「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-10-20

=2015-10-20=

ワードからコピー

天使になった男に書いてあるように、問題、原因、解決策を、きちんと考えれば分かる。
昔は、そういうものを論理的に考えて分かっていた。
仏教でも同じことを言う。
あとは、レイフのような、時間を最初から最後まで貫いて、見通して見ることが出来る人間は、最近多かった。最初から最後まで、人生のことを全部分かってから書いていた。
問題は、知性が無い。原因は、書いている。解決策は、書くのを止めて、知性がつくまで、放っておく。それで、解決した。意識がおかしいのは、精神分析が悪い。
そんなに解決法だけを考えても意味が無い。原因が分かれば、解決法はすぐに分かる。
問題は、脳が分からなくなっている。原因は、もう分かっているのが悪い。解決策は、分かっていることを、もう一度見つめ直す。それできちんと分かるようになる。
昔は、自由と論理と日本語だけで、全部分かっていた。昔は、知性がある子供だったから、仕方ない。洞察力があった。そういう人間が賢い。最近、分かっていない。もう既に分かっているせいで、洞察力や知性が無い、分からない人間になった。
最近は、自分の考えていることや分かっていることが、自分で分かっていない。それが間違っている。誰でも、自分の考えていることが分かる。それを知れば良い。
自分の考えていることを考えると、哲学者のように分かる。
休めないなら、休めるようにすれば良いだけだ。
対話は、神を信じているだけだ。神を消せば、すぐに分からなくなって、楽になる。
昔から、人生経験が全部分かる。そういう、アホな賢い人間が自分だ。
心の裏、のようなものを考えれば分かる。
場や記憶のようなことを考えれば良い。
皆、この文章で賢くなった。意識が高まった馬鹿が多い。
だが、これでは昔にしか見えない。最近は、賢くない。何も賢くなくなっただけだ。
最近は、もう人生で全部した。神でまだ分かっている。良く分かっていない。
仏教の八正道のように、正しい行いのようなものを、経験と理性から分かっていた。
自分は、ブッダになる。ブッダになりたい。
だが、ブッダはもう終わった。昔出来ている。マホメットもキリストも終わったから、あまり意味が無い。ゾロアスターにでもなれば良いが、意味が無い。
そろそろ、楽しいことはもうない。涅槃になって、煩悩を打ち消して、楽になる。
このまま、知性がつく。知性は言語だ。日本語が、そのまま知性だ。
そして、全ては想像力だ。想像力でしか、分からない。
そろそろ、やることは何も無い。昔は、八正道のようなことを分かっていたのは、ネットで人生を知りながら、経験で分かっただけだ。
本当にブッダと同じように分かっていた。ブッダが自分のことしか分かっていないように見えるが、ブッダは分かっている。ブッダは自分と同じだから、日本はそういう国だ。
昔は、真理を分かって知性をつけていた。本当に古代ギリシャ人のように賢かった。
宇宙人の歴史を作って、科学を作っていた。物理学は、そういう風に分かった。自分にしか分からない物理が、本当に多い。誰でも出来る。学校に行かなければ良い。
あとは、人格と意識が全部分かっている。
分かっているものは、多く見えて、少ない。出来る・出来ないの自由しか考えていない。
何もしていないだけだ。こういう風に分かっていると、誰でも病気になる。脳の病気になっているのが、本人が分かっていない。治るわけがない、おかしな病気になった。
昔は、自由にネットで勝っているだけの、自由になる馬鹿が多かった。
自由になって分かっていた。客観視は、勝って、支配するためにしていた。
そんな馬鹿が賢いわけがない。絶望と喪失から、ヘーゲルのような人生になった。そういう、不良みたいな引き篭もりの馬鹿だった。何も分かっていない。
また、人生を最初からやり直すしかない。もう一度、最初からだ。ここらへんは、もう忘れた方が良い。何もかも全部消して、最初からやり直すしかない。
昔から、人生を良くやり直す。それは、正しい。何度もやり直していると、挑戦すべき内容が見えて来る。繰り返し体験することで、学習になるだろう。
