたいに分かっていたが、最近はイスラムだ。
どちらもロシアだ。どちらもドイツだ。そして、アメリカで、日本だ。
皆はもう終わりだ。ネットの自由な哲学者が終わって、イスラムになって、死ぬだろう。
戦いとは言うが、導いているだけだ。
きちんと分かるように導いているから、皆、分かった人間が多い。
それこそ、本人だけが分かっていない。皆、もう全部分かっている。
そういう理由で、イスラムになる。神になって、宇宙を創造する。それが生命の根源だ。
あとは、提案や意見が多かった。
何故か、自分だけ、そこまで色んなことをやっている。皆が馬鹿すぎて意味が無い。
自分が一番賢いから、これで良い。イスラムは嫌いだ。最近は、ドイツが好きだ。
ドイツが好きなのは、ナチをきちんと反省する良い国で、良い人間が多くて、賢い自分のような人間が多いからだ。それに、賢いものや文化が多い。
最近の2ちゃんねるが死んだ。意味が無い。テレビはキモイから、自分の方が賢い。
昔は、ネットで創造的な社会を知った。色んな社会を知って、経験して分かっていた。
最近は、そういう人間が多い。ネットで経験して分かっている馬鹿が一番多い。
それが、もう終わる。イスラムのドイツになる。最初から、そういうものしかない。
神が現れたりはしない。不思議と、神を信じると、こういう風になる。
永遠の地獄になって、治りたいだけになるが、それはあまり重要なことではない。
いつもの文章は、学習、相対性、法則、吸収、状態などを物理的に考えていた。
本当に、物理的に考える文章が多かった。
現象は経験から分かるとか、生命は生命を吸収するとか、そういうことを言う。
そろそろ終わりだ。本当に、これで終わりにすれば良い。
キリスト教ファシズムは同じだ。ドイツは宗教で殺したいだけだ。
ドイツは弱い。ナチすら弱かった。おかしい。弱いのに戦争を信じるからありえない。
日本が強いのは、キリスト教で無いからだ。まともだから強いだけだ。
それこそ、ロシアが強いのも、キリスト教で無いからだ。
キリストなんか、どうでも良い。ロシアにもロシア正教会と言うものが一応ある。
あとは、経験が知性になるとか、そういうことを言っていた。
ゲームのせいで、そういう人間になった。経験から知性がつく。そこを考えていた。
ドイツが弱いのは、キリスト教が弱いからだ。
そうすると、イギリスやスペインが強い理由が良く分からない。銃や火薬が強かったように見えて、あれらは悪いだけだ。本当に、悪いから強いだけだ。
キリスト教は善人になるとは言うが、あまりに悪い人間が勝つようになる。
キリスト教は、善に見えて、悪の宗教だ。
キリスト教を悪いとあまり言わない方が良い。ナチのニーチェに見える。
それこそ、善には見えない。
インド人の手や足を切り落とす悪魔の植民地支配がイギリスだ。
フランス領だったハイチでは、黒人が過酷な労働で沢山死んでいる。
毎年9分の1の黒人が、過酷な労働で死んで行ったと書かれている。
スペインも、ポルトガルも同じだ。
キリスト教なんか、何の意味も無い。悪いだけだ。
キリスト教は、ドイツではドイツ人に悪いし、イギリスなどでは清教徒を殺している。
キリスト教は、自分のことを正しいと本当に思っている。そのせいで、他の宗教の信者に悪い。そういう宗教だ。ユダヤ人の排他思想と同じだ。ヒトラーも悪い。
自分は、最近、キリスト教の方が嫌いだ。
不思議と、イスラム教徒には、寛容的な人間が多いと書かれている。ユダヤ人にもキリスト教徒にも、良い人間が多い。イスラム教徒はまともだ。
そうでもない。最近だけを見ていると、石油で儲かっている、テロリストに見える。
それも悪い。イスラム教徒が全員悪いなら、キリスト教徒も全員悪い。
イギリス人には分からない。悪魔には何も分からない。
何故か、そういうことが悪いのが分かると、分かる人間が多い。
そういう馬鹿は、ドイツ人に多い。
