「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-08-14

=2015-08-14=

ワードからコピー

あとは、方法みたいなことが全部分かっていた。
社会的な協力や組織のことから、学習的なやり方と結果のことまで、社会と生活の様相と方法が全部分かっていた。
社会がどうなるか、方法がどうなるか、全部分かっていた。
今日も英単語をやった。
今日は、休む。そんなに書きたくない。疲れる。
社会における、条件、構築、様相、方法のようなものを考えていた。
ものについても同様に考えていた。
学習と経験が出来る人工知能のようなものを考えた。
自由に支配出来るべきだ。権力者を自由に増やすことで、会社の社長のように、考える頭を増やすことが出来る。
だが、権力は、分散し、関与する、共同体として、EUのような連合や連邦にするべきだ。
自由に支配は出来るが、権力と共同体は分散する。
自分は、国を神のように信じていたところがある。
特に、ドイツ、フランス、ソ連イスラムイスラエルについては、融和させ、概念的に信じていたところがある。
だが、それらは、融和すべき部分も、独立すべき部分もある。
安倍が談話を発表した。さっき見た。あまり詳しく読めていないが、僕が見て良い内容だ。積極的平和主義を入れたのは馬鹿に見えるが、全体的に見て、良い。特に、戦争の原因のようなものが詳しく述べられている。
詳しく読めていないから、違っているかもしれない。
あとは、金の別の可能性を考えていた。グループによる共有や、平等な配給、あるいは、媒体としての別のものや別のシステムのようなものを考えていた。
あとは、色んなことを普通に考えれば良い。
家族関係とか、世代とか、時間は移り変わるとか、ものは家族の所有物とか、ものには重力があるとか、社会でものは生産し、分配するとか、普通に考えれば分かる。
地動説は最初は壮大で奇抜な発想だった。そういうことを言いたかった。
普通のことは、分からない人間が多い。特に、分からない賢い人間が多い。賢いと悲惨だ。
あとは、夢に向かって頑張る自分のようなものを書いていた。
都市設計とか、共有とか、過去は過ぎ去って行くとか、世界の変化のようなものを考えた。
もっとダイナミックかつ、奇抜に考えれば良い。そういう内容が多かった。
あとは、自分を昔と今の2つに分ける。それだけが多かった。
あとは、場や原因と結果を考える。良く考えると、原因と結果を考えただけだ。
あとは、場が場に変化するとか、人間は人格と体験の共有であると言っている。
そういう風に、普通に考えれば良い。
もう、昔は要らない。昔なんか、無くても分かる。
ガブリエルとミカエルは消した方が良い。ラファエルだけになる。
昔は、システムの共有や、場による集合知の形成のようなことを言っていた。
昔は、考え方を変えて、全体と個別を比較して、全体を見て分かっていた。
それから、目線を変えて、意図を比較して、行動と現象を全部捉えて分かっていた。
歴史と経緯のように全部分かっていた。
過去の戦争や時代などは、想像力と知識で分かっていた。
実感で世界観が分かる人間だった。数学すら、世界観と数学的方法で分かっていた。
本質と意図、環境とプロセス、関係とモデル、思考と弁論が分かっていた。
昔は、本質と意図のようなことや、原因と結果のようなことしか書いていない。
良く考えると自由になる。自由を信じるようになる。そういう人間が多い。
もう昔が要らないから、昔は消える。
安倍は、平和主義者のような談話を発表した。悪くは無いが、やっていることと言っていることがいつも逆だ。おかしな多重人格に見える。
皆、どんどん悲惨になっている。自分のせいでもあるが、ビルゲイツのせいだ。
自由は悪くは無いが、平等の方が良い。普通、誰でもすぐに悲惨になる。病気や怪我をする人間が多い。自由には意味が無い。自由な賢い人間は、馬鹿な人間が多い。
ただ、自由は正しい。そういうものだ。自由が一番正しい。
自由は悪くない。自由に生きられる権利はあった方が良いし、民主主義は平和だ。
だが、自由が一番戦争と同じになる可能性がある。
だが、自由が無い世界は、普通戦争になる。戦うだけだ。そのどちらかを信じるなら、自由を信じたい。自由で平和な、強制の無い社会が、一番良く見える。
そういうわけで、自由は悪くない。個人主義で、平和で、民主的な社会であるべきだ。
それに、それぞれの合意と権利と意志は尊重すべきだとすれば、哲学的でもある。
自由は悪くない。支配が一番平等で無い。平等と言う概念は、自由で無い。
自分のことは自分で決められるべきだし、皆を馬鹿だと思うのが間違っている。
自然な可能性があるべきだ。それぞれの自然発生の可能性を尊ぶべきだ。
自由の裏には、常に平等と言う概念がある。だが、自由と平等は、どちらも危うい概念だ。
自然発生の可能性は自由だが、むしろ、支配した方が出来るところもある。
僕は、最近、支配の方が好きだ。安倍は悪くない。支配してきちんとやっている。
自由なんか、おかしいだけだ。もっと、賢い人間が権力を行使出来た方が良い。
戦争にはならない。なるわけがない。右翼は、賢い人間が多い。
左翼は、反抗して戦う。左翼なんか、悪いだけだ。左翼は、嫌いだ。
戦いで良くなるとは言うが、良くなるわけがない。競争は、バラバラにやっているだけ、無駄な労力を生んでいる。
そうでもない。競争は悪くない。戦争が悪い。
競争で戦って良くならないのが最近だ。最近は、そういう風に、新しい社会になるべき気運が来ているように見える。自由は間違っている。平等もおかしい。
ブラックも悪いが、詐欺も悪い。自由はおかしい。本当に平等の方が良い。
不思議と、戦って良くなると言う人間は多い。自由にも平等にも多い。
競争は悪くない。ものが生まれて、発展する。戦って儲けるなら、作る。
だが、最近の儲け方と競争の仕方はおかしい。人間をものだと思っている。
競争や戦いは一番悪い。もうこれ以上、悲劇を繰り返すべきではない。