「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-26

=2015-07-26=

ワードからコピー

今日は、休みの日だから英単語はしない。
昨日は文章は書かなかったが、きちんと6単語やった。
悲惨に、辛い方が楽だ。楽な方が辛い。そういうわけで、辛くなると治る。
知性で考えていた。
努力に応じて給与を与えると、色んなものが買える。
植物は、水が生きている。水の集合体が生態系だ。
そのように、知性で考えて、世界の構造を作っていた。
インフラは、創造的なサービスの共有だ。
理解は、共有することで、社会を発展させられる。
あとは、自由と平等、民主主義、社会主義国家主義の経済・国家モデルを、成り立たせて考えていた。
生物学と政治経済をいつも書いていた。
数学の歴史などを考えていた。
決まりを初期投資のように考えていた。一度スケジュールを作ると、考えなくて良い。
哲学者の偉大な感情とは、驚きである。プラトンアリストテレスも言っている。
驚くこと。そこから、この世界の背景が分かる。
解脱とは、不要なものが何も無く、必要なものが全部ある、そういう境地だ。
解脱は、裏切らない。そういうことが仏教の本に書いてあった。
昔の文章は、もう全部分かった。言葉にならないが、分かった。
論理的に考えていた。数学的に分かっていた。そういう文章だった。
定義と想像力を考えていた。
全ての治す理解を作っていた。信じて分かっていた。
そろそろ、フレイが終わって、フレイヤになる。この文章は、もう書かない。
アメリカ人のマーク、あるいは、アユムやエリになる。
とにかく知性で考えていた。世界、政治、歴史、社会、そして自然や宇宙のことまで、全部知性で分かっていた。知性の構造から、世界モデルを作った。そこが分かると出来る。
英語は、単語と単語の関係性だ。
何事も、大した問題で無いと思った方が良い。世界が消えてなくなるわけじゃない。
何も問題は無い。自分が辛いのは、ただ、辛いだけだ。怖くない。
世界は滅びない。滅びても、大して意味が無い世界だ。
人間関係なんか、どうでも良い。何か問題が発生しても、すぐに解決出来る。
そういうわけで、何も怖くない。執着するのが悪いだけだ。
昔は、出来ることを全部やっていた。そのせいで辛くなった。
出来ることをしない方が良い。
英語は、日本語のように、英語の単語を英語の単語で考えると分かる。
そこまでしなくても、単語と単語の関係は考えるべきだ。1つの単語ではなく、複数の単語を、文章で考える。そういう、文を考えると良く分かる。
書くと辛くなるが、今楽だ。書かなくても辛い。そんなに頑張らなければ良い。
日本は、オープンソースと同じだ。特に、FreeBSDと良く似ている。
何もしなくても、放っておけばする。そういうわけで、日本にオープンソースは要らない。
あとは、脳や知性のような内容が多かった。
そういう、狂った内容が多かったが、世界が全部分析出来るのが賢かった。
肩が辛い。肩を休めれば楽になる。書く部分だと思う。そんなに考えるのが辛い。
神経が集中しているから、肩を休めれば楽になる。
今日は、スヌーピーのイベントをやっているのに行く。今から出かける。
自分は、抑圧した感情が多すぎるせいで辛くなった。
引き篭もりやネット、エロのようなものを抑圧しない方が良い。最初から見るべきでない。
自分は、フランス人のヒトラーとドイツ人のスターリンになった。
これにアメリカ人の普通を加えると、それで全員だ。若者には、それしか居ない。
新しい自分になるのを考えて分かっていた。サルトルのように考えて分かった。
自分は、最初から女の自分と結婚している。こういう人間が多い。普通に女だ。
スヌーピーには、今日は行かなかった。日曜日だから、駐車場がいっぱいだった。
平和が好きだった。自由と創造性が平和だと思っていた。戦争は嫌いだ。
認識は、経験的なものだ。それが考える基本だ。
哲学者は、認識を経験とした上で、経験を疑えば出来る。
誰でもこういう発想になる。
あとは、世界を救いたかった。経験から、世界を救う、レーニンのような自由だった。
