「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-09-06

=2015-09-06=

ワードからコピー

場と場の比較で分かっていた。
自由にして、分からせていた。それぞれの自由にしたかった。導き手になっていた。
自由にしたままで、導いて分からせていた。
環境と意識の比較で分かっていた。
視点と像を分かった。
歴史的に分かっていた。
問題は、必ずどこかにある。それを、歴史的、世界的に分かっていた。解決策は、いくらでも無限にある。
ものごとの正しい見方、捉え方、考え方が分かっていた。
環境から視点と経験を知った。
全ての問題を解決していた。
機械は、手段を共有すれば作れる。
全ては、共有、一体、愛、支配だ。
そういうことを言う。
前提を構築し、そのための組織を作り、可能性を高めること。
経験、記憶、学習、心、社会を成り立たせて、成り立ちを考えて分かっていた。
特に、経験を成り立たせていた。
昔は、ネットの言葉とオープンソースで分かっただけだ。オープンソースだけの人間だ。
オープンソースのことをやりながら、社会参加、改革、啓蒙、そして破壊のようなことをして分かっていた。そこらへんがヘーゲルと同じだ。
翻訳や英語のことがしたかった。そのまま、ドイツ語やフランス語をするようになった。
神を信じていた。戦っていた。世界を導く言葉の革命だった。
相対的に出来事、経験、関係を考えて、信じて分かっていた。
思弁哲学から考え方が分かった。
想像力で体験を考えて、角度を変えて、積み重ねて分かった。
認識、場、価値観を考えていた。
昔は、自然な体験をして、環境を思い出して分かった。
最近は、世界を支配して、皆と対話する神をやっていた。
恐怖と悲しみに耐えていた。
怖い。本当に、今日は怖い。何もかも怖くなった。
テーマを与えられると、詩が何でも書ける、賢い人間だった。
世界の政治の構造を作っていた。国家モデルを作った。
国家や社会の成り立ちを考えていた。
モデルと実験から、人間の心の働きを分かっていた。
要因のようなものを考えて、当てていた。
最近の方が賢い。もっと、色んなことを知った方が良い。
これくらい、誰でも分かる。超人のように分かったとは言うが、何もしていないだけだ。普通、何もしない人間がこういう風になる。
何かやっていると、最近になる。何も分からないようで、賢い。
あとは、会話とコミュニケーションをしながら、科学の基礎を作って、オープンソース活動をやって、色んな多彩な社会を知っていたのが、昔だ。
最近が好きだ。きちんと頑張って、戦って、治した。きちんと哲学の勉強もした。大学のように賢いから、最近の方が賢い。
昔のコンピュータの知識は、本当に全部知り尽くしていた。だが、何も開発出来なかった。
あとは、抽象的な言葉を作って、世界と人間を予測していた。
社会の未来が分かる人間だった。
最近は、悲しいだけの戦いをして、不可能を可能にする治療をやった。
だが、つまらない。昔はまだまともだった。最近、狂っている。神なんか、居ない。
本質を捉えて、一致して、説明して分かっていた。
怖くないようで、本当に今日は怖い。そろそろ止めるべきだ。もう分かった。昔なんか、オープンソースだけの人間だ。思考回路の中に、相対性と認識と考え方があっただけだ。経験は、豊富だったように見えて、色んな社会のことを知っただけだ。
抽象的に予測して、物理のように人間のことを分かっていた。
最近は、最後まで耐え抜いて、頑張った。相当に辛くなったが、本当にこれで良かった。
全部、自分がやっている。神とは言うが、神はただの自分だ。
自分が好きだ。本当に、こういう地獄が一番賢い人間になる。それがキリスト教だ。
最近は、自由と社会所有の経済モデルを考えていた。
猫と言う名前は、人間がつけた名前であって、動物の猫にとっては、そんな名前は無い。
また、因果性も、そう見えるだけであって、本当の理由になっていないことがある。
そういう風に考えると、ヒュームのように経験的に色んなことが分かる。
思考、環境、習慣から分かれば良い。昔は、思考から分かっただけの人間だ。