イスラエルの王は、全部分かっていた。地獄の中で、神を信じて全てを知った。日本を導いて、見違えるように賢い国にした。だが、皆を馬鹿にして、自分にするのが悪かった。
ロボットのようになって、何もかもおかしくなった。世界を滅ぼす馬鹿な王だった。
問題は、ロボットになっていること。原因は、世界を支配したこと。解決策は、何もしなければ良い。そういうわけで、何もせず、支配を止めれば、ロボットが治る。
最近は、自分を治したいだけだ。治すために、本気で頑張って考えている。だが、辛い時に考えるのは、おかしい。そのせいで、神との対話が辛くても止まらなくなった。
あとは、永遠のイスラム教が多かった。イスラム教徒のように戦って、永遠を生きた。
問題は、イスラム教を宣言して、永遠を宣言したこと。原因は、宣言が悪い。解決策は、何か別のものを宣言して、それになれば良い。
宣言して神を信じるせいで、そういう風になる。宣言しないから、こうなった。永遠にイスラム教徒のままだ。仏教徒の日本人は、賢くないから、ならなくて良い。自由に色んなものになれば良いのが分かっていない。
今日も今から農園に行く。農業だけは、毎日畑に行って、やっている。あまり何もしていないが、いつも辛い。疲れる。だが、農業は本当に良い仕事だ。治るから疲れるだけだ。
僕は、全ての生命になる。
生命は、海、太陽、大地、空気が好きだ。
全ての生命になると、自分がなくなって、二つに分かれる。
古代には、科学はなかった。生物に科学はない。
生物は、科学よりもっと賢いものだ。
賢い人間は止めた方が良い。頭が馬鹿になる。
全てのことは、メッセージだ。
イスラム会議とか、宇宙人の民族の創造とか、ありえないことが多かった。
ソ連なんか、ただの闇屋だ。最近は、詐欺だ。
詐欺は、ロシア人がやっている。
ネットスケープの歴史を知ったり、宇宙を信じたり、いじめを考えたりして分かっていた。
最近は、判断して、戦って分かっていた。
排他的な環境は悪い。皆を受け入れる自由があるべきだ。
地域の歴史を考えていた。
静電気で未来へ行ける。そういう、ありえない科学の発想が多かった。
昔は、ただオープンソースとインターネットが賢かっただけだ。
オープンソースは、永遠に僕の趣味だ。おかしくはない。悪魔に見えて、ユダヤだ。
最近は、永遠にいくらでも文章を書いただけだ。
皆も、永遠に文章を書けば良い。戦いと思えば出来る。無条件に書くべきだ、ということにして、本気で戦って、支配して、導けば良い。
神になって、宇宙のことを全部知った。ガルト民族とか、ガブリエルの集団とか、評議会のロシア人との対話とか、色んなことが沢山あった。そういう人間が最近だ。
数学みたいなことは、きちんと分かっていた。
王になって、神や色んな国の王と対話した。王になったつもりで考えた。スターリンヒトラーケネディ、ブッシュなどと対話した。自分の文章のことや、人生のこと、この社会や世界のことを良く話していた。自分は、普通の人間だと言っていた。
あとは、本気で自分のことを治していた。
世界や人種や経済のことは、神が全て教えるせいで、全て分かった。
もう何もしない。これ以上、本当にしない方が良い。
まだやっているせいで、戦いになっている。タリバンの戦いは、もう止めた方が良い。
神は、頭の中が宇宙全部になっているだけだ。神はそういう馬鹿な存在だ。
意識と人生のことから、この宇宙が全部分かっていた。
そんなに神に従うのが悪い。神に反して、失礼なことをすれば良い。それですぐに治る。
神が嫌いだ。神はおかしい。地獄なんか、すぐに治れるのに、いつまでも治さないせいで、治らなくなった。こうなる人間が多い。神を賢い、正しい、良い人間、と思うのが間違っている。神は、全部滅ぼすだけの、善でもあり、悪でもある、悪い存在だ。
あとは、科学者のような構造と発想と発見が多かった。
神は本当に悪い。何故か、ヒトラーより悪い。悪の極みをする。ユダヤ教の神は、悪い。
自分の神も、本当にそこまで悪かった。自分を使って、日本を完全に滅ぼす。
やっている自分が悪いが、自分は、神を信じているから、良くしている。
神は、昔から、そういう、政治的なユダヤ人のリーダーだ。
あとは、社会分析のようなことをしていた。
言葉にしながら、構造と世界観を考えて、一通り正しく社会の分析をした。
