「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-08-03

=2015-08-03=

ワードからコピー

辛くなりたいと治る。楽になりたいと治らない。
いつもの戦争を怖くないと思えば楽になる。
楽や安心が怖くなった。何も無いが怖いのはおかしい。
書かずに思考すれば治る。
辛いのが起きるのが怖い。
要は、本当に辛い方が楽だ。
一瞬になって、止まっている。ロボットだ。
辛いのを望めば良い。地獄の苦しみを望めば良い。
ただの辛いだけになると、楽になる。脳が分かる。
普通、辛いと治る。治り方を脳が分かると治る。
最近は、地獄の苦しみを望むようになった。それで治る。
昔は、全部の知性があっただけだ。
もう治った。昔が分かる。
昔は、感情で全て分かっていた。自由と行動で本質を分かっていた。
行動と成り立ちと変化が分かっていた。
想像力があった。経験と思考で実際を分かっていた。
あとは、社会のモデルや想定、そして人生経験で分かっていた。
社会における経験を考えた。人生経験を考えた。
時計が治る。時計のせいでここまで分かった。
仕事の経験、社会の経験、人間の経験を想定して分かっていた。
最近は、普通を考えて分かっている。
少数の法則から、あらゆる定義と定理まで、物理を全部創った。
戦争の時代に戻る。怖いと思っているのは自分だけだ。それで皆も楽になる。
場と心理を支配して分かっていた。
賢くなりようが無くなっている。それを治した方が良い。皆も治る。
意識の中では、過去と未来は同時に存在している。
分かっているのは、ただ分かっているだけで、全体としては分からない活動をしている。
女は最初から守られる生き物で、男は守る生き物だ。
考える部分と書く部分を融和すれば治る。
環境が自分で無いのはおかしい。それで、辛いのに辛いのが分からなくなった。たまに一番辛くなる。環境を自分にすれば治る。
植民地は、左翼から見れば、奴隷で、白人支配だが、右翼から見れば、持ちつ持たれつで、両者にメリットがある。ソ連なんか、同じだ。
植民地は、経済的な覇権争いだが、経済的な収支はむしろ、取れていないことが多い。
フランスと旧植民地の国は、今でも仲良くしている。嫌い合ってはいるが、それでも、フランスの植民地文化圏として、仲間のようにやっている部分もある。
それに、文明化はおかしくない。アフリカの貧困を見ていると、強制的に日本にすれば良いように見えることも多い。フランスなどは、それをしたかっただけだ。
奴隷とは言うが、フランス人にとって植民地化とは文明化である、と意識されている。
そういうわけで、フランスは結構、押しつけがましい国だ。
英語は、また後でやる。あまり意味が無いから、英語についてはもう書かない。書かなくても毎日やっているから、それで良い。これ以上、あまりこの文章を書きたくない。
昔は、社会における経験を考えて、想定して分かっていた。
手と脚がそろそろついた。治った。もう何も辛くない。バラバラになっているのが、本当に辛かった。止まっていられない。動いていないと気がすまなくなっていた。
国家は、分散して自由に選択すれば、自由に出来る。
昔は、コンピュータの世界を知って、環境を思い出して考えて、ものごとを考えて、自由な行動や経験を捉えて、ものごとを捉えて、順序や経緯を考えて分かっていた。
平和は自由であると考えていた。戦争も民衆が望むなら自由に出来るべきだとしていた。
むしろ、平和にも悪い点がある。平和ボケして馬鹿になる。戦争が良いことも多い。
フランスは間違っていない。完全に正しいのがフランスだ。
戦っていると、分かる人間が多い。人間は、一人戦っていると分かる。
最近辛いのは、戦いたいのに戦いたくないからだ。もっとまともに戦えば良い。
倒すべき敵は、マイクロソフトとテレビと学校だ。それらが悪い。
まともに戦えば良い。だが、殺したりはしない。適当に反抗していれば良い。
昔は、町や歴史を考えて、人間の中身や学校環境を考えていた。
