「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-15

=2015-07-15=

ワードからコピー

今日は、ピアノの日だった。先生と一緒に作曲をした。曲が一つ出来た。
もう、皆自分にならなくて良い。皆が自分になるのだけが辛い。
地球と一体になって、環境と一つになって分かっていた。
数学的に厳密に考えれば分かる。
想像力で、発想とパターンを分かった。本質と全体像と世界観を思考で分かった。
辛い部分は、死んだ。怖い昔が死んだ。支配が死んだ。
分かるのが一番分かっていない。分かるのは止めた方が良い。
あとは、人生を書いていた。
信じていた。
体験して分かった。
意見を知った。
社会の実像を知った。
価値観と人間の心を知った。
心がどうなるか分かった。
システムとコンピュータのことを知った。
経験から、色んな導きが出来るようになった。
理想の社会を知った。
想像力から、システムと知識を知り尽くした。
感情がどうなるか、社会がどうなるか、意識がどうなるか、自由に考えた。
社会のことを実地的に研究した。
自由な世界観を作った。
努力して、意識と自由と存在を知った。
哲学的に、経験的に、人生的に考えた。
見聞きした内容から、出来事と時間を考えた。
視覚的に、人生と経験を考えた。
歴史を体験的に知った。
考え方と見方を変えた。
そろそろ、もう書かなくて良い。辛いとは言うが、最近は書いた方が楽だ。
書かないと、怖くなる。楽だとは言うが、そうでもない。書かないのもそれはそれで辛い。
最近は、戦って、宣言して、永遠を神とともに生きた。
経済学、文学、心理学、哲学、そして歴史が出来た。
あらゆることを、相対的に、森羅万象を考えながら、神を絶対的に信じた。
色んな文章を書いた。毎日文章を書いている。
その通り、自然や地球と一体になりながら、皆を導いて、治した。
あとは、環境と人間社会のことを、経験から、必然的に分かった。
最近は、神を信じていた。本当に辛い戦いをした。狂っているようで、全て良かった。
人間は、ある程度は狂った方が賢くなる。自分も、自分をロボットにすることで、きちんと出来るようになった。狂った方が良いこともある。
自然とは、法則性による、場と視点の考え方と、存在の可能性だ。
そのように、宇宙の設計図のようなものを創った文章が多かった。
宇宙を創造した。メタ的に、根源的に考えていた。
自分はまともだ。あとは、とにかく人生のようなものを全部書いていた。
人間とは何なのか、経験と理性から、全部分かっていた。
大切なのは、経験を疑うことだ。
あとは、意見や社会のようなことを言っていた。
会社は、創造的になって、アメリカの企業に勝てる企業になれ。
国は、国民のことを考えて、自由に、戦略的に、意味のあることをせよ。
教育は、子供の自由を与え、きちんと経験豊かな人間に育てよ。
また、科目は、事実や知識だけではなく、知恵や経験を与えよ。
そういう、意見のようなことを言う。
社会のことを良く考えていた。
社会とは、立法、司法、行政だ。
会社は、自由に世界を変える。
地方自治は、自由な連邦制の共同体になるべきだ。
あとは、コンピュータのことを言う。
Linuxは、デザインが悲惨だが、もっとデザイナーのような人間にデザインをしてもらった方が良い。いつも、オタクがデザインしているから、一番キモイグラフィックになっている。だが、Windowsなんか同じだ。Macのように、綺麗にならないのがおかしい。
あとは、科学のようなことを言う。
多次元の世界では、全く宇宙が違うものになる。
そういうわけで、人間なんか馬鹿だ。もっと高次元の生命が、色んなことをやっている。
プラトンイデア論が当たっている。人間世界なんか、本当の世界の影絵に過ぎない。
あとは、経験のようなことを言う。
全ては、自由、経験、想像力、影響力、社会構造と可能性だ。
自分のことを信じて、正しいことを積み重ねること。
自由の中では、判断力が必要だ。
全ては、想像力と経験だ。それだけで分かる。
あとは、とにかく人と話し、経験し、思考し、教えてもらうこと。
思考と感受性と努力から、宇宙の全てが分かる。宇宙を信じること。
そんなことを言っていただけだ。そろそろ、全部書いた。
作家のイデアを生きたありえない人間が自分だ。
