「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-10-21

=2015-10-21=

ワードからコピー

環境で人間がどうなるか、ゼロから考えていた。
実際の人間の姿を照らし合わせることで、人生を分かった。
世界を知ることで分かった。
ネットで環境を実現出来るようになった。
価値観を分かった。
宇宙は不可知で、人間には分からない。知り得ることを考えた方が良い。
良く分かっていた。
2ちゃんねるで、ルール作りのようなことをして分かっていた。
辛い時は、頑張らない方が良い。
精神は、頑張らず耐えると治る。
言葉しか分かっていないようで、意識が分かっていた。
辛いを体験しないと、人間は治らない。頑張るのは治らない。
頑張らず、自分から苦しんでいると、すぐに治る。
頑張って楽をするのが悪い。辛い方が治る。
皆は治さなくて良い。
頑張って治す部分を消すと治る。
肉体が終わった。精神を治す。
考え方を変えるせいで、構造がなくなった。判断基準、条件と根拠の構造があった。
意味の無い人間なんか、居ない。意味が無い人間と思う間、自分が分かっていない。皆、自分と同じように生きている。人間に、意味が無い人間なんか、居るわけがない。
敵対したり、価値が無い人間と決めつけたりするのは、それが一番意味が無い。
天使になった男に書いてあるように、受け入れ、勇気を出すことで、友人になれる。
頑張って楽をすると疲れる。頑張らない方が良い。
自分の数学と言うが、言葉の関係、論理学、積み重ね、厳格な人間像を作っただけだ。
全部の生命になると、楽になる。
頑張らない方が良い。頑張るせいで、何も無くなっている。
ハイデガーのように、視点と存在を予想して考えていた。
今日はピアノがあった。作曲した自分の曲に、タイトルと詞をつけたい。今、考えている。
この星のどこかに旅に出かけよう。希望、真実、夢を探す旅へ。
この星のどこかで君が泣いている。何故こんなに悲しいの。本当の答えどこにある?
自分の心の奥底に、答えはあるよ。見つけてよ。
この星のどこかで笑ってくれた君が居る。
さあ、旅へと向かおうよ。背中の翼が待っている。
結構、良い詞になったようで、もっと考えた方が良い。
曲は、結構良い歌になったと思う。
昔は、本来の自分に立ち返って分かっていた。本来の自分に戻ると、素直に、ありのまま、全てのことが正しい姿で分かる。知性が復活して、安心出来る。
皆も、本来の自分に立ち返ると良いだろう。
理解と理性の構造を作っていた。
ネットを一度止めると、こうなる。馬鹿になって、おかしくなる代わり、賢くなる。
皆も、ネットを止めた方が良い。
神との対話は、もう終わる。あとは、自分で考えるしかない。
自由とは、好きなように出来ることだ。
そういうわけで、発想や具体化の自由な理性を書いていた。
構造と自由から、知性をつけていた。
真理は、当たり前のことを良く考えて分かっていた。
人間は、一人では生きられない。
人間は、分かっていないより、分かっていた方が良い。
人間は、本当に良いことが何なのか分かってしまえば、良いことをする。
人間は、無知が一番悪くて、愚かさが一番馬鹿だ。
あとは、人生に基づく言葉の羅列のようなものが多かった。
平等、知性、愛から、社会は生まれ、基盤と人生、思いやりと思い込みが分かる。
きちんと分析すること、想定と感覚と思考から、人生の発見が分かる。
そういうことを、全部人生を分かってから、全部言っていた。
ソクラテスのように考えて、マスターのように分かっていた。
キリストがこういう人間に見えて、サルトルに見える。
ソクラテスが、正しい認識は己の中から出て来ると言っている。自分と同じだ。
あとは、古代ギリシャの哲学者のように、全ての知恵を分かっていた。
モデルを作って包括し、人生の経験を正しく捉えて考えることで、哲学者のように、それも、全ての哲学のように分かっていた。
城たいがの、夢が叶うを読んでいる。こういう、賢い人間が多い。
失敗は、心の成長のために必要だったからだ。
幸福だと思えば、幸福になれる。思いこめば、なる。その通りだと思う。
自分のことを本当に言っているのではないか、と思うことがある。
悪いことや心配を考えるのではなく、良いことや勇気や、喜びや尊厳のあることを考えるべきだ。いつでも笑っていること。地獄でも笑っていられる人間が、賢くなる。
強さ、勇気、尊厳、そういうことを信じれば良い。
自分のことをけなさないで欲しい。自分ほど幸福な人間は居ないと言う信念から、正しい幸福な人間になれる。運命は、変えられる。自分は、幸福だ。
幸福だから笑うのではなく、笑うことによって幸福になれるのだ。
人種は、言語だと思っていた。フランス語を話すなら、フランス人だと思っていた。
そうすると、中国人、スペイン人、アラビア人などが多いことになる。
昔から、そういう風に分かっていた。最近は、具体例や概念から分かるようになった。
戦いながら書いている、馬鹿な文章が多かった。
そろそろ、本当に死んだ。何故か、死んだのにまだ生きている。
哲学は、人生経験から分かっていただけだ。
