「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-10-16

=2015-10-16=

ワードからコピー

世界のことを全部知っていた。全部知りたかった。
全て知っている18歳だった。
それ以降は、戦いの日々になった。
全てを知りたかった。世界を変えたかった。
神との対話で、宇宙の全てを知った。
宣言していた。世界を全て知って、全て与え、全てに到達すると宣言していた。
休んで治すのが辛い。そのせいで、休めなくなった。
最近は、何もしなかったり、休んで居たりする方が、辛い。
バランス良くやれば良い。
書いて、休むだけが、一番何もしていない。それが一番辛い。
辛いのは、薬が悪いように見える。
そんなに休んでいると、精神病になる。そこが分からない人間が多い。
精神病は、頑張った方が治る。そういうわけで、地獄みたいに辛くなる。
何故か、地獄を自分から望むようになるのが、精神病だ。
そんなに楽を望んで、休みたくなるのが悪い。
そういう風になった最近は、典型的な精神病だ。
適応出来なくなるのは、辛いのを脳が望むからだ。
休まなくなると治る。休まないと、辛くても楽だ。
自分は、3人がどれか賢いから、これで終わりだ。
ガブリエルは、ネットで日本語が全部分かっていた。
抽象的な把握と予測の力と、人生経験があった。
科学を作る。パソコンの技術と社会と心のことが分かる。
行動は馬鹿だったが、頭の賢い、アインシュタインのような人間だった。
ミカエルは、自由と平等の社会と、存在を分かっていた。
何でも書ける人間だった。神を信じて、神を分かっていた。
機械みたいなロボットになった。
狂っていて、馬鹿だったが、行動は王のように賢い人間だった。
ラファエルのことをヒトラーと言っているだけで、ヒトラーは話していない。
ラファエルは、何も賢くなかったが、哲学のことを全部知っている。
何もせず、分かるだけで、あとは自分を治したい。
こういう、賢い学者が多い。賢くなると、何もしなくても、知識だけで分かる。
昔は、平等に色んな人間が出来る、自由な社会を分かって、文章を書いていた。
神とは言うが、神はヒトラーだ。自分がヒトラーの思考を全部聞いて、ヒトラーが自分の思考を全部聞いている。親友だから、好きな方が良い。ヒトラーは悪いが、仕方ない。
心理学は意味が無い。実験も意味が無いが、臨床は治るわけがない。心なんか考えても、何も分からない。数学も馬鹿だから、経済学が賢い。
そろそろ終わりだ。もう、楽になった。普通に休めるようになるが、休むのは悪い。
昔のように、仮象の世界を作って分かれば良い。論理的な仮想世界を作れば分かる。
モデルとは、そういうことを言っていた。
怖いものは、怖い方が良い。怖い方が覚える。子供には、怖くなくても怖い人間が多い。大人になると、まともに怖いものを倒すようになる。それで怖くなくなる。
怖いと覚えるから、テレビが怖いのは、テレビを覚えるべきだから怖いだけだ。
恐怖は、分かるヒントになる。恐れから分かる人間が、一番大人に多い。
善悪と経験の判る良い人間がガブリエルで、革命家の自由と神と平等の永遠がミカエルだ。
ラファエルは、まだ終わっていない。まだまだ、永遠に続く。今のところ、ラファエルはあまり賢くないが、きちんと日本史も読んでいる。そのうち、全て知った人間になる。
不安になると、怒る人間が多い。他人への攻撃で発散するのが不安だ。そういうわけで、何もしない良い人間は、誰でも辛くなる。それが一番、こういう風に恐怖になる。
不安な時は、何かで発散した方が良い。自分が悪いとは言うが、自分は悪く見えない。
昔のようにネットで経験すれば、愛と不安のことも分かるだろう。昔分かっていたせいで、考えていないから、もっと感情や経験のことを考えた方が良い。
怒りは、一番悪い。ネットを見ていると、誰でもキレる人間になる。ブッダも、欲張りと怒りと愚かさを煩悩の三毒と言って、一番悪いと言っている。ブッダが一番正しい。
自分には、欲や愚かさも無いが、そんな聖人のような人間は居ない。何かで発散しないと辛いから、この文章で発散している。その理由で、悪いヒトラーを書いている。
要は、こういう人間は、赤ちゃんが出来ていない。普通、赤ちゃんがこういう風に辛い。楽に見えて、休めなく辛いだけが、赤ちゃんだ。
自分の場合、一度死んだからこういう風になる。自殺でこうなった。赤ちゃんからやるしかない。日本語を分からないとは言うが、五歳児ぐらいには分かっている。正常な子供だ。
要は、テレビやパソコンが本当に悪い。正常な子供にならないから、見ない方が良い。
