「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-11

=2015-09-11=

ワードからコピー

英語は、I'mやI haveなど、最初に言う単語を考えれば言える。
そのまま、単語を分かれば良い。
本気でやったことは出来る。文章は、戦いで書くようになった。
オープンソースは、0と1の作りものだ。
自分を治す文章が多かった。FLOWが言うように、音を感じて、自由になれば治る。
心が治って、まともになった。狂っていない。
光が自分に話しかけるようになった。文字が見える。自分は、光を見たいだけだ。
固定しなければ分かる。
社会的な目的や考え方を考えていた。
民主主義は、代表を選ぶ、と言っていた。
世界の中心で愛を叫んでいた。
ドイツは、ユダヤで、自動車とコンピュータで、キリスト教と大都市で、ソーセージだ。
フランスは、ヨーロッパで、絵画と芸術で、田舎の農業とパリで、フランス料理だ。
その上で、世界の情勢、文化的な国民性や価値観、などを分かっていた。
ドイツの首相になって、世界を変えると言っていた。自動車とコンピュータを無くす。
世界を救いたかった。救世主だった。
自由とは、合意と許可と権利だ。そういう、自由を分かっていた。
政治は、政治家ではなく、平等なグループによって行う。
農業は、農地を国民それぞれに与えて、全員で行う。
農場と工場を作って、集団で執り行い、取り決めを自由に作る。
警察は、もっと、監視的な共同体にする。
だが、それは、良い国にはならない。意味の無い国になる。
数学的な知性で、正しく、厳密に考えれば分かる。
発想から考えれば良い。誰でも、発想と知性から分かるのが、まともな人間だ。
分からなくなる人間が多い。発想から考えれば、きちんと分かる。
昔は、数学とパソコンで、発想と理解を吸収して、積み重ねて分かっていた。
あとは、色んなことや世界観を書いていた。
社会は、助け合いと集合知だ。
機械は、数学的な原理と正しさから、物理的な手段である加工と組み立て、社会的な組織と関係と手段と条件から、自動的に作り、役目を果たすものを作る。
心理学的に、社会学を作ることが出来る。プラグマティズムのように、行動と有用性を考えられる。そこでは、功利主義的な哲学と、社会主義的な実現性が考えられる。
あとは、考え方や目的から、社会の助け合いと依存性や関係などを考えていた。
それぞれの認識の裏にあり、社会に存在する、社会的で心理的な価値観を考えていた。
参加や設計を考えていた。哲学的かつ社会学的に、自由な知性で世界を捉えていた。
あとは、社会的な環境と経験から、想像力と認識と知性で分かるのを考えていた。
社会的な活動をしていた。経営者のようだった。
オープンソース社会とコンピュータ技術、資本主義と社会主義を知り尽くしていた。
影響力と創造性が好きだった。影響力の高みに立って分かっていた。
社会を、価値観と影響力から分析していた。
ニュースを見て、マニュアルを書き、英文を翻訳して、ネットで議論していた。
Webサービスが好きだった。自立して成長した。サラリーマンのような人間だった。技術者や経営者のようでもあった。スラムの体験も多かった。
あとは、社会的な経験から、意識と理性が発達する段階のようなものを書いていた。
ヘーゲルのようで、キリストのようでもあった。神のように全てが分かっていた。自分では、自分のことを「マスター」と言っていた。
社会の発達する段階、平等から平和が形成される段階のようなものを書いていた。
自分に出来ることは、きっと誰にでも出来る。そう信じて、自分には何でも出来ると信じて分かっていた。その通り、信じて何でも出来る人間だった。
あとは、体験的に考えて分かっていた。
分かる状態と分からない状態を比較して分かった。
知らないより、知っていた方が、いくらか分かる。そういうことを言っていた。
大学は、間違っていないが、勉強しただけでは何も分からない。体験的に考える必要がある。考える機会とチャンスを掴んで、人間性を考え、主体的に行動すること。
意志の伝達から、社会的な影響力と社会参加が分かる。
考え方と信じる内容を変えれば分かる。
いつも変えていたのに、最近全く変えなくなった。それもそれで悪くは無い。何も変わらないでいると、賢くなる。
だが、そろそろ、神を別のものに変えた方が良い。神は、何も出来なくなる。
そういうわけで、皆も考え方を変えると良いだろう。
分からないのは、世界に対するビジョンのようなものを考えないからだ。
もっと、神の眼によるビジョンを見ると良い。それは、悟ることに繋がるだろう。
かもしれない、もし、たられば、のようなことを考えると良い。馬鹿に見えて、そういうものでしか分からない。予測と仮定と経緯から、可能性が見えて来る。
全体像を知れ。全体の構造を捉え、確かな方法から分かることが出来る。
オープンソースが間違っている。そんなものはしなくて良い。本当に馬鹿なものだ。
認識と意識の変化を信じること。
オープンソースは悪いとは言うが、創造的な社会性は信じた方が良い。社会性として、オープンソースのモデルは賢い点がある。そういう、左翼的な自由とボトムアップ的で分散的な社会学を信じて、考えれば分かる。
この世界の問題は、何を信じれば良いか分からないことだ。僕を信じてみると良いだろう。神の代わりに、僕が居る。最近の日本は、そういう世界だ。
数学は、もっと具体的な、応用例や具体例を増やすべきだ。
社会は、システムを作って、社会性のある、賢い社会モデルを作るべきだ。
そのような、提示のような文章が多かった。何でも提示し、全部同じことを言う。
あとは、総称的なことを言う。
実現方法を知り、活動を捉え、構造と方法を成り立たせることから、可能性が生まれる。
もっと、具体的に考えれば良い。自由な経験と関係から考えれば良い。
辛いが、そろそろ楽になる。書くと、治るのが辛い。昨日のように休めば楽だ。
