「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-20

=2015-07-20=

ワードからコピー

複雑な全体像をつかむために、法則を全部作っていた。
皆がそれぞれ出来る自由が平等だ。
一方的に言うのが悪い。
最初から決めてかかるのが悪い。最初から言うのが悪い。
死んだ部分を復活させるしかない。
ランダムに起きると治る。
この世界を忘れる。
この世界に言ったことを聞いている。
頭が治った。
馬鹿な方を言うのが悪い。
この世界を揺るがすほどの馬鹿を言う。
それが辛くなった。
揺らすのが悪い。
肝臓が治った。虫が死んだ。
二人が融和する。
辛いことがすぐに死なないのがおかしい。
離れれば良い。辛い部分が死ぬ。
離れないのがおかしいだけだ。それが分からなかった。
生命は、水と遺伝子と生きる力だ。
産業は、発展と発明と生産手段の実現だ。
心は、記憶と精神と、経験による感情だ。
そういう、論理的な構造のようなことを言う。
今日でもう終わりだ。もう、これ以上、書かない。
脳が三つある。今が辛いから、今を消した方が良い。
賢いことを言っていた。
様相や考え方、自然、可能性、必然性のようなことを言う。
ものは、作って使う。
会社は、生産手段だ。
場は、それぞれが作り出す。
あとは、賢い、様相のようなことを言う。
歴史は、昔ネットで分かった。これくらいで出来た。
哲学で歴史が分かった。国もきちんと分かった。
対話しているヒトラーを消す。それで終わりだ。ヒトラーと一緒になっている。
コンピュータは、関数ポインタやクラス、ブロックのような、言語比較のようなことは分かった。システムの構造も分かった。だが、ネットワークのような本当に必要なところが分からなかった。コードは、スクリプトぐらいなら書ける。
安倍はただの岸信介だ。憲法を自立のために改正したいだけだ。
何も悪くはないが、僕は嫌いだ。
憲法なんか、すっかり定着した。
平和憲法のおかげで、いつも平和だった。安倍はおかしい。
岸が憲法を変えたいのは分かるが、安倍が変えたいのはおかしい。
既に定着したし、どこの学校でも、日本国憲法大日本帝国憲法より、賢い。
平和憲法は、まともだ。戦争がしたいのは、おかしい。
いつか書いたが、本当に賢い様相のような文章を、いつも一行で書いていた。
安倍は、ひっくり返るべきだ。安倍政権は、何もかもおかしい。
そうでもない。安倍なんか、きちんと日本を良くしている。そんなに悪くない。
今日も英単語をノートに書いて覚えた。努力するのは楽しい。
僕は、岡田が好きだ。昔の自分が岡田みたいな馬鹿だった。
ただ、安倍は嫌いじゃない。そこまで自由な好きなだけの、賢い人間だ。
共産党の委員長は、嫌いじゃないが、ソ連は止めた方が良い。その方が賢明だ。
植物と二酸化炭素は、化学的に考えることが出来る。父親に教わった。
まず、充電式の電池を考える。電池にエネルギーが蓄えられ、ミニ四駆が使って、放電し、電池は空になる。もう一度充電するために、充電器と電気のエネルギーが必要だ。
植物も、これと同じだ。植物は、充電器と考えられる。炭水化物が、充電された状態、二酸化炭素と水が、放電された状態と考えて良い。植物の葉っぱがそれを充電可能にする。
炭水化物を食べること、燃やすことによって、エネルギーが放出され、電池は二酸化炭素と水になる。それは、葉っぱと太陽の光によって、炭水化物になる。
二酸化炭素はCO2、水はH2Oであり、炭水化物はCとHから生まれる。そうすると、光合成をした時に、Oが余る。そのため、植物が光合成をすると、酸素が生まれる。
良く分かっていないから、間違っているかもいれない。炭水化物の化学式は、ちょっと分からない。
地球が最初の時、地球には二酸化炭素と水しか無かった。植物が生まれて、初めて酸素と炭水化物が生まれた。