戦いは、無益なことが多い。戦うよりも、もっと別の解決策がある。きちんと理解し合って、お互い努力すれば、もっと違った解決が出来る。解決策は無数にある。無限にあると言っても良い。きちんと解決すれば良い。また、問題の根源や原因も無数にある。何が悪いかを一概に言うのは難しいが、それでも、解決する時の検討課題として、どこで起きた何が本当に悪いかを再検討するべきだ。ただし、戦いにも意味がある。戦うべき時は多い。
出来るだけそのままで、戦わず、争わず、必要なところだけを解決する、そんな解決法があっても良い。
正しく考え、正しく改善すれば、どんな世界も良く出来る。
だが、最近の僕は、その逆だ。全てを創って、全てを変えて、全てを成し遂げる。
そのために全てのことをする。そういう、偉大な王のような人間になった。
問題の解決方法のような内容が多かった。
昔から、解決が一番多い。特に解決を考える。
それは、もっと好奇心旺盛に考えれば、カントのようになる。
足は、死にたいと言っている。死にたいのはおかしい。死にたいのを止めれば治る。
最近、自分の人生は良い人生だ。
要は、辛いと思うのがおかしい。何も辛くない。そのうち、楽になるだろう。
あとは、最近多いようで、昔から、芸術家、学者、聖職者、王のような体験をしていた。
理想とは、存在意義である。
存在意義とは、平和であること、自由であること、助け合うこと、平等であること、人間的であること、思いやることである。
全ては、本当に自由な中で、何が出来るかを、それぞれの分かる視点で考え、意見を共有し、自由に議論し、社会へと還元し、自分の立ち位置を全体の中で知ることである。
平和とは、本当に全員を平等に愛し、幸福にすることであり、それによって争いを無くすことである。
本当に正しい機械は、平等の中で生まれる。自由の中では、金儲けのための機械しか生まれない。それが、オープンソースマイクロソフトだ。
平等とは、マイノリティのことも、マジョリティと同様に考えて、対等に扱うことだ。
自由にすることが平等につながる。それぞれの共同体が自立して考えることで、それぞれは好きなように出来る。それは、もう平等な領域における自由だ。
ただ、それは自由では無い。何故なら、弱い。そういう弱い自由が、ドイツにも多い。
本当に大切だと思う気持ちから、個性が生まれる。
何故か、どうしてか、どうなっているのか、本当は何なのか、自分からどう出来るか、自分の行動や体験とどう関わるのか、考えれば良い。
何故かは分からなくても、どのようになるかは分かることが多い。そこから、何をどう出来るかを分かる。本当は何かは分からなくて良い。そこでは、原因と条件と解決方法だけが存在する。そのように考えても良い。医学のように考えれば良い。
そういうわけで、神とは何なのかは分からなくても、神のような現象は起きる。
本当の理由が何か分からなくても、その通りに起きる。いつでも正しいことしか起きない。意識しなくても、知覚しなくても、分かり得ない領域でも、自然法則はその通り起きる。そのように考えると、宇宙の法則は既に科学ではなく、仏教的、宗教的なものになる。
戦うこと。いつまでも永遠に戦い続ければ、負けない。勝つまで戦えば、いつか勝てる。
そのように、ヒュームのように自然法則を考えれば良い。
そこが出来ると、ブッダが出来る。ブッダは、きちんと考え方が分かっていて、社会や人間のことも全部分かっている。昔の自分と変わらない。自分は、ネットで分かった。
あとは、考え方を分かっていた。考え方や認識のことをネットと経験から全部分かった。
最近賢い人間が多いのは、昔の自分になっている。ネットのせいで賢くなった。
だが、それは、そのうち狂って辛くなる。そのまま死ぬ。
そうなるのが怖い。すぐにそうなる。皆自殺して死んで行く。
ただ、それは無い。世界を支配出来ると妄想するのが悪いから、そういう風に狂う。
何も起きていない。世界なんか、昔のまま、何も変わっていない。
テレビを見たくないのは、真実を知りたくないからだ。本当に真実が分からないのに分かるのが怖い。自分が悪いせいで、本当にテレビが嫌いになった。
戦ったのもある。テレビとの戦いが、最近一番多かった。テレビを治す、菩薩の戦いだ。