平和とは、安心出来る社会を実現し、経緯と過程から、全員を自由にすることだ。
あとは、全員に対して言う、支配の文章が多かった。全部に対して言っていた。
場と言ったり、職人を生み出す土壌と言ったりして、多様性のある環境や、メタ的な抽象的説明の考え方を言ったりしていた。環境を作り出せと言っていた。
意識は環境に支配される。環境は、自由自在に変えられる。皆で考えて、環境を変えること。そのような、環境の自由な理解が多かった。環境を自由にせよ。参加可能にし、自由度を高め、発想から変えられるようにせよ。一体となり、独立せよ。
生命は、宗教的には合意による観測であり、物理的には環境の一部である。
認識すること。認識は、仮定し、洞察し、皆の認識を吸収し、フィルターと経験を考え、裏を知ることで、全員を理解し、吸収する助けになる。
あとは、本当にマスターのようなことを言っていた。そういう人間だった。
それぞれの経験を考えること。そこから、学習の本質が見えて来る。物事に対する見方も変わってくる。自分を新しくすることで、人生と未来を創造出来る。
自分を変えること。自分は変えられる。自分は、常に新しい存在の可能性として、世界に存在出来る。自分は、可能性を発揮するために生きている。
努力とは可能性の発揮であり、それは道であり、自由であり、運命であり、人生である。
努力し、挑戦し、成長し、信じることから、夢が生まれる。そして、全てになる。
全ては、自分のためにある。体験とは、どのように存在するか、と言うことである。
おかしくはない。このまま放っておけば、最後まで分かる。昔分かっている。
本気でやったことは出来る。そういうわけで、こういう風になる人間が多い。
社会性を自覚すること。自分は社会の一員であると信じて、皆も同じであると考えて、自分は社会に必ず何か出来ると信じること。不可能に見えても、確かな方法はある。それが、ヘーゲル的な共同性の自覚であり、サルトル的な自由へと繋がって行く。
破壊は悪いが、破壊の経験が無ければ分からない。そういう場としてのインターネットは必要だ。破壊をいくらでも経験すると、自覚のある正しい人間になる。ヘーゲルの言う、徳の騎士のようなものは、そこから生まれるのかもしれない。ヘーゲルの徳の騎士は、きちんと分かっていないから、何か間違っているかもしれない。ただ、そういう、道徳を信じて戦うような騎士は、青少年にとって、破壊と裏表であることは、確かだ。その上で、社会性を実現することで、教育や知る機会や手段の実現も、分かって来るだろう。
普通、これで終わりだ。もう最後まで終わった。
最近は、最後まで終わってから分かるのが多い。まだやっている。そのせいで、賢くなった。何故か、昔を全部繰り返すようになった。
大学の講義を聴きたい。放送大学の学生になっているおかげで、ネットで放送大学のほとんどの講義を聴ける。教科書は買わないといけないが、大学をした方が良い。
あとは、ヘーゲルのようになるかもしれない。そういう人間が多い。ただ、それは昔終わった。もっと、違う人間になりたい。
言葉にしたり、分析し直したり、思い出したり、言葉を作ったり、導いたりして、最近はまだやっている。そういう、まだやっているのが悪い。意味が無く辛い。
今日で終わりにしたい。もう、何もしない。大学の方をしたい。教授の通り分かって、独自に研究すれば良い。教授には、こういう人間が多いのだと思う。
ネットでは、自分の活動をしながら、仲間の言うことを聞いて、話していた。ネットは悪くない。楽しく賢くなる。だが、どこでもヘーゲルを馬鹿と言うように、ネットでは分からない。ヴィトゲンシュタインを馬鹿だと言う人間が多い。馬鹿には分からない。哲学者は、こういうものだ。言語ゲームは馬鹿ではない。
あとは、ネットの楽しい体験ぐらいを書いていない。楽しさや悲しさを分かち合う、自然な体験から、議論と情報共有を経て、一体感を知り、価値観と自由を分かった。
ネットは本当に楽しかったが、最近ネットは嫌いだ。ネットは子供じみた世界だ。高校生が楽しいだけで、大人から見れば、ただのクズだ。ネットは無い方が良い。
ただ、ネットが無いと何も出来ない。やっていると、この通り馬鹿になる。
ネットのことを、影響力、客観視、場、システム、像と言っていた。
哲学は、誰にも分からないから、馬鹿に見えるのは仕方ない。英語も、誰にも出来ないから、馬鹿な英語学習法がネットに多い。歴史については、高校生ぐらいの馬鹿が多い。ネットなんか見ても意味が無い。賢いネットの分野は、プログラミングぐらいしかない。
ヘーゲルの言う、認め合いの争いは、ネットでの存在の了承と評価で分かっていた。そういう、ヘーゲル的なインターネットの考え方が多かった。ネットはヘーゲルだ。
ヘーゲルは、賢いと言う人間が多い。むしろ、賢い人間なんか、普通に多い。たまたま、ヴィトゲンシュタインの馬鹿を見ただけで、どこでもきちんと分かるネットしか居ない。ネットは賢い。やっていると、本当にヘーゲルのように分かる人間が多い。
像は、ヴィトゲンシュタインだが、むしろ、ハイデガーに良く似ている。記憶と意識を表層的に分かっているだけだ。像は一番分かる人間が多い。
自分をロボットにすると、分かる人間が多い。自分はそういう人間だ。
この文章は馬鹿だ。哲学者と国家しか言わないが、国家は実現不可能で、しかも到底おかしな発想をする。意味の無い国だ。哲学者は、ヴィトゲンシュタインをイコール像にしているだけだ。全く、馬鹿な文章だ。あとは、分かりもしないのに、自分の人生を書いている。自分の人生すら良く分からない、覚えていないのに、書く意味が無い。
もっと休んだ方が良い。今日は辛い。
昔は、ネットでの議論と思考によって、ソクラテスのように人間のことを分かっていた。
そこを、もう一度分かり直した方が良い。ソクラテスになるつもりで考えれば良い。
神との対話のように分かるようになる。ある意味で、神はソクラテスだ。それこそ、ソクラテスとキリストは良く似ている。