動物は、逆に、酸素と炭水化物から、エネルギーを生み出す。後には、空の二酸化炭素が残り、吐き出す。そのように、地球では循環が行われている。
話は関係ないが、植物を目的因で考えられるかもしれない。野菜が生まれるのは、動物のために生まれているように見える。植物にも機械的な目的があるかもしれない。
1人の支配者ではなく、沢山の独立企業が出来た方が良い。
昔から、そういう風に、作って考える。
中央集権ではなく、分散し、それぞれの集団やグループが出来るようにすべきだ。
代表は皆で選ぶべきだ。国会では議論するべきだ。それが自由であり、民主主義だ。
あとは、心理学を作っていた。
心理学を考えれば治る。ただ、そのまま安心していれば良い。もう治らなければ良い。
心理学を考えるなら、経験を考えれば良い。
もっと個別の場合を考えれば治る。要は、治るためには別人になるしかない。その理由で治らない。それが正しい。
意識に悪いものがあるのを、消すと安心出来る。
もう、学習を止めれば良い。それで楽になる。
認識で分かるのを止めれば、もう辛くなくなる。まだ、認識で分かるのが辛いだけだ。もう認識のロボットの機械は要らない。
心は、何もしないから、つまらない。何かしたいせいで、まだ対話する。それで良い。永遠にしていれば良い。いつか、それで治る。
昔は、認識と心を、経験と状態から、真面目に考えただけだ。
皆には、そこをして欲しい。認識と心を状態から考えて欲しい。そこが分かると出来る。
哲学は、心理学だ。皆も、そういう心理学をするのが良い。ユングが参考になると思う。
昔は、社会の意識と、想定や仮定で分かっていた。数学的に関係を考えていた。
昔は、実際の意識の変化をそういう風に考えていただけだ。
最近は、神が全部教えるようになった。神が治す。皆もそこまですれば良い。
世界と戦うこと。そして、孤独になって、信じて考えること。
自発的に考えることは、信じることに繋がる。狂っても、分かる間楽だ。
自分には、知性があるようで、知性が無い。
状態、時間、作用のようなことを、関係から想像力で考えれば良い。
永遠に同じものは、存在しない。何でも移り変わる。その中で、普遍的なものがある。
あとは、相手の視点に立って、複雑な法則を考え、照らし合わせれば分かる。
法則はいつでも同じだが、基盤的に全ては移り変わっていく。だが、法則は変わらない。
いつでも同じようにこの世界はある。それだけは変わらない。
そういうわけで、時間を考えると、知性がつく。法則的な時間の中で、存在が移り変わる。明らかに、ハイデガーはそういう風に考えた。デカルトも、経験を疑うことで分かった。
だが、ハイデガーのような唯心論は間違っている。むしろ、徹底的に絶対時間や空間を信じた方が、正しく分かる。
物理的に存在と現象を分かること。それが一番賢くて、抽象的だ。
あとは、そういう、基本的な知性のようなことを言っていた。
数学的に考え方を変え、経験と実験から感情を知り、相手の立場を吸収し、正しい行いをすることから、仏の慈悲の心を知る。
イスラムのように戦うことで、あらゆる全てを包括し、宇宙の全てを創造する。
知性と実験から、真理を全て知る。理解と発想は相互に関係する。そんな内容が多かった。
昔は、言葉遣いと影響力、環境における活動と意識で分かっていた。
まともな人間だったが、全て知り、実現する情熱があった。
左翼では無かった。自由な人間だったが、権力は否定しなかった。だが、独裁者は、自由が欠けているために、合意の取れる理想の社会ではないと考えていた。
あとは、人間のことを積み重ねと自由な経験から、また自由な理性から、哲学的に考えて、知恵と認識を吸収して分かった。全ての人間のことを分かっていた。
そして、社会のそれぞれが、行き着くべくして行き着いたものであり、マルクスのように、社会の問題は歴史の必然だが、遡って改善し、解決出来ると考えていた。
