「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-28

=2015-09-28=

ワードからコピー

社会と環境の構造を考えなさい。
善悪を知りなさい。
思いやりの戦いをしなさい。
愛を信じなさい。
昔を止めて最近になりなさい。
自由を止めて王になりなさい。
世界の変化から未来を知って、未来を作り出しなさい。
応用可能、のようなことを教えていた。
共有可能、と言っていた。
経験を積み重ねて分かった。
2つに分けるから分からないだけだ。2つに分けるのを止める。
生命を創ったのは誰か、のようなことを言っていた。
皆、もうタリバンのような戦いの段階になる。
そのまま、神と対話するようになる。
世界やものごとは、応用可能だ。
あとは、これで共同体が分かっていた。
そして、これで人生が分かっていた。
人生から、生命の誕生や、宇宙の意識が分かっていた。
何もかも、人生の段階を全部分かっていた。
好きだった国は、ドイツ、ロシア、フランスだ。
それらを、永遠に対話と文章と精神分析で分かっていた。
神が好きだった。神は、全てのことを包括して、永遠に全部教えた。
永遠を生きていた。皆も、永遠を生きるべきだ。
自分だけ、永遠が終わる。自分だけまともになる。
そろそろ、もう書かなければ良い。それで楽になる。今、書かなければ良い。
本当に馬鹿になった。それをもう止める。賢くなれば良い。
2つにして分からなくしたのは、馬鹿なだけで書けるからだ。
もう、書けなくなる。その代り、きちんと分かるようになる。
昔の自分は、心理で全部分かっていた。社会の構造と人生で分かっていた。
皆が自分でなくなった。そのせいで、すぐに書ける。
自然と場の可能性を書いていた。
人生の段階を書いていた。
自由な行動と体験から、自由な価値観を分かった。
基盤と協力から、愛を分かった。
存在の関係から、状態を分かった。
理想から、全てが全員のためになるのを分かった。
状況分析から、自由と意図を知った。
影響力の高みに立つことで、世界を変えた。
全ての本質を想像力で考えた。
社会の構築を考えた。心理で社会を構築した。
自然は、常に変化している。社会も、移り変わっていく。
たくさんの労働の経験をせよ。
科学者のように科学を作れ。
全体の構造を把握せよ。
存在を把握せよ。
変化から歴史を知れ。
良く観察し、実験すること。
決まりと関係から、環境を知れ。
思考の可能性から言語と存在を知れ。
共同性から社会を知り、可能性から経済を知れ。
努力から宇宙を知り、挑戦から全てを知れ。
気づきと変化から実際の姿を知れ。
認識を吸収せよ。人間を分析せよ。
楽と思えば楽だ。既に楽になっているのが分かっていない。
辛い部分がすぐに死んで楽になる。
女が辛いのは、子供や恋人を受け入れるからだ。戦う男の方が楽だ。
全部受け入れるせいで、女になっている。もう受け入れるのを止めた方が良い。
楽だと思えば楽になる。
楽が分かって、何もしなくなる。
辛いのは、楽になるのが一番辛いからだ。
そういうわけで、もう楽だ。それで、馬鹿に治るのが止んで、きちんと治る。
信じないから分からないだけだ。
子供にはなっていない。それを信じると、子供でなくなる。
そういう風に分かると、楽になる。子供になっているのは、子供は治るからだ。
これで、人間の行動がどうなるか分かる心理学が多かった。
認知なんか、全部分かっていた。精神分析から、解脱して分かっていた。
そういうわけで、これで心理学だ。
自分は、自由になっている。これが自由だ。自由が悪いだけだ。
信じれば分かる人間が多い。自由をもっと止めればすぐに楽になる。
皆の体験、認識、世界観、感情を書いていた。視点を成り立たせて、環境や学習で出来ることを書いていた。世界モデルと言っていた。
