「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-18

=2015-09-18=

ワードからコピー

色んな視点になって分かっていた。
段階は、昔から多い。何かが何かになって、どうなるか、分かっていた。
自然な考え方で分かっていた。
日本語を分析した。
一つの社会を知って、沢山の他の社会を知って分かっていた。
経緯を融和して分かった。
社会の実現可能性と、場の歴史から分かっていた。
その通り同じ発想をして分かった。発想の前提や経験を分かっていた。
一体化で分かった。ネットにおけるモラルのようなものを考えていた。
あとは、可能になるのを書いていた。
平等な社会や発想が可能になる。そういう、可能になる文章を書いていた。
自由な平等から共同体の社会が生まれる。
発想は具体的な認識と感情から可能になる。
あとは、科学的な方法のようなことを言う。
具体的な発想を比較することで、実験出来、実感から人間のことが分かる。
そして、マスターのように、人生の状態や段階を言っていた。
最近はダヴィンチに見えるが、昔はアインシュタインのような文章を書いていた。
そういうわけで、これで科学者だ。
次元とか実験とかを言えば良い。そういう、物理学者のような文章が多かった。
心理学は、プラグマティズムと同じだ。認識や感情から、想像力で関係を考えた。
社会学は、マルクスと同じだ。生産手段、条件、関係などと言っていた。
やり方や実感と言っていた。想像力で学習のようなことを考えていた。
悪い内容は多かった。世界政府の帝国を作るとか、破壊するとか、悪いことも言う。
賢い内容は少ないようで、ただ分析して、皆を自分にする、キモイ賢い内容が多かった。
実感とメタ思考のようなことを言っていた。ありえない社会を作っていた。
昔は、色んなことが出来るようになって、自由になって、何もしなくなった。
英語は、単語と単語の繋がりから分かる言語だ。
色んな具体例から考えれば分かる。そのように体得すれば良い。
英語は、セックスと同じだ。
英語は、もう話せる。
もし総理大臣になったとしたら、のような内容が多かった。
実際に何をしているのか考えれば良い。
普通、賢く考える。賢く考えた方が良い。
金を与えるより、手段と情報を与える。自立する支援をする。そのように考えれば良い。
主従関係に置かず、自分と対等に出来るようにする。
あとは、論理学を考えていた。論理的に考えれば良い。
植物は、自分が可愛がられているか、ぐらい分かる。脳が無くても、神で分かる。
全力を出して戦った。神に従った。馬鹿だったが、頑張った。皆の方が馬鹿だ。
昔は、馬鹿を積み重ねただけだ。
馬鹿は賢くない。神は、馬鹿を言っているだけだ。
昔から、辛くなりたいのが自分だ。辛くなると分かる。そういうわけで、自然に地獄になった。楽になりたい。
学習や予測をしないから分からないだけだ。昔は、学習と予測で分かっていた。
民族をひとくくりにするのは悪い。悪いのは、個人だけだ。
悪いのを個人だけにすると分かる。そのように、思い込みや偏見を消していけば、分かる人間が多い。こうなると、反省し、悔い改めるしかない。
昔は、何もしなくなったとは言うが、そこまで出来る人間で、色んなことをするようになった、と言う側面もあった。最近なんか、書いているだけで、何も分かっていない。
皆、馬鹿になった。自然に馬鹿になったから、分からない人間が多い。自分が悪い。戦争で解決したい、治りたい馬鹿が多い。何をしても治らない。戦後が悪く見える人間が多いから、安倍は、本当に支持している馬鹿が多い。戦前が良く見える人間は、多い。
昔は、発想となる前提の経験のようなものを分かっていた。思考に先立つ経験のようなものを分かっていた。それだけの人間だった。