きちんと正しく考えることで、キリスト、カント、ヘーゲルハイデガーマルクスニーチェサルトルのように分かった。
わたしの哲学入門に、哲学の発想の動機が難しいと書いてあるが、自分の場合、認識と経験をモデルにして、未知を捉え、未知を知り、そして世界を救いたいために、経験して、この宇宙を意識で分かりたかった。自分は、そういう哲学者だ。
自分は、哲学ではなく、世界史をすれば良い。世界を知りたいだけだ。それだけが誰にも伝わる。哲学は、もう誰よりも分かっているから、もうしなくて良い。自分は、哲学に向いていない。これ以上、大学で訓練を受けて、哲学用語で考えるのは、ありえない。哲学もオープンソースも十分やったから、終わりだ。これ以上プログラムを開発するのも、それはそれでありえない。パソコンもMITのように昔分かっている。ここからは、歴史と外国語だけを、本腰を据えてやれば良い。哲学や数学や文学は、適当にやれば良い。
ただ、文学は良いと思う。それこそ、歴史できちんと分かると、文章が書ける人間が多い。きちんと分かって文章が書けるのは当たり前だ。自分が一番良く分かっている。
政治経済は、しなくて良い。世界を知りたいだけで、普通の社会のことは、何も分かりたくはない。分かりたいとは言うが、それは歴史と一緒にいくらかやりたいだけだ。難しい経済学の本なんか、分かるわけがない。心理学も同じだ。適当にやれば良い。治りたいだけだから、心理学はいくらか出来るだろう。だが、精神科医の医者になるのはありえない。
昔のように積み重ねれば出来る部分もあるが、もっと基礎からやらなければ分からない。パソコンなら昔で良いとは思うが、パソコンなんかどうでも良い。数学者は、オイラーの公式を分かるように、きちんと頭脳を使って分かる、知識と知恵を知り尽くした人間しか居ない。大学の体得が分かると、難しくは無い。普通の学生なら誰でも出来る。
自分は、世界史をするが、そのためにはまず、日本史をするべきだ。
日本史の本も、いつか買った良い本がある。明日は歴史の日だ。まずはそこからだ。
ただ、歴史の問題は、見るとやりたくなくなる。あまり意味が無い内容だ。歴史は、しないかもしれない。
哲学なら、やりたいのが自分だから、そう言う時は哲学をやれば良い。
数学は、本当にやりたくない。もう昔分かっている。やる意味が全くない。
文学も悪くは無い。むしろ、本当にやりたいのは、政治経済と心理学だと思う。
そういうわけで、今日は政治経済と心理学でもやろうかと思う。日曜日で、休みだから、好きなことをやって良い。
情報もやりたかったが、ただ2ちゃんねるを見ていただけで、UNIXが分かって終わった。
あとは、心構えと思いやりのような内容が多かった。
分からないことは、信じるより、分かった、分からない、を置いておいて、肯定も否定もせず、そのまま吸収すれば分かる。
自分のことを信じることも大切だが、さらに大切なのは、自分のことを正しく疑うことだ。
そういうことを言いたかった。
あとは、自由な思いやり、助け合いや許すこと、そして存在について考えていた。
哲学者をやりたいのなら、知るべきはヤスパースだ。彼のおかげで、自分はヴィトゲンシュタインのように、哲学が全部分かった。だが、その頃はヤスパースなんか知らなかった。代わりに、ネットの仲間とコンピュータのこと、特にLinuxのことを知っていた。
心理学、哲学、経済学、文学は、もう出来た。歴史が出来ていないから、歴史で良い。
情報、数学、物理などは、昔もう分かっている。全て出来て良かった。
今からは、完全に歴史をする。そして、パソコンや哲学ではない、本当に数学的な考え方をする。そうすると、きちんと分かる。それで作家が出来る。
数学は、パソコンではない。昔は、情報で神ほどに数学が出来ていた。だが、それは間違っている。数学は知性がつくが、パソコンは知性が無くなる。馬鹿になって賢くなる。
人間や社会のことを考えるなら、日本史と世界史が一番良い。芸術のような内容から、人間のことも良く分かる。哲学者や科学者を知りたいなら、それも歴史が一番分かる。