説明と思考で、全てのことが分かる。再思考から全てが捉えられて、説明出来る。
あとは、視野を広げながら、照らし合わせて、全体像を知って分かる。
昔は、それくらいを考えただけだ。何故か、気づくこと、驚くことから、全て分かった。アリストテレスのような哲学者だった。森羅万象の科学を作っていた。
言語と記憶のようなものが分かっていた。
あとは、ネットを見ながら、思い出して、子供のいじめの問題を考えていた。
不安や安心から、涅槃のようなものへと達した。人間的なことをそこまで経験していた。
あとは、人格や影響力のようなものを考えた。全員を包括して、一番高いところから、オープンソースの世界を変えていた。全て、自分がやった。自分のおかげで、良くなった。
LinuxWikiには、コマンド、System V、GPLまで、分かることを全部詰め込んだ。
自分のせいで、ネットが賢くなった。その代り、滅びている。そこは、直せなかった。
昔は、認知行動療法のように、心のことが分かっていた。仏教的だった。
最近は、もう何もしていない。この世界を治したかったが、それは狂っている。止めた方が良い。自分だけ治して、この世界と関わらない方が良い。支配は、一番悪い。
皆には、もう自由を与える。それで解決する。自分は、やりたいものだけやれば良い。
手段と目的を考えていた。
人生的な、「なる」を考えていた。精神から一歩離れたところで考えた。
最近は、毎日書いて、治すのが辛い。治すのを止めて、休んだ方が良い。書くのもしばらく止めた方が良い。今日は、日曜日だから、英単語はしない。
昔は、手段と目的をモデルにして、成り立たせて、仮想世界を作った。
人間を積み重ねて、生産手段や研究手段を与えることを、マルクスのように考えた。
文章は、昔読んでいる。本当に、ある意味で全部の文章を読んでいた。
日本語が分からないのは、もう分からなくて良いからだ。
それが作家なのは、ありえなくはない。ベートーヴェンと同じだ。日本語が分からない作家なんか、自分しか居ない。本当にそこまで出来る人間がそうなる。
昔は、基盤、秩序、経緯から、システム作りやルール作りのように社会のことを考えた。
全部、基盤のように社会を分かった。環境は、意識によって支配出来るとしていた。
もう怖くない。もう誰でも分かる。
あとは、言語分析のようなことは、いつもしていた。空間や環境の分析が多かった。人間の経験を、実存的に考えていた。そういう、現代哲学者のようで、古代ギリシャの哲学者のようでもあった。本当に全て分かっていた。知識の構造化が得意だった。
いつも言っているが、社会の実現が多かった。結合と分離や、一部と全部、集団と個人、集積と拡散のような考え方で、社会や自然のことを良く分かっていた。
あとは、経緯から分かっていた。宇宙に存在する道のようなもの、存在するかもしれない道のようなものを、全部吸収して、意識で分かっていた。
もっと条件や原因を考えれば良い。そういう、仏教のような考え方が多かった。
経緯と方法をきちんと知れば、きちんと分かり合って、正しく分かる。そういう、右翼のような融和の考え方が多かった。
そろそろ終わりだ。危険信号が出ているから、止めた方が良い。これ以上書くと、辛い。
UNIXのシステムの構築から、社会のことが関連して全て分かった。
認識は、関連付けて分かった。
善悪のモデルが、経験から分かっていた。
あとは、愛の体験、戦いの体験から、分かっていた。
もう、書きたくない。もう終わりにしたい。怖い。本当に赤信号が出ている。
経験から概念が分かっていた。
言語が分かっていた。
この宇宙の全てが分かった。森羅万象を分析した。
仮想世界から、コミュニケーションの全てを分かっていた。
社会のことを、自然に、根源的に、本質的に洞察し、論理的かつ理想的に分かっていた。
怖くない。もう楽だ。あとは、寝ていれば良い。
あとは、変化と役割と能力を見て、自分の数学を作っていた。
昔は、思い出と回想から、人生的なことを考えて分かっていた。
考えるより、感じること。疑うより、信じること。それが一番大切だ。
もう終わった。不安な心が全て解決した。涅槃になって、安心出来る。
