「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-08-13

=2015-08-13=

ワードからコピー

知恵と工夫からモデルにして分かっていた。
扇風機は、ボタンで羽が回る。
原因と結果をモデルにしていた。
統一を考えていた。
パソコンは拡張性と自動化だ。
神が死んだ。足が治った。
工夫からものを作ると言っていた。
悪いという言葉には、程度の悪さと善悪の悪さの二つの意味がある。
どれくらいの範囲が死ぬのか分からないのが怖いだけだ。今日だけが死ねば良い。
ネットで社会を知って分かった。議論して、ルールを決めて分かった。
今日も英単語をやった。
脳を場と言葉で分かっていた。
精神分析が得意だった。そういう、心理学的な文章が多かった。
歴史を分かっていた。
何でも同じだと思えば分かる。
永遠が楽になった。農園に行くまでが永遠になっている。永遠で分かる。
頑張っているのも楽になった。
もう、何億年も生きた。
分からない方が分かる人間が多い。自分はそういう人間になった。
今日はNOVAに行く日だ。色々と怖いが、頑張って行けば良い。
脳を環境で全部分かっている。何故か、脳と心が全て分かった。
全て分かった。
脳を記録する文章を書いていた。
皆が、この文章のせいで馬鹿になっている。何も出来なくなっている。
もうこの文章は忘れた方が良い。それで、皆、本当に馬鹿になるだろう。それが楽だ。
僕は、右翼が嫌いだ。右翼は悪い人間に見える。
皆を騙して、命を大切だと思わない、馬鹿が右翼だ。
だが、ドイツやフランスは好きだ。それらは良い国に見える。
アメリカが嫌いだ。アメリカは一番悪く見える。
今日はNOVAの日だが、何故かNOVAは怖い。怖いから辛い。
あとは、賢くなるとすぐに書ける。
きちんとやる、考える、実現する、研究する、のようなことを言いたかっただけだ。
そういうわけで、場、心、環境、方法、価値観、プロセス、のようなことを言う。
真面目に考えれば良い。それで賢くなる。
答えがどちらも間違っている時は、問い自体が間違っている。カントが似たようなことを言っていた。別次元で考えるべきだ。
今日は本当に怖い。もう、止めるべきなのにまだやっている。もう止めた方が良い。
相対的に、正しい考え方で考える。
昔は、そういうものを書いていた。今分かっていないが、昔は分かっていた。
理性と経験から正しい考え方と認識の方法が分かった。
真面目に考えれば分かる。
教育やいじめの問題、創造性や場や環境のことを考えていた。
ネットで色んなことを知っていた。
馬鹿は、馬鹿が分かる。キモイと、キモイ内容が分かる人間が多い。馬鹿が賢い。
NOVAが怖いのは、楽しいからだ。そういう、楽しいものが怖くなっている。
語学は悪い。やっても身につかない。やるだけ意味が無い。
もっと他の身につくことをやりたい。とはいっても、ピアノも出来ていない。
論述して、仮定と結論から推論して、答えと可能性と実現性を考える。また、実験して、確かさを知り、何がどのようにすれば出来て、分かるのかを考える。そのような、正しい考え方をいつも分かっていた。
真面目に考えれば分かる。場所と時間のことを考えれば良い。考え方を考える。
この文章には、内容が無い。そんなに形だけ文章を思い出すのが、一番おかしい。
次元などの考え方を考えても良いが、もっと真面目に新しい場所や時間のあり方を考えても良い。普通に考えれば良い。それで分かる。
全ては人間が作り出している。そういう風に考える文章が多かった。
全ては人間が作り出したものであり、全ては人間が作り変えられる。
いつも、そういう文章を全部見て分かっているのが、僕の頭だ。
認識を比較して、変えられるのを分かる。そういうことを言っていた。
人間が分かっていることは少ない。だが、全ては人間が作り出したものだ。人間は、自分のことしか知らないし、そんなに多くのことは分からない。
ただ、自然発生的に生まれているこの世界のことは、正しい考え方で考えれば、何でも分かることが出来る。そして、実現出来る範囲のことは大きい。
そういうわけで、実直に考え、真実を見極め、目の前のものに取り組み、理性的かつ合理的に組織を作れば、実際のところ、変えられるところの分析から、何でも出来る、何でも分かる、何でも考えられるのが人間だ。
そういう風に、世界を人間が司る考え方のような文章が多かった。
いつもの文章は止めた方が良い。本当にキモイ虫みたいに見える。文章は賢くない。