辛く見えて、楽だ。楽だと思えば、疲れているのも治る。辛いから自由にしているだけだ。
辛いと思うと、自由になる。楽だと思うと、きちんと頑張って考えるようになる。
ただ、老化しているだけだ。子供になれば治るから、子供になっている。
大人には、こういう辛い人間が多い。大人は本当に馬鹿だ。治るわけがないが、信じると治る。キリスト教を信じると、こういう風に本当に治る人間が多い。それは、治る代り、何も分からなくなる。
そういうわけで、治らない。最初から治さない方が良い。
昔から、自分は老化と成長で分かる。老化は、した方が良い。老化すれば老化するほど、頭と心が賢くなる。そういうわけで、治らなくて、壊れた方が賢くなる。
最近は、治るせいで、馬鹿になっている。治る人間は、賢くならない。そのせいで、知性が無くなっている。病気と老化が知性だから、こういう悲惨な人間が賢くなる。
もっと信じた方が良い。馬鹿なことを信じると、分かる人間が多い。いつまでも疑っている哲学者が一番分からない。信じる政治家や宗教家の方が賢くなる。
最近、治って馬鹿になった。病気の方が賢かった。そういうわけで、病気で馬鹿の方が賢くなる。最近、大して何も分かっていない。昔はマスターのように全部分かっていた。
治りたいのが一番信じていない。むしろ、治らない方が良い。
治っても、馬鹿になるだけだ。本当に治らない方が賢いのが、神が分かっている。
それ以上は、楽になって、賢くなる。宗教になる人間が多い。治るのが一番辛い。
それ以上、もう楽になるだけになる。何もしないから、もう賢くならないだろう。これで賢くなるありえない人間が自分だ。全て失っただけなのが分かっていない。もう満足した。
もう、昔に戻って楽になる。こちらは治るだけだ。
いじめを悪いと言うが、自分もいじめみたいなことをしていた。靴を隠したり、無視したりするなど、小学生でも中学生でも悪いことをしている。それが悪かった。
あとは、中学生時代ネットゲームを広めたのが、一番悪かった。
学校なんか、行かない方が良いから、それで良くなった。学校は悪い。引き篭もりになって以降は、善悪のきちんと分かる、マスターのような良い人間になった。いじめを考えて、いじめを無くしたかった。そういうわけで、良い人間になれば、昔に治る。
昔は、理性的に推論して、考えて気づいて分かっていた。
また、経験から色んなことが分かった。
昔は、哲学者のように賢かった。
それが、ここまでいくらでも文章を書くようになった。
悪い人間は、嫌いになれば良い。テレビや日本人の悪い人間を嫌いになれば治る。
外国人は悪くは無いが、悪い人間が多い。嫌いな方が、良い人間になる。
自分は一番悪い。仕方無い。本当に自分が悪いだけだ。
昔を良い人間と言うが、色んなWikiなどのものを勝手に破壊する、一番悪い人間だった。
中学生時代が一番賢かった。勉強やネットゲームが出来る知性があって、剣道部の体力もあった。あとなんか、ただどんどん馬鹿になっただけだ。引き篭もり時代の馬鹿のせいで、全部分からなくなった。馬鹿になったのが、そのままタリバンみたいになった。
自分は、馬鹿の極みだ。賢いのに馬鹿だから、こうなる。好きにすれば良い。
最近の永遠は、賢い。普通分からないのに、自分だけいくらでも分かる。宇宙みたいな世界を全部創った。自分が一番賢い。何も悪くない人間になった。社会主義やナチが悪いのは、誰でも何かが悪いからだ。自分が一番、何も悪くない。むしろ、自由の方が悪い。
これで自分が好きだ。自分を強くして、守りたい。自分を愛している。
昔は、2ちゃんねるに色んなことを言って分かっていた。それがそのまま、オープンソースになった。タリバンみたいな馬鹿な人間だった。
不思議と、自分の経験だけで、考えて哲学と同じことを分かっていた。最近勉強した哲学の内容が、勉強せずに、考えて分かっていた。