学校が無いのが悲惨だが、放送大学がある。本でも読めば良い。
昔は、最初から最後まで、世界を相手に戦いたかっただけだから、あれで良い。21歳ぐらいで死んだ。それで生き残るから、こうなる。あれくらいの高さの橋では、飛び降りても死なない。最初から、こうなるのが分かっているから、引き篭もりでも怖くなかった。
カルト教団が、自分のことを最終戦争だと言っている。自分は、そういう戦争をした。
何もかも終わっていたが、何も悪くない、導くだけの革命戦争をしていた。
だが、オウムを言うのは止めた方が良い。悪いどころか、危険だ。
そういうわけで、自分は神のように賢い。本当に全てやっている。
昔の人生経験がありえない。あんな人間は居ないようで、いくらでも最近居る。誰でも昔になる。ブッダのように分かった馬鹿が多い。自分は、何故かイスラム教徒だ。いつか、イスラム教徒になると宣言した。順番に、仏教イスラム教、キリスト教になった。
そろそろ皆を安心出来る楽な世界にした方が良い。自分が居るのを分かると、安心出来る。自分は、強い気持ちで戦えば、簡単に皆が勝てる。自分が負ける。そういう魔王だ。
プロジェクトを管理して設計するとか、ネットから知恵を集めて共有するとか、賢いアイディアのようなことをいつも言っていた。
そういうことを全部書いていた。そういう人間だった。何故か、賢いことは言っていない。
カルトは悪くない。カルトは、ここまで良い人間だ。悪い自由が嫌いなだけだ。
自分が一番宗教だ。宗教には、こういう賢い人間が多い。
哲学者と宗教なんか、同じだ。ヘーゲルはカルトにしか見えない。そういうわけで、作家や芸術家には、こんな馬鹿しか居ない。宗教で出来ただけのつまらない作家が自分だ。
それを言うとおかしい。
自分は、本当にゼロから考えて、最後まで継続して努力しただけだ。
こういう発想が哲学者だ。
作家では、生きられない。普通、出版なんか、自費出版しか居ない。金が無いなら、出来ない。誰でも、金があると自費出版したい。コンテストで入賞したのは、ありえない。自分は、コンテストで入賞したせいで、自費でなく出版出来た。それで終わりだ。
夢が叶って良かった。そういうわけで、大学を卒業した方が馬鹿だが、卒業するしかない。
そこまで作っている考え方が多かった。手順と組み合わせのようなことを言う。
世界にある構造や論理を全部分析して、実地的な想像力と言葉にしていた。
自分は、もう終わりだ。そろそろ、もう普通に休める。頭の病気は治った。こういう風に、馬鹿の病気は放っておくと自然に治る。賢くなって成長すれば治る子供が多い。馬鹿は治らないとは言うが、馬鹿は誰でも放っておけば治る。知的障害と精神病は同じだ。それらは、自然に治る。
そろそろもう終わった。もう自分が終わったから、皆の方を全部治す。皆も、休まなくなれば、すぐに楽になる。そのまま、何かいつまでも継続していると、出来る。同じことをいつまでもすれば良い。それで賢くなるだろう。
馬鹿は、何もしない方が良い。その方が分かる。賢いことは何もしなくて良い。
ネットは、したくないならしなくて良い。その方が、分かる人間になる。
だが、したいならした方が良い。昔の自分が出来る。ネットで実験しているだけで、全てが分かった賢い人間になる。それがガブリエルだ。
だが、ネットなんか全くしないのがラファエルだ。ネットを見ていると、ラファエルが出来なくなる。何も分からなくなる。ネットが何か、分かるわけがない。
最近の自分の文章を見ていると、普通の人間が賢い。これくらいが分かる人間が多い。逆に言うと、誰でもこれくらい分かる。難しいのは、誰もこんなに書かない。こういう風に書いているせいで、ゲーテのように賢くなった。キリストを信じるからこうなる。
カルトは悪くない。イスラム教の方が悪い。だが、自分は芸術家だから、良く見える。馬鹿には見えない。ダヴィンチのような賢い芸術家に見える。
昔は、アインシュタインのような文章を書く、レーニンのような革命家だ。そして、その前は、マルクスのようで、ニーチェみたいな、哲学者のプログラマだった。
昔なんか、ネットで実験して分かっただけだ。
ネットには、自分より賢い、まともな人間が多い。馬鹿が多いようで、博士号を取っている博士や、実業家など、本当に賢い人間が多い。見ていると、まともだ。馬鹿は、自分のような人間しか居ない。
だが、ネットなんか、見ない方が良い。ネットを見ていると、この文章のような内容が分からなくなる。ネットは悪い。自分には、分かる知性がある。
そういうわけで、賢いことなんか何もしない方が賢い人間になる。宗教が賢い。
昔は、認識を捉えて、分かる時と分からない時を比較して分かっていた。