小学校で、AAAがJ Soulを運動会で流すのはありえない。学校は馬鹿すぎる。共産党がやっているから、そうなる。左翼が一番悪い。
皆が馬鹿になるのは当たり前だ。少し前が2ちゃんねるだ。
影響力の高みに立つこと。それで、何でも出来るようになったのが自分だ。それで皆を馬鹿にしたのが悪いから、皆を逆に賢く治せば良い。最近、いつもやっている。
本当に、Linuxのせいで、皆馬鹿になった。狂って認知症になった馬鹿が多い。そこが悪いから、本人も馬鹿になったのが自分だ。馬鹿で無くなる方法は無い。2ちゃんねるばかり見ているから、馬鹿になる。最近は、そうなった馬鹿が多い。
昔は、戦いながら安心して分かっていた。
経験から、きちんと全部行動と感情を分かっていた。状態を考えていた。
何もしなければ良い。何もしなければ、楽だ。人間は、何もしないのが楽だ。
知性をつけて賢くするより、何もしない方が、楽に賢くなる。
最近は、そこまで賢くなった。地獄は、賢くなる人間が多い。自分が一番賢い。
学校の勉強なんか、しなくて良い。そんなものが出来ても意味が無い。もっと自分のことをやった方が良い。自分が一番、そういうものが出来て良かった。
虫は、変わる。進化しているように見える。虫も、賢い生命だ。
行動をその通り分かっていた。
オブジェクト指向などのパソコンの知識があった。
昔は馬鹿だから、消した方が良い。
皆は、自分になっている。皆悲惨に見えて、それで良い人間が多い。
ロボットのように行動を分かっていた。それが一番賢かった。
耐えるのを止めれば良い。耐えるのはおかしい。
昔は、事前の考え方を作った。賢かった。
最近なんか、おかしく耐えているだけだ。
自由になると平和になるとか、どうでも良い原因と結果のような文章が多かった。
考え方や前提のようなことを言っていた。
インターネットみたいなことを言っていた。それが今でも怖い。
耐えるのを止めた。楽になったから、賢くなる。
皆が何を考えているのかが分かった。そういうことを考えていた。
世界モデルから知性が吸収出来ると言っていた。
世界が全部分かっていた。そういう馬鹿だった。
子供だったのが賢い。子供は、常に賢くなる子供が多い。成長が賢い。
大人は、賢くならない。大人は馬鹿だ。
経験から社会の全体像が分かった。
大人は、最近のようになる人間が多い。耐えるだけの、煩悩と悩みの人間になる。
広島は大きい。東京に比べると小さいが、悪い人間がいない。
広島は、自分のせいで良くなっている。
支配とは言うが、広島以外は昔から何も変わっていない。
耐えるのを止めれば楽になる。
昔は、経験で経験を超える、という発想が多かった。一つ上の正しい経験を考える。
環境を見ながら、経験より正しい経験を考える。
あとは、予測と相対性、理性的で気づき的な、新しく分かる発見の方法を、環境への適応や意図の実現などとともに書いていた。
病院に行ってきた。疲れて、怖くなるのを言った。哲学の勉強がしたい。
経験を抽象的かつ具体的に、さらに正しい経験と言う観点から、モデルで分かっていた。
昔は、そういう風に分かっていた。そこが出来ると、哲学が全部出来る。
経験からそういうことを分かっていた。全部の哲学が本当に出来る、人生経験と推論の理性がある人間だった。経験と関係のモデルから哲学が分かるのを、モデルと言っていた。
人間の活動の実際の姿、裏の法則のようなことを、想像力で考えていた。
あとは、思い出す文章が多かった。何から何まで、根源的に思い出す。一番多かった。
いつも思い出して分かっていただけだ。
常識に囚われない異次元の答えをいつも分かっていた。
また、カントのように、どちらも間違っている時に、何が本当に正しいか、考えていた。
色んな二律批判を考えて、三段論法や因果性から論理的に分かっていた。
理性批判は、その経験ではないもっと正しい経験を考える。それが一番多かっただけだ。
歴史は心理学だ。ヘーゲルのように、歴史や心理学のようなことを自然に考えていた。