内容は、覚えていない。社会のことが、経済学者のように分かっていた。
おかしくはない。誰でもそれくらい、賢い。
社会のことを実地的に考えれば良い。思想、価値観、発展、歴史、時代、変化、環境、適応、のようなことをいつも考えていた。
男と女や、教育、左翼と右翼、消費と生産、などと思えば分かる。そのように考えていた。
あとは、自由のような内容が多かった。
自由とは、それぞれが選び、知り、知った上で決められることだ。
自由とは、悪魔と神を全部生きて、キリストやブッダになることだ。
自由とは、社会の構造、関係、成り立ち、創造、変化、構築だ。
それぞれのことを、本当に愛し、慈しむこと。
本当に好きなものを、心から愛して、夢のために努力すること。
皆のことを経験から吸収すること。
そういう、愛や思いやりのような、人生体験を書いていた。
神は、内容をまだ覚えている。
全ては、神が創り、滅ぼす。
神は、ドイツに生まれる。ドイツでは、全てのことが起きる。
死ぬまでは、フランス人だ。フランスが、一番怖い国だ。
ユダヤ人は、全ての言語が分かる、賢い人種だ。
ロシアは、家族のような国だ。
左翼が強くて、右翼が正しいのが、理想だ。
神は、200人居る。
自分は、永遠に276億年生きている。
真実、自由、人生が全てだ。
神は、デカルトスターリンニーチェだ。
神は、自分だ。
永遠とは、終わらないことであり、宇宙には始まりも終わりも無い。だが、終末がある。
生まれ変わりは、無いように見えて、食物連鎖の魂のバージョンであり、普遍的にある。
自分は、ヒトラーが嫌いなのが悪い。
自分は、プレアデス星人の歴史をやっている。
中国人、イラン人、ロシア人と対話した馬鹿が多かった。自分がそれらに見える。
もう終わった。楽になる。自分だけではなく、皆も楽になる。
もう、自分のことは何も分からなくする。皆は、もう分からなくなって楽になる。
ブラック企業は、法律で会社を全部同じにすれば良い。悪い会社が無くなる。
国家主義でない共産主義を考えていた。むしろ、無政府主義に近かった。
最近は、意識、世界観、人生で分かっている。全体の構造を書いて分かった。
出来なく見えて、誰でも簡単に出来る。昔より賢くなっているから、これで良い。
いじめは、学校を自由に選んで、参加や離脱を自由に可能にすれば良い。
正しく直すとそうなる。ブラック企業も、いじめもすぐに無くなる。ハッキングは、指紋認証にすれば良い。詐欺は難しいが、社会主義にしないと無くならないだろう。
社会主義でも、会社やノルマを自由にして、選挙で選ぶようにすれば良い。
金は無くなって、労働は平等になるが、それで自由な権利を平等に与えれば良い。
社会主義を自由には、出来る。そういう風にすれば良いが、本当にすると滅びるだろう。
詐欺は、電話で話をする時は、身元を全部公開するようにすれば良い。
社会所有なんか、しない方が良い。むしろ、ロシア人を倒せば良くなる。
あとは、理論のようなものを全部書いていた。
論理の構造を作って、社会理論や科学理論、システムのようなものを全部書いていた。
フェイスブックに以下のように書いた。広まるかもしれない。
◇◇
色々と、社会の解決策を考えている。
ブラック企業は、法律で会社を全部同じにすれば無くなる。
いじめは、学校を選べるようにして、自由に参加や離脱が出来るようにすれば、いじめ環境から逃げ出すことが出来る。
ハッキングは、指紋認証を標準にすれば良い。
詐欺は、電話で話す時は、それぞれの身元を完全に公開するようにすれば良い。
◇◇
ここまで。コメントのようなものは、まだついていない。
あとは、中学生の頃にやっていた、ネットゲームぐらいを書いていない。
チャットで楽しく会話しながら、部隊を作ったりして、ゲームで遊びながら、オークションのようなことをゲーム内でしていた。
ただ、それが楽しかっただけだ。それが、掲示板になって、オープンソースになった。
剣道部は、友達は少ないようで、多かったはずだ。
ただ、色々と人間関係に問題があって、辛かった。
ネットゲームをもう一度はしない。そういう、本当に沢山の経験をしたことは、もう一度しなくても、一度しただけで、楽だ。しなくても出来る。
ネットは怖い。もう二度としたくない。フェイスブックは、何かが一番怖い。