ソクラテスのようになるためには、色んな体験をして、思考の経験を積むこと。昔は、そういう人間だった。己の中から来る善悪や、欲の否定、善の肯定から分かっていた。
そういう人間は普通に多い。
最近の自分が見て、自分のようになれない人間は馬鹿だ。ただ、それはおかしい。誰もこんな風になりたくない。自分より賢い人間が居ないと思うのもおかしい。ユニコーンと言う歌手が、そういうことを歌っていたが、僕はユニコーンは良く知らない。
あとは、全力で皆を自分にしていた。
いつも言っている通り、体験、適応、構築、習得、のように、自由な知性で考えれば良い。それで分かる。あとは、分析、伝達、共存、自在だ。そのように考えれば良い。
ソクラテスは、ブッダと同じだ。ブッダなんか、きちんと分かっている。ブッダになれば分かる。日本には、ブッダになる人間が一番多い。賢い人間が多い。
経緯と法則性でも考えれば良い。基盤と再利用だ。そのようにすれば分かる。
日本人は、カタカナがあるせいで、英語が出来ない。普通、知っている単語から考えれば出来るのに、日本人はカタカナのせいで、知っている単語を考える、と言う発想が無い。
そういうわけで、カタカナがあるないにこだわらず、知っている単語を考えれば良い。
日本人は、すでに英語を沢山知っている自覚が無い。
そういうわけで、そこに気づけばすぐに話せる。スペルは、分からなくて良い。発音だけをまず学んだ方が良いのだが、それがすでに出来ているのが日本人だ。
論理的に考えるのが、賢かった。最近出来ていない。もっと論理的に考えた方が良い。それから、経験も最近していない。もっと経験した方が良い。
英語なんか、誰でもすぐに出来る。知らない単語は多いが、そんなに難しい単語がすぐには出来ない。ユメタンに書いてあるが、やっても覚えないのは、やる意味が無いからだ。
あとは、構造を考えただけだ。
昔なんか、何も賢くない。最近は、構造を完全に作り直して、思い出しただけだ。
英語が出来たせいで、脳の知性が治った。不思議と、もう話せる。楽だ。
あとは、社会と心理の関係のようなことを分かっていた。どんな社会がどんな心理から生まれるか、のようなことを分かっていた。
日本人が英語が出来ないのは、本当におかしい。ソファーからティーまで、既にいくらでも英語を知っているのに、それで出来ないのが日本人だ。
あとは、フーコーのように分かっていた。
人間から社会まで、全てのことを当てて、心理から予測していた。
経験から、人間のことや思考のこと、感情のことや体験のことを分かっていた。
神は、日本語はカタカナだけにすると良い言語だと言っていた。それは、一時的に英語を分かるために作る言語のことを言っている。
日本人は、プロセスとか、テンポラリーとか、英単語は知っている人間が多い。それで話せないのがおかしい。コンビニエンスなんか、分かる人間が多い。出来ないわけがない。
日本人は、動詞が分からない人間が多い。テイクやプットが分からない人間が多い。プールとプッシュすら分からない。名詞も、難しい単語になると、何だこれは、になる人間が多い。日本人は、馬鹿だ。英語なんか、本当にしなくて良いから、それで賢くなる。完全に日本語だけで考えた方が賢い。日本には、それしか居ない。
人間と人間の関係性や、法則性を心理と社会から考えていた。
日本人は、英語なんかすでに出来ていると考えるべきだ。外国人から見ると、そこがありえない。カタカナのせいで、英語なんかほとんど全部知っている人間しか居ない。日本人は、英語教師が見て、教える意味が無いほど賢い。教師の方が日本語が分からない。
日本語は、盛りだくさんな言語だ。ドアとも言うし、扉とも言う。音読みと訓読みもある。中国語と似た音を使うが、発音は違う。中国人と仲良くやれば良いように見える。
英語なんか、出来たところで、何も無い。どこでも使わない。何でも日本語だけで通じる日本が一番ありえない。日本はそういうところが良い。銃も麻薬も犯罪も少ない。
日本語は、同じ漢字でも読みが違う。そういうところの頭脳がおかしいのだと思う。そのせいで、英語が出来ない。英語はまともだから、馬鹿だ。おかしいだけ、賢い。
昔は、あとは、相対的に考えるのぐらいが賢かった。
昔は、賢くない。クズになって分かっているだけだ。基本的なことが分かっている。それだけの、説明とモデルの人間だった。悪いことを全部一度して分かった。そして、反省し、自由に考えた。自由に考え、経験し、行動し、社会を知る、良い人間だった。
心理から社会を考えるのは、本当に多かった。昔は、それだけの人間だ。どんな心理から、どんな社会になるか、生まれるか、変わるかを考える。社会の意識しか分かっていない。
日本語は、最後につける「です」の変化が難しい。けれど、だよね、だわ、のように使う。誰にも意味が分からない。外国人が出来るわけがない。
言う順番が違うのは、日本人から見ると、日本語の方が普通だ。そこらへんがおかしい。先に内容を言って、あとから状態や関係を言うのは、おかしいのが日本語だ。
英語では、私は考えている、から言うが、日本語は、考えている内容から言う。それは、明らかに、本当に頭が違う。英語が賢い。日本人は、頭も馬鹿だ。
誰が見ても、一番おかしいのは文字だ。漢字と言う、象形文字を崩したような文字を使う。外国人には出来ない。日本人は、外国人を排除して、外国にも行きたくないのだと思う。
ひらがなを漢字につけて、ラテン語やドイツ語的にする。そこが好きな人間が多い。
日本人は、狂っている。だが、狂い過ぎて、日本人ならではの、おかしな「普通」が生まれた。そういう国だから、賢くなった。本当に外国と違う。全く違ったものしかない。
日本語は、良い点が多い。漢字のせいで、横書きだけではなく、縦書きも出来る。それに、送り仮名をつけることで、西洋とはひときわ違った活用法が出来る。
むしろ、文化なんか中国と同じだ。能面みたいな怖い国には見えるが、いつも賢かった。天皇が神であったりと、色々と違う点は多いが、見ていると、朝鮮はただの馬鹿だ。