社会の発展は心理学であり、経緯とは構成員の心理であり、それを良く考えて構築すべきだ。そのような、心理学的な歴史学のようなものは昔から今でも多かった。
教育も心理学だ。そのように、社会的なものを全部心理学的に分かっていた。
影響力や団結も、心理学の一つと考えて良い。それは、悪く見えて、心理学的に分かっていると、分かっていないより賢い。昔は、そういう馬鹿な人間だった。
言葉の構造を作って、世界のことを全部分かっていた。昔も、今も、そういう人間だ。
心理学は悪だ。分からない方が良い。意味の無い学問だ。
心理学的に行動を分かると、人間のことを何でも支配出来る。一番悪いと思う。
もっと、それはそれで良いんじゃないか、と考えた方が良い。スヌーピーの漫画のピーナッツが言っている。それも哲学だ。これで良いのだと、赤塚不二夫も言っている。漫画家は賢い。もっと、それはそれで良い、何も間違っていない、逆の選択も悪くない、間違っていても、ある意味では間違っていないかもしれない、と考えた方が良い。
まず、信じること、疑うこと、思いを言葉にすること、行動することがある。
次に、作ること、変えること、可能性から考えることがある。
そして、法則、協力、可能性がある。
そこでは、自由、多様性、自然、段階、経緯、変化、可能性、法則、決まりがある。
そして、体験、経験、知覚、認識、意識、理解、発想がある。
それは、相乗作用で、相互関係の通り働く。正しいことはいつも正しい。
そして、もっと自由に可能性を考え、成り立たせ、実現し、場合に応じて解決出来る。
それが、沢山の環境で実行され、それぞれの多様な社会が生まれる。
また、戦い、争うこと、理想を信じることから、平和な社会、自由な社会が生まれる。
そのような、世界の全ての構造のようなものを書いていた。
いつも、認識を信じたり、疑ったりするのを分かっていた。
本当に、そういう風に分かっていた。そういう、人間と世界の構造を書いていた。
行動を知性から考えれば良い。
誰でも、普通、行動を考えて分かる。
成功と失敗、実現のようなことを考えて、色んな行動を考えれば良い。
体験や感情のようなことも分かる。
いつも、そういうことを書いていた。知性から行動を考えていた。
もっと応用的なことを言えば分かる。
関係から実現し、発展させ、それぞれが協力して、考え方を実現し、知恵を集めて考え方を作り、発見し、体験と環境を実現する。
そういう、応用的なことを言っていた。それくらいしか、本当に書いていない。
あとは、信じる、疑う、思考する、経験する、などのように、知覚的な行動を考えていた。
そして、考え方の段階のようなものを書いていた。
まず、自由から分析し、可能性を成り立たせて、関係を考える。
次に、積み重ねて、発想し、創造性と認識を吸収する。
そして、実践し、判断し、高い立場から俯瞰的に考える。
そこでは、実現、解決、意図、目的、方法を考える。
そして、理想の世界を実現して、個人の自由は、共同体の創造へと昇華する。
そこまでの段階で、仏教的で哲学的な、自分はありのままの存在で良いのだ、と言うことが分かる。何もかも、自分のためになるものしかないのだと分かる。
意識から、宇宙のことが分かる。受け入れることから、勇気を知ることが出来る。
あとは、考え方の段階と昇華が分かっていた。
法則的に、本当の理由を知る。
意図と目的を分析し、価値観を知る。
実際の姿を知って、全ては変えられると言うことを知る。
そして、社会の全ては、成り立たせることによって変えられる。
状態を把握し、何がそこで実現出来るのか、そこでどんな可能性があるのかが分かる。
そのような、考え方の段階と昇華から、法則をヘーゲルのように分かっていた。
個人の自由から、共同性と有用性が人生で分かる。それは、共同体の自由になる。