ただ、仏教のように考えただけだ。仏教と思えば出来る。最近、出来る人間が多い。
最近は馬鹿だ。本当にタリバンのように戦っただけだ。そこが好きだ。きちんと頑張って、戦った。そういうわけで、ナチは悪くない。ナチは戦いたいだけだ。ソ連の方が悪い。ソ連は、ただ、騙して奴隷にしたいだけの、ペテンだ。スターリンは、強くない。弱い。
あとは、環境や共同体を、ボトムアップ的に、自由に作っていた。
タリバンと思わないと、賢く見える。これは、イスラム教をやっている。
ナチやソ連が悪いとは言うが、それだけの良い作品になった。
もっと森羅万象を研究していたと思えば良い。科学者のように、頭の切れる人間だった。書くと、虫みたいに見えるのが悲惨だ。これでは、9割がキモイだけだ。そういうわけで、この文章はもう忘れた方が良い。ナチは、忘れるしかない。もう終わったはずだ。
悪い人間になると、良い人間になる。そういう良い人間が多い。誰でも悪い。
環境、関係、経緯を考えて、自然な考え方や方法の段階を分かっていた。
もう終わりにする。1割賢いのは、本になった詩集が賢い。編集者が頑張って選別してくれたせいで、賢い作品になった。出版された本が賢いから、それで良い。皆もそれを見る。
あとは、相対的な世界把握、自然な世界観、科学や心理や社会の文章が多かった。
そういう風に分かるのがキモイ。何も分からず、漠然と分かっている。その間、何も分からない。本当に文章を見て、何も賢くない。誰でも書ける馬鹿な文章を書いている。
コミュニケーションも多かった。会話と自分の経験で、発想と認識を吸収した。
自然は作り出せないが、想像力の世界は作り出せる。自然に無いものを、自由に作れる。魔法の世界のようなものを、絵に出来る。そういうことをいつも言っていた。
人生を全部書いて、人生と哲学を実感で分かる。そういう文章が多かった。
何も覚えないから分からないだけだ。最近、忘れているだけになっている。忘れると、楽になるから、そうなった。何も分かっていないのに、書くだけで分かっている。それで良いから、そうなる。治らない。何も覚えないから書けるのが自分だ。
覚えて、比較して、価値観を知って、自然状態を知って、世界モデルを知る。そこから理想の世界を分かる。そういう文章が多かった。いつも書いている。
この文章は、クズだ。忘れた方が良い。9割ぐらい、キモイ内容だ。忘れるしかない。
経験から知性がついて、人生と存在のことが分かった。感情と共感で分かった。そういう風に、書いているだけだ。今日は、人生をきちんと書けたから、終わりだ。
皆は、この文章が終わるとともに、自分で無くなって、自然状態に戻る。そういうわけで、もう止めた方が良い。皆が馬鹿に、悪いだけのクズになっている。この文章の通り分かった人間が一番多い。皆を同じにする馬鹿をもう止めた方が良い。
ネットに楽しい人間が色々と多かった。そういう人間を吸収して、創造性を信じて、楽しい体験を繰り返しいくらでもして分かった。
オープンソース競争のおかげで、資本主義のことも良く分かった。
世界モデルと人間を積み重ねて分かった。
やっているうちに、分かり方と正しい考え方が分かった。
昔は、そういう馬鹿だった。発想力が豊かだった。
本当に見ても、それくらいの馬鹿だ。最近、誰でもそういう風になる。
意識で分かるのは、もう分かっているからだ。それが、色んなものを全部作っただけだ。
そういう経験で分かっただけだ。それなら、出来ると思う。
分かることと分からないことを比較して、感情を融和して分かっていた。
自由よりも、新しい違うものをいつも取っていた。
ニーチェのように自由と創造性を分かった。本当にニーチェのような人間だった。
もう無い。全てを経験して、有用性を知って、さらに経験して、共同性を分かっていた。
そういう風に価値観を分かった。精神を作って、心を脱出して分かっていた。