あとは、人間と人間の関係や、心理学を考えれば良い。ネットはおかしいから、そういうものが分かる。時間を考えることで、ハイデガーのように分かる。
哲学者を賢者とは言うが、賢者に見えない哲学者も多い。哲学者は、正しく世界を分析するせいで、昔の自分と同じことを同じように分かる。一番愚かな哲学者が多い。
昔は、そういう風に何がどうなるかを考えて、問題と照らし合わせて分かっていた。何をどう出来るか分かっていた。
何か、まともな本を読んだ方が良い。それで分かる。ネットは怖いから見ない。だが、ネットを見れば分かる。
あとは、環境と人間、視点と心の相互作用のようなものを分かっていた。
女なんか、ただ開いているだけで、男なんか、ただついているだけだ。
男と女なんか、意味が無い。僕は、恋愛なんかしたくない。
あとは、基盤と自由のようなことを考えていた。プラットフォーム的な自由だ。
生態系も社会も、全部基盤だと考えていた。
恋愛しないなら、神との対話が終わる。ただ、キモイ同性愛の恋愛をしているだけだ。
そうでもない。男と女のカップルにしたのが、対話だから仕方ない。
ヒトラーは男だ。ヒトラーは、自分が女に見えて男なのが悲惨だと思う。
そういうわけで、キモイことを全部やっているから、虫みたいにキモくなった。
自分は、ヒトラーより上の帝王だ。見ていると、ヒトラーは自分に従っているだけだ。
ソ連は、ロシアと言うおかしな国がやったのが間違っている。他の国がやれば成功する。
何故か、ドストエフスキーを読んでいると、シベリア送りは昔からロシアにある。
つまり、ロシア帝国シベリア送りをそのままやっているのが、ソ連強制収容所だ。
ロシアは悪い。中国がやって良くなるなら、ソ連社会主義体制が悪いだけだ。
もっと違う国がやれば良い。日本が社会主義をやれば成功するように見える。今の日本も、昔の日本も、見ていると、成功した社会主義の右翼の国だ。
あとは、色んなことを突き詰めて考えれば良い。原因から原因を辿って、根源的に考えていけば良い。時に、仮想的なモデルを作ると良い。それで経緯と問題が良く分かる。
あとは、日本語を考えていた。形容詞や冠詞や動詞は、論理的で本質的な意味にして、デカルト的に意味を増やすべきだと言っていた。
そして、格変化を多様にすれば良い。もっと格変化を応用して、普遍的・個別的な意味を考えるようにすれば良い。
足は、死にたいだけだ。もう死にたい。それなら、死ねば良い。死にたい人間は、すぐに終わって、すぐに死ぬようになる。そういうわけで、死にたいと早く賢くなる。
自宅で色んなことが出来るのは、悪くない。差別せず、自由に参加出来るようにする。それこそ、オープンソースだ。1つの理想は、自宅とネットで全て出来ることだ。
大学以外に研究手段があり、会社以外に生産手段があれば良い。そこから、新しい社会、高度な社会や単純な社会が考えられる。一番の例がオープンソースだ。成功はしないが、可能性はある。もっと手段から考えると、何かの形で実現出来るかもしれない。
そういう想像力があると、自由な発想が良く分かる。都市の景観を変えても良いだろう。色んなところに広告や看板をつけることも出来るだろう。地球儀のようなモニュメントも考えられるだろう。新しい自然言語を作っても良い。
時間や空間を視覚化して考えるのが好きだった。空間の見え方や、視点と像などを考えていた。地球儀を作ると言っていたし、芸術は視点だと言っていた。
あとは、方法を考え、知ることが好きだった。いつもの文章は、そういうことを言う。
会社は、方法を知り、知恵を集め、それぞれが合意するように組織を作るべきだ。
それぞれが労働基準と労働・給与内容に合意して、不自由を受け入れれば良い。
だが、会社には何も出来ない。特に外れたことが出来ない。オープンソースなら、外れたことをいくらでも出来る。
オタクは金を払わなくても、好きなものを作りたいために作る。そういうものだ。
環境への適応、基盤と参加、そして設計と共有から、世界の変化可能性を分かっていた。