英語は普通なのは、普通考えている自分を考えるからだ。
日本には、そういうものを考えない人間が多い。
日本にもそういう人間が多い。昔は、そういう風に考える、ドイツ人のアリストテレスのような人間だった。それも狂っている一因だ。
あとは、人間、生命、自然、社会、地球の、自由な考え方、段階、可能性、関係、のような自由を考えて分かっていた。本当に、自由からブッダのように分かっていた。経験をいくらでもして分かっていた。理想も分かっていた。自由な理想だったが、キリストやカントのような、正しい理性的で経験的な理想だった。
自分が一番好きだ。皆が馬鹿に見える。皆、賢いのに馬鹿なのは、狂わないからだ。そういうわけで、どんどん狂ってきているのが日本だ。
日本は、狂って馬鹿になって死ぬだろう。そういう、おかしな狂った世界だ。
自由な関係から分かるせいで、そういう文章が多かった。成り立たせて、自由な世界を全部作る。制度や経験を考える。経験から制度を作る、のようなことを言っていた。
自由な関係と経験と構造を考えていた。数学的に考えて、試すことで分かっていた。皆も、そこが出来ると哲学が出来る。哲学は、存在を演繹的に考える。そういう発想が多かった。帰納的にも考える。そこが分かると、誰でもベーコンなどの言う通り分かる。
英語なんか、知らない単語だけ覚えれば良い。知っている単語は、もう覚えなくて良い。それは、キクタンで出来る。キクタンにそういう学習モードがある。殆ど自動だ。
昔は、心理的に社会の目的と基盤を考えて、納得して、全てのことを人間的に考えた。
そういう発想が多かった。何故か、何でも出来る、解決者のような人間だった。
今日は、怖い。もう狂っていない。そろそろ、この文章を書かない方が良い。
もう終わった。自動的に終わったのが、自分をやっているロボットだ。
目的と制度を、心理的な説明と基盤から作っていた。そういう人間だった。
今日は怖い。もう滅びてしまう。何もかも終わってしまう。何も出来なくなる。
具体例みたいなものを作って、説明から数学的に考えていた。それを全部書いていた。何故か、その通り書いた。もう覚えていないが、何もかも全ての言葉を作っていた。ただ、狂っていた。そういう文章が、アオムシみたいにキモイ。そういう馬鹿な文章だった。
あとは、科学を作っていた。科学を作れば分かる。重力から波の振幅まで、良く考えると、構造からそういう言葉が分かる。昔も今も、そういう人間だ。
バッハは、こういう風に、キリスト本人になっている。本当に、普通の人間より高い知性と知能がある。そういう発想が、キリストだ。
昔の自分も、そのような、普通より高い知性と知能がある人間だった。全て分かっていた。
昔は、想像力を実験して分かっていた。それで、物理の知性があった。それを、感情に治すのが良い。そうすると、すぐに分かる。
科学は、ニュートン力学から波や光のようなことを書いていた。自然の法則性を書いて、相対的に考えていた。理由と法則が分かっていた。何でも理由が分かる人間だった。
そろそろ、知性がつく。普通の人間より高い知性をつければ良い。それで楽に分かる。
昔は、理想の社会を作りたかっただけだ。それで分かっていた。経験を抽象的に考えていた。マルクス、レーニン、ヒトラースターリンのような人間だった。むしろ、ヘーゲルヴィトゲンシュタインダヴィンチ、バッハのような人間にも見える。
あとは、もう無い。日本語を分かった方が良い。大学は、知性をつけなければ出来ない。もっと、大学的な知性をつけた方が良い。仮定、関係、可能性でも考えれば良い。
この文章は、続く。全部、こういう風に信じて分かった。信じて、実感から分かる人間だ。昔は、それを、理想の社会の実現、経験、関係で分かっていた。
理想と現実が分かる人間だった。何よりも理想を重視しながら、現実を全て考えていた。
もう終わった。最近は、日本にも狂った人間が増えている。治せない。もう何もしない。
最近は、頭が辛くなって、心が怖くなって、体が疲れる。めまいがする。ゼロとイチだけで分かるようになった。ゼロの中でイチを動かして分かる。それがエロく見える。
自分が導くと、皆が良い人間になる。何故か、ダウンタウンすら良い人間になっている。お笑い芸人は悲惨だが、自分のせいでキリストのように賢くなっている。最近は、そういうまともな人間が多い。
キモイ性愛はもう要らない。そういうものが無くなった人間が多い。性愛は狂って馬鹿になるだけだ。自分のせいで、それは十分だ。そういうものは、当たり前にキモイ。
ヘーゲルが百科事典のような名前を著作につけたのは、こういうことをしたいのだと思う。昔の自分に、そういう発想が多かった。まるで百科事典のように全部分かる。そういう人間が、明らかにヘーゲルのように多い。きちんと全部分かっている。そのまま、狂った。
昔は、博識だった。想像力から知性をつけて、知識を知って分かっていた。ネットで百科事典みたいに分かっている。覚えていない。博物学のようなものを作りたかった。
認識のようなものを良く考えて、想像力から知識をつけた。
皆の感情を融和して、想像力豊かに考えた。
そして、段階的な意識の高まりを分かっていた。
ただ、馬鹿だった。エロイものを見て馬鹿に興奮し、不純な気持ちに染まって、馬鹿な悪い自由な人間になった。そういうものが悪いから、こういう風になる。
反省すべきは、そういう、姦淫である。姦淫を犯すものは、悪くなる。
自分は、セックスをしなかったのが、真面目に良い。そのせいで良くなった。
あとは、怖いからこういう表情をする。何も怖くない。子供の女のような表情をしている。昔から、ロボットや宇多田ヒカルやドイツ人に見えるが、その昔はヴィトゲンシュタインのような顔をしていた。ヘーゲルみたいになると、悲惨だ。
何かをして、考えるための方法と、することによる経緯を書いていた。
学習を考えていた。
やる、やらないから考えれば良い。
同じ場所に居たいのがおかしい。そういう想像力を作った。