自分は、もっと普通の人間になって、賢くなりたい。
それなら、この文章を書いていると、書いている間、普通の人間になれる。
誰でも学校や仕事をする。そういうことをしていると、普通の人間になる。
昔は死んだから、忘れた方が良い。
もっと新しく色んなことをやりたいだけなのに、しないのがおかしい。
おかしくはない。勉強も農業もきちんとしている。日本史は、もう近代に入った。そういうわけで、英語をもう一度始めた方が良い。昔一か月続いたなら、続く。それを本気でやれば良い。NOVAやピアノにも行っている。どこかの仕事をしているオヤジより、賢いことを色々とやっている。誰もピアノなんか弾けない。作曲も出来るのが自分だ。
これなら普通の人間に見えるから、これで良いように見える。
たまに虫みたいに見えるのは、そういう内容は止めた方が良い。
普通の人間の方が良い。
昔は、資本主義を知り尽くしたとか、おかしなことを言っていたが、ネットで会社や民衆のことを、まるでスラムのように知ったのを言っていた。
マーケティングやマニュアルのようなことをオープンソース活動と言っていた。
そういうことをあまり言わない方が良い。何故か、資本主義なんか本当に知り尽くしている、ありえない同じ体験、繰り返しの体験をしていたのが、昔の自分だ。
日本語も知り尽くしていた。
こういう人間は、日本人に多い。ロシアなんか、すぐに隣だし、仲間はドイツに見えて、平等なロシアだ。そういうわけで、日本人は、ドイツ人のロシア人になる。そういう馬鹿な人間が、普通に日本に多い。それらは良い人間だが、誰もがそれらが馬鹿に見える。嫌いな人間が多い。アメリカが好きなのは、この文章の自分よりも良く見えるからだ。だが、自分が見ると、アメリカは昔の自分に見える。ドイツより仲間に見える。
普通にもう終わりだ。十分好きなことをやった。
十分過ぎて、もう何もしなくて良い。作家も哲学も、本当に楽に出来た。簡単に賢いことが出来て良かった。オープンソースが賢かったせいで、そこまで出来たし、神も自分を賢くしてくれる。ドイツやソ連は、馬鹿に見えて、賢い。そういうわけで、自分と同じことを皆にやらせない方が良い。それが悪いから、地獄になった。皆を自分にするのは悪い。
昔の文章は、全ては独立か平等であるとか、資本主義と保守的な支配であるとか、どうでも良い「全て」のようなことをいつも言っていた。
自由な知性で分かっていた。いつも、自由に考えて分かっていただけだ。
昔全て分かっているから出来るのが最近だ。昔をもう一度は出来ない。ネットを見ていると出来るようで、誰も出来ない。自分だけ、神みたいに分かっている。
オープンソースのせいで、ネットが自分になっている。皆、全てオープンソースが悪いのが分かっていない。Windowsは悪くない。オープンソースが悪いだけだ。
要は、世界観のようなことを言っている。それを定義と説明にして、今自分が分かっていることを書いていただけだ。
もう終わったから、何もしない。今日で楽になった。むしろ、もう普通に休めるから、この文章を書く意味が無い。いつも、この文章が楽だ。辛いように見えて、全て消して、書いて、作ると、何故か楽になる。誰でも辛いのに、自分だけ楽になった。
休んで治すのではなく、治さずに休めば楽になる。要は、治さずに、普通に休めば良い。
そろそろ、この世界が全部治る。そうすると、滅びるようで、天国が訪れるようになる。
色々とある問題は、気にしなくても上手く行く。神を信じれば良い。問題なんか、全てすぐに解決する。気にしすぎると、狂う。神を信じて、気にしなければ良い。
昔は、想像力で考えていた。環境、もの、社会、時代、人間が、変化する、と言っていた。
もう分かっているせいで、簡単に分かるのが自分だ。
この文章を見ていると、安心出来る。馬鹿にならない人間になる。
もう、書けない。そろそろ、もう書かなくて良い。そんなことを言っていただけだ。
そういうわけで、変化を全部書いていた。変化を自由自在な知性のように作っていた。
今していることを言えば良い。ステーキを食べたなら、美味しいと言うのが普通だ。
今していることを言えば、辛い対話が治る。そんなに分かっても意味が無い。
昔は、そういう、変化のようなことを言っている。
ものを、発明品が生まれると言って、社会を、自由で協力して発展すると言っている。
可能性のようなことや、自然のようなことを言う。
そういう、おかしな変化を、人生や社会に対して、前のめりに作っていただけだ。
現実離れした内容が多かった。意識や関係みたいなことを言う。そういう文章だった。
もっと、関係のことを考えれば分かる。
