「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-30

=2015-09-30=

ワードからコピー

未知と可能性の段階を分かっていた。
認識が本当は何なのか、考えて、疑って分かっていた。
体得して分かっていた。自分でやれば覚える。背景知識のようなものを知った。
場の変化可能性のようなものを分かっていた。
そういう文章が多かった。特に、体得や場のようなことをいつも言っていた。
組織を作って分かっていた。何から何まで作って分かる人間だった。
実地的に分かっていた。本質を見定めて分かっていた。
もう書かなくて良い。そろそろ楽になる。今日は、最後の日だ。
方法みたいなことを積み重ねて、全部可能性を高めていた。
抽象的に予測していた。それくらいの人間だった。
実際の姿を見なさい。
自分で、変えられるようになりなさい。
そういう風に、賢いことをきちんと信じれば分かる。
信じないせいで、馬鹿になった。昔の自分が馬鹿に見えるから、そうなる。
もっと、運命を信じなさい。
同時に、未来は白紙であることを信じなさい。
自分の力で考えなさい。自分の人生を、自分で経験して、決めて分かりなさい。
未来は未知であり、皆の手で自由に変えられる。
もっと、世界は良く考えて、実践するべきだ。
いつも、そういうことを言っていたのが、この僕だ。
全ては未知であり、全て人間の作り出したものに過ぎないが、そこでは、理想の世界の全てを実現出来る、可能性が最初からある。そういうことを言っていた。
そういう、世界の可能性を分かっていた。最初から、それを分かっていた。
皆も、それを分かると良いだろう。世界の可能性を自由に考えて、発想を実現する。そして、理想の世界が何で、現実的にどう出来るかを考える。神のように分かる。
あとは、物理的に分かっていたのが、神のようだった。
皆、理想の世界を分かりなさい。そして、現実に実現する方法を考えなさい。
ただ、可能性のようなことをきちんと考えれば良い。
マルクスのように、経済学を作って考えなさい。それが一番、理想の世界が分かる。
自分の好きにしなさい。僕は基本的に、自由にさせる。自由に考えて、行動すれば良い。
関係、方法、行動、思考を考えなさい。そんなに分からない方が分かる。
何故それがそうなるのかを、環境的に考えると、僕と同じだ。
実存的に、誰がどのように生きていて、どう関係するかを、環境と場から考える。
ネットは止めなさい。ネットは要らない。もっと、色んな本を読みなさい。
ネットは、効果的に使うと良い。だが、やっていると馬鹿になる。あまりしない方が良い。
自分と同じにはならない方が良い。ネットをやっていると、本当に同じになる。
自分は、哲学、キリスト教、自由、社会主義オープンソースだ。
社会は、国籍と宗教を共有しろとか、テレビには影響力があるとか、オープンソースの社会は多様であるとか、どうでも良いことを言う。
日本も日本で理想だ。
大東亜共栄圏にすれば帝国になるし、平和憲法にすれば平和になる。
ファシズムは、殺したいだけだ。社会主義にすると、国全体が弱くなって、馬鹿になる。
自由な方が良い。それも、ヨーロッパ的な自由より、アメリカ的な自由が良い。
そういうことを言っていた。アメリカが好きだった。自由な連邦国家にして、何もせず、それぞれの自由にさせて、個人を尊重する。それが一番理想だ。
ヨーロッパは悪い。キリスト教な文化のせいで、あまりにおかしな、弱者が弱者をいじめるだけの、いじめ国家の監視国家になる。それはそれで、自由だ。
いつもそういうことを言っていた。だが、キリスト教は、普通、こういう風になる。
ファシズムは、共通の敵を設定して、全体の団結を図る。
だが、それは、ソ連の方が良い。全員に平等であるべきだ。ファシズムは、クズだ。
それこそ、ファシズムは日本に多い。皆、ソ連の方が悪いと言う。
そういう、右翼的な価値観を一掃して、本当に良い世界にするために、左翼が団結して頑張らなければならない。
自由になって、全部融和して分かっていた。
何故か、自由になって分かる。自由になることで、子供のように全部出来るようになった。
インフラや基盤を作って自由にして分かっていた。
皆、こちらを止めて、本来の自分に戻るべきだ。
戦争は悪い。太平洋戦争が怖い。日本は一番悪い。
日本は、もう一度太平洋戦争をするだろう。一番悪い国だ。
日本は悪くない。イスラムの方が悪い。
アメリカが良いようで、ヨーロッパの方が良い。皆のことをきちんと考える。