だが、歴史にはあまり内容が無い。内容を求めるなら、数学、心理学、哲学、経済学を当たること。そういうわけで、歴史には、それくらいを全部知っている人間が多い。
まずは、フランス史の本を読む。途中からでも良いから、買ってある雑誌のような薄い本を読めば良い。次に、ヨーロッパ史や日本史の本も読む。世界史の本も読む。
一通りフランス史を読んだら、次はイギリス史、ドイツ史、ロシア史、アメリカ史の本も読む。出来れば、中国史イスラム史、あとはイタリアやスペインも分かれば良い。
だが、まずやるべきなのは、むしろ日本史だ。日本史と世界史を並行してやれば良い。
まず、途中からでも良いから、読むことだ。今フランス史の本は、ナポレオンのところを読んでいる。その続きを読めば良い。
歴史に関する僕の問題は、見るとやりたくなくなるところだ。歴史なんか、心のどこかで、やりたくないのかもしれない。やれば終わりだからそうなるのかもしれない。
だが、これ以上哲学はあまりやりたくない。むしろ、仏典や聖書などが良いかもしれない。
そういうわけで、歴史はまだしない。そういう風にしていると、賢くなる。要は、そういう風に、終わらずに何もしなければ、続く。そういう継続は、悪くない。
むしろ、神とソ連と自由を分かっただけで、歴史に見える。
宗教は間違っていない。昔の人間の心には、宗教しかない。あとは、たまに建築があるくらいで、聖書が多い。戦争と農業と工業は多いようで、それは仕事をすれば良い。
そういうわけで、宗教と歴史をするのがこれからの自分だ。何も変わっていない。
むしろ、普通の人間のことが知りたい。普通のことが分かっていない。
あとは、社会や世界の可能性を考えれば良い。そういう発想が自分だ。
世界の可能性を考えただけで、歴史には見える。
未来の社会が何か分かるように見える。
そういうわけで、あとは読むだけだ。
本を決めずに、好きな本から、ある本を全部読めば良い。
自分で買った本は、数理系と人文系が全部揃っている。外国語も多い。
父親の物理の本や文学書もあるし、低い学校の参考書もある。
全部揃っているから、読めば終わりだ。
哲学に関して言えば、哲学は引き篭もりの方が出来る。ヤスパースのように、全体に埋もれないようにするだけで出来る。哲学者は、そのように、世界と向き合って、独り考える人間が多い。自分もそういう人間だった。意識と経験と理解と発想で全て分かった。
そういうわけで、引き篭もりの哲学者はそろそろ終わりだ。
歴史は、出来ない方がおかしい。途中からと言うよりは、見ていて読みたい部分を拾い読みしていけば良い。全部読むのは、いつかすれば良い。むしろ、全部は読まなくて良い。それで出来る人間が、自分の父親と同じように多い。父親も拾い読みが良いと言う。
ノートを取ったり、線を引いたりしなくて良い。あまり、そんな勉強と思わず、適当に読むのが良い。何故なら、それでもう勉強は終わったからだ。
スケジュールを書き加えた。歴史のことを毎日やる。
月曜日はヨーロッパ史、火曜日はドイツ史、水曜日はフランス史、木曜日はイギリス史、金曜日はロシア史、土曜日は日本史をすることにする。
また、歴史の月曜日に政治経済、哲学の火曜日に心理学、数学の土曜日に情報をする。
とりあえず、そこまで決まった。あとは、きちんと読めば良い。
今日は休みの日だから、ゲームでもすれば良い。
人間には、怖くないと思って接した方が良い。皆、誰でも、自分は怖くない。
僕は、怖くない人間だ。
そういう風に、皆が自分を怖くないのを分かれば、皆、楽になる。
何かになって、行ったり来たりするのを繰り返している。
皆を何かにしたい。それが悪い。
もう分かっているのを忘れるしかない。
サルトルのように人間を考えると分かる。自由を捉えることで分かる。
皆が自分のことを好きになれば分かる。
自分が怖くないのが分かると、好きになる。
そういうわけで、キスしちゃえば良い。
ただ、そんな風に好きなのは、意味が無いと思う。
この場所から逃げ出したいだけだ。それがおかしい。場所を変えないと分からない。
昔のように、場所を想定して、その場に居るつもりになれば分かる。
足が治った。もうそろそろ治った。