仏教の本を読みたい。そして、日本史が読みたい。日本が一番好きだ。もうそうなる。
様相と可能性を考えることから、森羅万象が分かって来る。
もう終わった。自然に治る。全て、この世界が、自分による支配から、自然状態へと治って行く。それで、終わる。すぐに悪い世界になるようで、それは、強い社会になる。
最近、あまりに弱くなった。皆、強くなった方が良い。勇気を出して、拒否し、悪いものに対して怒ること。それで、賢くは無くなるが、楽に良くなる。
怒りや喜びや悲しみや楽しさの体験を、行動とコミュニケーションと関係から分かっていた。昔は、そういうものを、体験や考え方や自然や自由と言っていた。皆も、それをすると良い。作用のようなこと、反応のようなことを考える。ネットでは分からない。引き篭もりになって、一人孤独に考えると、誰でも体験と行動が分かる。
そろそろ分かる。皆、自由になる。昔なんか、どうすれば自由になるか考えただけだ。
考えるべきは、具体的な愛と不安の感情である。そこから、解脱と煩悩の克服が見えて来る。執着せず、必要としないこと。重要なのは、それぞれ、存在は1人ずつしか居ない。自分は自分しか居ないし、他人には分からない。それが、誰でも同じだ。そのように、真理的な経験から分かると良いだろう。
どこへ行くかは分からなくても、どこから来たかは分かっている。歌手が言っていた。三代目J Soul Brothersだったと思う。
身分や人種などによって差別せず、自由に受け入れること。フリードマンが言う。
環境や習慣は、誰でも違う。本当に客観的になることは出来ない。ブータンの国王が演説でそういうことを言っていた。
もっと、夢を追いかけた方が良い。何もしていない。寝ているだけだ。おかしい。夢が無いのはありえない。昔は、作家やプログラマの夢が多かった。今、意味が無い。
人生のことを、もう一度考え直すべき時に来ている。自分が本当に何をしたいのか、分からない。ネットで体験して分かるようで、ただ、馬鹿しか居ないのが分かるだけだ。
あとは、経験の吸収でも考えれば良い。実存主義だ。自分の知らないものだけで、自分は出来ている。中島みゆきが言っている。
あとは、宇宙の不思議のような文章が多かった。
生命は、人間には作れない。どうやって生まれたのか、分からない。
宇宙を誰が創ったのか、分からない。人間は、神の奴隷なのだろうか?
あとは、核兵器を無くすとか、力やエネルギーが何かとか、そういう、おかしな科学的な真発見の文章が多かった。
教育を変えるとか、いじめを無くすとか、色んなことを考えて、ありえない社会を発想していた。そういうものを書いていた。
自分は、神に見えて、宇宙だ。宇宙を自分がやっているから、こういう風になる。
古代人から未来人まで、全てのものと対話した。そういう、おかしな体験が、生まれ変わりだった。仏教的ではなく、キリスト教的でもなかった。むしろ、イスラム教的だったように見える。僕は、イスラム教も嫌いではない。好きな方だ。こんな風に戦う宗教だ。
あとは、量子物理のようなことを言う。宇宙は、観測すれば変わる、観測地点と観測対象だ。光は、粒子であり、波だ。次元は、無限に高まる、ベクトルだ。
もう分からない。これでもういつもの文章は全部だ。他には、何も言っていない。
他には、人生や記憶のようなこと、考え方や状態や段階のようなことを言っていただけだ。
あとは、素粒子は振る舞いであるとか、エネルギーは現象であるとか、関数はグラフになって、接線と面積で分かるとか、全ては関数とエネルギーであるとか、言っていた。
科学的な方法のようなことを言った。
宇宙を、言語と原子と細胞から決めて創っていた。
自分が神だ。むしろ、自分は神ではない。神なんか居ない。皆が見ると、自分の文章が一番、全く欠損のない、完璧な神の文章に見える。そこが、神だ。つまり、聖書が神だ。聖書と同じものを作って、ヘーゲル、ロック、マルクスのような文章に仕立て上げただけだ。
物理は、作用、反応、可能性、決定、構成要素、要因、実験、推論、帰納、演繹であり、経験は、記憶、知覚、意識、人生、習慣、環境、生活、思い込みである。それらが知性であり、それらの通り考えれば、全てのことが自由に分かって来る。