もっと、色んなことを考えれば良い。いつもの文章は、それくらいだったが、意図や方法の分析など、沢山の知性ある、思考的な行動の段階を書いていた。
行動を考えるなら、やる、やらないから、考え方と経験、その関係を考えれば良い。
豊富な経験があれば分かる。もっと昔のように賢く考えれば良い。
哲学の勉強がしたい。本当にやりたくなった。ロックとベーコンからやって、デカルト、カント、ヘーゲルぐらいをやれば良い。それが正しい。それくらいをきちんとやる。
昔から、金を無駄に使うのが悪いから、大学に入ったりはしない。本を読んでする。おかしくはない。大学にいくらでも払う馬鹿が多いから、そんなに悪くない。だが、行かないのに高校に入学金を払うのは、本当にもう止めた方が良い。学校なんか行きたくない。
もっと、存在的に、「なる」のを考えると分かる。信じると、なれる人間が多い。
もっと、信じ方を良く考えて、何事も間違っていることは信じないと、疑う気持ちを持った方が良い。それがデカルト哲学だ。そこが分からないと、哲学は出来ない。
行動し、疑い、法則性を知る。哲学はそれだけだ。もっと、世界観のようなことを考えれば良い。過ぎゆく時間の中で、本当に変わらないもの、価値があるもの、意味があることは、何なのか考える。それが哲学だ。
過ぎていく時間の中で、本当に変わらないものは、明らかに、遺伝子と善と理性である。プラトンは、それを言いたくてイデア論を書いたのだと思う。
そういうわけで、プラトンが正しい哲学者だ。誰でも、哲学はそれを最初に考える。
あとは、感情でも考えれば良い。愛や不安を、実地的に、集団的に考えると良く分かる。
社会的に発生する、感情のコントロールのようなものを考えれば良い。
そういうわけで、行動、感情、正しさ、善悪のようなことを考えれば分かる。
昔は、もっとネットで考えていたが、ネットでは分からない。無視した方が良い。
ネットを見たいなら、掲示板ではなく、ニュースのような情報源を見れば良い。
最新の情報がいくらでも見れる。それで、社会のこと、業界のことがきちんと分かる。
そういうものは、きちんと分かると、哲学者の経験の下地になる。
KOKIAが言うように、高く、高く、全ての壁を超えた。今が一番賢い。
僕は、KOKIAが一番好きだ。歌手だから付き合えないが、自分が一番好きな女だ。
宇多田ヒカルは嫌いだ。最近、馬鹿に見える。昔は、悲惨な普通の女に見えた。自分と同じような、悲惨な人間に見えただけだ。いつも、嫌いだから、宇多田は聴きたくない。
社会的な感情は、そういう風に分かっていた。
立場、経験、環境が変わると、何もかも変わる。その中で、変わらないものがある。
昔は、そういう、理性と経験の自由な平等を分かっていた。経験で分かった。
遺伝子や人格は、普通こういう風に違う。そういうわけで、これでカップルだ。アリストテレス宇多田ヒカルのような2人のカップルになった。セックスは辛いからしない。しない方が良い。遺伝子が同じでセックスをしていると、あまりに辛い。意味が無いから、セックスは本当にしない。誰ともしたくない。馬鹿な女なんかと付き合いたくない。
あとは、自由な意志、記憶、経験から社会やネットを考えた。
本当にその人になったつもりで考えていた。
価値観や世界モデルから、それぞれの実存性を分かっていた。全てのことは、未知であり、それを吸収しているだけが、人間的な現在の存在である。
それは、人間では無いかもしれない。何か、おかしな生き物かもしれない。そういう風に考えると、ハイデガーも良く分かる。
人間も、社会も、時代とともに変わって行く。その、違った社会の違った生命体は、果たして、今と同じ人間と言えるだろうか?どうでも良いが、そういう発想をすると、人間がいかにおかしな生き物か、と言うことが分かって来る。それで哲学だ。
変わりゆく中で、何が分かるだろうか?
本当の正しい社会と時代は、いつ、どこにあったのだろうか?