場所が全部生まれた。場所を全部分かっている。
場は、こういう風に違う。皆も治る。皆、それぞれ場が違う。
昔は、想像力の概念を作って、場を分かっていた。
平和や革命のような概念を作って、場がどのような場になるかを分かっていた。
今日は、治った日だ。
だが、皆は治らない方が良い。治ると、すぐに死ぬ。治る人間が居ない。
多重人格が治った。虫みたいなものが死んだ。脳がきちんとつくようになる。
多重人格のせいで、大脳がつかなくなった。脳が使えなくなっている。
そろそろ治ったから、それで良い。書いていると、そういう風に放っておけば治る。
きちんと思考すれば分かる。昔から、そういう発想が多い。
時間の流れは一様でない。アインシュタインだけではなく、初期の宇宙の膨張過程を見ていると、時間の流れはもっと人間の思うものとは違うように思える。
あまりそういうことを考える意味も無い。
そろそろ治ったから、この文章を書くのも治る。
何もかも全部消していくのはおかしい。
場所を時間の移り変わりとともに変わっていくようにすれば治る。
何もかも1つの場所にするのが悪い。
もうこの世界が変わってしまう。もう、何も分からなくなってしまうだろう。
日本が戦闘地域に見えるのが怖い。
この文章のせいで、自分の家が戦闘地域になっている。
怖いと思うから怖いだけだ。
皆、もう戦うな。僕に負けろ。その方が楽になる。
あとは、農作業が辛くなって、NOVAが怖くなった。
車に乗っている間、移り変わるのが楽だ。
それから、フタバ図書では治るようになった。
音楽は安らげるが、テレビは怖くなった。
ネットに関わるのが一番怖いから、止めた方が良い。
もう、この家は戦争で無くなる。昔の自分の戦争が本当に怖かった。
心と視点と場を全部消した方が良い。
エロイものしか無くなっている。それを消すと、ロボットが消えて、多重人格が治る。
あとは、達成のために、のようなことを書いていた。達成のためには、自由な創造性の心を持って、真摯に学び取る姿勢を持って、調べ、会話し、研究する中で、何をどう出来るかを知ること。そこでは、想像力によって、経験、考え方、認識、情報、場の解析を行うことが出来る。そこから、可能性が見えて来る。そして、沢山の可能性から、全員の場と心が分かる。自由な理想の世界も体験的に分かって来る。
どのように出来るかとは、何をどうすればそうなるか、感情、体験、意識、社会、経験などから、何がどのように変えられるのか、実際のところを見ながら実地的に研究して考える、と言うことだ。
何をどういう風にすれば良いか、パターンと実地的な認識から、具体的に分かって来る。
自由とは何であるかについて、そこで、感情と実感から分かることが出来る。
そして、沢山の自由な可能性から、発想と成り立ちを考えることが出来る。
自由な多様性と地域性や、システムの共有などを考えることが出来る。
自由とは、それぞれが思いやり、助け合うことなのだと言うことが、体験的に分かる。
そして、この世界は未知に満ちていて、可能性に溢れている、と言うことが分かる。
弱者には、パンとアパートを与えるべきだとしていた。だが、全部のものを与えなければ、生活出来ない。そのために、弱者は救うことが出来ない。本当に救いたいなら、強制労働にせざるを得ない。意味の無い発想が平等だ。
自由な方が良い。それぞれを本当に自由にして、勝ち上がるようにしながら、上を皆で選ぶようにする。そうすると、平等な自由が達成出来る。それが正しい。
だが、経済活動を金で行うと、金が賢い代わり、賢い人間しか儲けられなくなる。
そういうわけで、首相は賢いだけの馬鹿になる。そこが一番悪い。
もっと、馬鹿にやらせた方が良い。馬鹿は賢い。民主主義も社会主義も、上が賢すぎるのが一番馬鹿だ。ファシズムは悪いが、指導者は馬鹿な人間で良い。そういうわけで、自分は馬鹿だが、自分で良い。
頭の中のフィルターを消した方が良い。それで目が治る。辛くなくなる。
あらゆる想像力、考え方、知恵と工夫、認識、手段と機会のようなものを書いていた。
全ては、環境である。環境は、秩序によって生まれ、支配によって変わる。