もっと普通に考えれば良い。もっと見極めて、大局的な視点を持てば良い。
全てのことは、自然に変えられて、自然にプロセスを積み重ねて把握することが出来る。
あとは、細かい分析から、個人主義全体主義の分析や、もの作りと組織作りの分析などが考えられる。そのような分析をしていただけだ。
全ては人間が作り出している。そして、全てはそれぞれの視点で変えられる。その視点は、小さいものもあれば、大きいものもある。それは、ある意味馬鹿に見えて、正しい真理だ。そういうことを言いたかった。
昔の文章は、馬鹿なのに賢い。オープンソースは多彩な文化が芽生えると言っていた。
戦いは良かった。良い体験だった。一番辛かったが、頑張った。
最近は、自分の人生と経済学を書いて、哲学といつもの文章を書いている。
自分が一番賢いなら、それで良い。不思議と、それくらいの馬鹿な作家が自分だ。
あとは、本当に自分の人生の段階のようなことを言っていたに過ぎない。
いつもの文章は、無視して書いた方が良い。その方が賢く見える。いつもの文章は、馬鹿なのに賢いから、本当に馬鹿に見える。
もっと、自由とモデルで考えれば良い。それぞれに出来ること、知り得ることから、この世界のことを大局的に考えれば良い。そういう風に文章が多かった。
あとは、資本主義と帝国主義を個人と組織、消費と生産から考えるとか、馬鹿な構造をいくらでも作っていた。個人が消費で、組織が生産になるか、個人が生産で、組織が消費になるか、など。どうでも良いから、あまり分からない方が良い。それくらいの馬鹿なレベルの社会学をいつも考えていた。オープンソースについても考えていた。
そういうわけで、自由な人間だった。あとはロシアの歴史ぐらいがあった。
これは、消費を個人的に全体で決め、生産を全体で、個人で作るものを共有するのが良い。
そういう、アホな意見のようなことを言っていたが、いつもそういう、言葉遊びのような構造化と意見のような内容が多かった。
現在の資本主義においては、消費は個人、生産は組織で成り立っている。全体主義の場合、生産を個人で、消費を全体で決定する。これは、ロシアや昔の日本のようなことを想定している。計画経済を考えた。他にも個人主義全体主義を考える文章が多い。
自分はもう分かった。もう分かっている。
あとは、重力から宇宙が出来た、みたいな内容が多かった。
また、メタ的な考え方のような内容が多い。
そして、愛を与えた、とか、自分の人生のような内容が多かった。
思い出すと、汚染された地域みたいに辛い。精神がおかしくなっている。
あとは、心や社会、抽象的な内容を、作って捉えて分析する、そういう文章が多かった。
正しいことはいつも正しいと言っていた。
馬鹿なのは、誰が見ても馬鹿な内容だ。皆を馬鹿にする。知性が無い。虫みたいにキモイものにどんどんなる。だが、昔が賢かったせいで、真理のような賢いことを言っていた。
地球と宇宙がどのように生まれたか、生きる中でどんなことがあって、考えられるか、社会はどんな様相をしているか、正しい考え方とは何か、人生の中でどんな真実と真理があるか、のような内容をいつも、分析して書いていた。
思い出すことで分かった。
そろそろ、馬鹿馬鹿しい、いつもの文章を分かるだけは終わった。
もう全部分かっている。この、哲学といつもの文章は賢かった。人生と経済学より賢くなった。何故か、自分が一番賢いのが自分でも分かる。どうでも良いほど馬鹿だ。
実存と現象学の哲学のような内容が一番多かったが、経験論も色々と多かった。
自分の文章は、聖書と同じだ。ヘーゲルとも良く似ている。
聖書は、戒律、歴史、詩、そしてイエスによる経験論の哲学になっているが、自分の文章が良く似ている。聖書で分かる人間が多いのは、昔からヨーロッパとイスラエルには聖書しかないからだ。全てが聖書で、聖書が全てだ。そういう風に分かる。
あとは、社会の成り立ちのようなものを考えていた。
社会は、労働者、政治家、自由な人間、学生、学者、子供、老人から成り立っている。
それぞれが考えて、それぞれが影響力を持つ。
組織は自由に生まれ、ある時は集合知的に、ある時は離散的に社会が発展する。
もう、書けない。そろそろ書く意味が無い。もう分からない。
もっと考えれば書ける。いつも考えていただけだ。もっと真面目に考えれば良い。
昔は賢くない。本当に馬鹿な支配者が書いている。馬鹿な人間だが、分かっていた。
最初から考え直すしかない。放送大学をやると良いだろう。辛くても頑張っていると、賢くなる。賢い人間は、頑張っている人間しか居ない。