昔は、そういうことを考える人間だった。いつも、そういうことを書いていた。
そういうものは、ヘーゲルハイデガーのように、存在の了承と個人の自由な承認から考えると分かって来る。色んな社会の中で、あるものは、個人が個人や社会に対して、自分のことを認め、承認せよと訴える、自由な主と奴の関係の中での、承認活動に過ぎない。
そういうわけで、もっと賢く、自由に、構造を成り立たせて、意識の発展と成長から考えれば良い。誰でも、高校時代そういうことを考える。ヘーゲルも、そういう不良と同じだ。
僕が考えるに、人間自体は変わっていない。周りにあるものは違っても、人間自体は同じだ。価値観と信念を良く考えることで、昔の日本のことも分かる。兵隊に入れない人間を犬畜生のように扱うのは、良くないことではあるが、強い社会の1つの参考である。
現代人には、生活における習慣が多い。その習慣と学習を全部考えると、昔の自分が出来る。習慣のせいで、皆分からなくなっているが、同時に、賢くなっている。
世界を支配するは、出来ない。自分の出来る範囲で、手助けしながら変えること。そんなことしか出来ないのだ。自由な中で出来ることは少ないが、自由は正しいと考えるべきだ。
そういう自由が、最近嫌いになった。独裁者になれば、ここまで出来る。それこそ、それは悪くない。自由の方が何も出来ない。オバマなんか、ノーベル平和賞を折角取ったのに、何も出来ていない。委員会だった人間すら、批判的なことを言う。自由には意味が無い。
これで自由なことを言えば、いつもの文章だ。
意志、哲学、権利、自由、関係、構造、成り立ちを考えること。
それぞれの経験は、体験と権利から考え、尊重し、支配し、破壊し、助け、変えることが出来る。その中で、それぞれの影響力によって、それぞれは自由を知ることが出来る。
そういう風に、自由なことを言う。そういう、人生のマスターのような人間だった。
今日はプラトンヘーゲルの日だ。そういうわけで、自分はもっときちんと哲学をしたいだけだ。もっと知りたい。もっと考えたい。気づきたいし、人間と概念を知りたい。
予測から活動、学習まで、想像力で世界のことを考えた。
自由な経験と認識から、創造性によって共同体を形成し、共存出来る自由となる。
精神から脱出して、ハイデガーの言う存在の了承や超越を分かっていた。
ハイデガーサルトルは、そういうところが同じだ。全く同じように考えている。見ていると、フッサールも同じだ。認識を全部捉えて、存在的な気づきを分かっている。
もっと普通に考えれば良い。正しい考え方が分からなくなっている。既に知っているのが悪いようで、まだ何も知らないのが悪い。数学的に考えないのがおかしいだけだ。
あとは、社会のことを考えていた。何故か、そこまで全部作っていた。参加で拘束されることから、システム的なこと、知恵を集めて共有し、もの作りのために組織を作ること、可能性を高めて、歴史を構築することまで、全部作っていた。
社会の可能性を高めていた。自己の可能性を、許し、任せることから論じていた。
社会的な感情は、いつも分かっていた。
ネットのような、政治的な悪い内容を書いていたが、虫みたいにキモイ内容だった。
もう覚えていない。もうそろそろ、普通に想像力を見れば分かる。
ありえない仮想世界のようなものと、メタ思考のようなものを作っていた。
人生を書いて、皆を分からなくしていた。それをもう止めた方が良い。能面みたいにキモイ。皆、本当に辛くなった人間が多い。もう、忘れて良い。本当に皆辛いから、もう止めた方が良い。この文章は悪い。FLOWも言っているが、これは悪魔のささやきだ。
世界に対して、人生を詰め込んだ文章を書いているのを、もう消していく。
世界は、単純にもっと良い支配をすれば良い。
もう終わった。自分はもう新しい支配をする。もっと単純に、平和な国になる。
もっと自由で平和な国にしたいだけで、社会の段階や歴史のようなものを作っていた。
独裁が悪いとは、自分のことを言っている。
自由な理想は、全部自分から自由にしたいために言っていた。
