「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-10-07

=2015-10-07=

ワードからコピー

色んな立場の意見を考えて分かっていた。
多角的に考えれば良い。最近はあまりに一面的になった。
そんなに主張する意味がない。神が黙って良い。
一面的に主張して日本に勝っていた。それを止めると、皆が分かる。
一面的に言って追いかけるだけになった。それを止めれば治る。
皆を機械にするのは悪い。
昔は、悪いが、分かっている。
きちんと考えて、積み重ねて分かっていた。
神は、一面的に全部言っているだけだ。それがロボットだ。神なわけがない。
原爆がもう一発落ちると思っていた。
昔は、ネットで楽しいことが言えるようになった。色んなものを見て笑っていた。
いつも多角的に分かっている。それが悪い。
それぞれの意見から、集団と個人を分かっていた。
場面を想定して人間のことを分かっていた。
一面的に考えるのを止めると哲学が出来る。哲学は2ちゃんねるが出来る。
哲学は、多角的に考えると出来る。
一番怖い部分が死んだ。
環境を変えると言っていた。環境を良く出来る人間だった。
平和とは、それぞれの価値観を信じることだ。
自由と共有が好きだった。それを分析して書いていた。
心で世界を支配して、「あなた」を分析していた。
あまり良い文章で無かった。自分を悪くして、悪い文章を書いていた。
参加を考えて、己の可能性を高めていた。
もう、死ぬと言っているから、死ぬ。そのうち、倒れる。それで終わりだと思う。
意識のようなことをいつも分かっていた。環境に意識は包括されている。意識は、環境に支配されている。そのようなことを、経験から考えていた。
あとは、意識を全部書いていた。賢い意識を全部書いていた。
賢いものが何なのか分かっていない。
生命は、自然発生と、何にでもなれる細胞が賢い。
数学は、方法と決まりが賢い。
そういうわけで、普通、学校で習ったものが賢い。
自分の場合、経験と理性から、自力で分かる考え方を作って分かっていた。
そういうものが賢い。そういうわけで、モデルが賢い。
自分は、死んでも生きている。
宇宙を全部作った。
一面的に考えているようで、その上で多面的に考えている。
ロシアを倒した。ロシアと戦っていた。
死ぬのが辛いだけだ。
いつも、世界の構造を作っていた。
実践や行動を想定して、捉えて分かっていた。
感情が辛い。感情が辛くて、怖くなった。常に感じる感情が怖い。
あとは、もう死ぬ。死ぬと、天国に行って、生まれた時に戻る。
昔なんか、ネットで分かっただけだ。ネットをもう一度すれば出来る。しない。
死ねば、最初から出来る。良く見えて、悪い。もっと後で死ねば良い。
知性を全部つけた。
ガガが言っているように、人間は最初からパーフェクトな姿で生まれた。
もう一度、このままで昔をすれば良い。それで、生きれば良い。
まだ、何もしていない。大学なんか、意味が無い。賢いのは出版だ。
大学や会社を作りたかった。それはどうでも良い。何も賢くない。
昔は、ネットで分かっていた。創造的で、行動的で、聡明な、経験と社会の分かる人間だった。最近、誰でも出来るから、自分の父親でも出来る。
子供時代をもう一度すれば良い。ネットは、ゲームをするなら、するようになる。
そろそろもう終わりだ。怖いのも終わった。もう楽だ。
最近考えなくなったが、昔は習慣を考えて分かっていた。
結果から学習して、習慣を変える。
それは、おかしくは無いが、最近から見るとおかしい。そんな習慣は、普通ない。
ゲームをやるのが良い。ゲームをやると昔が出来る。今より遥かに賢い人間になる。
昔は、スラムでニーチェのように分かっただけだ。
社会モデルを作っていた。中央集権と地方分権から、理性と現実を考えていた。
今日はピアノに行った。作曲が進んでいる。
ゲームはしない。ゲームなんか、子供の遊びだ。
もっと違うことをして、違う人生を生きる。その方が良い。
昔は、学習と方法から、己の経験と可能性を高めて、全部出来るようになった。
そういうものは、良く考えると、ゲームだ。ゲームをしていると出来る。
本を読むなら、日本史を読むのはつまらない。もっと、知性をつけた方が良い。
日本史はきちんと読んでいる。最後まできちんと読みたい。
ネットで社会を知ったとは言うが、馬鹿を知っただけだ。会社や大学に入って、きちんと社会のことを勉強して経験した方が賢い。スラムの統制された人間になるのはおかしい。
2ちゃんねるで社会を知ったのは、青春だったから面白かっただけだ。
そういう体験や経験は、もうすでにあると思えば良い。
色んな人間の意見を聞いて、創造性や希望を信じて、楽しさや辛さを分かち合った。
そういう経験が良いのは、当たり前だ。それは、少年時代にしか出来ない。
そういうわけで、もうすでにそういう経験はある。
やりたいなら、大学で勉強すれば分かる。それで、きちんと社会のことが分かる。
色んな新発見の経験をもう一度やりたいだけだ。それは、出来ない。
大学でカントをやれば良い。もっと賢い経験が、最初から全部出来る。
大人と子供は違う。子供のように世界を知って、科学や哲学のことを分かるのは、難しい。諦めた方が良い。明らかにそういうものが哲学だ。哲学なんか、ただの馬鹿だ。