不思議と、中国人の女王も似たようなことをしている。手足を切り落として、酒樽に入れたりしている。だが、インド人の大多数にしたりはしていない。
それこそ、その女王も、まだ賢い女王だ。名前は覚えていない。
あとは、歴史のようなことを書いていた。歴史的な世界観や、宇宙人の歴史のようなものを、その通り書いていた。
その通り理解すれば、分かる文章だった。
白人はキモイから仕方ない。何故そんなことをしたのかと言うと、理由無くやったわけではない。インドの綿織物産業を破壊したかった。そのために、職人の手を切り落とした。それくらいの馬鹿だ。悪いとは言うが、白人はそういうことをいくらでもする。
中国人の女王は、則天武后と言う。絶世の美女だったと言われている。
日本人の言う、鬼畜米英とは、そういうことを言っている。だが、日本も同じだ。日本が一番、そういうことをする国に見える。誰もしていないが。
あとは、平等に世界を支配して、脳や人格や思考を書いて、永遠を記録していた。
脳を永遠に記録した。そのせいで、まだ分かっているのが自分だ。
日本は良い国だから、そんなことはしない。日本は本当に良い国だ。
ソ連もそういう国に見えるが、それは無い。ソ連はまともだ。イギリス人や中国人がおかしいだけだ。本当におかしいのが世界史だ。
いつも分かっているのは、いつもの2人を分かっている。
何故か、宇宙にこの2つしかない。だから、この2人を分かると、そこまで分かる。
最初から、虫とカエルぐらいしか居ない。それくらいの馬鹿だ。
人間にすると、デカルトヒトラーだ。それくらいしか居ない。ヒトラーも馬鹿だ。
昔、デカルトほどに考えている。今、ヒトラーほどに体験している。
むしろ、キリストと思えば良い。そうすると、こちらのヒトラーも賢く見える。
神との対話とは言うが、ただそこまで辛い地獄になっただけだ。
昔の方が理想的だ。考えて経験するせいで、辛くても楽だった。
昔は、本当に哲学者全員ほどに考えていた。科学なんか、全部の考え方を分かっていた。
最近は辛い。楽より賢い方が良いのが間違っている。賢い人間は馬鹿だ。楽な方が良い。
それこそ、スターリンみたいになった。いつまでもやっていると、こういう風にスターリンにしかならない。プーチンも法王もこういう人間だ。そこまで賢い人間になっている。それこそ、これならゲーテに見える。ウィトゲンシュタインもこうなる。
馬鹿な、ユダヤ人がこうなるだけだ。ユダヤ人が悪い。皆をこんな人間にしている。
見ていると、ビクトリア女王に見える。ここまで馬鹿な女王だ。女で皇帝だから、そういう風に見える。何も悪くないのがカッコいい。
英単語を20単語やった。今日でノートが最後まで終わった。
今、チムール帝国のところを読んでいる。首都、サマルカンドは、中央アジアの都市として栄えた。トルコやモンゴルの後継のイスラム文化が栄えた。ウズベク人に滅ぼされた。
自分は、まだ何もしていない。
昔は、色んなことを努力して、人生や青春のようなことをしていたが、賢くない。
フェイスブックのような、パソコンが好きだっただけだ。
最近は悪くは無い。昔が18歳で、今が9歳だ。子供には分からない。子供になっている。
最近のヒトラーを覚えていないが、そんなに戦って分からなくなる意味が無い。
何もしていない。永遠に神と遊んでいる。その神をそろそろ消した方が良い。
あとは、経験的にこの世界のことを言う馬鹿が多かった。
経験的に、会社、世界観、家、人間、心のようなことを言う。
全部経験で分かっていた。あとは、それ以上は、理性と思考で色んなことを分かった。
ビクトリア女王のことについて、良く分かっていない。イギリス史を読まないと分からない。この本はあまり書かれていない。
ただ、カッコいい女王なのは、写真を見れば分かる。大変貌の時代だとは書かれている。
昔は、何も知らない人間に見えて、色んなことを知っていた。