あとは、考え方のパターン、正しい認識のようなものを作っていた。
実体験と経験、そして考え方で全てを分かっていた。状態を考えて分かった。
もうそろそろ、昔が分かる。あまり意味が無い、馬鹿で悪い性格の引きこもりだった。
最近の方が賢いようで、そうでもない。昔はまともな人間だった。最近は、虫みたいな女だ。おかしくは無い。歴史と哲学を全部知っている。そうでもない。昔はオープンソースとコンピュータを知っていた。経済と文学が出来る今の方が賢い。
あとは、社会モデル、国家モデルのようなものを作って、歴史上の価値観のようなものを分かっていた。考え方と科学を作りながら、博物学のように全て知っていた。
最近は、戦って神を信じている。だが、何もしなくなった。文章を書いている以外は、ただ、寝ているだけ、音楽を聴いているだけだ。何もしていない。
最近色んなところに行くようになったが、意味が無い。農業は手伝ったりしているが、意味が無い。ピアノや英語も、意味が無い。
何もしないのはおかしい。意味が無いのは一番悪い。何かすれば楽しい。
文章を書くのが意味があるから、書いているが、一番意味が無い。
意味なんか、無くて良い。意味の意味が無くなっただけだ。
何もしないだけだ。それで良いのがおかしい。ドストエフスキーは読む。英単語も書く。作曲もする。そこから何かすれば良い。
パソコンは、しないようでする。数学と仏教の本も、時間がある時に読む。
そんなに読む本を増やさない方が良い。
むしろ、テレビを見れば良い。それは、何故か、出来ない。本当に怖い。
あまり意味が無い。意味の意味が無くなっているから、どうでも良い。
成功したのが本だ。それで夢は叶った。嬉しい。
そういうわけで、神や聖書でも信じれば良い。
むしろ、キリストは居なくて良い。何故なら、天にきちんとキリストのような神が居る。居ないように見えて、居なくても成り立つ。宇宙が聖書の通りになる。それで良い。
だが、キリスト教イスラム教は悪い。そんなものは信じなくて良い。
これで仏教を信じれば良い。それが一番まともだ。
どうでも良いが、勉強はしない。出来なくなった。する意味が全くない。
心の奥底に眠っている、情熱や野望を叩き起こせば良い。
意味が無いなら、好きにすれば良い。それで良い。今のところ、まだこのままで良い。
意味は無くて良いだろう。好きなことをしていれば、それで色々と楽しい。最近は、そういう人間だ。辛いとは言うが、治すより楽しみたい。小さな楽しみが欲しいだけだ。
ただそれだけ。小さな喜びや幸せが欲しいだけだ。何もしないでいるのは、つまらない。
どうでも良い人間で良いなら、それで良い。最近は、グーグルなどのせいで、社会もあまり意味が無い。
昔は、全部、作りたくて、分かりたくて、出来たかった。それは悪くない。
そういうわけで、意味も無く、もっと分かりたい、やりたいと思えば良い。
大学には、そういう人間が多い。むしろ、考えれば分かる。この世界を見て、何も考えない、行動しない、経験しないのがおかしいだけだ。ただ、自分はまともだ。
昔は、意味の無い人間だった。まだ何かしていたが、予測し、理由を知ることは、あまり意味が無い。あとは、その通り、数学を作って体験を分かる人間だった。
パソコンで何かする意味は無いが、経験し、影響力を行使することで、分かる。
ただ、オープンソースは止めた方が良い。
こういう、意味が無い人間なら、誰でも出来るのが大学の数学だ。それしか居ない。
学習と人生と経験をモデルにして、関係や、集団と個人、仮定と成立を考える。
意味が無い人間は、馬鹿に見えて賢い。人間は、そういう風に、馬鹿が賢いだけだ。
そこまで意味が無くなると、狂うようになる。まともな人間には、何も分からない。