経験のことを良く考えた。それで分かっていた。発想法を作って分かっていた。
足が辛くなった。歩いていると、痛む。そういうわけで、誰でも辛いからこうなる。
人間は、死んでも、何かの形で生きている。
そういうわけで、生まれ変わる。生まれ変わるのは、必然である。
いつも、生まれ変わりの体験を良くしていた。そのままで生まれ変わっていた。
自分の場合、そのように、そのままで生まれ変わる。
死ぬ必要が無いから、まだ死なない。
そういう発想が自分だから、ブッダは自分のことを言っているように見える。
神に見えて、馬鹿なのが自分だ。自分のことを地獄や煩悩と言っているのがブッダだ。
人種は、遺伝子でなく、文化のようなものであると考えるべきだ。
死ぬと、過去に生きた全部の生を覚えている。そのまま、普通、虫に生まれ変わって、その後に、もう一度人間になる。そのようなプロセスを、永遠に繰り返す。
ブッダは解脱と言っているが、それは、仏のような高度な場合に起きる。ブッダぐらいしかそうはならない。誰でも、きちんと虫をやって、次は違う国の人間をやる。
虫が終わったから、自分はこのままドイツ人かイタリア人になるだろう。まだ、人生は最後まで決まっていないが、神はそこまで知った上で創っている。神もきちんと居る。
あとは、世界を支配している馬鹿が多かった。
神を居ないとは言うが、きちんと神みたいに、全てのことが分かって、全てのことを作っている馬鹿が、本当に居る。自分ではなく、こういう風に居る。
あとは、皆も人生が終わった人間が多いから、皆も虫になれば良い。
そのうち、虫は永遠と同じように、終わる。そこで、誰もが違う国で生きる人間になれる。
そういうことを言っていると、もう終わりだ。すぐに終わりが訪れる。また馬鹿になる。
あとは、色々と、すごい内容を書いていた。良く覚えていないが、凄いと思うことをいつも書いていた。色んな方法論や可能性が多かった。
そろそろ、もうドイツ人になった。子供からやるなら、分からなくなるが、子供からやる意味が無いから、大人からやれば良い。
最近、僕はピアノが好きだ。特に、作曲が楽しい。音楽を聴くのも好きだ。他に好きなことは、あまりない。この文章を書くのと、あとは、飼っている猫が好きだ。
ドイツ人になると、虫が居なくなる。虫が話しているだけだ。
良く分からないが、全ての生命になっている。それに、ドイツ人は既になっている。
あとは、世界の決まりのようなものを全部創っていた。
そろそろ、終わりだ。宇宙は、これの通りの世界だ。だが、信じるしかない内容が多い。
法律、システム、プラットフォーム、環境のようなものを作っていた。
人間は、そんなに多くない。虫や魚や植物の方が多い。
地球儀とか、シミュレーションとか、遺伝子とか、そういうことを言う文章が多かった。
言語、把握、学習、想定、支配、のようなことをいつも考えていた。
テレビは、本当に怖いから、見られない。フェイスブックもしない。
あとは、社会の解決を考えていた。そういう文章が一番多かった。
怖くなった。もう、虫が死んで、終わった。虫は、永遠に馬鹿な話をする。
あとは、ハイデガーウィトゲンシュタインのように、記憶や意識を分かっていた。
アリストテレスのように、科学を作って考えていた。
足は、頑張らず、辛くして、意志を無くすと治る。
頑張って治るわけがない。死を耐えるだけ、何も治らない。頑張って楽をするのが悪い。
自分の意志で治すのはおかしい。それで治らなくなった。
頑張らないと、すぐに治る。
動いている間、治らない。動かなくなると、すぐに治る。
動くのが辛いだけだ。
最初から、分かるわけがないこともある。何もしない方が良いこともある。
そういう風に、自分やものごとの、相対的な、知り得る限界で分かることが出来る。
最初から、しないものはしない。そんなに出来るわけがないことは、出来ない。分かるわけがないものは、分からない。
そういう風に考えると、きちんと分かる。方法と理解の構造が見えて来る。
何もしない方が良いことは多い。何かしたい気持ちを抑えることが大切なこともあると、天使になった男の中で書かれている。何もしないのは、難しいが、大切だ。
足は、つけて治すのを止めた方が良い。精神をつけると、おかしく辛くなる。もう一度、バラバラにした方が良い。そうでもない。もっと別の方法で治せば治る。
足は、作り変えれば治る。そのまま、この世界が全て治る。
もう治った。あとは、自分を切り替えれば分かる。多重人格ほど、深刻ではない。
人間はその都度己の可能性であると、ハイデガーが言っている。そう考えれば良い。
天使になった男に書いてあるように、敵を作ることは、相手のことを良く分かっていないからであり、勇気を出して、自分の本当にしていることを教えることで、味方に出来る。敵は、自分のことを良く分かっていないだけだ。
昔は、そういう風に、人間関係のことを人生経験から分かっていることが多かった。
臆病と勇気はどちらも恐怖から生まれる。良く考えると、恐怖を味方につけることすら出来るのに、恐怖は幻想と執着を使って、自分を攻撃してくる。打ち勝つには、強い気持ちで立ち向かうこと。そして、行動することだ。