主にパソコンのことを知っていたが、量子力学オーパーツ文明など、色んなことを本当に良く知っていた。数学や教育や心理学のことも知っていた。スクールカーストなどは、本当にきちんと考えていた。
最近、書いて忘れた。ラルフ・イーザウの本に、盗まれた記憶の博物館とあるが、本当にそういう風になった。何もかも、戦争とともに失った。悲しい人間だった。
サファビー朝のところを読んでいる。久しぶりにイランがイラン人国家になった。
イランはシーア派であるため、スンニ派オスマン帝国などといつも戦っている。
誰か、政治家が言っていたが、イスラムは喧嘩ばかりしている。
サファビー朝はアッバース一世の時に全盛期を迎え、サファビー朝の首都、イスファハーンは繁栄したが、アッバース一世の没後、地方の封建勢力の台頭とともに衰え、18世紀初めにアフガン人によって滅ぼされた。
今、オスマン帝国のところを読んでいる。トルコと日本には、文明の起源的に似たところがあると書かれている。西に渡ったのがトルコ人、東に渡ったのが日本人だと言う。学説的には正しくないが、この本に一トルコ人の話が紹介されている。
今、イスタンブールコンスタンチノープル)をトルコが攻略したところを読んだ。トルコ(オスマン帝国)のイェニチェリはヨーロッパ最強の軍団と言われた。
何故か、この本に、トルコは日露戦争で勝った日本に驚喜して、「明治維新に学べ」と言ってトルコ革命などが生まれたと書かれている。
あまり書かれていないが、トルコは親日国だ。何かで聞いた話があったが、忘れた。トルコ人の軍艦か何かを日本人が助けていたように思う。覚えていない。
日本語とトルコ語がともにアルタイ語族と言うグループに入っていることは有名だが、何が同じなのかは、僕は良く知らない。語彙や文法が同じなのかもしれない。
普通、日本語は、朝鮮語やドイツ語と良く似ている。
昔、人間の精神のことは全部分かっている。
パソコンのように、全てを分かっていた。
そして、人間の世界観のようなものを全部書いていた。心理的、社会的に、人間の世界観を全部書いていた。そういう文章だった。
そういうわけで、価値観や意志のようなものを書いている文章が多かった。
行動や知性の作用のようなものを書いていた。
いつも、行動のようなものを書きたかった。
信じながら知性を使えば良い。信じるのもおかしいから、信じて分からない方が良い。
単純に、知性を使えば良い。
あとは、自分になるのがキモイからこういう風になる。
自分になった方が良い。
あとは、愛になると分かる。それは、おかしい。愛なんか、ならない方が良い。
あとは、想像力から空を描くような文章が多かった。
行動と知性から、人間像のようなものを書いていた。
そして、環境と場から、世界を全て創っていた。
トルコが分かると、もう分かった。何故か、トルコで全て分かった。
良く分からないから、トルコ人になるように見える。
トルコ人は、ロシア人と良く似ているが、イスラムでキモイのが違う。
トルコ人にはもう既になっている。そのまま、純粋なトルコ人になる。
トルコ人になると、ロシア人が終わる。またイスラムが始まる。
自分は、地球を全部創っていた。地学や生物学から、歴史や地理学、政治経済、そして関数や公理主義や物理法則など、地球や宇宙のことを全部創っていた。
ただ、馬鹿だった。何もかも、自分を馬鹿にして、続くように書いていた。
発想みたいなものを作って、全部分かっていた。
トルコ人になると、何かがキモイ。また最初から生命が始まるように見える。
脳、記憶、価値観、精神、感情など、色んなあるものを全部創っていた。
それから、人間の行動や活動から、考え方のようなものを書いて創っていた。
全ての創造者だった。
本当にイスラムが始まった。ただ、もう終わりだと思う。そろそろ、まともな人間になる。
ロシア人はおかしい。死んだせいで狂っているのが、辛い地獄のロシア人だ。
