「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-08

=2015-09-08=

ワードからコピー

現状分析をしていた。現実の分析をしていた。そういう文章が多かった。
皆の経験や考えていることを考えていた。
実地的に考えていた。
学習や経験を考えた。学習から行動と欲求を考えて、思い込みを知った。学習を、経緯的、段階的に考えていた。
血は、悪い部分を消せば治る。悪い血を消せば、すぐに治る。悪い血を治す。
あとは、思弁哲学をしていた。論理的に考えていた。
あとは、考え方や見方を変えて、実際のところを変えると言っていた。何でも自由に変えられると言っていた。それくらいの文章だった。
自然な発生、要因、過程、経緯のようなものを、相対的に書いていた。
人生や学習の自然な過程や経緯を書いていた。
会社なんか、それぞれ違った方が良い。競争は悪くない。戦うだけで良くなる。
それぞれが会社の命運と信頼をかけて戦うことで、良い世界になる。
そういうわけで、日本は戦うだけだ。
多重人格が切り替わるのが辛い。それを止めると、楽になる。元に戻る。
北朝鮮や韓国は、地政学的に見て悲惨だ。周りに、悪い大国しか居ない。北朝鮮が核を持ちたがるのは、そのためだ。核でしか自衛出来ない。特に、韓国が悲惨だ。周りに、敵しか居ない。
日本も日本で、周りに何も無い。そのせいで、独自の文化を育んだ。島の中で戦うことで、本当に強くなった。日本は、悲惨に見えて、そういう、鎖国の良い国だ。
韓国が日本に敵対するのは、日本ぐらいにしか勝てないからだ。日本を倒すしかない。日本から倒せば、周りの国に勝てる。
日本は、周りに海しかないせいで、ガラパゴス諸島のような、独自の文化のある、ありえない国になった。アジアに見えて、アジアとは全く違う。皆、アジアが嫌いだ。
日本は、今弱いのが悲惨だ。昔は強かったが、今は弱い。自衛隊で守れるはずがない。ヨーロッパなどの諸外国から見ると、強いのは分かるが、どうでも良い存在に見える。
周りに敵しか居ないのは、日本も同じだ。韓国と日本は、悲惨だから仲良くやった方が良いのに、出来ない。韓国から見ると、日本が傲慢なのが悪い。反省しないのが悪い。そういうわけで、韓国や中国は、日本をいじめたいだけだ。
そういうことを言う人間が、ネットに多い。賢い右翼が言っている。安倍も悪くない。日本を強くして、いじめ国家に勝ちたいだけだ。
右翼とは言うが、僕は右翼は嫌いだ。右翼が一番いじめに見える。弱いものが弱いものをいじめているだけだ。
いじめに対しては、結束して立ち向かうしかない。左翼と外国人が助け合って、右翼を倒した方が良い。ただ、それはそれで悪い。左翼にも、外国人にも、悪い人間が多い。
そういうわけで、むしろ、民主党が良い。そういう発想だ。
ただ、自民党も悪くない。同じだ。どちらかが日本から見て、都合が良いだけだ。
自衛隊が弱いのが悪い。憲法は、変えるしかない、と言う意見もある。ただ、こんな風に全部やるのはおかしいのが安倍だ。もっと、良く考えた方が良い。そんなに急に変える必要はない。共産党が良い。平等で、平和が良い。本当に平和が良いと、誰もが言っている。
むしろ、こんな議論はどうでも良い。韓国人なんか、良い人間だ。西側だから、仲良くやりたい人間しか居ない。日本が嫌いなのは、日本の政治家が嫌い、しか居ない。それに、アメリカの方が悪い。どうでも良いが、これで民主党共産党なら、良い人間だ。
むしろ、国際情勢なんか、変わったように見えない。韓国にも、日本が好きな人間は多い。僕は韓国に旅行に行ったことがある。ソウルには、日本語が分かる良い人間が多かった。それに、僕の好きなCNBLUEという韓国の音楽グループは、日本語で曲を作っている。そういうわけで、市民との繋がり合いは多い。嫌い合うより、好き合った方が良い。それを分からない韓国の右翼なんか、そんなに悪く見えないだろう。
地獄になると楽になる。もう、地獄になる。楽が悪い。
皆も地獄になる。楽ではなくなって、狂って終わる。
永遠が死ぬ。永遠の楽はもう終わりだ。
昔は、マスターのようになって、相対性や人生の段階を全部書いていた。
現実では、地球人やプレアデス星人の歴史をやって、イスラエルやロシアのような、ありえない体験を作っていた。