オープンソースが好きなのは、おかしくない。だが、オープンソースの問題は、会って話し合って決めず、ネットで決めることだ。そのせいで、統合的なことが出来ない。それぞれのプロジェクトの端で頑張るしかない。ニッチな分野は出来るが、統合的な分野が出来ない。そういうわけで、GUIやグラフィックが出来ないのがオープンソースだ。
そうでもない。最近のGNOMEKDEは賢い。きちんと美しくなっている。
どうでも良いほど、オープンソースがキモイのは当たり前だから、誰も言わない。
環境への適応と意識は、創造性のある社会なら誰でも出来るが、最近は何も無い社会だ。創造性は多いようで、そういうものに否定的な人間が増えた。リベラルより保守が好きな人間が多い。会社にリーダーシップのある良い人間が多いからだ。
こういう風に、何かの原因を何かである、と考えるのは、良く考えると誰でも出来る。昔は、そういうところを洞察して、視野を広げて考えていた。
昔は、自分の経験で、ジョブズのような賢い人間が分かっていた。
2ちゃんねるの経験が特別多かった。オープンソースに関しては色んなことをしていた。
自分が一番賢い。誰も分からない中で、自分だけ分かっている。
ただ、それは寂しいだけだ。
自分の経験で、ジョブズイチローがどんなことを考えているのかが分かった。ストールマンが本当は何をしたかったのか良く分かる。そういう、経験のある人間だった。
そういう、賢い人間のアイデンティティや価値観を良く分かっていた。
決めるのは、有益に見えて、無益だ。決め直した方が良いかもしれない。もっと疑って、決める前に良く考えるべきだ。すぐに信じるのは、信じていない。
もっと、「かもしれない」や「はずだ」を考えれば良い。「だけだ」や「要は」は間違っている。もっと、疑った方が信じている人間が多い。分からないのは、信じないからだ。
信じれば良いのかもしれない。それくらいを思えば良い。
何も信じないのはおかしい。社会の価値観を信じれば良い。昔から、社会の色んな価値観を信じて分かる。昔はそういう人間だった。日本の色んな社会を信じれば良い。
あとは、ネットの価値観や、場の価値観、人間関係の価値観を信じれば良いだろう。
もう分かっていることしか分からないから、おかしな人間になった。
まだ分かっていないことを分かれば良い。それできちんと分かるかもしれない。
「かもしれない」は、疑っているようで信じている。「だけだ」は、信じているようで疑っている。そういうわけで、信じる人間は疑うようになる。疑う人間は信じるようになる。そういうわけで、カルトにこういう人間が多い。ユダヤ人は何も信じない。
宗教は、信じるようで信じない。それが、本当に悲惨な人間や地獄の人間になる。何も分からないのが宗教だ。キリスト教は、分からなくなって分かる人間が多い。それが一番きちんと信じている。つまり、何も信じない方が良い。
神を信じるとは、存在を信じることではなく、教えを信じることであり、従うのではなく、任せて、神の導きに委ねることである。
国家による権限を強くすれば、町を美しく出来る。そういう、出来ること、実現出来る可能性や発想、そのための手段のようなことを考えていた。
辛かった。もう意味が無い。本当にただ辛かっただけだ。
意味が無いから、止めた方が良い。この文章は、悪魔の聖書だ。
昔は、あいまいな土台の上にガラスの城を作った。
最近は、大量のごみを浄化して天国の楽園を作った。
どちらも自由だった。そして、どちらも神のように賢かった。
もう終わった。神との対話が終わる。
何もかも、見境のないエゴイストが、どこまでも狂わせる。FLOWがそれを言う。
自分の声が風になり、涙が雨になる。ファンモンが同じことを言っていた。
自由だ。神は終わりだ。もう、この世界は、神と関係が無くなって、自由になる。
あとは、経験、パターン、心理で分かる発想法のような内容が多かった。
この文章は、偽りを塗り固めた箱庭だ。AAAが言っている。
昔は、何をすれば出来るかから、実現性のようなことを分かっていた。発想法もそういうものだった。何をすることが出来て、すべきなのか、発想と実践が全部分かっていた。