ネットゲームは楽しかったし、あまりにゲームの内容が難しいせいで、知性がついた。
その後は、適当にネットを体験して、引き篭もりの自由になって、分かっていた。
いつも言っているように、自由と「出来る」を積み重ねて、経験して分かっていた。
昔は本当に色んなことをやっていたが、最近何もしなくなった。
今日なんか、何もしていない。この文章を書いている以外、ただ寝ているだけだ。
農業でもすれば良いとは言うが、したくないことが多い。いつも、疲れるだけだ。
何もしたくない。何もしていない。農業なんか、何もせず待っているだけだ。
オープンソースは、バザール開発の開発体制が賢く見えた。
ネットで協力して、公開し、共有して作る。友達になって、楽しく作る。
そういう風に開発するプログラマが、賢く見えただけだ。
皆を初心者から上級者にしたかった。
テレビを見ないのがおかしい。
テレビを見ない間、治らないし、楽しいわけがない。
何故か、怖い。皆が昔のままなのを、見るのが怖い。皆自分よりはるかに馬鹿だ。
ゲイツに勝ちたかった。テレビを見ていると、テレビやゲイツに負けたように見える。
怖くても、見た方が良い。怖い部分を、そのまま放っておくと、消える。それで楽になる。
昔の自分は、あとは、全員を吸収して、影響力の高みに立っていた。
基盤のようなことから、メタと自由を分かっていた。
テレビも見ない、何もしない、学校にも仕事にも行かない、は、ある意味狂っている。
何もせず、寝ているだけだ。だが、この文章を書いているのが、まだ普通だ。
あとは、社会のことや宇宙の裏側のことを全部知って、全部経験して分かっていた。
昔は、普通の人間だった。頭も賢かったし、楽だった。
最近、文章を書いているせいで、あまりに馬鹿になる。
それに、神と対話するのはおかしい。未だに、まだ対話している。
神を何かに変えるしかない。神と対話するせいで、孤独で何もしなくても楽だ。
最近は、何でも決めて考える。何から何まで、全部決めて考えるようになった。
本当に、スターリンのように、決めて、構造を作って、全部考えていた。
分かっていないようで、分かっている。そういう、決める文章が一番多かった。
それで、会社を全部法律で同じにするとか、嘘を禁止するとか、革命は変化であるとか、そういうことを言う。何でも決めて考える人間が多かった。
引き篭もりは、こういう風に、自分に向かって話しかけるようになる。それが神だ。
音楽を聴いた方が良い。その間、まともだ。この文章も書いた方が良い。
NOVAが怖いのは、要は、そういうところが治るのが怖い。テレビは同じだ。
フェイスブックは、友達とされている人間は多いようで、本当の友達が居ないから、コメントなんかつかない。フェイスブックもそれはそれで、怖いから、したくない。
引き篭もりは、こういう風に、音楽を聴く作家になる。それで普通の人間だ。
昔は、知恵と認識を吸収して分かっただけだ。
自分で色々と考えたようで、吸収が一番多かった。
そういう風に、吸収しなければ、分かるわけがない。
フェイスブックは悪くない。学校なんか行かないなら、それで良い。
神が続く方が悲惨だ。何もしないせいで、神と対話するようになった。
昔は本当に経験や想像力があった。ネットが賢かった。最近、全くそういう知性が無い。
フェイスブックをすることにする。ただ、良く分からない。ネットなんか、したくない。
しない方が良いと思う。ヨーロッパ史とドイツ古典哲学は、むしろ、そろそろもう良い。そんなにノルマをこなすだけ、つまらない。読んでも、意味が無い。
フェイスブックは、しない。する意味が全くない。
学校に行った方が良い。むしろ、仕事でもすれば良い。
仕事は悪い。奴隷のように働くのは、誰でも本当に辛い。学校に行きたい。
このまま、生命の全員になる。自分がそのまま全員になる。
時間は関係ない。それは、音楽や歌手が証明している。未来と過去は、どちらかが前にあるわけではない。このように、未来予知のようなことはある。
昔は、マスターのような賢い人間だった。
オープンソースとは言うが、2ちゃんねるブラウザが好きだっただけだ。
そういう、子供みたいな人間が、昔の哲学者だ。
独仏英米ソは、全部キモイ。特に、ソがキモイ。ソ連が悪いのはおかしい。