もう、怖い。本当に、集大成みたいな良い文章になった。科学と考え方は、もっと正しく考えれば良い。正しい考え方で考えれば良い。そういう文章を書いていた。
高校は賢くない。昔は、ネットで社会や科学のことを全部知っていたし、MITのようにコンピュータのことを知り尽くしていた。何より、哲学が分かっているし、信仰心もある。自分の方が賢い。だが、むしろ、そろそろ学校に戻りたい。勉強がしたくなった。
文学作品が出来て良かった。色んなことが分かったし、色んな経験をした。自分が好きだ。
昔は、経験が現象学的に分かっていた。
最近は、次の1つの文章が、永遠に分かるようになった。
もう、この文章を書くのは止める。そろそろきちんと分かった。もう別のことがしたい。
誰も読まない。読まない方が良い。こんな糞な文章を読む意味が無い。
自分はキモイだけだ。もっと別のことをした方が良い。
良く考えると、心と認識の現象学が多かった。
もっと、楽しいことをしないのがおかしい。ピアノは、つまらない。料理でもすれば良いが、自分はそんな知恵は無い。何も出来ないから、まだ書いている。仕方ない。
ネットで経験したせいで、既に社会のことを色々知っているのが自分だ。
創造性と影響力が好きだった。自由な人間だった。
今日は、フラフープをした。小学生時代やっていたせいで、フラフープは簡単に出来る。だが、キャッチボールは出来ない。グローブの使い方が分からない。
何故か、あんなものが面白いのはありえない。小学生時代、ブランコが好きだったが、ブランコがその最たるものだ。何故か、将棋の方がつまらない。
要は、もっと馬鹿なものをした方が良い。
僕は、オセロは出来るが、将棋は出来ない。オセロは、家族皆に勝っている。姉にも勝てたのがありえない。いつも姉に負ける。姉はプログラマで、そういうものに強い。この前三連勝したが、明らかにもう一度やれば負ける。
もっと、芸術品でも楽しめば良いと思う。僕はベルニーニと言う彫刻家が好きだ。
昔は、思考力もあった。自由にすればどうなるか、そうなればどうなるかから、思考力がついた。認識と知性をつけることで、予測力もあった。
オセロは、相手に打たせない、くらいしか分かっていない。先なんか読んでいない。
引き篭もりになって、一人社会から孤立した状態で、全部考えただけだ。
そういう人間が、哲学者に多い。ネットは色んなものを見たが、最近、書くだけになった。
もう終わりだ。オセロで勝てるのは、序盤から終盤まで、いつも自分のペースを保ち続けているからだ。相手に打たせないこと。それだけだ。プログラマに勝てるわけがない。
自由になりたかった。己の可能性を高めたかった。
オセロは、強い相手に勝てるようで、たまに弱い相手に負けることもある。
自分のペースで打たせないでいると、終盤、角を取る合戦になった時に、有利になれる。むしろ、もっと前の段階で角を取れることもある。良く考えると、当たり前だ。
テレビで、脳が死んだ。賢い番組を見なければ、分からない。もう大人になる。
ネットで精神を実験して分かった。
自由にすればどうなるか、考えた。自由ならどうか考えた。それで全て分かった。
そろそろ、みんなおいでよ、北欧神話が起きる。
むしろ、バルドルとチュールは、同じなのに逆だ。バルドルは完璧に賢いのに、チュールはクズみたいに馬鹿だ。そういうわけで、最後のフレイとフレイヤが賢かっただけだ。
そろそろ話も終わる。もう書かなくて良い。
チュールは悪いだけで、トールは何も分かっていない。それらは、戦いに明け暮れているだけだ。何故か、そんな神が多い。
まともなロキとワルキューレは、色々と逆だ。フレイが本当に賢い人間になった。
ロキは男に多い。ワルキューレは女に多い。フレイみたいな右翼は賢い人間に多い。
あとは、チュールとトールが居た。そういう、五段階進化をしたように見える。
バルドルみたいな人間は、どこにでも多い。ヘイムダルは狂っているようで、まともだ。フレイヤは、可愛いアイドルみたいな女だ。あとは、自分はオーディンだ。それらをまとめる、父なる神だ。子供には、フリッグが多い。ここからが、ジークフリートだ。