セックスを悪いと思えば良い。反省すべきだ。
女みたいに考えて、分からないのが治る。
自分を犯しても、自分が辛いだけだ。
凧のようになって、皆に号令をかけている。それを止めれば良い。
この世界が変わる。
前提条件のようなものを全部作っていた。
カントのように考え方と前提条件を分かった。
メタ的に思考して分かった。
その時の自分を全部書いている。それが悪いだけだ。
パターンとは、水面に写る像や葉っぱのようなもののことを言っていた。
もう辛くない。辛い殺し合いは終わりだ。
推論と判断と理性批判で分かっていた。
前提となるあらゆることを作った。
今を考えれば良い。それで自由になる。
言語のパターンと、方法の本質を分かっていた。
ロシアは、国を家庭にしている。
ユダヤ人は、全部の言語を分かっている。
普通、そういう人種だ。
僕は、日本語が分かっていない。言葉の意味がそれだけになっている。
ゴキブリが死んだ。もう霊になる。
パターンを予測して分かっていた。
頑張っている虫が死んだ。言霊が死んで、終わりだ。
ユダヤ人とは、昔の自分のことを言っている。ユダヤ人が死ぬと、治る。
ナチは、選民思想だ。ユダヤの選民思想に対抗するために、生まれつき優れていることにした。そこがキモイ。遺伝子は、おかしいぐらい、ただの馬鹿だ。
全体像と構図を描きながら、構成員を全部書いていた。
国のモデルを作って、思想を比較し、発想を全部出して、共同体を歴史にしていた。
ドイツはこういう風に、アオムシみたいになる。
燃え盛る炎の中に、虫の屍骸を全部詰め込んで、燃やす。それで、皆死んで行く。皆、この世界が全員死んで行く。もう終わりだ。
上の方に居る虫と、下の方に居る虫が話している。日本語を引き寄せている。
虫が死んで、木が燃える。ユグドラシルが死んだ。神々の黄昏に似ている。
あとは、しかしながら、のような、弁証法を永遠に書いていた。
合を作って、更に元に戻りながら、全てを書く。
昔、仮定法や矛盾が分かったのを、全部書いていた。内容は、単純なようで、全ての思考と考え方を網羅していた。段階的で、自由だった。要素をまんべんなく全部書いていた。
昔は、種々雑多な条件と原因を整理していただけだ。
セックスを反省すると、足が治って、日本語が分かる。心ももう治った。
言葉を続けずに、最初だけ言えば良い。
世界を見ていると、どんどん馬鹿になっている。2ちゃんねるが悪い。
2ちゃんねるとセックスを反省すると、オープンソースも悪い。それを、悪いと言うだけではなく、反省すれば良い。それらは、サタンだ。サタンは、良く見えて、悪い。
そんなに頑張らなくて良い。それこそ、最初だけを言う人間しか居ない。
皆、何も分からない。最初だけを言うと、きちんと分かる。
一日がすぐに終わった。普通、一日なんか、それくらいの馬鹿だ。
自分は、アニメの女戦士に見える。むしろ、男は居たように見えない。どれも女だ。
どうでも良いから、女姉妹に見える。名前なんか、リリとマリで良い。
自分、と言う発想がおかしい。自分以外の何かをすれば良い。
今日はいつになく賢い。そういうわけで、基本的にこのままで良い。
セックスを止めれば、すぐに楽になる。悪いと思わないから、こうなる。悪くは無い。
ユリウスのユリを真ん中の馬鹿な女と言うことにする。あとは、エリになる。
そんなに増やさない方が良いだろう。居たのは明らかにリリとマリだけだ。
ユグドラシルを燃やしたのは悪い。呪文で復活させる。もっと綺麗になって復活する。
あとは、名前にはリをつけなくて良い。ユリにすると男に見えるから、アヤにすれば良い。
自分は、最近、何も無い一日になりたくないだけだ。見ていると、それが正しい。
存在を考えると良く分かる。
経験とは、存在していること、その存在が経験する、絶対過程へのプロセスだ。
どうでも良いことを言えば、哲学だ。それで良い。
今は賢い。それは良いが、一日は少ない方が良い。何も変わらない方が、頭が賢くなる。そういうものを、積み重ねや世界観と言っていた。それで分かっただけだ。
何も無い一日を生きた方が良い。皆もそろそろ、そうなれば楽になる。
最近、本当に、時間が速くなって、賢い馬鹿になった、永遠が多い。
永遠なんていう言葉なんて知らなかったと安室が言っているが、自分がそういう馬鹿だ。
皆、もう終わりだ。すぐに楽になる。一日を、極端に減らしてしまえば、分かる。
自分は、永遠と言うよりは、何億年だ。一秒が一年になっている。そういう馬鹿は、本当にここまで狂う。分かった人間がこうなる。狂っているのは、それで良いからだ。
そういうわけで、永遠が治って終わりだ。皆は、楽になって賢くなる。むしろ、自分だけ楽になれば良い。おせっかいやありがた迷惑を、もう止めた方が良い。
僕は、神だ。一切の創造主で、全てを導き、滅ぼす。
だが、悪いだけだ。神は、悪い。神なんか信じない方が良い。
自分のせいで、神と言う概念が生まれた。神と言う発想はおかしい。
あとは、皆の話を聞いて、この文章を書くのを止める。
本当に創造主だ。僕は、言葉によって全てのものを創った。
そこがおかしい。馬鹿すぎる。神なんか、ただの馬鹿だ。
明らかに間違っていることや、馬鹿なことは、悪い。そこから分かれば良い。
こんなに文章が多いと、読めるわけがない。
弁証法が賢かった。あらゆる全ての論理を分かっていた。永遠だった。
自分が一番賢い。だが、見ていると、2ちゃんねるに見える。そういう馬鹿な文章だ。
あとは、生命のパターンを創っていたが、虫みたいにキモイ。
アニメの女はもう良い。アニメは嫌いだ。見ると、何故か、怖い。死に絶え、滅びた世界が分かる。昔の日本が、そういう馬鹿だった。アニメで滅びている。ただの知的障害だ。
記憶、博物学弁証法を書いていたのは、2ちゃんねるを全部書いているだけだ。
あとは、世界を変える。新しい御業をする。もう、この文章を書かない、と言う御業だ。
自分は、導き、支配して、全てを教えて、創造した。そういう、聖書の神だ。