自分は、馬鹿になりたいのがおかしい。普通、賢くなりたい。
賢くなると、分かる。馬鹿になりたい人間は、賢くならない。馬鹿は、こういう風になる。何も賢くない。賢い人間の方が楽だ。馬鹿になりたいのはおかしい。
馬鹿になりたい人間は多い。そういう人間は、こういう子供みたいな人間になって、楽になる。馬鹿は楽だ。おかしい。馬鹿はただ辛いだけ、しか居ない。
楽をすることや、生き延びることだけを考えるのがおかしい。夢を持って、色んなことに挑戦すれば良い。それが一番楽になって、賢くなる。馬鹿は分かっていない。
人間性と文化のような内容が多かった。日本や外国の文化や価値観を書いていた。
賢くなると治る。要は、もう賢くなって良い。もう一通り分かったから、分かるだけの馬鹿は終わりだ。こういう馬鹿に分かる人間が多い。馬鹿は、ここらへんでどん詰まりになっている。そういう人間が多い。
あとは、情報のあり方や、コンピュータにおける社会の形成、オープンソース社会のようなものを書いていた。本当にそういう内容が多かった。
場の分析から、人間の歴史や時間のあり方のような文章を書いていた。
そういう、仮想的な、ネットから分かる社会学のようなものを書いていた。
本当にそれくらいしか無い。それくらいの馬鹿な文章だった。
資本主義と全体主義の比較で分かった。本当にそういうものを書いているだけだ。馬鹿になっているのは、馬鹿になるとそういうものが分かる。馬鹿は分かる人間が多い。
分かった。分かってしまえば分かる。
いつもの文章が分からないせいで、自分の人生が分からなくなった。
人生のことを、何も覚えていない。
昔は実存主義の哲学者で、こちらはキリスト教徒の革命家で、最近は学生だ。
一行書いていた。全部一行書いていた。
思いやりや、愛の使者、右翼のような左翼の内容が多かった。
現実では、生と死の戦いや、生まれ変わりの体験、革命と神との対話が多かった。
何も分からなくなって、神に頼るようになった。そういう馬鹿が自分だ。
昔は、キモイ引き篭もりがUNIXPerlで賢くなっただけだが、そんなものすら出来なかった。やっていると、オープンソースで認識の哲学と積み重ねの数学が分かった。
思考で人生が分かった。何も分からないまま、4年考えて分かった。誰でも出来るようで、難しい。昔をやるためには、一度中学校で優等生になって、ゲームをする必要がある。賢い人間なら、誰でもなれる。アリストテレスのような、まともな賢い人間だった。
最近の自分のせいで、世界が賢くなった。自分になると、おかしいぐらい賢い人間になる。それも、慈愛の心のある良い人間になる。そういう、自分の宗派を作ったのが自分だ。
パソコンは出来なかったが、ロボットのようなものを作った。
あとは、詩文学が出来て良かった。賢い作品がまともに一生で1つ作れたから、それで満足すべきだ。それで終わりだ。一番賢くて、辛い時期に書いた。病院は辛かった。
もう昔が分かった。昔から、自分は人格がおかしい。
意識で狂って分かっている人間が多かった。今から、そういう人間になる。
意識で分かると分かる。意識と人格で分からないと、何も分からない。
ヘーゲルのように、絶対精神を作った。昔は、それだけの人間だった。
細部から分かると全体も分かる。いつも同じならそれで正しい。
分かってしまうと、誰でもそういう風に分かる。本当にまともになった。
もう解放された。解放されると、誰でも昔みたいに分かる。
もう皆も解放される。もうこのおかしな分からない地獄は終わりだ。
あとは、賢い考え方のようなものを書いていた。
全ては、完全に支配するか、完全に自由にするか、完全に平等にするか、自由と平等のバランスを保つか、奴隷にして従属するか、代表を選ぶか、共同体にするか、何もしないか、正しい社会にするか、可能性のある社会にするか、だ。
あらゆることを知り尽くして、自由自在に考えた。
歴史から、全ての真理のようなことを知った。
意見し、人生を知り、社会の構造を知ることから、真実を知った。
世界観から、本当の理想の社会を知った。
全てを実現する方法を知った。
もうガブリエルに戻った。馬鹿な普通のラファエルは終わりだ。
ラファエルは賢い人間だった。ラファエルも多い方が良いから、こういう風になる。
昔になると、もう終わりだ。もう楽だ。何も起きなくなって、きちんと分かる。
昔は、分からない内容を良く考えて分かっただけだ。
思い出して、照らし合わせて考えた。そういうわけで、分からなくなると出来る。