ワルキューレと言うより、ヴァルキリーと言った方が良い。ロキとヴァルキリーが、まだ戦っている。ロキが操って、ヴァルキリーが倒している。それを、もう止めた方が良い。
オーディンが見える。老人のオーディンが、自分を新しいオーズルにする。良く分からないが、そのままジークフリートが進んでいく。ジークフリートが永遠に続いて、新しいオーズルが生まれる。オーディンは、ロキとヴァルキリーの二人の戦いを止めさせるだけだ。
自分が、フレイヤの夫で、オーズルなのは、当たり前だから、それで良い。
1月1日に戻る。それで心が止まっているのが治る。終わりだ。
何故か、皆も止まっている。皆はもう関係ない。
そんなに全部消しても意味が無い。
巨人の女が見える。何故か、皆を食べる。食べていくと、大きくなる。
下の方で、震えた怖い心がある。それは、1月1日に戻らないと、治らない。
時間は、全員止まっているのが治って、最初の時間に戻る。
60秒、60分、24時間、12か月を治す。1月1日になると、治る。
どんどん二進数が繰り上がっている。それを変えて分かっているだけだ。
あとは、言葉で推論して、感情で実験している。
言葉が馬鹿になって、感情が怖くなっただけだ。それらを自由にした方が良い。
そういうわけで、言葉と感情の部分を変えて、相互に使って分かっている。
もう怖くない。何故か、言葉がヴァルキリーで、感情がロキになっている。
ヴァルキリーがロキを倒した。完全にロキが死んだ。
何故か、何も無くなっただけだ。何も無い、脳が死んだ人間になった。
言葉を覚えると、脳がつく。それで、脳が無いのが治る。
言葉が怖くなっている。本当に日本語を聞くだけで怖い。
テレビは、鏡のようにすれば三次元になると思う。
猫は、暗闇で目が光る。そういう、ありえない生き物だ。
言ってすぐに分かるのを消すしかない。
そろそろ、女の子のフレイヤが死んだ。新しいオーズルになる。オーズルと言う名前が鳥のようだから、鳥のような人間になる。
鳥になったから、火の鳥みたいになる。手塚治虫の漫画だ。
鳥の翼から生命の創造のことが分かった少女が多かった。
あとは、もう脳が死んだ。ナチが死んだ。もう楽だ。何も辛くない。
鳥は多かったから、鳥にはすぐになれる。
そのまま鳥が続く。
今は、ハエやゴキブリになっているから、それらを消した方が良い。
それらは、あまりに辛い生命だ。
鳥は楽だ。そのまま、鳥になって飛んで行けば良いと思う。
鳥になると、天使になった地点に戻る。天使が現れる。
鳥は、意識の構造が全部分かっていた。
鳥は、前世のロシア人や、来世のドイツ人のことを言っている。
ものは、遠ざけて見れば分かる。遠くから見れば良い。
最近、うじに戻ってハエになっている。最近の方がはるかに馬鹿だ。
昔は良かった。天使が現れた地点では、本当に天使のように知性が高かった。
それより前に戻ると、人間に戻る。そろそろ、そうなるのが良い。昔の青少年が人間だから、鳥は狂っているだけだ。戻すと、まともになる。
鳥になって、右の心が死んだ。
具体的な言葉を思い出せば分かる。
本質を言い当てることで、全てのものごとを作っていた。
これは、退化しなくなって、進化する。退化なんか、する意味が無い。
文字が大きいのが悪いから、文字を小さくすれば良い。
一人目が分からない時は二人目に送って、それでも分からない時は三人目が分かる。
そういう風に、三人をやっている。二人目が辛い。殆ど一人目が分かる。
もう分からない。鳥は、ロボット人間だ。消した方が良い。怖い。
そろそろ、鳥が死んだ。鳥は、空を舞うロボット人間だ。
もう怖くない。昔は、まだ賢かった。最近、おかしいぐらい馬鹿だ。
ハエみたいになっている。ハエは、鳥が食べてすぐに死ぬ。
いくらでもハエが居ると、キモイ。そういうわけで、もう終わりだ。
肺に心臓を取り付けて治っている。そろそろ血が流れる。右の心臓だけではなく、左の心臓も治った。心臓を色々と作って、取り付けて治っているのが、死ぬように辛いだけだ。
昔は、翼の構造から生命の構造を分かっていた。良く覚えていない。
今日は、そろそろ本当に治った。このまま、1月1日に戻って、オーズルになる。