良い人間は馬鹿だ。良い社会も馬鹿だ。悪い人間になって、滅ぼすと良くなる。それがそのまま、こういうヒトラーになる。ヒトラーで栄える。ヒトラーは救世主だ。
どうでも良いほど、意味の無い人間になると、ヒトラーが嫌いになって、左翼になる。あれが一番悪い。意味が無い方が良いから、ソ連の論理主義、学術主義、理論主義、管理主義が賢い。大学には、そういう、賢いソ連が多い。
良く考えると、考え方で社会のことが分かる。1人の支配者は馬鹿だ。平等にするモデルや、自由にするモデルが、意思決定や組織、経済システムから考えられる。
もう終わった。そろそろ楽になるだろう。意味が無くて良いなら、すぐに分かる。
自由から、実際の環境を知って、場の変化可能を知り、知性から全てが未知であることを知る。自由であることを知る。そういう意味が無い文章が、知性だ。
そろそろ終わりだ。むしろ、ソ連が好きな人間は、自分しか居ない。ここまで辛くなるのを、良いと思う人間がいない。ソ連は、誰が見ても悪い。嫌いな方が良い。
環境の中で、知恵を見出すことが出来る。どれだけ自由にするかと、自分の考え方がどれだけ正しいかで、制限と限界が決まって来る。
デカルト的に知は増える。正しいものは、全て正しい。そこから、知を生成して、あらゆる知の包括の知、説明の説明、真理による自由な仮説のようなものが考えられる。
自由とは、デカルトである。フランスの自由主義者には、デカルトしか居ない。
そろそろ、意味が無くなると、賢いことが分かる。
昔は、意識と経験で物質を分かったりしていた。
ヘーゲルは、意味が無くなると誰でも出来る。
意味があるのは、大学と本だけだが、哲学には意味が無い。
哲学なんか、しない方が良い。良い大人がハイデガーをやっていると、クズに見える。
大学で歴史や文学をしたいなら、すれば良い。それが唯一意味がある。卒業すれば良い。
だが、勉強には意味が無い。意味が無いことはしなくて良い。
ネットも意味が無いから、意味が無い人間が多い。昔ネットで人間や社会のことを全部知ったのは、最初から最後まで意味が無かった。それでも、青春と言う、人生の中で意味がある体験と期間だった。そういうわけで、子供には意味がある人間が多い。
意味が無くなると賢くなる。大人には、あまり意味がないものだ。
そろそろ治った。三人の天使になって、ヒトラーを消せば良いだけだ。
自分が男なのが悲惨だが、本当のヒトラーの方には、何も起きていないはずだ。
神を信じると、こういう風に、ヒトラーと対話するようになる。そういう馬鹿が多い。
もっと色んなことを全部考えれば良い。大学は、そういう人間が出来る。
可能性や関係を考えれば良いだけだ。
正しく、まともに、特別ではなく当たり前に考えれば良い。偶然や必然を考える。
意味が無くなって、忘れれば治る。
昔は、応用可能性や実現可能性を、数学的なモデルで分かっていた。そういう風に分かっただけで、何も賢くない。今の方が賢い。
そうでもない。意味が無くなっただけで、もう治る。足はもう治った。そろそろ完治する。
最近は、意味が無いだけだ。こういう風に、自分から馬鹿になると出来る。自分は、そこまで意味が無い。自分から馬鹿になる、世界との戦いをする人間は、居ない。
本質でも考えれば良い。実際のところを予測して、どれだけ自由になるかを考えていた。
大学の勉強は、意味が無いからしない方が良い。
学校でやると出来ない。家で1人でやっていると出来る。放送大学の方が良い。
子供が学校で勉強していると、明らかに意味が無いから、誰もしない。
自分だけ、独自にやった方が良い。本でも読めば良い。そういう人間が多い。
ただ、放送大学は、馬鹿な大学だから、しなくて良いだろう。
大学だけが意味があるから、した方が良い。本は読んだ方が良い。
もっと色んなことを考えれば良い。生命は、分類と細胞による構造体である。進化し、相互に関係して生きている。助け合いのようで、生存競争である。