アメリカは、自分のせいで悲惨な人間が多い。
日本には、平和憲法がある。戦争はしない。
もっと色んな社会を考えれば分かる。右翼では分からない。現実なんか見ても意味がない。
日本には、自衛隊があるのがおかしい。
悪いものは、罰するべきだ。そこが分かる人間が多い。自由は悪い。皆で罰するしかない。
自由にも良い点はある。罰するのも悪く見える人間が多い。
自由に戦うとは言うが、それが一番悪い。
最近は、戦う人間が多い。あまり悪くない。戦うしかない。
昔は、自由に戦うのを良いと思っていた。
むしろ、それで、平和な社会も築けると思っていた。
自由は、多様な社会になる。
現代人の問題は、あまりに自分勝手なことだ。
わがままに戦っている馬鹿しかいない。
共同体を皆で作った方が良い。
発展は、もうしない。スマホぐらいで終わりだ。
あまりに自分勝手な国が、ヨーロッパ、アメリカだ。
皆、仲良くやるのが良い。指導者には従うべきだ。それぐらいが分かる人間が多い。
自由は悪くない。戦うのも、平和にするのも、自由だ。そういうメタ思考が多かった。
自由な可能性を保持すると言っていた。要は、皆で考えれば良いと思っていた。自由より、平等に見える。戦いなんか、要らない。
ただ、戦いは良い人間が多い。戦いで良くなるように見える。
皆で考えれば良い。そんなに一人で考えても、分からない。
自分は、一人置いてけぼりになっている。国連は、自分を救いたいだけだ。
自分は辛くない。自分より悲惨な仕事が一番多い。頭が辛いのは、文章が多すぎるからだ。
自由も悪くない。時には戦うべき時もある。反抗出来ないのもおかしい。
あとは、自由で平等な思いやりから社会を作ると言っていた。
そういう段階とプロセスを考えていた。
場合や状況を考えて、場を作って、取り決めを作って考える。
そういう、相対的でパソコン的な自由は、悪くは無い。
皆で考えて、皆で勝手に決めるのが良い。指導者は賢くない。
ソ連は、共産党が考えるとは言うが、共産党には何も出来ない。
完全に、反抗出来ない、服従するだけの国になる。
自由の方が良い。自由の方が出来る。皆の自由にすると、皆が考える。
金は悪くは無い。会社にすれば、きちんと出来る。金儲けでしか出来ないことは多い。
最近、金は嫌いだ。金しかない社会はおかしい。
もっと、世俗から離れて、宗教を信じるしかない。最近は、そういう人間になった。
世俗にあるものは全部馬鹿だ。テレビとマイクロソフトが嫌いだ。キリスト教仏教と哲学が好きだ。最近は、そういう、世界から隠居した、馬鹿な人間が自分だ。
ゾロアスター教を読んでいる。神と悪魔の二元論、歴史はいつか終わり、死者は最後に復活し、裁きを受けると言う終末論、そして、善行を重ねたものは救われると言う、救済論からなっている。
歴史は、しない方が良い。終わっている。むしろ、パソコンの方がまだ良い。まだ、色んなことをやっている。世界から引退したのはおかしい。それで馬鹿になった。まだ、パソコンをやっていた方が良い。
歴史がしたいから、する。むしろ、これ以上、この文章に書かずに歴史をすれば良い。
ゾロアスター教は、部族宗教ではなく、国際宗教だ。アケメネス朝ペルシア帝国のような大帝国が、ゾロアスター教によって可能になった。
歴史はいつか終わって、裁きを受ける、と言う考え方は、キリスト教でもおなじみだ。
ゾロアスターブッダ孔子は同じ時代の人らしい。どれも、そこまで賢い。
何かやりたい。世俗から引退なんか、したくない。
昔は、オープンソース活動を大学のようにやっていた。それをすれば良い。
それは、出来ない。既にオープンソースは嫌いだ。
そういうわけで、何かやれば良いようで、何も出来ない。自分の力を持て余している。
昔は、あとはネットをして、会社のように分かっていた。
ネットがしたくないなら、大学で良い。普通に考えて、大学ぐらいしかない。
仕事はしなくて良い。大学を先にした方が良い。
ゾロアスター教をやっていると、おかしくは無い。不思議と、ユダヤ教キリスト教なんか、ゾロアスター教のパクリ宗教だ。教義が全く同じだ。聖書の方が馬鹿だ。
ゾロアスター教が何であるか、まだ良く分かっていない。パクリではないかもしれない。
自由は、悪いとは言うが、理性批判と思えば分かる。何もかも疑って、皆が賢くて、もっと正しい可能性があることを考えるのが自由だ。そして、可能性を考える。
あとは、人間の心を自由に捉えるとか、自由の中に道を作るとか、知恵のようなことを言っていた。不思議と、それはあまり言っていない。ネットで分かっただけだ。