大人には分かる人間が多いから、分かる人間には出来ない。子供に出来る人間が多い。
分かってしまうと、普通に考えれば分かる。
ネットには、きっかけがある。ネットを見ていると、色んなことを考えるようになる。
あとは、自由な行動において、どんな知性が必要か、でも考えれば良い。
何が自由かは、いつも言っている通り、体験や構築や習得だ。それは、人生や社会が変わって、自由な知性でどんな基盤が構築されるかを考えている。自由だ。
自由は要らない。自由は止めた方が良い。ネットの自由で分かる人間は、こういう人間になる。悪くは無いが、辛くて狂っている。自由はおかしい。分かるのが間違っている。
昔から、分かるのを考える。分かる、作る、出来る、を考えると、体験と構築と習得になる。それが自分の文章だ。そろそろ終わりだ。
昔は、ものや社会の応用や、科学などの応用的なことが多かっただけだ。
もう、子供に戻った。
あとは、コミュニケーションのようなことで分かっていた。そういう子供だった。
子供は賢い。仏教のように分かる子供だった。そういうわけで、これで大人は終わりだ。
昔は、きっかけやチャンスのようなことから人生と社会を分かっていた。
ネットで賢かった。最近、ネットで賢い子供が多い。ネットには本当に子供しか居ない。
あとは、人生のことや記憶のことを書いていた。
神は、宇宙人や黒人など、色んなものに替わる。それが自分をドイツ人と言う。
そろそろ分からない。
世界の構造を作って、この世の全てを書いていた。
前提条件を考えて、手段を成り立たせた。
覚えていない。もう覚えていないが、もうきちんと分かった。
最初から分かるのが分かっている。歌手を見ているとそう見える。未来のことを言っている神も多かった。未来は、過去よりも先に決まっている。
宣言と永遠の体験が多かった。宣言で人生を成り立たせた。
あとは、数字のロボットが多かった。数字を信じておかしくなった。
神は、ユダヤ教の神だ。何でもかんでも色んなことを言う。最近のことを言っている。
昔は、パソコンのことや人間の活動のことを知り尽くして分かっていた。
実地的に体験と出来事を考えて、想像力から知識を知り尽くした。
そういう、マスターのような賢い大人だった。そういう人間を書いていた。
経験から良識と事実を知った。そういう、賢い人間だった。
いつも言っているが、歴史のことが分かっていた。
自立した、理性と経験のある、善悪の分かる賢い大人のような人間だった。
人間の意図や目的を考えて、考え方や可能性が分かる、正しい賢者だった。
社会のことや制度が分かっていた。そういう、まともな大人のような人間だった。
皆の分まで、何でも自分で変えて、実現出来るのだと思っていた。
引き篭もりがまともな大人になった。
想像力があった。経験から意識で、地域のことなどを分かっていた。
人間と体験を想像力で予測して分かっていた。考え方とパターンが分かっていた。
人間的な本質と人間性から、自在に社会を実現出来る人間だった。
環境を実現していた。手助けとシステムの構築から、ネットとパソコンを分かって、聖書のように人間を分かっていた。
キリストのような人間だった。全て分かっていた。世界を救える人間だった。
理想の社会が経験と実体験から全て分かっていた。自分で理想を実現出来る人間だった。
自分が世界を変えられるのが好きだった。
いじめは悪い。自由はいじめだし、不自由な平等もいじめだ。いじめを無くすためには、自由を無くして、不自由にもすべきでない。どちらもいじめだ。
場や環境を成り立たせていた。自由にするためには、本当に自分と同じように相手を尊重すること。それでいじめは無くなる。自由なまま、本当に配慮して平等にしなければならない。本当に立場を尊重すること。あとは、自分になると良い人間になる。
平等な尊重から平和な環境が生まれる。そのように、視点を成り立たせて考えていた。
昔は、手助けと、支配への反抗、そしてシステムの構築ぐらいが多かった。
自由とは、本当にその人のことを許して、信じてあげること、実存の自由を考えることだ。
本当にその人の自由にすれば、悪いことをしなくなる。
そういうわけで、自由は悪くない。本当の自由が無いのが悪い。
選択肢を提示して、手段と能力と経験を与えて、情報のある環境を与えることが、理想だ。
皆を自由にするためには、社会インフラを自由にする必要がある。そのためには、教育と福祉を変えること。それが一番自由だ。