そういうわけで、大学に入って哲学と経済でもやれば良い。あまり意味が無いが、昔と同じにはならない。もっと良い体験になる。スラムでニーチェは悲惨だ。
やりたいなら、パソコンを見ていれば良い。ネットに昔みたいな馬鹿しか居ないせいで、簡単に出来る。そこをやりたくないだけだ。皆が賢いのが分かっていない。
狂っているのは、ネットが悪い。ネットの馬鹿があまりに馬鹿だからこうなる。ネットなんか、見ない方が良い。
そろそろ、きちんと勉強すればそれで良い。哲学はもうしなくて良い。ロックは保留にしておく。それはそれとして、政治経済と歴史でもやれば良い。日本史は読むとして、政治経済の難しい本は、理論の本が多いから、難しいだろう。歴史なら出来ると思うから、詳しい歴史の本を読めば良い。哲学は、そのうち最後まですれば良い。
ネットで色んな人間を知ったとは言うが、現実で知れば良いだけだ。
ネットは、もう無くなるだろう。あまりに悪い集団がネットだ。
昔の自分は、分かっていた。そこが賢い。ネットに分かる人間は居ない。
自分の場合、昔を書きながら、ヤスパースのような知識を取り入れて、賢く分かっている。
そういうわけで、自分の方が賢い。
ただ、自分の方が馬鹿なところも多い。ネットの皆は賢い。そういうわけで、ネットの皆がそろそろネットを止めた方が良い。僕の命令で止めさせられるなら、そろそろ、他のことをすれば良いのが、ネットの皆だ。
自分の場合、ネットで色んな人間のことを知って、社会経験のようなことをしたが、そのせいで狂っている。現実に友達が一人もいなくて良いのはありえない。
友達を作れば良い。その方が良い。大学がしたいなら、昔を分かる哲学はもう良い。
本を読めば良いが、学校は馬鹿だから、学校は無視した方が良い。
学校は、子供を何も出来なくさせている。その理由で馬鹿になる。一番悪い。
学校を無視して色んなことを考えれば良い。それで、昔なんか、出来る。
そういうわけで、本は読めば良い。むしろ、ネットを読むのはあまり悪くない。
ネットは狂うだけだから、読まない方が良い。まともな本を読んでいると、そのうち知識を全部知るように見える。出来ないとは言うが、世界史は世界全部知れば良い。
昔の世界の構造を思い出せば分かる。
昔、想像力と論理力で、世界の構造をきちんと作っている。
相対的かつ実地的に、世界の構造を全部作った。
それを書きたかっただけだ。最近、全部作り直したせいで分からなくなったが、頭の中では、その構造がきちんと残っている。そのまま、想像力を思い出せば良い。
言語的かつ行動的かつ経験的に、言葉と想像力の経験の構造を作って分かっていた。
書くと、キモく見える。虫みたいにキモイ。昔は、そんな構造を全部作っただけだ。
馬鹿みたいに賢い構造を作っているから、ありえない。ブッダみたいに分かっていた。
今日は、そろそろもう分かった日だ。まだ、死ぬのはありえない。生きているべきだ。
最近は、昔の構造に全部色んなものを付け足して分かっていた。そういう文章だった。
昔だけの構造にすると分かる。セックスみたいな馬鹿には見える。
ただ、何故か怖い。生首の生け花みたいに見える。一番怖い構造を作って分かった。
そういうわけで、ネットを見ているとそういう馬鹿になる。本当に怖い世界だ。
脳を全部分かっていた。そういう馬鹿を消した方が良い。
脳が壊れた機械になっている。おかしい。
構造にあるものが全部消えた。ロボットが治った。
ロボットになる女がこういう風に多い。セックスで皆を育てるありえない人間が自分だ。
触手みたいに分かっている。ロボットにならずに自分で見れば良い。頭の上の方で、コントロールすれば治る。それが出来ていない。ただのロシアだ。
記憶とは、愛、経験、葛藤、克服である。
経験とは、記憶の積み重ねであり、愛とは、全ての経験である。
物理的に考えると、作用、方法、実験、原因がある。
社会は、契約と承認による、記憶の関わり合いである。
そういう風に、文章を書いていた。
愛を信じるのが悪い。愛を信じると、こういう風に分かるようになる。
神に全部確認するのが悪い。自分に自分が確認するのはおかしい。
常に一番辛いことを言うようになった。
あとは、もっと知ろうとすれば良い。それですぐに分かる。
書くのがおかしい。書くのを止めれば良い。
止めると言うのに、止めないのがおかしい。書くのを頭で止めれば良い。
そういうわけで、消しゴムで消せば治る。
言葉で思い出すのではなく、感情を吸収して、感情で思い出せば良い。
命を手放す意味が無い。命がもう消えたが、そのまま存続する。
書くだけのロボットになっている。もう、命を手放してしまえば治る。
命の文章をまだ分かるのが悪い。命はもう消してしまえば良い。
神の完璧で強い愛が分かる。神はおかしい。ただ怖いだけだ。
神は、頂点と包括である。社会をそういう風に考えていた。
言語的に分かるのが悪い。
何も無くなったから、脳を復活させた方が良い。
脳は、最初からつければ良い。
昔の構造には、脳が無い。それ以上、色んなものを復活させれば、分かる。
もう書かなければ分かる。
個人と集団、社会がどうなるかの、社会法則と社会関係を考えていた。
システムを作りながら、宇宙の抽象的な構造を作っていた。
社会と社会の関係を考えていた。参加や匿名による意見を考えていた。