そういうものをきちんと考えれば、大学は出来る。
数学は、自分で全部作る人間が出来る。そういう人間が多い。
自由意思と思えば分かる。そういう人間が自由な人間に多い。自分で経験して分かる。
最初から、1人で、全部考えれば良い。これで誰でも出来る。サルトルみたいにする。
学校や会社に入ることを想定して、出来るようになれば良い。
能力をつけて、己の可能性を高める。
また、世界を変えたい、全てのことを知りたい、を目標にすれば良い。
全ては未知で、皆の手で変えられる。そういうことをいつも言っていた。
人の自由を奪わず、迷惑をかけないと言うが、それは間違っている。奪って良い。
政治的な駆け引きが出来る人間は、出来るようになる。そういう人間は多い。
自由は馬鹿だが、そうでもない。
自由自在に出来るために、能力をつけ、経験すれば良い。
自由とは、そういうものだ。環境は、自由にするために、許されたものであるべきだ。
ドストエフスキーを面白いとは言うが、読まない。長編過ぎて読めない。
英語は、むしろ、する意味が無い。もっと難しい単語からした方が良い。
数学は、しない。出来るわけがない。数学的な知性が全くないために、読めない。
仏教の本を読むとは言うが、もう仏教について大まかに全て知った。もう良い。
自分は、世界から離脱して、引きこもりになって、ネットで世界を見て、経験して、コンピュータ関係のことをして、人間のことを正しく知って、構造的に分かった。
そこが出来ると、サルトルのように分かる。
何故サルトルが実存と言うのか、何故デリダ脱構築と言うのかが、良く分かる。
自分の場合、脱構築と言うよりは、再構築だ。
1つのことが何を意味しているか、その時それはどうなるかから、再構築で分かっていた。
全体の中でその事項と方法が居る位置、集団の中で自分が居る位置を確実に分かること。
英語は、インプットだけではなく、アウトプットを重視すること。
ネットを見た方が良い。そういう賢いことは、ネットでいくらでも言う。
賢いことを分かりたいなら、ネットを見るしかない。不思議と、見ないだけが自分だ。
そんなものは見ない。昔見ていたせいで、見なくても分かる。馬鹿しか居ない。
昔は、自由な行動を捉えて、自由に分かっていた。
自分の実感から、全ての真理が正しいことを確信することが出来る。
そういう、自我や確信、真理の実感のようなものが多かった。
三人になって、今を止める。切り替わるだけが辛い。
意味が無くなると、すぐに治った。不思議と、トイレで用を足して治る。
もう三人の天使になる。名前は、ガブリエル、ミカエル、ラファエルだ。
マモルと言う名前や、エリと言う名前を、候補に置いておく。
善は、反省ではなく、行動である。そういうことを言えば良い。
あとは、人間がその環境で何をするか、何を思うか、何をどう分かるかを考えた。
そろそろもう終わりだ。ネットで見たことを言っている。次のサイトだ。
https://happylifestyle.com/
自由で分かるために、色んなサイトを読むこと。それが一番良い。
このサイトは賢い。自分なんかただの馬鹿だ。最近は、こういうサイトが多い。
人生に意味を見出すのは、自分だけだ。
何故か、全部分かっている。宇宙のことから未来のことまで、全部分かっている。
昔、神で分かった。そういうわけで、神を信じれば分かる。
もう分かり切っている。もう黙れば良いだけだ。分かるようで、何も分からない。
昔は、繰り返し色んな体験をして、分かり切っている経験から分かっていた。
最近は、全部知性をつけ直して、思い出して分かった。
馬鹿が信じて分かる。きちんと分かることで、賢い人間になった。
もう、手が治った。辛くなるのが怖かったが、もう終わった。
このまま、昔に戻る。昔の方が遥かに狂っているから、つまらない。