そういう風になりたいなら、止めた方が良い。意味が無い、狂った人間になる。
ただ、皆賢くなっているから、そういう風におかしくなると、すぐに分かるだろう。
数学のように知を全て創った。
コンピュータのことを良く分かっていた。
色んな破壊のようなことから、全てを反省して、悔い改めて分かった。
あとは、自分の力で歩むべきだ。自分には、もうならなくて良い。
皆が自分で無くなると、すぐに分かるのが自分だ。そういうわけで、もう自分で無くなってほしい。自分になっていると、何も分からない。する意味が無いことしかしていない。
科学を作っていた。
想像力と感覚で、体験を分かっていた。
全てのことが出来るようになった。何でも、自分が出来ることで分かっていた。
社会も変えられるし、意識で自在に分かる。そういうありえない人間だった。
最後の方では、客観視しかしていない。もう全部分かっている。
意味の無い人間だから、タリバンになって、戦うようになった。
そんな風に、ならない方が良い。そういうわけで、皆はそろそろ意味が無い人間になって、戦うようになると思う。だが、そうはならなくて良い。
最後の方で、創造性しか分かっていない。
理想の社会が分かっていたのは、神との対話に書いてある。ニールがきちんと書いている。
それくらいのうち、戦うようになって、自然に神に導かれた。神との対話を永遠にやっている。執筆も続いたし、そろそろ病気は最後まで治った。がんを治したかった。
宇宙人からスターリンまで、色んなもの全員が話している。自分が話しているだけだ。
そういうわけで、黒人の右翼とは自分のことを言っている。デカルトニーチェもだ。
皆を毎日作っている馬鹿が多かった。それがおかしいから、神と言っている。皆を、毎日一人、きちんと作っていた。それが話している。
皆、これで宇宙が分かった人間が多い。もう、皆おかしなものになる。
自分は、オープンソースになっている。もっと違うものになった方が良い。
デカルトニーチェスターリンが神とは、自分の文章のことを言っている。宇宙人とは、自分を全て見て、全員のことを言った。そういうわけで、自分は黒人の右翼だ。心理学者のように賢い。昔の自分が、それくらいの馬鹿だ。
そういうわけで、神なんかどこにも居ない。居るわけがないのに自分が居る。聖書を見ていると、自分のことを神だと言いたいのがユダヤ人だ。敵を愛したいのは、自分のことを言っているように見えるのが、イエスだ。ユダヤ人のせいで、誰でもこうなる。
自分は、ユダヤ人になっている。こういう人間が多い。ユダヤ人が普通、こうなる。
宇宙人は、自分の出来る機械を作ったとか、昔に遡ると言っていた。なるものを既に言っている。そういう理由で分かる。そういうわけで、自由な共有をして、自動車が空中を飛ぶような未来の世界になる。なるわけがないが。
どうでも良いほど、スターリンはここまで悪い。ソ連はおかしい。スターリンの自由にするせいで、こんな悪い国になった。これの通りの国だ。スターリンがこうだ。
ありえない社会は、これ以上、いくらでも作っていた。寝る時に見える、夢の世界のようなものを作った。最近は、分かりながら過去に戻った。そういうありえない世界が、まともな世界に治った。まともに自由な、イタリアのような世界になった。
何故か、イタリア人だけ、ここまでの馬鹿になる。イタリア人はありえない。イタリア人には、スターリンしか居ないようになる。ここまでになるせいで、まともな国になった。
何故か、宇宙はそういう風に創った。聖書に、御言葉と書かれているのは、そういう理由だ。自分は、昔から、父なる神には見えないが、精霊の神に見える。子はキリストで、自分はガブリエルで、ガブリエルとキリストが対話するのが、このユダヤ人の体験だ。どうでも良い、そういうユダヤを作った。昔から、ユダヤがこういう、革命で皆を馬鹿にしたいように見える。ヒトラーは、こういう風にしかならない。これを見て考えている。