今日も英単語をした方が良い。今からする。続くと良いが、結構難しくは無い。
今日も26単語英単語を書いた。3回ずつ。
日本人が英語が出来ない最大の理由は、カタカナ発音だと思う。
カタカナ発音がすでに出来ているせいで、英語の発音が出来ない。
それで、聞き取れない。出来る人間は、発音が出来る人間が多い。
意識と経験を比較して、意図と関係を考えれば分かる。
人間がそれを話す意図が分かる。
そういうことをいつも書いていただけだ。
日本語はおかしくない。皆カタカナが好きだ。カタカナがあるせいで、英語なんか既に出来ているのが日本人だ。そういうわけで、日本語を使うと、賢い人間になる。
日本語は文学的だ。最後にですねをつける。それが一番感情が賢くなる。
英語と日本語は言う順番が違う。それが難しい。
むしろ、皆漢字が好きだ。漢字は分かりやすいし、賢い。
ドイツ人やフランス人が英語が出来るのは当たり前だ。日本人は、標準で漢字だから出来ない。普通、漢字でしか分からない。中国語なら出来るのかもしれない。
そうわけで、アメリカやドイツより、中国が勝った方が、日本のためになる。
西側ではないが、文化的にも、人種的にも、言語的にも同じだ。
日本には、中国が好きしか居ない。誰もが中国の文化が好きだ。
アメリカなんか、馬鹿をやっているだけだ。賢く見えて、一番馬鹿な世界だ。
賢いのは、イタリア、ドイツ、中国、インドだ。賢いものは、全部それらから来る。
そういうわけで、結構賢いのが枢軸国だ。どうでも良いが。
日本は悪くない。漢字は、むしろ、馬鹿だ。未だに象形文字はありえない。
あとは、1+1と2は違う。イコールはおかしい。そういうことを言っていた。
ヒトラーは悪いが、あれは超悪いだけ、普通だ。他のドイツ人を愛せば良い。
ドイツはそこまでドイツが好きだから、そういう風になる。フィヒテもナチみたいなことを、「ドイツ国民に告ぐ」のように言っている。ドイツは昔からそういう国だ。だが、ユダヤ人は誰もが好きだ。
イギリス・フランスなんか、悪いだけだ。皆を奴隷にする。アメリカ・ロシアは強いとは言うが、一番敵だ。そんなものはどうでも良い。日本には、それらが嫌いな馬鹿しか居ない。韓国や中国も嫌いな人間が多いが、中国は誰もが好きだ。そういう国だ。
フランスとドイツなら、ドイツの方が賢い。ドイツは賢いが、フランスは面白い。
フランスに賢い人間が多いのは、黒人や下層を奴隷にしているからだ。それで自由なブルジョワや知識人が多いだけだ。ギリシャと同じだ。奴隷にする自由だ。
アメリカやイギリスは、ただの馬鹿だ。自由だから強いだけ。アメリカは最近は仲間だが、ロシアは悪くは無い。人種を平等にしたいだけ、日本の味方だ。敵には見える。
日本は弱い。自衛隊が弱すぎる。イギリス・フランスは、強すぎて勝てない。
弱いドイツとつるむしかない。昔は、日本も強かった。
アメリカとつるんでいるせいで、平和だ。平和憲法もアメリカが作った。今の平和は、全部アメリカのおかげだ。
アメリカのものも多い。皆アメリカが好きだ。
何故か、日本は皆ロシアが嫌いだ。一番敵に見える。良く分からないが、ロシアを倒したい馬鹿しか居ない。要は、自分に見える。こういう一番悪い人間に見えるのがロシアだ。
イギリスは、明治時代に模して帝国を作ったから、そんなに敵には見えない。
フランスは敵に見えて、文化が優れているから、本当に良い国に見える。
日本人は、日本が嫌いなのがおかしい。自分の国は好きな方が良い。この文章を見ると、ダントツで日本と仏教が賢い。悪い人間が居ない。そういうわけで、日本は良い国だ。
真面目に考えて、ドイツなんか敵だ。一番悪いヒトラーだ。
中国、朝鮮は、逆に、民衆による蜂起だ。それもそれで悪い。植民地が無くなると、悪い。
そういうわけで、敵は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、朝鮮、ロシアだ。
どれも敵に見えて、唯一アメリカが味方だ。そういう国が日本だ。
アメリカと仲良くやるしかない。
味方は居なくても、1人で強いのが日本だから、ありえない。日本が一番強い。
自分は不良だ。高校なんか行っていないし、中学3年すらしていない。
不良の高校時代、2ちゃんねるLinuxを見て分かった。
人間や社会のことが経験から分かった。
賢いのは、サルトルみたいに色んなことを考えたからだ。