永遠の神の体験の中で、神の話だけでこの世界が全て分かった。神は、偉大だった。
ただ、キリスト教は賢くない。キリストは、馬鹿な人間に見える。信じるのは、仏教にした方が良い。それに、キリスト教は、明らかに信じている白人が馬鹿だ。
良く考えると、そういう知恵は、人生を考えただけだ。
自分の人生と、色んな人間の人生を考えて、人生を書きながら、構造にして分かった。
昔は、そういう賢い人間だった。ネットと言うよりは、人生を考えていただけだ。
人生みたいなものを全部分かっていた。意識と記憶を想定するとか、感情を思い出すとか、環境を支配して、環境を成長から分かるとか、人生を全部分かっていた。
皆とともに生きる、一緒に過ごして分かる自由のようなことを言っていた。
そういうものは、全部人生を分かっていただけだ。
そういうことを書いていた。本に書いてある。文章は、全部、全部言うだけだった。
あとは、認識と思考を記録して、構造を作って判断しているだけの、おかしな文章が多かった。全て、言葉の意味を馬鹿に決めて、何も分からなくする。そのせいで、日本語が分からなくなっている。
そういうわけで、感覚や感情などの言葉の意味を決めていた。
いつもの文章は、それくらいの馬鹿だ。もう終わっただけだ。
感覚や感情のようなものを、意図や目的と一緒に考えていた。
英語的な語順を良いとは言うが、おかしい。「は」をドイツ語のように先につけるのか、語順を決めて「は」を無くすのか、良く分からない。一番馬鹿に見える。
ただ、もっと英語的な語順を可能にすれば、翻訳が容易になるように見えるし、コミュニケーションでも色んな語順で話せるようになる。
昔は、言葉遣いで何か分かると考えていた。英語的な語順のせいで、違うことが分かる。
だが、そんな発想は要らない。自分のする発想は、全部馬鹿だ。
動詞を目的語より先に言って、日本語を完璧な言語にしたかった。
フロアはただの東京だし、原発でスマートアグリはありえない。そういう馬鹿が自分だ。
公募で都市設計をするのはキモイ。社会主義で町は美しくならない。
そういう、馬鹿な発想しか出来ないだけだ。自分は、一番悪い、ロシアだ。ロシアが、そういう風になる。誰でも、馬鹿な発想しかしない。それを本当にやっているだけだ。
あとは、コンビニをフランチャイズにするが、全部フランチャイズにすると、自由になる。そういう発想をしたかったように見える。フランチャイズは悪くは無いが、自分はそういう考え方をするのは嫌いだ。ただ、ライブラリ関数の会社経済と同じだ。
日本語のひらがなやカタカナは、外国人から見ると、漢字を簡単にしたいように見える。何故か、混ぜて使うのを誰も知らない。使い分けるように見える。
日本には、軍隊があるのにないし、仏教神道を同時に信じるなど、悪い点が多い。
最近、日本人が賢いのが分からない外国人が多い。日本人は嫌いが、韓国みたいに多い。
何故か、最近は、日本人が好きな外国人が多い。
日本人は、自分に見える。神ほどに賢い国に見える。自分のせいで、そう見える。
神道は、日本の独自の宗教で、仏教は、インドの賢い宗教だ。どちらも信じる。
日本は賢い。外国の世界がどうでも良い、ガラパゴス諸島みたいな独自の文化のある、賢い国になった。外国人から見ると、ありえない。世界と全く違う。
日本人から見ると、他の国もそれぞれ独自で、違うように見える。アメリカとイギリスは、またそれぞれ違うように見える。それは間違ってはいないが、純粋過ぎる。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなんか、文化的に全く同じだ。
独自とは言うが、漢字なんか中国語のパクリだ。独自なわけがない。
日本にも、アメリカやイタリアが分かる人間が多い。同じなわけがない。
むしろ、白人の方がそれぞれ違って見える人間が多い。アジア人なんか、全部同じように見える。そういうところが色々と分からないのが、国際社会だ。
もう、ヒトラーや姉を聴いているのを止めた方が良い。
思考で、ヒトラーや姉を聴いている。そういう、ありえない神の体験をしているだけだ。
生命を生態ロボットだと言っていた。そういう風に狂っている。
賢い人間は、こういう風に、賢いものをいくらでも分かっている人間が多い。
そういうわけで、誰でもこうなる。
日本には、ビルゲイツソフトバンクが賢く見える人間が多い。ソフトバンクがいつか勝つように見える。誰もが、そういう馬鹿が馬鹿に見えるのが、日本人だ。