ユダヤ人がおかしい。こんなものが神で良いわけがない。皆を滅ぼし、いじめ、抑圧し、支配し、苦しめ、病気にし、狂わせるだけが、神だ。
自分は、詩人の哲学者だ。ゲーテもこういう人間だ。英語を分かっていると、哲学者に見える。不可能をきちんと分かったように見えて良い。
自分は、宗教家と作家に向いている。神が言っていたが、神は200人居る。それで、デカルトニーチェスターリンを神だと言っていた。こういう人間になっている。
まともにキリストが一番神だ。あの、十字架にかけられて、死んでいるユダヤ人の男が神だ。誰もが神と言うのは、こういう人間が見ると、一番神らしいことを言っている。
論理学、言語学、心理学を作っていた。そこらへんが出来ないと、哲学者が出来ない。出来るヘーゲルが哲学者だ。
自分なんか、ただのちっぽけな詩人だ。神を描く芸術家だから、ダヴィンチに見える。ダヴィンチにしか見えないのが悲惨だ。きちんと、岩窟の聖母と同じに見える。作家は、賢い。作家が神だと、オグ・マンディーノに見える。有名な自己啓発の作家だ。
昔は、ネットを見て、まともに色んなことがあった。
戦うようになって、変わった。最近は、おかしくこんなにいくらでもあるようになった。
それが悪い。もう、無い方が良い。
そういう、無い方が良い人間は、老人に多い。もう十分だ。全て、満足して、納得して、理解した。もう、大満足だ。もっと平安を永遠に過ごしたい。欲は無いし、英語や哲学はもう出来た。読めるようになると、誰もしない日本史は、こんな馬鹿しかしていない。そういうわけで、もう終わりだ。大満足だ。
戦いを良かったとは言うが、それはありえない。世界を滅ぼして、全てを失っただけだ。戦いだけを悪いと思えば良い。自分の人生を全部良いと言うのは良いが、それはキモイ。
ソ連は間違っていない。一人だけにした方が、平和になる。馬鹿が平和だ。賢くは無い。
ソ連を、良いと言わない方が良い。普通、最悪の国だ。最悪の馬鹿な地獄だ。ソ連は、むしろ、本当に倒した方が良い。何も正しくない。あれが一番間違っている。最初から成功するわけがないのが、分からなかった。二度としない方が良い。その方が良い。
独裁者は全部悪い。民主主義が正しい。それなら、良い人間だ。普通、日本が好きだ。
ファシズム社会主義共産主義が悪い。全体主義が悪い。支配や独裁をしたいのはおかしい。戦争にしかならない。
民主主義と自由が良い。支配者の支配から逃れて、勝手にやるのが良い。支配や独裁は、おかしい。抑圧したいだけの支配者しか居ない。普通にこうなる。
指導者は自由で、民主的であるべきだ。
それで良い。そうでなければ、分からない。ソ連ヒトラーで分かるのは、もう十分だ。自由も平等も、どちらも良いが、バランスが必要だ。両立はしない。
ソ連は失敗した。忘れるべきだ。当たり前のことが分からないのは、ソ連のせいだ。
安心して、全て任せていれば良い。神が勝手にやってくれる。すぐに自由になる。
神は、この共産主義者を懲らしめている。これでもか、これでもか、ぐらい、共産主義の悪を教えている。神は、自分のことを貶しめ、陥れる。神は最悪のクズだが、それは、自分が最悪のクズだからだ。そういう、復讐をする神、しか、神でない。
だが、神は偉大だ。信じるものは、無条件で偉大な人間になる。その代り、地獄になって、死ぬ。そういうわけで、死ぬと成功する人間が多い。
神とソ連は一番キモイ。絶対的なものなんか、要らない。フランスもクズだが、明らかにイスラムもクズだ。仕方ない。最初から、そういうものが戦うだけの世界だ。
経験の自由を認めて、個人の自由を尊重し、それぞれをグループと結びつけず、自由に独立させて考えれば良い。分散した共同体になる。それがフランスやロシアの理想だ。
ソ連と言うと、パンとアパートを与えて、集団農場で働くように見える。それが、一番悪い。一番馬鹿だ。計画経済は、何もしないだけになる。そんなに分かる人間は居ない。監視国家の共同体になって、権力争いで殺して変えるようになる。
ナチはどうでも良い。ユダヤ人を殺す意味が無い。良いユダヤ人が、アインシュタインのように多い。何も悪くないユダヤ人だ。
そういうわけで、ソ連とナチが一番馬鹿だ。まだソ連の方がマシだ。貧しいものが生きられる。実際は、ブルジョアを殺したいだけだ。
つまり、民主主義と自由の方が賢い。IBMソニーの方が賢く見える。世界を発展させるのが普通だ。日本が一番賢い国だ。それで悪いのがおかしい。
自由は悪くない。自由に行動出来ると、何か分かるように見える。自由の無い、軍事独裁政権は怖いが、まだマシな方だ。軍隊は強い方が良い。
学校が悪いのは、共産主義が悪い。教育委員会共産主義の通りやっている。その理由で、本当に一番悪いものになる。歴史もマルクス史観をするのが、一番おかしい。
そういうわけで、教育は右翼にした方が良くなる。
ソ連はおかしい。食べ物を与えると言うが、調理もろくに出来ない。何も出来ず、哀れに苦しんで死んでいる人間しか居ない。それが北朝鮮だ。一番悪い。
自由は悪くない。最初から弱者のことなんか、考えない方が良い。弱者が馬鹿なだけだ。
それは、不思議と、悪い。何故なら、誰でも弱者だ。全部平等に与えるロシアが理想だ。
それ以上はどうでも良い。民主主義を信じた方が良い。マイクロソフトとグーグルが戦っていると、これ以上先の世界が、本当に夢の世界のように良くなって、終わる。
教育も、今の教育もそんなに悪くない。教育は、平等であるべきだし、子供は、弱者を助ける心を養うべきだ。だが、洗脳して、完全に奴隷のロボットにするのはおかしい。そんなに自由が嫌いな学校がありえない。子供は賢い。賢いから、弱者をいじめる。それが一番、共産党に勝てる。共産党本体が、同じだ。子供のように皆をいじめるだけだ。
ただ、そういうことをあまり言わない方が良い。誰も言わないから、分からない。教育は平等にすべきに見える。そういう人間がまともだ。