そろそろ分からない。もう何も辛くなくなる。
認識にはシステムがあって、それぞれを捉える第一部、それを言葉に表す第二部、感情で分かる第三部、そして悟性によって理解する第四部のようなものがある。
それらは、フィルターを変えることによって、それぞれの意味を成す。
成り立ちから全ての対象を認識で分かる。
そのような、神の眼のような目を今でもしている。それで分かっている。
さらに、場所を分かる第五部のようなものが、目ではなく、心に存在する。そこでは、場所から存在を知り、自由を知り、感受性を知り、自我と成長を知ることが出来る。
心の中に、さらに、皆の繋がっている第一界のようなものと、自分の個人の場所が分かる第二界のようなものがある。それらは、自由と平等から、人を変え、全員を吸収し、体験と適応から環境を分かることが出来る。
そういうわけで、もっと良く考えれば分かる。皆と繋がっている部分を、一度消すことで、正常に脳が働く。そろそろ、そうした方が良いが、そうするともう分からなくなる。
それら、七部分が神である。おそらく、そろそろもう全部死んだ。
また、裏の方に三人の人格が居て、上、真ん中、下と分かれている。
上は、応用的なことを全部分かっていて、知性がある。
真ん中は、全てを知りながら、全部開拓している。
下は、もう全て分かってから、上にあるものを全部可能性に変えて分かっている。
上がガブリエル、真ん中がミカエル、下がラファエルだ。
そして、真ん中のところに、2人の自分が居る。左は平和、右は自由になっている。
左は、おかしなキモイ世界だ。右は、ロボットのようになっている。
記憶の中で、そういうものを作った。
あとは、男と女が入れ替わって、男になる。
何故か、男の方が女だ。女になると男になる。そういうわけで、男になる。
女になると、男の方を言うようになる。
そういうわけで、女は女だから、男は女だ。
すぐに女に戻ると、男になる。男は頭が動かない。女は動くように見える。
ようやく男になった。男に戻りたかっただけだ。
鳥が死んだ。哺乳類のパンダになる。
元に戻りながら最後まで予想している。そういうおかしな予測をもう止めた方が良い。
イモみたいに増えた。沢山のサツマイモに見える。
男になると、すぐに想像力が見える。何故か、女には何も見えない。
女になると、すぐに男になる。
そろそろ、悪い男になった。男には、悪い人間が多い。
女には何も分からない。男だからまともになる。
足ももう治ったから、満足した。
女を殺すと賢くなるのが男だ。
女には、こういう、分からなくなって認知症になる人間が多い。
女は馬鹿だ。早く男に戻った方が良い。
色んなことが気になりだすと、それで終わりだ。それで認知症になる。
一度死ぬと治る。不思議と、男になって治る人間は居ない。自分が男だから、それで良い。
自分の母親も色んなことが気になるようになった。それで馬鹿になるだろう。
自分はありえない。そこらへんを超越しているのが自分だ。
男には、どんどん悪くなって狂う人間が多い。
自分は、とか、僕は、のようなことを思えば良い。ここは、も良い。
中心から伸びて、膨らんでいく。そういう想像力を見れば治る。
あともう一つ何か言いたかった。覚えていない。
信じれば分かる。父親や母親のことを信じれば良い。
日本の宗教を信じても分かる。自分は、能面みたいになっている。獣みたいになった。
日本の宗教を信じると、獣や鬼みたいになって分かる。そういう人間が多い。
昔は、認識、人格、環境、体験まで、全部創る、創造者のような文章が多かった。
ミカエルを真ん中にしたのは、そのためだ。そういう、全部の創造みたいな文章を書いた。
また、歴史とマクロ的な時代のようなものから、場所のようなものを創った。
文化的な歴史の場のようなものを創っていた。
国をアメリカからロシアまで全部創って、フッサールのような精神の現象学を作った。
そして、フロイトのように精神分析して、全てを治した。
あとは、社会のことを、成り立ち、原因、手段から、成り立たせて考えていた。
そして、神を信じて、神に全てのことを聞いた。
その頃は、社会主義のようなものが良く分かっていた。