きちんと信じれば分かる。そのためには、神なんか信じなくて良い。もっと、この世界の皆のことを信じれば良い。それは、賢くなった人間には難しいものだ。
人間関係から、人を信頼するとはどういうことか、支配や反抗とは何なのか分かった。
そろそろ、最近の自分を治すべきだ。
治らないように見えて、ただ、辛いことはすぐに止めれば良い。
おかしくない。この文章を書いているだけだ。そういうわけで、書くのを止めれば良い。
まだ書きたいなら、書く自分と書かない自分を分ければ良い。
それは、多重人格に見えて、まともだ。書いている人間を、遠目で観察すれば良い。
仏教が言っているように、悟った人間は、混乱の中で平静な心であれる。昔から、自分もそういう人間だ。自分は、仏教とは独自に、正しい方法で悟っている。
自由になって、自由になるとはどういうことなのか、それが自由である意味とは何なのか、何が自由で、何が不自由なのか、自由を奪うと言うこと、自由で無くなるとはどういうことなのか、分かっていた。昔は、それくらいの馬鹿だ。
それ以上は、客観視して、何がどうなるのか、いつ何が出来るのか、を積み重ねて分かっていた。正しい法則性と相対性を理解した。
前後の流れとプロセスから分かっていた。そういう風に、普通に考えて分かっていた。
理由は、理由と思っているだけで、理由で無いことが多い。
本当に知りたいなら、答えは普通のところには無い。本当の答えは、自分で作り、経験し、知り、自分で作り出すものだ。
あとは、コンピュータを知り尽くし、調べながらまとめることで、研究的に、実地的に分かっていた。ネットの声を聞いて、民主党の政治家のように分かっていた。
実地的に感情を分かった。みんなの感情が分かっていた。
イスラム教の聖戦みたいに、テレビと戦った。殺したりはせず、導くだけの戦いだった。
国や基盤は、みんなの手で実現可能だ。
小説なんか、好き勝手に書けば良い。
小説は、雑誌に載れば良い。反響があれば出版出来る。
昔は、マルクスのように考えた。今からやれば良い。
生産は、価値とインフラの構造であり、労働は階層であり、実現や決定の階層と労働者の階層から成り立つ。
マルクスは、資本主義の問題を洗いざらい考える。それでもすれば良い。
マルクスは世界を変える哲学だが、自分の場合、あまり変えたくない。
小説でも考えれば良い。
学校は悪い。子供を強制せずに従えるのはおかしい。
アートスクールにでも行けば良い。イラストでも描けば良い。
昔は、それぞれの意志と影響力を良く考えていた。
小説は、ショーペンハウアーが言うように、主張すべきものを所有すると出来る。
信じなくて良い。その方が信じる。
忘れるだけだ。じっと見れば分かる。
心を物理にした。
これは賢くない。昔なんか馬鹿だ。
神が賢かった。対話で全て分かった。
表現、パターン、活動、行動、関係、構造、変化から想像力がつく。
想像力は、思い出せばつく。
あとは、科学的な発見の方法ぐらいを書いていない。
それから、自分独自に分かった内容を言っていない。
日本語は、数学に出来る。動詞を階層的にすれば良い。
法則は、法則でなく、単なる振る舞いであることがある。
言葉にならないことを分かっていた。
コンピュータは、応用出来る。そのうち、もっと賢い半導体とソフトウェアが生まれる。それに替わるだろう。
自動車に乗れないからと言って嘆く必要はない。そのうち、自動操縦になる。パスワードは、指紋認証になる。ハッキングもされない。
Googleが遠隔地で考えるようになる。
抽象的観念のようなものを全部考えた。システムや可能性や認識のようにしていた。
最近、病気しかない人間になった。
オブジェクト指向と日本語は良く似ている。ものと操作にするのが同じだ。
あとは、単純な定義や説明、記憶や回想のような、思い出す内容が多かった。
ただ、全部思い出して、ロボットを作っていた。何かのおかしな世界が、豊かな想像力によって生まれた。その頃は、想像力があった。何でも想像力で考えて、全て自由にした。
あとは、全部する人間だった。全部して分かっていた。
神ほどに分かっていた代わり、狂っていた。