あとは、生命の法則のようなものを創っている。
本当にイエスがこういう馬鹿だ。最近、こういう馬鹿がどこにでもいくらでも居る。日本に居るのがありえない。日本が馬鹿になったように見える。日本は賢くなった。
そろそろ終わりにしよう。地球は、もっとキリストやヒトラーが勝てば良くなる。キリストが良い神で、ヒトラーが悪い神だ。ゾロアスター教もこういう宗教だ。
おかしくは無い。自分は本当に、神みたいな人間になった。
宇宙の最後まで全部分かっている。そういう馬鹿をもう止めた方が良い。そういう馬鹿が分かるせいで、地獄になった。地獄になりたいなら、誰でもこうなる。
クズには見えない。可愛いイタリア人の女みたいになった。こういう女がどこにでも日本に多い。本当にここまで分かる人間が多い。何故かこの通りにしかならない。
宇宙の最後まで、全部分かっている。悟っていた。自分はこのまま、生まれ変わりながら、永遠に生き続ける。そのまま、この地球上の全員になる。それを目指している。この人生が、この生命の、最初の体験だ。次は、父親になって、そのうち、母親になるだろう。
昔、ネットで吸収した発想や認識を全部書いていた。そういうものを集合知と言っている。
ドイツ人、フランス人はもう良い。イタリア人も止めた方が良い。
新しい人種になるなら、黒人になるしかない。アジア人は昔のクズなタリバンだ。仕方がないから、黒人になる。なっても、何もしない人間になるだけだ。
悲惨に、黒人になっても何も変わらない。人種に違いなんか、無い。そういうわけで、イタリア人がまだ続く。死ぬまで永遠に続くのが、狂った女のイタリア人だ。
イタリア人の女が皆をセックスにするのが悪い。そこが悪いから、こんな馬鹿になる。辛くなって分かるようになる。一番悪い。
あとは、自殺を一度したのが悪い。そのせいで、死んで楽になるようになった。辛くは無い。辛く見えて、一番楽なのが、こういう、死の体験だ。
昔から、死の体験を永遠に繰り返す。それが辛く見えて、楽だ。楽になるためには、そうなるしかない。そろそろ、セックスと死を止める。スペイン人かポーランド人になる。
人種はどうでも良いから、スペイン人で良い。ドイツ人をいくらか変えるだけでなれる。
最近、ロシア人みたいな馬鹿になった。黒人にはなれない。最初から、ロシア人のことを黒人と言っている。どうでも良いほど、人種なんかどうでも良い。黒人は全く違う。
人種は、ドイツ人だけ全く違う。ドイツ人は本当におかしい。フランス人とイタリア人なんか、何も変わらない。一度ドイツ人をやると、こういう風にフランス人になって、そのままイタリア人になる。自分の人種はドイツ人だ。どうでも良いが、ドイツ人はありえないほど、昔の自分みたいに、本当に分かる人間が多い。
フランス人やイタリア人には分からない。ドイツ人は本当に優れているが、キモイ。
イタリア人はもう良い。もう、日本人に戻る。昔の中学生が日本人だ。
ドイツ人は、馬鹿になって分かる人間が多い。そのままの人間が多い。フランス人は、革命で死ぬ人間が多い。イタリア人は、何故かこういう風に続く。そのままロシア人になる。
これくらいは、イタリア人だ。ロシア人になりたくないから、日本人に戻る。
ロシア人は、スターリンとともに高まっている馬鹿が多い。何かが一番悪い。あまりならない方が良い。ロシア人ではなく、イタリア人の新しいスターリンをやった。ロシア人とあまり変わらないから、それで良い。
日本人は、もう止めたまえと言っている。昔の日本人は、個性と愛嬌のある良い人間だった。夢の世界でいつも見える。今のまま日本人になるありえない人間が夢だ。
夢では、ドイツ人も見える。Windows XPLinuxをまだやっている。フランス人は見えない。フランス人は、居たように見えない。居なかったように見える。