あとは、もう無い。終わった。普通に色んなことを言えば良いだけだ。思考を全部消すのが辛いから、消すのを止めて、もっと別のことを考えれば良い。見たものをそのまま言えば良い。それが分からなくなっている。誰でも、最後に分かるから、安心して良い。
昔なんか、現実離れした、独創的な発想が多かっただけだ。
何故か、最近ロシアがそういう国になっている。プーチンは、そういう人間だ。
このまま放っておくと、昔の子供を生きて、中学生ぐらいになるときちんと賢くなる。その頃は、親は生きているか分からない。ジョブズも早く死んだ。死ぬように見える。
あまりおかしくない。昔の子供が本当にこういう子供だった。
そういうわけで、自分は子供の頃から賢いからこうなる。
心理学なんか、受けない方が良い。さらに狂って、狂人みたいになる。多重人格になるだろう。受けない方が、はるかにまともだ。放っておけば、誰でも治る。
辛いのは、飲んでいる薬が悪い。それこそ、変な薬だから、辛いだけだ。ただ、飲んだ方が良い。本当にここまでまともになったのは、薬のおかげだ。薬を信頼すればすぐに治る。
昔は、おかしな人間だった。子供なのに、ネットを見て、大人のように経験して、成長して分かっていた。子供なのに大人だった。
もう忘れて良い。最近がまともだ。こういうまともな子供が多い。
大人のような高校生なんか、普通に多いから、あまりおかしく見えない。
おかしいから、死んで生まれ変わったように見える。あれは辛かった。歩き回るせいで、本当にいつも疲れていた。最近は、五歳ぐらいの知能はある。そろそろ、楽しいことを何かすれば良い。
昔は、皆の会話を聞いて、経験を考えて分かっていた。
そういうところを書いている文章が多かった。考え方や見方を変えて分かっていた。
Linuxは、そんなに高度なものは作らなくて良い。安定して、高速なものを作れば良い。
今やると、勝てるようにしか見えない。マイクロソフトは本当に馬鹿だ。グーグルが勝っているから、Linuxでも勝てるように見える。
大人の世界を知って、会話と調査研究から体得して分かっていた。そういう人間だった。
オープンソース社会は、面白かった。社会を多彩な環境であると言っていた。昔は、そういう風に、多彩で多様性のある社会から分かっただけだ。そういうことを言う。
何故か、そういう、多彩な社会から分かるのぐらいしか言っていない。
あとは、時代が変わるとか、共有から可能性が生まれるとか、社会理論のようなものをいつも書いていた。賢くは無いが、昔はそういう、社会の可能性から分かっていた。
意見や会話を聞いて分かると言っていた。考え方を変えるとか、言っていた。
社会理論と言うと、色々と考えていた。グループによる協力、合意、契約、共有から、社会や共同体が生まれるのを考えていた。細部まで全部考えていた。師弟制度のようなものを作っていた。秩序から、あらゆる全ての環境を作って考えていた。
また、歴史のようなものを考えていた。何かがキモイのは、積み重ねのやり方がキモイ。自分を破壊して、機械のように積み重ねる。皆を賢くするやり方もキモイ。意識を破壊して、人格を分裂させ、テレビを使って皆を支配する。タリバンの神のような人間だった。
脳を永遠にして、記録して分かっていた。心理的に、今自分の脳がしていることを、全部考えて、全部把握する。そういう馬鹿な文章が多かった。
全てを支配し、全てを導く。悪くは無い。見ていると、安心出来る、安らぎのようなものが分かる。全てを融和した、涅槃と無我の境地が分かる。そういう文章が、この文章だ。虫には見えない。むしろ、野菜や炎や川の流れのようなものに見える。
要は、治さなければ良い。何も治さなければ、すぐに楽になる。
昔は、思考を書いて、思考を全部賢くして、永遠に戦っていた。
あとは、テレビのようなことを言っていた。報道の相互作用を、自然な影響力と言う。
そろそろ終わりだ。もう何もしない。今日は、本当に楽になった、終わりの日だ。
自然のようなことをいつも言っていた。自然発生と現象と変化を考えていた。
考え方を変えると言っていた。皆を想定して、いつも支配していた。
あとは、ネットの影響力のようなことを言う。多彩な環境から経験して分かると言う。
意志の伝達のようなことを考えていた。
今日はもう終わりだ。あとは、明日考える。
昔は、意図、関係、本質、方法などを、想像力で言語的に分析していた。
そろそろ終わりだ。他に本当にあまり書いていない。
工夫からものや組織を作るとか、施設を利用し、応用するとか、色んなことを言っていた。
アイディアのようなことを全部書いて、実現方法を考えていた。
環境の適応から発想出来るとか、環境のようなことを、視点とともに考えていた。