そういうわけで、そろそろ男に治った。
男は、1つ1つ終わって分かる人間が多い。
ただ、男になりたかった。男になれて良かった。
ありえない仮想世界から、想像力まで、ロボットのような世界観を全部創っていた。
男は、もう分かる。むしろ、女はこういう、本当に分かっている女が多い。
男になった。嬉しい。もうこれ以上無いほど嬉しい。感激した。
それを、何も思わず、冷静に書く馬鹿が自分だ。
ススムと言う名前も悪くは無い。
下から睨みつけているのは、そんなに怒りたいのがおかしい。
怒る意味が無いから、全く怒らなくなった。
怒りの神を信じるからそうなる。イスラム教はそういう風になる。
皆を倒したいのはおかしい。皆のことを自分より賢いと思えば良い。
男は壊れた機械だ。
男になると、辛いのを頑張って、出来るようになる。
女は馬鹿だ。何も分からない女が多い。
女になりたいなら、なれば良いからこうなる。なりたくない。
自分の習慣を変えて、スケジュールを女から男に治すしかない。
男になると、どんどん昔に戻る。
下がるのがおかしいから、上がる。
脳は、分からなくしているだけだ。グニュっと昔に戻っていけば良い。
ナチのような回転式の歯車になっている。
そんなに簡単に治るのがおかしい。もっと良く考えるしかない。
昔に戻ると、すぐに虫の大群になるのが怖かった。
それらを1つ1つ、元の正しい知恵と知識に戻していくしかない。
意識を戻っていくしかない。意識を元に戻すしかない。
虫の大群よりもっと昔に戻る。
そうすると、ロボットと夢の世界が見える。
昔は、制度や能力から、可能性や決定になる、のようなことを言っていた。
男になれば、すぐに分かる。その頃はまだ男だった。
学習と可能性から、自然な社会が生まれる、と言っていた。
自由な活動から、自由な体験が生まれる。
もう、それはもう良い。そろそろ虫の大群が全部治る。
昔の世界と同じになる。
創造性から、自由な愛と平和の体験が生まれる。
思いやりから、平和な心が生まれる。
自由とは、創造性と思いやりの尊重だ。
そういう文章をいつも書いていた。
また、神の体験が多かった。
男と女が逆だとかは、昔いつか分かった。
それ以外には、人間は神道で生きている、と言ったことが分かっていた。
イスラム教のようなものも分かった。
そろそろ、女を止めるなら、ドイツ人やイスラム教徒も止めたい。
永遠も辛いから、止める。
だが、止めるなら、次の人間を設定しなければならない。
王になりたいようで、王はもう疲れた。
楽で、自由で、愛溢れる、皆から好かれるような、善人の中国人になりたい。
男になる。あとは、どこかの正しい宗教になる。
中国では儒教を信じるが、共産党だから信じなくて良い。
心理学はもう止める。意味が無い。歴史でもやれば良い。
男になれば、すぐに賢くなる。
不思議と、いつもの文章なんかすぐに書ける。
活動、価値観、本質、方法を考えた。
世界における視点から、可能性と共同体を作った。
自由とは何か、全て分かっていた。
あとは、中国人と並行して、インド人をやる。
最近は、同時進行するのが流行っている。
そういうわけで、中国人と同時にインド人をする。
イスラム教は信じない。西洋の宗教は、もう忘れた方が良い。
そのまま、それが日本人になってまともな男になるだろう。
フランス人やドイツ人やアメリカ人は、自分の敵だから、殺す。
そんなに白人が好きなのもおかしい。それでユダヤ人を悪いと言っていると、白人崇拝のナチに見える。白人はアジアの敵だから、追い出すべきだ。
ただ、歴史に関しては、ドイツ史やフランス史をする。ロシア史もすれば良い。
ネットでは、掲示板のログやブログの過去記事を読んで分かっていた。
切込隊長真性引き篭もりのブログの過去記事や、絶望の世界と言うネット小説や、2ちゃんねるブラウザや電車男、などの過去ログを読んで分かっていた。また、オープンソース関係のブログを読んでいた。そういうわけで、昔はネットオタクだった。
インド人の中国人はおかしくない。ドイツ人のイスラム教徒の方がおかしい。
アフリカ人や南米人は同じだから、そこらへんも兼ねて、アジア人の男になる。