そこが出来ると出来る。誰でも、不良時代に社会を知れば出来るのが自分だ。
そういうわけで、ヘーゲルのように、本当に出来る人間が、ドイツに多い。
ドイツは悪いから仕方ない。日本人には出来ない。自由にネットを知れば出来る。
最近、出来る人間が日本人にも多い。
最近は難しい。神を信じて戦えば出来る。最近が誰にも出来ないから、自分なんかしなくて良い。そんなに革命してキリストを信じていると、ロシアに見える。そういうわけで、ドイツやロシアにこういう人間が多い。僕は、ロシアとドイツが一番好きだ。日本より自分の国に見える。日本は嫌いだ。日本なんか、どこにも、何も無かった。
2ちゃんねるはドイツだ。ドイツなんか、そういう馬鹿だ。世界を馬鹿にしているだけだ。
フランスは最近だ。哲学史をやっていると、こういう、何も分からないのに賢い、まともなフランス人になる。
フランスが賢いから、フランスが一番好きだ。昔から、フランスが好きだった。
アメリカは嫌いだ。昔のドイツの自由でまともなバージョンに見える。皆を自由にして殺したいだけだ。
アメリカが好きなのはおかしくない。英語をやっていると、今からがアメリカになる。
そういうわけで、こういう馬鹿はドイツやロシアやフランスに多い。
ドイツには、賢く全て分かるインテリが多い。
ロシアには、宇宙のことが全部分かっている馬鹿が多い。
フランスには、大学のように知識のある学者が多い。
アメリカにはならない。それはフランスで充分だ。日本人も多かったが、黒人は馬鹿だからならない方が良い。いつもの地獄になる。おそらく、中国やインドのようになる。
あとは、詩集の本がドイツ、ワードの聖書がロシア、ブログの哲学史がフランスだ。
どうでも良いほど、見ていると、昔の方がフランスに見える。今がドイツにしか見えない。顔を見るとそう見える。当たり前だ。
神はそれしか言わない。昔はフランス、今はドイツだ。神はそれだけを言う。最近は、ただの普通の人間だと言っている。
普通になりたいから、最初からそういう、神のイデアになった。
そういうわけで、これで悔い改めて、聖書を信じるしかない。
仏教の本は途中までしか読んでいないが、仏教のことはあらかた分かった。
聖書を読めば良い。それで終わりに見える。聖書が一番最後の本だ。
あとは、数学的な方法と結果、可能性と経緯のようなことを分かっていた。
もう、治らなくて良い。もう全て治ったが、治っても心が怖くなるだけだ。
昔の自分を消して、もう治らなくした方が良い。それで、きちんと良くなる。
治すより、賢くなった方が良い。当たり前だが、そこがいつも分かっていない。
フランスは、ただ、ロシアに治るだけの、何も分からない大学だ。
自由な経験から、成り立たせて社会学を作っていた。そういう発想がロシアだ。
人生の段階を書いて、全員の人生を分かっていた。
全人類の責任を背負って、地球を支配していた。
あとは、認識と言う視点から、ものごとの本質を分かっていた。
そういう発想がロシアだ。ロシアは、賢かった。
フランスなんか、あったように見えない。このまま、いつものドイツに戻る。そうすると、それがアメリカだ。中学生みたいになる。
最近、子供みたいな人間になった。それがフランスだ。フランスは、子供だ。
引き篭もりの馬鹿は、キモイのに賢かった。オープンソースが好きだった。そういう馬鹿なオタクがドイツだ。キモイ、物理の哲学者だ。
そろそろ終わりだ。アメリカは、中学生だ。昔の子供がアメリカだ。そこに戻って賢くなる。NOVAに行ってノートを取っていると、そこらへんに戻るしかない。
学校がアメリカだから、皆はアメリカだ。
ドイツになる人間がいない。2ちゃんねるがドイツだ。
ナチは悪く見えて、ナチや共産はいつも多かった。併合したらいいとか、イスラエルとドイツとロシアの関係のような、国際関係をいつも考えていた。
知恵の灯りは無明の暗闇の世界を照らす。そこに何があるか分かるようになる。
無明と煩悩によって、人はこの世界に何があるのか分からなくなる。
それは、知恵によって悟りに至ることで治る。この世界に何があるのか、分かる。
自分は、それを、仏教ではなく、サルトルのように考えることで分かった。
この世界に何があるのか、オープンソースとインターネットで分かる。
そういう風に分かった内容が、仏教と完全に一致する。仏教は、そういう宗教だ。