可能性の段階、マスターへと至る道のようなことを全部書いていた。
何もしなければ治る。何もしなければ良い。
2ちゃんねるの言葉を覚えて、Linuxのマニュアルを書いていた。
自分の立場、立ち位置、状況、などを、客観視してきちんと考えれば分かる。
英単語は、今日はしないかもしれない。する気が起きない。そのうちする。
ブログをまた公開しようかと思ったが、とりあえず止めておく。
ブログの名前は、クロードとレナにする。
なんだかんだ言って、今日も英語をやった。16単語覚えた。
きちんと治せば治る。きちんと治しているだけだ。
あるいは、それがそろそろ終わった。もう何もしなければ良い。今日はもう何もしない。
一応、今日は歴史の日だが、フランス史の本をいくらか読んだから、良しとする。
精神が虫になっているから、虫を殺した方が良い。
パソコンは嫌いだ。クズだ。クズだ。クズだ。もうパソコンは使いたくない。
iTunesがまた起動しなくなったし、何だかおかしなドライバーサイトとか、ホームページにしませんかとか、意味の無いウィンドウが出る。
パソコンはおかしい。怖いし、途方に暮れるし、何も出来なくなる。
パソコンが一番嫌いだ。ネットは、ネットで怖い。色々と怖い。本当に死ぬほど怖い。
何も出来ない。執着を悪いとは言うが、パソコンが悪いだけだ。それが分かると怖くない。
自分を信じてあげた方が良い。自分を信じられないと、他人のことも信じられなくなる。
そんなにきちんと出来なくて良い。きちんとしたいと思うと、周りのこと全てに対して、きちんとして欲しいと望むようになる。他人についても、きちんとして欲しくなる。
最近、そういう馬鹿が自分だ。それで、おかしくなった。
悪いのは、パソコンだ。
パソコンがあまりに信用出来ない、悪く言うと恐怖の機械だから、そういう風になる。
解決策は、そんなにきちんとしなくて良いから、パソコンから離れること。
そうするしかない。そういうわけで、この文章も書かなくて良い。
きちんとやりたいのはもう止めた方が良い。
歴史なんか、適当にやった方が出来る。Wikipediaで王を1人1人見れば良い。それで明らかに終わりだ。歴史なんか、どうでも良い。
おかしくは無い。Wikipediaで王を見れば歴史は出来る。それはそれで良い。
もう何もしない。こんな風に終わるのは悲惨だ。だが、もう何もしたくない。
放っておくと、文字が読めなくなる。これ以上読まなくて良い。
外国の歴史なんか、ドイツ史で良い。それは、おかしくは無い。ドイツが好きだ。
英語は、発音まできちんとやろうとしている。それは悪くない。
放っておくと、NOVAに行っているせいで、英語だけが続く。ピアノも続く。
そうすると、それだけの子供みたいな人間になる。それがフレイヤだ。
フレイヤは子供の女だが、特に何もしない。むしろ、そろそろ、文章を書いたままフレイヤになれば良い。フレイはもう良い。おかしな右翼のヒトラーがフレイだ。
この世界はよどみなく動いていて、間違いは1つも無い。神を信じていると、それが分かる。こういう風に世界は完璧だ。何もかも、完璧な芸術作品のようにことは進む。それは、当人が賢くて、神も賢いからだ。何もかも完璧だ。完璧だ・・・。
問題は、一人だけ賢くなっても意味が無い。何もせず、誰とも関わらないまま終わるのはおかしい。そこがおかしいから、文章を書いて、こんなに勉強している。
もう死んだように見えて、僕はまだ死んでいない。
おかしいから、こちらを良い人生にした。最近は、青春の本から始まって、大人を3000ページ経過した後に、学者になって、もう死んだ。
歴史はもうしない。Wikipediaまで見るのは出来ない。馬鹿馬鹿しく見える。
もう、馬鹿になる。ただ、ならなくて良い。馬鹿にはなりたくない。
神から見ると、まだあまり何もしていない。本なんか何も読んでいない。虫けらみたいな知識を、そんなに大風呂敷のように広げまわす意味が無い。何もしていないだけだ。
昔の人生も悪くない。オープンソースで哲学のように分かって、テレビと戦いながら、神と対話する王になった。そこまで全部したのを、もう全く覚えていない。全部書いた。