それが、神と対話していた。
今日は、悪い。まだ書いているのが一番辛い。地獄になると、もう終わる。支配しなくなって、皆、全員地獄になる。自分は楽になる。そういうわけで、自分は悪くない。
自分なんか、悪いだけだ。朝鮮は、自分のような日本人が嫌いだ。自分のような人間しか居ないように見える。誰も、こんな人間は居ない。
皆誰も死なない。滅びない。最近になんか、誰もならない。
自分が3人に分かれるだけで、終わりだ。それで、皆は生きている。
価値観の分析のような文章が多かった。
生と死を分ける戦いが多かった。ありえない体験を沢山していた。
昔は、経験から純粋感情のようなものを分かっていた。
最近は、子供に戻っている。昔の子供に戻った。最初からこういう人間だった。
高校生を消して、中学生に戻る。そういう人間は、多い。
3人とも、賢い。特に、ヘイムダルは、狂っている地獄だが、神ほどに全部分かっていた。フレイヤは全部知っているし、バルドルは経験から全て分かった。
そろそろ、お開きだ。皆は死なないし、自分は賢いままだ。
明日も続く。何も終わらない。今日は、楽だった。本当に、地獄で良いなら楽になる。
インターネットは、安全で、安心出来るインターネットに変わってほしい。
認識はフィルターと理性批判であり、数学は定義と公理と定理だ。そういう風に、理性的に考えれば分かる。もっと理性的に考えれば良い。最近は、そういう、理性的に考えるための前提となる構造のようなものを考えていた。理性と経験がバランス良くあった。
もっと理性的に考えること。
あとは、もう無い。皆は、そのうち死んで行く。ヒトラーが言っている。2039年には、人類はもう居ない。どうでも良いほど、そんなものは当たらないのに当たる。
最近は、神との対話はしているが、何もしていない。何もしなくなった。
おかしな予言なんか、信じない方が良い。神のような新しい人種とは、自分のことを言っている。ヒトラーはそこまでの馬鹿だ。何も分かっていないが、首相だから賢いだけだ。首相ではなく、総統と言うようだが、それはどうでも良い。
自分は、良い人間だ。最近だけではなく、昔からだ。全てを許し、自分から負け、思いやり、善悪と分別がきちんと分かる。戦いとは言うが、思いやりの戦いだった。
ヒトラーの予言のサイトは、検索するとかかる。怖いので、リンクはしたくない。
昔は、ありえなく全部出来るようになった。何故か、出来もしないことを出来ると思っていた。理性と経験で、考えて分かっていた。全人類のようなものが分かっていた。
学習と経験で分かっていただけだ。
もう、書かない。これ以上、普通書かない。日本人が死ぬなら死ねば良い。自分も死ぬならそれで良い。もう、何も望まない。十分満足した。
感覚で、物理のようなものが分かった。あとは、存在の了承や、意志の伝達から、影響力と心のようなものを考えていた。ハイデガーヘーゲルと同じだ。
ナチは、本当に嫌いだ。ユダヤ人を殺しているのは、自分を何とかして殺したいからだ。地球を救うためにやっている。ありえないのがヒトラーだ。
あとは、自分からやる、主体性、と言った考え方が多かった。
自然発生と実践を分かっていた。
自分は、ヒトラーが好きなのがおかしい。ヒトラーは嫌いだ。だが、あれは本当に自分と同じだ。分かっているのに知性が無い。ヒトラーだけが、何故かそうなる。
どうでも良いから、ソ連も嫌いだ。ソ連なんか、自分を救いたいだけだ。
あとは、経験をモデルにして、本質と意図を考えて分かっていた。
ユダヤ人は何も悪くない。善人が多い。ナチは、ユダヤ人を選民思想と言いたいだけだが、明らかに、それではナチがユダヤ人だ。そういうわけで、明らかにナチがユダヤだ。
ユダヤは悪くない。ユダヤは聖書だ。まともに弱者を愛して、キリストの言うように敵を愛するだけだ。ナチから見ると、そこがキモイのだと思う。
あとは、自由な支配可能をモデルにして分かっていた。主体性から変化の可能性を分かった。行動を関係と構造から、受動的、能動的に分かっていた。
僕は、ユダヤが好きだ。それで正しい。ユダヤは、正しい、賢い人間になる。
おかしくはない。自分がキリストのように思える。神との合一も体験した。神は偉大だ。信じると、こういう、偉大な人間になる。だが、地獄になって、知性が無くなる。