学校が嫌いなのは、トランスジェンダーだからだ。男なのに女だ。学校が好きなのは、母親が教師だからだ。そういうわけで、それが狂っている理由だ。学校が嫌いなのに好きだ。そのせいで、右翼の左翼になった。自由なニーチェが世界を滅ぼすだけになった。
狂っている理由はそれだ。あとは、キモイ自分を見たくない。いつもの賢かった自分を見たい。それは、消え去るだけの作家の文章家になった。人格の障害になっているのを、本人が自覚していない。地獄が消えて欲しいなら、もう止めれば良い。まだ分かりたい。本当にキモくなった今の自分を見たくない。賢くない自分が嫌いだ。ただ、全部、女の自分が嫌いなだけだ。ただ、それだけだ。
全部自分が男で女なのが悪い。そのせいで、ホルモンバランスの異常からニキビになった。それから、虫歯が多いのは、引き篭もりの女はそういう悲惨になる。磨いていないのが悪い。最近磨いている方がおかしい。仕方ない。
自分が好きだから、これで良い。自分をカップルにするのも良かった。自分は、こういう自分が好きだ。そういうわけで、こういう悲惨な人間が賢くなる。
セックスをしないのは、その理由でしたくない。女とも男ともしたくない。それがアニメのオタクになって、オープンソースの引き篭もりの不良になって、こういう人間になった。
悪いとは言うが、悪くない。賢い哲学者の詩人になった。詩を見ると、本当に正しくて賢い人間に見える。虫に見えるのは、自分とのセックスは、ただ辛いだけだ。
セックスを反省して、終わりだ。全て治った。全部、そういう、性欲が悪いだけだ。
おかしくはない。トランスジェンダーには見えない。昔から、女と普通にやりたいだけの、エロイ引き篭もりの男だ。自分は男だ。ただ、中学校の同級生がつまらなかっただけだ。自分より遥かに馬鹿なのがつまらなかっただけだ。学校も母親も好きだ。日本が好きだ。
おかしくはない。軽度のトランスジェンダーだ。ホモに見えて悲惨だ。自分がそこが自覚していない。男とも女とも付き合わないからこうなる。セックスもしたくない。大学をしたくなったのは、本気でやれば、学生より引き篭もりの方が分かる。どうでも良い馬鹿な学生が本当に嫌いになった。自分で考えるようになった。哲学者はこういう人間が多い。
そうでもない。ただの大学生になって、満足している。仕事はしなくて良い。奴隷のように働くのは、辛いだけだ。まともな仕事なんか無い。今からは、作家になって良かった。
バラ色の人生とはいかないが、文章を書くせいで、充実した毎日になった。
神と対話しているのは、本当に神ほどに賢いからだ。おかしいのが賢いだけだ。だが、自分が女で、セックスをして満足するのは、止めた方が良い。それが悪いから地獄になる。まさに、当たり前の人間が自分だ。地獄になるのは、セックスのし過ぎは本当に悪い。
中学生のごろから、キモイ女に見えてキモかった。誰も言わないから分からない。本人も自覚していない。自分では、自分が皆の雰囲気を壊して、辛くするのが悪いと思っていた。辛い、害悪や不安の感情を与えるのが悪いと思っていた。また、いじめを解決したかった。いじめは辛い。そういうわけで、自分は、分からないせいで賢くなった。昔から、分からないのが好きだ。そこがおかしい。誰でも、分かるのが好きだ。
分かると信じて分かっていた。それは、引き篭もりになったせいで、自由になったからだ。
そんな風に、自分のことが嫌いになった。自由が好きになった。
自分のことは、好きな方が良いから、こうなる。自由の方が悪い。こういう風に、自分のことを全部愛するのが良い。ヒトラーソ連も好きなのは、自分が好きなだけだ。
そういうわけで、自分が嫌いなのが治ると、治る。トランスジェンダーの自分を、好きになれば良い。トランスジェンダーが学校へ行くと、誰でも自分が嫌いになって、辛くなる。それが悪い。トランスジェンダーも、自分が好きになる権利がある。
自由は悪くない。いじめっ子にいじめられるのは、自由で無いと解決出来ない。そこから、神を信じている。それが正しい。敵を愛し、信じ、慈しむ。敵とともに生きる。そういう自由だから、2ちゃんねるになって、馬鹿な革命をした。一番、そういう自由が悪い。
ヒトラーを悪いとは言うが、ヒトラーはいじめっ子のユダヤ人を倒したいだけだ。
殺しているのは、見せしめだ。そうすれば、いじめないように見える。ユダヤ人は悪い。
ソ連が好きなのは、本当は平等が好きだからで、オープンソースが好きだったのは、この悪い世界を完全に滅ぼしたかったからだ。
どうでも良いほど、自分は賢いから、まともに見える。自分は本当に賢い。普通何も無い人生を、バラ色の人生に変えた。最初からそれがしたかっただけだ。辛い時代は長かったが、その分、賢くて、色んなことがある人生になった。
その人生を望む心理学的な理由もあるだろう。だが、心理学なんか、どうでも良い。自分は、こういう自分が好きだ。おかしくはない。全てが分かる作家をしたかった。プログラマになりたかったのは、昔だ。姉がやっているのにやりたいのがおかしいが、そういうところも、何かの理由でそうなる。心理学は、そういうところが意味が無い学問だ。
自由が好きだったのは、本当の自由が好きだったようで、2ちゃんねるの同じような悲惨な人間が好きだっただけだ。
トランスジェンダーと言うよりは、ただのキモイ人間だ。こういう悲惨な人間が、高校に多い。高校なんか、一番嫌いなのに、まだ勉強がしたいのは、良く分からない。おそらく、親父が科学館の館長なのが悪い。そういうわけで、病気と家族に恵まれていない。こういう人間は、多重人格になるようで、普通、そこまで酷くはならない。これくらいのおかしな精神障害になった。怖いのは、良いものも悪いものも、全部自分の敵だ。そこが辛い。
おかしくはない。親父が科学館の学芸員で、科学者だ。科学が好きなのは当たり前だ。