AKB48も馬鹿に見える。何もかも、同じ馬鹿になった。ただの馬鹿な国が日本だ。いつからかそうなった。そこが、悲しい人間が多い。
神は、色んなことを言っていた。自分は、ロシアの大統領になるとか、グーグルに入るとか、そういうことを言う。これくらいの体験のことを言っていた。グーグルも、悪い会社に見えて、良い会社だ。社内環境が良いのをネットでいくらでも宣伝している。
自分は、中学校にもう一度入れば良いと、神が言っていた。それは、出来るわけがない。
あとは、何か言いたかったが、覚えていない。最近は、良く忘れて、分からなくなる。自分も自分で、若いとは言うが、年を取っている。そのうち、馬鹿になる。
グーグルは悪くない。入ると、本当にコンピュータのことが全部分かる。社内環境は、良い。福祉厚生がきちんと出来ている。昔の自分が、グーグルの社員に見えた。
最近は、ロシアの大統領に見える。むしろ、ドイツの首相や、イスラエルの王に見える。イスラエルで普通の共産主義をやれば良いと、神が言っていた。
最近は、スペイン語圏の教授になると言っていた。スペイン人とは、クズのことを言っている。最近は、その代り、賢い教授になっている。
どれかが賢く見えて、どれも賢くない。三大天使みたいな存在だから、天使が好きだ。
昔は、本当に賢いコンピュータのオタクで、プログラマや数学者のように分かっていた。だが、何も知性が無い。ああいう風に分かる人間は居ない。賢い人間は、最近のような人間が多い。何故か、見ていると、フランス人に見える。
全部分かっているせいで、分からないことが何も無い。グーグルがこういう馬鹿だ。そういうわけで、グーグルは本当に悪い会社だ。社員を奴隷にして、世界を破壊したいだけだ。
プログラマほどは、何も分かっていない。オタクみたいに分かっている。
PHPLispJavaGNOMEKDEなどが分かっていた。分かっていたとは言うが、何も分かっていない。本を読まなかったせいで、開発は出来なかった。ただ、概略のような知識と、コンピュータのシステムの構造のようなものを分かっていた。ただ、賢くパソコンのことを全部分かる、ネットユーザーのような人間だった。
そういうわけで、グーグルがこうだ。放っておくと、本当に狂ってナチになる。
昔は、国は大きい方が良いが、独立性は高い方が良いと言っていた。そういう、国家論のようなものを、真面目に考えていた。併合は、あとで平和な強い帝国になる。
日本史が、近世になった。そろそろ面白い。だが、中世は、あまり分かるものが無かった。
安倍は抑止力を平和だと言っている。自分は、侵略国家に対しては、全部の国で対抗すべきだと言っていた。カントが言っている。最近、そういうものが誰でも分かる。それは、頭が虫みたいにキモくなっている。そういう人間が、キモイ人間が多い。
あとは、全てを未知であるとか、馬鹿なことを言っていた。サルトルハイデガーのようなことを言う。マスターのように全部分かっている。
最近の方が賢いから、分からなくなった。最近は、まともだ。狂っていない。
安倍が馬鹿なせいで、日本が滅びるだろう。積極的平和主義は、軍国主義だ。そういう、逆になると、自分から馬鹿になって、何も分からなくなる。明らかにそうなるだろう。
鉄砲は、近世のヨーロッパ人の来航とともに、ポルトガル人から伝わった。
今読んでいるところは、織田信長の前だ。そういうわけで、それくらいの時代に伝わった。
自分は、賢い。これくらいで、哲学者が全員出来る。人間は、ネットで分かる。
いつも言っているが、全ては人間の作り出したものであると言っていた。
あれは、そういう馬鹿だ。何も分かっていない。不良のような経験をいくらでもしているせいで、そういう馬鹿になった。ユダヤのヘーゲルみたいに分かっている。自分のせいで、ヘーゲルは不良に見える。ヘーゲルは自分だ。
こういう風に、馬鹿になって分かる人間が多い。数学を自分で作ったせいで、馬鹿になって分かるようになった。
それは、治さなくて良い。いつまでも、同じままで良い。馬鹿は賢い。そういうわけで、自分から馬鹿になって、そのままになっている。それが賢いから、それで良い。
社会モデルの段階のようなことを言っていたのは、全部マスターのことを言っている。
そういうわけで、言語的に社会を創造し、仮想的な理想を実現出来ると言っている。
あれは、そういうことを言っている。その上で、同じと違うを全部考えていた。
それも、経験的に実現出来ると言っていた。そこから、未知が分かると言っていた。