そういうわけで、まだ生きているのがおかしいが、かろうじて生きている。
何故なら、死ぬ理由が無い。本当に、これで生きるのが正常な人間だ。
そういうわけで、放っておくと、何もしないだけになる。馬鹿にはならない。むしろ、おかしくなっている馬鹿が治って、まともな人間になるだろう。
昔の自分は、一人そんなに体験しても意味が無い。神のように分かっているどころか、神を馬鹿だと思いながら、馬鹿を全部分かっただけだ。
最近の方が良い。辛い中頑張ったし、哲学者のことについては全員全部知っている。
それに、神も色々と多かった。文章も分かった。
オープンソースなんか、何も出来なかった。
世界もそろそろ治ったようだ。馬鹿になって良いなら、すぐに治る。
そら。治るだろう。それで治れば良い。
ただ、考えたのは全部昔の自分だから、昔が賢かっただけだ。
そろそろ、日本語が分からなくなって、馬鹿になる。いつも分かっていないから、当たり前だ。そして、良い人間になるだろう。
そのうち、引き篭もりを止めれば治る。それに、世界を支配なんか、最初からしなければ良かっただけだ。後悔は、それくらいしか無い。
また、「全て覚えている」が起きた。最近起きなかったが、また起きた。
死ぬようには見えない。死なないのだけを覚えている。
昔多かったのが、「ほら」を言えば治る人間だ。ほら、と適当に言っていると分かる。
昔は、狂ったおかしな世界が多かった。
犬になったり猫になったりしている。死んだあとはロシア帝国のピョートルのような専制君主の王になると言っていた。
どうでも良く、こうなった。
最近は、姉が多い。姉に子供が生まれた。それらのおかげでまともになった。
最近は、自分を増やすだけだ。
もう、真面目に考えなくて良い。真面目に考えていると、分からなくなる。
そろそろ、狂った世界も治った。この世界を治して終わりだ。終わりだ!
思い出すと、革命、神、出版、病院などが多かった。
その前はもう全部分かっている。
オープンソースから語学へ夢が変わった。
何も分からなくなりながら、語学の本を買ったりしている。
日本語が分からないのはおかしい。日本語が革命なせいで、何も分からなくなった。
日本語を革命で無いと思えば治る。
もう分からない。あとは、馬鹿になる。
死んでも終わりで無い。普通にまだ続く。
神は、完全に適当に言っているだけを、極力制限して分かっているだけだ。
そういうわけで、適当だ。
あとは、思い出すだけが多かった。あまり意味が無いが、全部思い出した。
精神の中で分析することで、全て昔が書けた。そろそろ最後まで終わった。
終わってみると、あまりに早い終わりだった。
要は、病院に治っている。それで楽になった。
それを、それ以前に戻すしかない。それですぐに、怖くなって、分かる。
怖い代わり、全部分かっている。
全部治す。全て、一瞬のうちに治る。自分がやる。
そろそろ、昔の自分に治った。正しく治ったはずだ。
悲惨な人間になる。そこがおかしくは無い。
適当に話すだけをそろそろ止める。
そろそろ、中国人が終わって、インド人の黒人になる。
良く分からないが、そういうことを言った。
信じると本当になるから、信じない方が良い。
足が何故か治った。
ドイツ人が終わって、フランス人に戻る。それで、中国人が死んだ。
狂った人間になると治る。
だが、狂った人間は、そのままどこかへ墜落して死んだ。
世界は、本当に変わりすぎたから、止めた方が良い。いつものように止めれば良い。
それが一番辛いから、もう止めなくて良い。勝手にどこかへ行けば良い。
あとは、色んな人間を体験したのを洗いざらい考えて、おかしなものになる。
良く分からないが、本当に狂って治ったから、女はもう居ない。
あとは、全部頭が死ぬ。それで治る。そのまま、多重人格のようになる。
昔の自分に戻ると、狂っているように見えて、それが裏側にある本来の自分だ。
この文章を書いて覚えているのを忘れた方が良い。
女が死んだ。もう、息が出来なくなって、死んだ。意識がもうろうとして来ている。辛い。
僕は、まだ生きる。生きたいから、生きる。それで、狂った人間が死んで行く。