日本の悪い点は、ものが多すぎる。施設のように店も多い。そこが悪い。都会から地方まで、あるようで何も無い、一番悪い国になっている。デパート業界が悪い。
もう、この文章を書くのは止める。意味が無いことを言う意味が無い。
フランス人が悪い。狂っている。あれはおかしい。何も分かっていないのに分かっている。悪いのは、全部本当のフランスだ。皆をこういう風にしている。見ていると、意味が無い。
あとは、ナチに勝ちたいだけの文章が多かった。自分の中の法王がそういうことを言う。
そろそろ止めるなら、イタリア人だ。止めないなら、ロシア人になる。
どうでも良いほど、すでにいくらでもロシア人をやっている。
日本人に戻るしかない。夢に見えるせいで、仕方ない。運命に自由なんか無い。自由と言うからこういう人間になる。自分が一番自由だ。
自由には、何も起きない。何もしないだけが自由だ。
そろそろ、自由を止める。自由が悪いだけだ。
弱者にはパンを与えれば良いようで、そういう風にすると弱者があまりに悪くなる。弱者は殺すしかない。
そうでもない。そんな悪い弱者は居ない。ナチがそういうことを言う。ドイツはクズだ。
一番のクズはフランスだ。何故か、本当に狂った馬鹿な人間が多い。おかしいだけだ。
イタリア人はまともだ。こういう風に書いて分かる人間が、イタリア人に多い。
日本人になるためには、もっと日本語を沢山言えば良い。
弱者みたいなものにどんどんなるのがおかしい。それを消すと、高まるようになる。ロシア人には見えないが、もう、高まって行く。それは、日本人に多い。
何故か、ロシアになった。ロシアは、もう死んでいる。何も無くなって、馬鹿になる。
弱者が死んで、脳が死んだ。
この文章は、皆を弱者にしているだけだ。
まだ文章を書きたいのがおかしい。すぐに分かるどころか、何も分からなくなった。
いつも、本当に分かっていたのが、いつもの文章だ。
弱者を殺すと、楽になる代り、辛くなる。何も辛いことが無くなるようで、すぐに辛い。
国みたいなものを全部創っていた。ドイツやイタリアのようなものを、本当に全部創っていた。国の構造から、科学と宗教まで、全部創造した。そういう人間だった。
巨大な虫が死んでいく。もう辛い。何も出来なくなる。
宇宙を創造する言葉が多かった。
弱めながら、強めるのが悪い。下がるだけの馬鹿が死んだ。
そんなに書いて忘れるのがおかしい。何から何まで忘れている。
もうやっと脳が死んだ。脳が全部死んだ。
書く部分が賢いからこうなる。全部同じ、全部を言っている。
同じことを何度も書いて、言葉の意味を増やして、速めて分かっている。
9回同じことを書いていた。それをまだやっている。全部をいつも言っている。
もう死んだのに、まだ生きている。
知とは、抽象的論述、感覚的表現、認知的行動である。
夢は、昨日見た最後の夢から見えるのを、今日発見した。
ダイヤモンドは硬くて、金は電気を通しやすい。
手助けされるのが終わった。
骨肉の争いが終わった。
もう死ぬ。怖い。本当に死ぬように見える。
骨肉の争いと言うとおかしい。血は繋がっていないように見える。
何と何が戦っているのかも分からない。おかしい。
弱者を殺すと死ぬから、殺さない方が良い。
いつまでも、こういう風に言えば良い。
足はもう治った。楽と思えば楽だ。
感覚的獲得と帰納的獲得のようなことを何か言いたかった。
カントは、根源的獲得と言っている。
事象みたいなことを何か言いたかったのかもしれない。そういうことを全部言っていた。
話す喉が死んだ。もう終わった。
自由な事象みたいなことを全部言っていた。
毎日そんなに死ぬ意味が無い。もっと生きていれば良い。
死ぬのを止めて、生きていれば楽だ。ただ、楽に言えば良い。それが分かっていない。