自分はもう死んだ。能面が消えた。怖いのが治る。最近、そういう風に辛い。
もっと自由なことを言えば、いつもの自分だ。自分を消しながら分かっていた。制度や協力などを自由にして、本当に自由な共同体をどんどん、いくらでも作っていた。
そういう発想がキモイ。虫を増やしているだけに見える。そんなにイモムシを作っても、本当にキモイどころか、ただ辛いだけだ。
虫は、辛いだけなのがキモイ。虫はすぐに死んだ方が良い。キモイ。
もう終わりだ。あとは、全てをキモイものから浄化する、浄水場のような文章が多かった。
狂いながら、賢いものを全部作る。ボックスのような知の神殿を全部揃えて作っていた。
ボックスの中には、自分の作った感情と真理と記憶が全部詰まっている。
昔、そういうものを作っていたが、最近はそれをきちんと作り直しただけだ。
虫に見えて、そろそろ、そういうものは良いものに変わる。本当に、そういう、イモムシを作って分かるのが、あまりに辛くなった。ストレスとめまいで、いつ死ぬか分からない。
死にたくない。死にたくないからこれをまだ書いている。止めるとすぐに死ぬ。死ぬのは悪い。生きる意志をまだ持たないのがおかしい。神は、死んだ人間にしか訪れない。
どんどん高く積み上げるのを止めた方が良い。東京スカイツリーみたいに高くなっている。そういう、積み上げるおかしな文章を書いていた。何故か、地中の方も深く掘っている。
もう終わったのがキモイ虫だ。このまま、普通の女になる。それでいつもの自分になる。
あとは、精神分析で分かっていた。心のことが全て分かる人間だった。
もう良い。そろそろ、身を清めるのが終わった。虫が本当に死んだ。世界が治るだろう。
意識をそのまま書いているだけだ。意識がどんどん馬鹿になるのは、精神がまだ発達しているからだ。精神を発達させるのを止めた方が良い。それが自分の中の虫みたいな存在だ。
アオムシに見えるのは、そこがキモイからだ。最近は、頭がキモくなっている。おかしくは無い。ミミズみたいにのた打ち回るようになった。カタツムリみたいに見える。
自分は、感情豊かになれば分かる。自分は、感受性が高く見えて、低い。
皆が死んでいるのに、何も感じないのはおかしい。それこそ、悲しい。そういうことから分かるしかない。何も見ないから分からないだけだ。
もう、皆が死んでいるのが治る。自分が起き上がる。全部死んでいるのが生き返る。
世界を、止めもせず、変えもしなければ良い。最近は、本当に死んでいる人間が多い。
二人を分離させれば良い。別人みたいになる。
もう分からないが、その2人を、何かの名前にすれば良い。
マサルとミチルにすることにする。ミノルも考えたが、ミチルとミがかぶる。
物理を作って分かっている。いつも、正しいことを全部考えている。
言葉や感情を、物理や数学にして分かった。
難しい数式は、昔、プログラミングで分かっている。色んな数式も知っていた。
それから、数学的な科学や言葉の構造を作って分かっている。
あとは、最近の数式を書いた文章で分かる。
そういうわけで、数学は分かっている。いつもそれで分かっている。
全てが嫌いな、キモイ女になっている。自分が嫌いだ。何もかも全てが嫌いだ。
あとは、現状維持のような考え方が多かった。
この社会を、このままのような状態で維持する。そして、自分の精神も維持する。
そういう、現状維持を、もう止めた方が良い。
世界は、簡単に変わるようになる。そろそろ、もうこの文章の役目も終わった。
昔数学なんか、全部分かっている。まだ分かっているのを止めた方が良い。
相対的な方法を書いていたのを、今でも覚えているのがおかしい。
実験なんかしなくても、言えば分かるようになった。それで何も出来なくなっている。
これで共産主義を書いている馬鹿が多かった。
共同体にせよと言っていたが、共同体にもうしなくて良い。
もっと良い世界にすれば良い。もっと良い世界を望んでいる。もう、何もしなければ良いが、世界を止めているのは治した方が良い。もう、止まるな。動け。それで治る。