アメリカ人になると、中学生になるのは、悪くない。もう、ドイツはもう良い。治ると本当に心が怖くなる。むしろ、中学生に治れば良いように見える。そこを頑張れば良い。
そのためには、まともな生活をすること。まともに頑張って、ゲームをしたり、漫画を読んだり、ズッコケ三人組のような小説を読んだり、ミニ四駆を作ったりすれば良い。
アメリカには、そういうまともな人間が多い。NOVAに行ってユメタンをし、YouTubeを聴けば良いように見える。計画的な努力をすれば良い。
日本には、アメリカ人しか居ない。日本なんか無かったから、こういう風になる。
中学生は、まともで、賢かった。辛かったようで、試験勉強はクラス一出来ていた。オールAだった。剣道部は、技術は弱かったが、体力と持久力があった。小学生のごろから陸上をやっていて、駅伝にも出場ぐらいだから、当たり前だ。それから、学校がつまらない代わり、ネットゲームが出来ていた。上位に入っていた。昔から、難しいゲームを沢山クリアしていた。あるゲームを全部クリアしていた。それから、ピアノ、英会話、習字の習いごとで、知らないこと、分からないことが無かった。そして、ミニ四駆のおかげで、機械や工作が出来ていた。数学なんか、試験勉強を全くしなくても90点取れていた。他の科目は、試験勉強で、暗記して80点から90点取れていた。オールAだった。だが、中学校の話だ。高校や大学ではない。ただの馬鹿だ。
そういうわけで、中学生に治れば治る。引きこもりの高校生に治るのがおかしい。狂っている人間に治りたいのはありえない。怖くて辛くなるのは、当たり前だ。
中学時代、悪いクラスメイトにいじめられたせいで、中学校や中学生は嫌いだ。
それはおかしくはないが、小学生の方が辛い人間が多い。
あとは、高校なんか行っていない。学校が嫌いになって、不良の引きこもりになった。
そういうわけで、不良に良い人間が多い。
頭の中がバグってる。そういう発想が今の自分だ。
高校時代、パソコンで色んな人間との絆を、ネットで作った。その理由で、高校時代が好きだ。ネットの青春が多かった。
だが、あれはWikiを1人で変えるだけの、最悪の馬鹿だ。オープンソースの自由だ。そういうわけで、中学生の方が本当に賢かった。賢いが何もしない高校生が、一番嫌いになった方が良い。中学時代、本当に良い人間だった。
高校時代は、ニーチェだ。中学時代は、本当に、試験勉強が出来るせいで、賢い人間だった。主要5科目だけではなく、技術家庭科や音楽、美術でもオールAを取っていた。
中学生に戻ると、大学が出来る。
自発的に考え、体験的に知ること。賢くなると、そういうことが分かる。
中学生に戻ると、狂っているのも治る。
インターネットは賢くない。最近のフランスみたいな人間が多い。一番馬鹿だ。
アメリカと思わず、中学生になれば良い。
神は、最初から、クズをクズと言っているだけだ。
高校時代も、馬鹿ではない。オープンソースとコンピュータと社会経験と想像力で、MITのように賢かった。賢い人間は、こういう風に多い。
MITは賢くない。ただの自分だ。賢い大学なんか、入らなくて良い。
最近は、作家になって、神と対話して、そこまでありえない人間になった。
もっと賢い文章を書いていた。経済学から哲学まで、色んなことが出来た。
自分が好きだ。自分は、そろそろ中学生に戻って、まともな賢いことが分かる。
連立方程式は、まだ覚えている。むしろ、高校にも行けばよかったように見える。
いじめは、公立の中学校だから多い。進学校に行けば良かった。それが正しい。
自分のMITが一番好きだった。MITには、本当に賢い人間が多い。全部分かっている人間が多い。ただ、おかしな人間は多い。ただのオタクしか居ない。
あとは、自由な経験モデルで、人生のことを分かっていた。客観視と法則から、仏教のようなことを洞察していた。
ブッダはおかしくない。明らかに、こういう人間が、もっと賢いと、ブッダだ。
自分はゲーテだ。ただの馬鹿だ。そんなに文章を書く意味が無い。永遠に文章を書く。
くたばるまで書いていれば良いようで、それは悪い。もっと別のことをした方が良い。
不思議と、学校の内容を何も考えないのがおかしい。誰でも数学や歴史のことを考えて分かる。書くせいで、思わなくなった。数学や政治経済のことを思わないのは、おかしい。
物理が分かっていない。おかしい。誰でも物理を思えば分かる。