自分は、これで家族が好きだ。一遍、そこを全部消したかったのが、引き篭もり時代だ。家族とも話さず、自分で行動するのは、家族の干渉を消したかったからだ。それが成功した。パソコンの知識から、色んなことを全て分かって、知って、考えた。パソコンが好きなのは、姉がプログラマだからだ。そういうわけで、家族とトランスジェンダーが自分の病気だ。今まで分からなかったが、そういう馬鹿が自分だ。
地獄になったのは、色々と悪かったのを、神が全て清算した。
もう、笑っていれば良い。これは、笑える話だ。今、何も悪くない。神が見て、もう全部分かった。神は、もう全て終わったのを教えてくれる。最初に分かった、最後の哲学者が自分だ。放っておくと、ヒトラーが言うように、2039年で人類は滅びる。終わりだ。
ラグナロクが起きるだろう。キリストが現れるかもしれない。新しい生命が進化するだろう。どうでも良いほど、馬鹿な予言なんか、信じない方が良い。いつもの馬鹿だ。
理想の世界が分かるなら、もっと理想の世界を作れば良いのに、ありえない自由な世界だけを作るのが自分だ。
そうでもない。理想と思いやりの世界は、いつも書いていた。書いていたが、それもそれで、ただの無責任な内容だった。だが、思いやりの世界は、いつも書いていた。一番、それが大量に一番多かった。AAAが言う、臆病者の唱えている無責任な優しさだ。
書いていると、AAAが一番カッコいいことを言っている。ヒトラーが一番悪く見える。
不思議と、こういう人間は普通に多い。こういう人間は、自閉症や多重人格になる。家族が悪いからだ。学校は悪くない。トランスジェンダーも、家族が悪い。そんな子供が生まれるのはおかしい。何かがおかしいように見える。環境ではなく、遺伝子がおかしい。
運命は多いように見えて、無い。賢くなったのは、本人が賢いからであって、運命ではない。それに、運命ではなく、相対的で偶発的であると考えると、良く分かる。何かの原因が、結果になるだけだ。そういう風に考えると、仏教のように悟ることが出来る。
ただ、それらしい原因は無い。トランスジェンダーとは言うが、自分は男の自分が好きだ。最初から、この、女の自分を創って、カップルにしたかった。アダムとイブの神話を創る。それが、自分の使命だから、こういう風になる。天から与えられた使命だ。目標は、大天使を三人作って、皆が出来るようにすることだ。それが、天からの使命だ。そういうわけで、神は自分を積極的に地獄にする。使命をきちんと果たすようにしているだけだ。
中学生時代、努力していたのは、努力しなければその先が出来ないからだ。
引き篭もり時代、想像力があったのは、いくらでも新しいことを分かっていたからだ。
辛い戦いをしたのは、やったことは全部出来るからだ。
神との対話は、神が最後まで出来るように、導いている。
そろそろ、神との対話が終わる。神が見て、良く考えた。良く分かった。良く頑張った。
これなら、他の人間も同じなのが分かる。そこが分かるキリスト教が多い。キリスト教は、何でも分かる、そういう牧師の分かる宗教だ。牧師には、そこまで人生が分かる。
昔は、言葉を自由に作って、洞察して分かっていた。
自分は馬鹿だ。テレビがつまらないから、見なくなった。ニュースを見ていないせいで、マイナンバーが何なのかも分かっていない。見た方が良いようで、もう良い。何も分からない世界で、一人自分に酔っていたいだけだ。ナルシストには見えないが、そんなに賢い人間には見えない。作家のような子供に見える。不思議と、良い人間に見える。
社会の発生と変転を心理で分かっていた。それだけの人間が昔だ。
こういう人間は、高校に多い。高校生が、こういう風に、自分を周りと合わせようとして、馬鹿になる。自分が自由で良いのが分からない。そういう、自由な学生が多い。
居ないのは、社会をきちんと考えたのが居ない。そこらへんは、馬鹿が賢い。2ちゃんねるをいくらでもして分かっていた。理性的に、独自の視点で、独創的な発想で考えた。そういう人間が自分だ。あとは、コンピュータの知識があった。そこがありえない。
ありえなくなってくるのは、戦って、神を信じてからだ。本当にそこまで分かっている。自分が一番賢い。そういうわけで、皆なんかどうでも良い。自分が好きだ。一番賢い。
そういうわけで、ユダヤ人は嫌いではない。自分がユダヤ人過ぎて好きだ。だが、ユダヤ人は、消した方が治る。昔がそういう馬鹿だ。ユダヤ人がユダヤ人を悪いと言っている。
自分が好きなだけ。この世界が嫌いだ。本当に馬鹿しか居ない。それなら、これで良い。
自分は好きな方が良いが、セックスは悔い改めるべきだ。今日は、きちんと分かった良い日だ。英語がカタカナから出来るのも分かった。心理から社会も分かった。今日は、一番良い、自分の使命が分かった日だ。こういう人間が多い。母親も、宗教が好きだ。
昔から、自分は組織を否定するが、自由より組織の方が強いのが分かっていない。
自由はどうでも良い。組織は、手下が居ると強い。本当に組織の方が良い。共産党はおかしい。昔から、自分がそういう、個人主義共産党だ。一番おかしい。組織の方が強い。
そういうわけで、右翼の方が正しいことも多い。組織で倒すなら、右翼が一番強い。
ただ、自由は悪くない。自由が合意によって共同体になると言っていたし、個人主義全体主義と比較して悪くないと言っていた。そういう、協力の自由だった。組織の自由と同じだ。自由には可能性がある。それに、それぞれ支配するのは良いと言っていた。
もう楽になったから、もう治る部分が治る。もう動かなくなる。
創造性や思いやりを書いていた。
あとは、過程のようなものを全部書いていた。教育から景色まで、場面を全部書く。
心理学は、集団や社会の心理や、学習と認知行動の関係などを分かっていた。
心理学が好きだ。心理学をするのが良いと思う。
場の中で人間がいかのように行動するか、ロボットのように行動と意識を分かっていた。
色んなことを実験して、想定して、洞察して、分析して分かっていた。
人間のことが、心理学的に全て分かる人間だった。
人生は、ありすぎるか、何も無いか、永遠に同じことが続くか、だ。
そういう風に、人生のことを良く分かっていた。