最後まで分かっているのがおかしい。もう、最後の部分を消した方が良い。日本語は、普通、こういう風に分かる。
数式が全部分かると、分かるのが人間だ。
昔は、実感などで数式が全部分かっていた。パソコンが分かっただけではなく、色んな数学的なことが全部分かっていた。そういう、馬鹿みたいに賢い人間だった。
そうでもない。何も分かっていないのに分かっているから、ありえない。
そろそろ、もうこの文章は言えなくなる。皆も終わる。何も分からなくなる。
昔の自分が嫌いになると賢くなる。
頭の中の十字架が死んだ。キリストが死んでいるのが見える。キリストは死んだ。
数式は、もう消した方が良い。数学のせいで、日本語が分からなくなった。
そろそろ、階段を上がって行くようになる。
ハシゴみたいなもので上まで上がって行くのを、もう止める。
高いところから見ると怖いが、広島みたいなものが見える。
子供は、愛と死で分かる人間が多い。
意識を馬鹿にしながら、構造を全部作っていた。
最近は、遡っているだけだ。それをもう止めた方が良い。
いつもの文章は、もう忘れた方が良い。それで分かる。
分かる部分が死んだ。
人生で見た光景を全部書いていた。あとは、店みたいなものを作る。
悪いだけが多かった。やくざみたいにテレビを倒す。おかしいだけだ。
もう何も無い。
同時に二人進行するのが悪い。
ただ自分をしているだけだ。それがおかしい。
同時に二人進行するのが治った。
そのせいで、怖くなって、日本語が分からなくなっている。
下で支えている馬鹿が辛い。
脳を治すのを止める。脳を治していると、分かる。
もう、おかしく書いているのも治る。
脳をつけたいのは良いが、分からなくなりたいだけだ。
そういうわけで、馬鹿馬鹿しい話になった。
脳をつけていると、分かるからこういう風になる。
いつも、そういう、増やす文章が多かった。全部増やしているから、こうなる。
分からなくならなくて良い。脳をつければ良い。
二人同時進行しているのは悪い。だが、それを止めるとまともな人間で無くなる。
大学をしたいなら、こうなる。まともな方が良い。
英語は、カタカナ英語で良いと思えば話せる。文法なんかどうでも良い。
それをすぐに忘れるのが悲惨だ。英語なんか、もう覚えていない。
ヘーゲルは主と奴の関係を考えているが、そういう従属関係のようなものを考えれば良い。
もっと良く考えれば分かる。集団の中で個人がどういうことを思うか、それぞれの関係はいつ、どのように変わって行くかを考える。
話は変わるが、デカルトの言っている、我思うでも考えれば良い。
そういうことを本当に沢山考えれば良い。普通、そういう考え方が哲学だ。
絶対的な君主も悪いが、平等も悪い。むしろ、王国なんか、悪くなく見える。
奴隷を悪いとは言うが、馬鹿な奴隷は生き延びるために、自ら奴隷になる。自由民は、それで楽だ。自由民には金がある。
あとは、国の体制がどのように構築出来るかでも考えれば良い。
抑圧は、悪いとは言うが、仕方ないところもある。馬鹿な王は、国民が逆らって国民に殺されるのが怖い。そういうわけで、王も楽な仕事ではない。国を良くするために、真面目に考える必要もある。宰相にやらせる王も多いが、自分で真面目に考える王も多い。王は、辛い仕事だ。貴族も同じだ。民主主義は悪くは無いが、昔の王も頑張っている。
民主主義を賢いとは言うが、選挙なんか、人気を取るだけの馬鹿な戦いだ。
昭和天皇スターリンは、きちんと考える賢い王だ。
ヒトラーを悪いとは言うが、殺す王は普通に多い。
そういうわけで、あまり左翼的にならない方が良い。国民は、皆王のことが好きだ。王は頑張っている。それに、馬鹿な民主主義では、馬鹿が王をやる。それでは悪い。
民主主義の首相を賢いとは言うが、それは選挙で勝つだけの馬鹿がやっている。天皇の方が賢いどころか、天皇は馬鹿で良い。馬鹿が戦っていると、皆の力で良い国になる。
右翼なんか、普通にそういう風に多い。
左翼は悪い。ソ連知的障害みたいにキモイ国だ。賢いわけがない。自動車もないし、趣味のようなことも出来ないし、何より貧しい。右翼の方が良い。