皆を自由にして、その上で自分と同じように分かる段階を作っていた。
共同体、環境、状態、有用性、のようなものを、経験から思い出して考えていた。
創造性と、予測から、想像力がついた。
知識は、コンピュータ、オープンソース、哲学、キリスト教、自由、社会主義を知った。
そして、戦って、支配して、導いた。そういう風に書いていた。
もっと、段階的なことを全部言っていた。そういう人間だった。
個人の自由は、経験から影響力になって、共同体の自由へと発展した。
そして、ネットで人間と社会を知って、知恵と工夫を全部考えた。
自分で考え方を作って、全ての科学を分かって、哲学や労働も思考で経験した。
昔は、そういう馬鹿だった。
最近は、戦っている。神を信じながら、右翼と左翼の経済学、自由な社会論を作った。
そして、国家を作りながら、自分を治して、思い出す。
そのまま、作家になった。これで、完成だと思う。
推論から、考え方を分かっていた。法則を良く考えた。
そういうところが、ヘーゲルと同じだ。相対的な考え方と法則を、推論で考えていた。
ヘーゲルは、おかしい。神になっているように見える。
正しく、普通に考えて分かっていた。
環境の考え方と自然な発展のようなものを分かった。
あとは、全部自由で分かっていた。社会の成り立ちを全部分かっていた。
そろそろ楽だ。もう、書くことが無い。
昔は、手段と機会から経緯と可能性を分かって、自分が出来るようになって分かっていた。
もう、こういう風に考えるのが悪い。もっと普通に考えれば良い。
知恵と工夫から、社会の成り立ちを全部分かった。体験的に考えた。
もっと、普通に考えれば良い。正しく考えるのではなく、色んな風に考えれば良い。
いつも全部分かっていた。経験と、全部作る知で、力業で分かっていた。
神を信じるせいで、ここまで出来た。
自由に疑って、可能性を保持すれば分かる。そこが分かる人間が多い。
あとは、森羅万象のようなことを考えていた。
コンピュータ、数学、言語、感情、社会などを、自由に分析して分かっていた。
今日は怖い。父親が怒っている。何もかも終わった。怖い。
あとは、一番良い人間を書いていた。
思いやりから信頼や、愛と不安、助け、許し、支える哲学を作っていた。
家族は、自分のことが何も分からないのが悪い。話さないから、分かっていない。
自分が悲惨になっているのも、賢くなっているのも、分かっていない。
あとは、社会の全体像を見て、科学を作って、自由な知恵を作って、それを書いていた。
最近は、永遠みたいになった。永遠の地獄になっている。
自分は、自分が不幸なのが分かっていない。
おかしくは無い。おかしい点は無い。何もおかしくない人間になった。
だが、不幸だ。知り合いも居なければ、分かり合える人間も居ない。
辛い地獄になっている。自分は不幸なのに、不幸なのが分かっていない。
自分をおかしいと思うせいで、おかしくなっている。おかしくないと思えば良い。
そろそろ、いつもの文章が分かった。心も治った。
自然と学習から本質が生まれ、そこから発想と価値観が生まれる。
実際の姿から、変えられる。
社会の形成のようなものを、その通り書いていた。
ぬいぐるみは、可愛さの実現である。愛のある構造物だ。
ものは、大きさ、位置、色の変化であり、その学習である。
そういう風に、どうでも良いことを言う。それで、不思議と、分かった。全て覚えている。馬鹿な環境と視点みたいなことを全部言っている。それで終わりだ。
本当に全部分かっていた。記憶、概念、歴史、経緯、コンピュータ、学習、方法など。
本当に分かっている、全てが分かった人間が多かった。
こういう、分かる人間は多い。誰でも分かるようで、本当に良い人間が分かる。
学校なんか、しない方が良い。学校は賢くない。むしろ、ネットの方がまだ賢い。
体験や習得から全部分かった。あとは、自由と平等と自然で分かっていた。
意識や空間の把握や、精神の分析の方法、理想の社会の構築方法を分かっていた。
もう、昔に戻るしかない。こちらには、もう何も無い。こちらは、もう分かった。
自由に捉えれば分かる。心を捉えること。安心すれば良い。それできちんと分かる。
不幸になったのは、自分が悪い。皆を地獄にするのはおかしい。滅ぼしたいのは悪い。
皆、もう自分にならなくて良い。こちらにならなくて良い。
昔は、意味を考えただけだ。それが、そこにあるということの、意味を考えた。
それで、可能性が分かった。そういう、自由な人間だった。
認識が本当は何なのか考えた。存在の可能性を知った。そういう人間だった。