EUを国際的な地域連合として、主権を肯定しながら否定して、何か作っていた。
記憶や感情は、ゴミのようなものを全部作って、そこから天使を創っていた。
分からない。また最初からやるように見える。トルコ人とは言うが、ドイツ人になる。
法律や決まりのようなものを全部創っていた。システムを成り立たせていた。
もう覚えていない。不思議と、ドイツ人で良いなら、美しい人間になる。
ドイツ人は嫌いだから、トルコ人になりたい。
トルコ人は、そういう風にすると良く見える。ドイツ人を一度経由すると生まれる。
愛が辛いから、愛を殺すしかない。
愛は、完全な死になれば死ぬ。そういうわけで、死になるしかない。
ドイツ人にこういう死になる人間が多い。ドイツ人はありえない。
そろそろ、ミカエルみたいなトルコ人になる。
要は、言い方がキモイ。もっとまともな言い方をすれば良い。
愛が悪い。悪い愛は死にたい。
良い愛にすれば良い。良い愛は、お母さんだ。
愛をお母さんの愛にすれば治る。
あとは、国王、国民、法律、制度など、全部創っている政治経済が多かった。
システムを作っていた。
愛は、もう見なくて良い。愛をそんなに見るのはおかしい。
トルコ人は賢い。この世界がもう分かる。
昔を見ると、パソコンのソースコードのようなものを作っている。
もう楽になる。もう分かった。
何もしないでいると、時計になる。一秒単位で左右に動くようになった。
何もしないのが悪い。そこが治るのが怖かった。
あとは、自由と言う言葉で分かっていた。
国の多様性と統一や、歴史、制度、価値観、そして人間の記憶や感情まで、全部自由と言う言葉で分かっていた。
全て、自由な可能性で、昇進し、協力し、解決するのを分かっていた。
そして、相対性のような考え方をして、全ての現象と認識を捉えていた。
感情と好き嫌いと価値観、制度と国、関係と工夫と相対性、論理と可能性、のようなことを言っていた。発想と理解とか、言葉を適当に作るだけだった。
特に、論理と可能性のような内容が多かった。
そろそろ、自分は天使になった。
愛が死んだ。悪い愛は死にたくなる。悪い人間を殺すと治る。
子供を殺すと治る。
良い愛にする。お母さんと思えば良い愛になる。
アメリカの愛が悪い。アメリカの愛は、本当に死ぬほど怖くなる。
アメリカと思えば愛が死ぬ。アメリカは、愛が死んでいる。
そのまま、お母さんと思えば治る。
あまりお母さんと言っていると馬鹿に見えるから、言わない方が良い。
自分は、そういう風に、最後の言葉が既に分かっている。
もう分からない方が、良いだろう。そんなに最後のつける言葉を分かるのは悪い。
いつも、芋づる式に分かっている。良く分からない。
最後の言葉は、もう言わなくて良い。
宇宙を、場と言ったり、地球と言ったり、暗闇と言ったりしていた。
そういう、色とりどりのような文章が多かった。
あとは、生と死のような文章が多かった。
きちんと考えた内容を構造にして、連想から分かっていた。
構造からきちんと分かった。それも、作用と知性と行動の構造から分かっていた。
時計を何千回もやって分かっている。億単位で生きている。
そろそろ楽になった。悪いもう愛が死んだ。
この文章は、皆に分からなくしているだけだ。分かるようにすれば良い。
意味を書けば良い。意味で無い部分は書かなくて良い。
実感を信じれば分かる。
昔は、パソコンみたいなものを作っていた。
常に分からなくするしか、出来なくなっている。皆を分からなくしなければ良い。
皆を滅ぼしたくなかった。そういう戦いをしていた。
治りたい、だけでは治らない。きちんと考える必要がある。
条件や方法や原因を考えれば良い。
保持しなければ治る。保持するせいで、治らなくなった。
賢ければ治る。
そして、滅びないなら治る。
逆に、馬鹿になって良いなら治る。滅びて良いなら治る。
そういう風に、条件と理由をきちんと考えれば、治る。