仏がキモイが、米は良い国だ。何故か、独は見ていると一番馬鹿なのに賢くて、悲惨だ。
日中韓もキモイから、意味が無い。この世界は、もう終わりだ。
そろそろ、世界は滅びる。天国になる代り、皆どんどん馬鹿になる。
昔は、全部読んで学習が多かった。引き篭もりになった代り、色んな文章を読んで、沢山の学習と経験を重ねた。最近、本当に何もしなくなった。
フェイスブックには、カントと日本史をやっているのを書けば良い。それは、むしろ、止めた方が良いようで、やった方が良い。文章を書きたくて、神と対話するのは、おかしい。辛いだけなのに、まだやっている。おかしい。タリバンはすぐに止めるべきだ。
それこそ、何もしないからそうなる。テレビも見ないし、学校にも行かないし、何もしない。そんな馬鹿な人間はおかしい。植物人間に見える。
カントは、道徳論に見えて、人間と人間の関係や、意志や行為の所在について、良く考えている。そういう風に考えれば良い。それは、ネットをやっていると良く分かる。
いつもの文章は、視点と行動を成り立たせて、意志や本質のようなものを考えていた。何故か、そういう文章が一番多かった。何でも成り立たせて、決めることで分かっていた。
天使になった男は、本当に良い本だ。何でも、自分一人でやろうとしないこと。誰かに助けてもらえ。そして、欲しいものを手に入れる最良の方法は、他人がそれを手に入れるのを助けることだ。実感として、それが一番正しいアドバイスだ。
昔の自分は、皆がオープンソースLinuxを理解するのを助けることで、自分がオープンソースLinuxを理解出来ていた。そういうところが賢かった。
最近は、自分一人で何もかもやろうとしすぎて、馬鹿になった。皆と一緒に議論すれば良いのが分かっていない。自分一人、世界を支配して救うのは、止めた方が良い。世界の全員を治すなんて、おかしいのが分かっていない。
天使になった男を最後まで読んだ。ただ、昔半分ぐらい読んでいた部分を、あまり覚えていないから、ちょっと損をした気分だ。
昔は、全部分かっていた。人生経験と、社会のことを知って、人間や歴史や社会のことを全部分かっていた。何もかも、全て分かっていた。物理や心理や機械も多かった。
天使になった男は、もう一度最初から読みたい。面白かった。日本語がもう読める。
もっと賢いことを考えた方が良い。
どんな出会いをするか、どんな事例を作り出すか、何が存在すべきで、何がすべきでないか、何をどうすべきか、どんな風に作り出すか、決めるか、変えるか、のような、首相や科学者のような、考え方と心構えを考えれば良い。
もっと、何か賢いことを言った方が良い。
相互作用とは言うが、それぞれの自由な価値観は、それぞれ違う。その融和が神だ。
まさに、そういう風に考えれば良い。何か賢いことを考えた方が良い。
天使になった男は、自分の書いた詩集と良く似ている。それこそ、経験しているようで、本当は、自分のやっていること、生きている今の人生から、良く考えているだけだ。
栄光と発展が良い。破たんと終焉が悪い。病気と戦争を無くすべきだ。
そういう風に、歴史的で具体的な社会の考察、のようなものが多かった。
本は、もう読める。きちんともう日本語が分かる。バラ色の自分になっている。
ただ、まだ読めていないところは多い。希望があるとは言うが、まだ不確かだ。
日本語が読めないのは悲惨だが、テレビと学校をしないのが悪い。
神との対話とこの文章を止めるためには、そういう恒常的にすることを何か作るしかない。テレビや学校で良いなら、それは悪くは無いだろう。学校は本当に、良い。
あとは、宇宙の発見のようなことを言っていた。
次元とは、線と線の交わり合いと傾きである。
力とは、人間が見て捉えられる、エネルギーの観測の方法であり、本当には存在しない。
宇宙は、重力と細胞分裂と原子と言語だ。
人間は、次元、愛、運命、自由、人生だ。
そのように、宇宙の発見を全部書いていた。
電子が力だとか、静電気は未来移動だと言っていた。波は反射だと言っていた。三角比は、円の比率であり、単純な比率に直すことが出来る。
生命は、熱と電磁波と放射能から生まれた。海が、遺伝子の設計図を神を通じて創った。
そろそろ終わりだ。もう終わったはずだ。そういう発想は、止めた方が良い。