権力は、独立性を高めることだ。それが一番正しい。分散はしなくて良い。もっと融和して、連合のようになった方が良い。帝国主義は、植民地の理念を除いて正しい。
皆の帝国になって、独立性を高めること。それが一番正しい。
欲を捨てて、欲望を必要としなくなること。純粋な経験から、邪心を捨てて、何も期待しなくても満足のいくようになる。そのためには、経験と心構えが必要だ。
執着心は間違っている。最初から何も必要としなければ良い。受け入れて、欲を捨てることだ。それだけで、地獄は仏の道へと変わる。
正しい瞑想は、精神を脱出することに繋がる。
ただ、普通の人間が賢いだけだ。哲学や仏教はそんなに賢くない。普通の人間といくらでも話をした方が賢い。誰でも、普通の人間に賢い人間が多い。
皆、それぞれかけがえのない存在だ。そういう風に考えれば良い。皆、大切な人生だ。
あとは、知れば知るほど分かる。知り尽くせば全て分かる。
昔は、知っているせいで知性が無くなった。それがおかしい。
もっと新しく知れば知性がつく。全部知っているのがおかしかっただけだ。
知っていることを忘れた方が良い。
もう何も覚えていない。
知れば知るほど分かる人間は多い。知性がある。そういう人間のことを書いていた。
経験論的な観念論のようなものを書いていた。
経験から、人間は新しいことが分かる。理性は、全ての基本から、応用へと推論することを可能にする。経験と推論によってしか、人間は分からない。
あとは、色んなことを言っていた。
機械は原理と設計と部品であり、国は国会と選挙と税金である。
そのような、世界にある色んなことを言っていた。
もっと賢いことは、例えば、多様な社会とか、集合知とか、そういうことを言っていた。
もう覚えていないが、もう分かったからそのうち分かる。
社会は、会社であり、組織であり、法律であり、警察である。
助け合いと協力による、依存社会が自由だ。そういうことを言っていた。
個人の社会と全体の社会のような、比較社会学が多かった。
あとは、宇宙人が多かった。
宇宙には、会社のようなことをしながら原始生活をしている宇宙人や、空飛ぶ車のようなものを作っている宇宙人や、全部王を体験する機械を作っている宇宙人が居る。
社会から社会を生み出したり、人生を逆戻りしたりする。資本主義で所有の共有をしている宇宙人も居る。そういう宇宙人が多い。
それらと対話していたが、つまらなかった。おかしな生命が宇宙に多い。
あとは、前世を分かっていた。前世のロシア人は、日本人と何も変わらない。違うのはドイツ人だ。そういう、前世や宇宙人は、全部今の自分のことを言っている。
ニーチェが神とは、ニーチェのような人間が自分なのを言っている。
神は、いつも今の自分に言っている。自分が普通だと言うのは、その言っている時の自分が普通なのを言っている。そういうわけで、今はもうドイツ人ではない。どこかの人種だ。
最近は、音楽が多い。ポルノグラフィティが言っているように、自分が自分の恋人だ。世の果てでは空と海が混じる。そういうことが本当に多かった。
あとは、おかしくなっているのを治せば良い。
間がなくなって、永遠のように速くなっている。
言っていることとやっていることが逆だ。
分かっている通りやるのがおかしい。
全部予測して、全部正しく分かって、その通りやっている。
もっとおかしな点は多い。
意識を殺して分かるのはおかしい。
自分を破壊して分かるのはおかしい。
分かってすぐに書くのが一番分かっていない。
止まっている。世界を止めて、自分を止めるのはおかしい。
一歩も前に進んでいない。足踏みしているだけだ。
生と死の永遠を体験して、男と女の対話になっている。中世のドイツ人になった。
ヒトラーと同じになっている。それが神だ。
そろそろおかしい。もう治った。きちんと分かったから、終わりだ。
もう昔が思い出せる。
正しいことをしなければ、間違ったことは出来ない。
同時に、間違ったことをしなければ、正しいことは出来ない。
そういう、規律や真理のようなことを全部書いていた。
大日本帝国は悪いが、アジア帝国は良い。中国からインドネシアまで、全部制圧して、アジア帝国にする。それも1つの理想ではある。だが、悪い。
オープンソースは、分散したプロジェクトの集合体だ。オープンソースは、社会主義の成功例である。共産主義の典型例である代わり、きちんと成功した。そのうち、本当に賢いものになる。最近は、Windowsより先を行って賢くなっている。
あとは、関係を考えていた。
テレビとリモコンの関係のように、一部と関与の関係を考えて、条件や構造にしていた。