もう、そういう、右翼やソ連を書かない方が良い。一番悪い人間に見える。
ヒトラーは嫌いな方が良い。地球上で一番悪い人間だ。キリストの逆だ。
ユダヤ人は、可愛い。何故か、ユダヤ人はミッキーマウスみたいに可愛い人間が多い。
民主主義を賢いと言うのは、おかしくは無い。制度も整っているし、金もあるし、安倍は大学ぐらい出ている。民主主義で世襲なんか、普通に多い。当たり前に民主主義が良い。日本は、成功した民主主義国だ。今、成熟しつつある。民主主義を止めるのはおかしい。
権力者の暴走を止めなければならないが、今、暴走している。民主主義的に言って、権力者にはそんなに力を持たせてはならない。実現力や抑止力より、何もするべきでない。
そういうわけで、民主主義は馬鹿だ。王国の方が出来る。それは正しい。
民衆の声を聞くとは言うが、民衆の声なんかバラバラだ。多数派の通りやっていると、TPPのように、弱者や損をするものの声を考えなくなる。馬鹿な多数派の国民を考える。そういう理由で、ソ連独裁国家の平等をやる。皆のことをきちんと公平に考えたいだけだ。ソ連が一番良い国だ。自分は、ヒトラーと言わず、本当にソ連をやれば良い。
民主主義の良い点は、金を考えて発展する。自動車が二台ぐらい、誰でも欲しい。そういうわけで、ソ連なんかより、民主主義の方が賢い。
もっと多角的に考えれば分かる。だが、政治の話はもう良い。
もっと、個人と個人の関係のようなことを考えれば良い。昔考えたせいで考えなくなっている。おかしい。人生における未知が無い、新しい展望が無いありえない人間が自分だ。
ソ連が見ると、自動車が二台あるのは悪い。自由なせいで、格差が生まれている。貧乏人は、自動車なんか買えない。それは、政治家の怠慢だ。
帝国に戻るしか無いように見える。それは悪い。戦争なんか、したくない。自分が賢いのは、こういう、革命家の皇帝が賢い。明らかに民主主義が良いから、議論に意味が無い。
文章は、自由なグループ論のような文章が多かった。
人間と人間の関係を考える。
人間が、社会に対して何を思うか、何を出来るようになって、何を目指すか、と言ったことを昔考えていた。
今日は、プラトンヘーゲルの日になった。普通の二重人格がそろそろ始まるだろう。まともな人間で無くなるから、つまらない。
悪いものは無くした方が良い。パソコンも悪いが、悪い食べ物が多い。そんなものを本当に無くすべきだ。大人の病気が治る。大人は、そういうものでおかしい人間しか居ない。テレビもネットも学校も悪いから、何も出来ない。ただ、共産党で出来るわけがない。右翼にするしかない。そういう人間が多い。
ハッキングなんか、共産党が一番している。共産党を倒せば、ハッキングもされなくなる。自由を悪いとは言うが、それは騙されている。共産党が悪い。
あとは、ネットで分かった社会のことなどを書いていた。
全体主義個人主義の比較や分析や、社会主義が失敗した理由など、色んなことを言う。
ベンチャー企業社民党だと言っていたが、どうでも良いそういう馬鹿が左翼だ。
大企業が自民党だ。まともな弱者、平和主義者が民主党だ。
どうでも良いほど、馬鹿なことを言う。価値観と思想の分析が本当に多かった。
人生、経緯、学習、考え方、変化、可能性、行動、活動などを個人的、社会的、認識的、環境的、行動的に考えていた。
もう終わりだ。今日はもう寝る。今日は何も辛くない、良い日だった。
地獄はもう終わった。耐えるのをもう止める。二人の同時進行も終わった。楽だ。
精神がおかしいのも、馬鹿なのも、全部虫歯が悪い。
神を信じるか、科学を作るか、戦うか、仕事をするか、のような、全部を網羅する文章が多かった。経験と構造から全部を網羅する。
制度と可能性と言っていた。経験から制度を作るのを考えていた。
虫歯が悪いと思えば治る。ニキビも、精神病も、認知症も、虫歯が悪いだけだ。
家庭からゲームになって、チャットになって、ソフトウェアになって、経営者になって、スポーツになって、政治になる。そういう、普通の人生の経緯をいつも言っていた。