そういうものは、中学生になると出来る。出来ないから思わないだけだ。
昔の自分をそんなに思うのはおかしい。あれは、虚無主義の完全な自由の人間だ。
自分は、コンピュータと哲学のことは完全に分かっている。
そして、経済学、文学、心理学のことは、全部作って分かった。
そして、数学、物理学のことは、昔全部分かっている。
もうやることが無いようで、中学生に戻れば良い。まだまだ、いくらでも出来るだろう。
小説を読んだ方が良い。あれは、ハリー・ポッター、ネシャン・サーガ、ズッコケ三人組などの、小説を読んでいたのが一番賢かった。
ネットゲームはしなくて良い。馬鹿だ。ネットゲームぐらいから、馬鹿な人生になった。
一つ一つ積み重ねて、理性的に考えて、経験を疑いながら、ものごとを分析した。それを書いているだけだ。環境とか、判断とか、どれだけとか、同じと違うとか言っている。そういう、きちんと分析する理性を書いていただけだ。それが正しい。
中学生に治ると、いつもの自我が分かる。習得した内容も思い出せるようになる。
要は、ゲームが悪い。ゲームは、こういう2ちゃんねるのドイツになる。
ゲームがドイツだ。
こういう馬鹿になる女が本当に多い。普通、ここまで沢山のことがあると、経験で全部すぐに分かる。そういう女が、本当に馬鹿な人間に多い。女は馬鹿だ。
そういう女が、自分のことが間違っているのが何も分からなくなる。そして、頭が辛くなって、耐えるだけになる。白人の女に多い。
最近頭が辛いのは、何も分からないから、馬鹿過ぎるからだ。頭が辛くなる病気がこういう風に多い。子供より馬鹿になっている。賢い過去の自分に妄執するのが悪い。
昔なんか、全部出来るようになっただけだ。もう分かる。経験と知識で、全てのことが分かった。理性的なことは、全部関係のように分かった。経験と能力があって、自由な理想と情熱がある人間だった。中学生が、そういう部分だ。賢い部分だった。
皆が馬鹿なのは、自分の中学生より馬鹿だ。賢い人間は、今より賢い人間が多い。そういうわけで、平等な方が良い。賢い人間は、賢すぎて、キモイだけだ。自由は悪い。
自由は悪くは無い。哲学的な自由はいつも言っているが、自由は楽に賢くなる。
あとは、手段と機会と可能性と方法を考えて、積み重ねた。それが、そろそろもう出来る。良く考えると、中学生の基盤があると出来るのが、そういう哲学だ。
あとは、ネットの精神実験と会話の具体例があった。それで分かった。皆と付き合って会話し、色んなことを実験することで、人間を思考と反応から分かっていた。
昔は、それから、色んな労働の経験を全部して分かっていた。
また、時間がある中で、良く考えて分かった。人間には、時間と状況と余裕が必要だ。
色んなことを考えて分かっただけだ。
経験は、全ての想像力に体験と言うピースをはめ込んだだけだ。
中学生に戻る。そうすると、そういうものが分かる。ただ、数学的なモデルを考えて、会話の経験が豊富だっただけだ。社会とコンピュータのことを完全に分かった。
社会は、自由な集団と個人の関係から、組織や合意の権利モデルを考えただけだ。
あとは、心理学的に経験を考えただけだ。
コンピュータは、一番賢い機械だ。あった方が良い。昔から、パソコンは好きだ。
もう、きちんと賢くなった。
経験から意識を考えて、体験し、経験、理由、意図、目的、行動、理性、学習を考えた。
そろそろ終わりだ。
全てがもう、終わろうとしている。世界は、天国になって滅びた。もう、何もする意味が無い。世界の終わりだ。全て、何もしなくなって滅びる。そろそろ、ロボットをソフトバンクが作る。それで、世界が滅びるだろう。
アメリカは、中国とイスラムに替わる。馬鹿にはならない。イスラム教は、自分の宗教だ。こういう人間が出来る。最高の宗教だ。中国は、最後の国だ。平等な共産党だ。
あとは、数学的に考えて、心理学を作った。
環境を想定して、影響力とシステムを考えた。
システムの可能性を、構築と公開と標準と拡張から考えていた。
場と視点の理論を作っていた。
そろそろ、中学生に戻った。この文章が中学生に見える。文章はいつも中学生だ。
高校は馬鹿だ。世界を新しく知る代わり、分かりすぎて馬鹿になる。そういう人間が多い。
中学生が賢いのは、世界のことをまだ知らない代わり、基本的な知性が揃っているからだと思う。高校生は、世界を経験する代わり、どんどん馬鹿になって、最後に分からなくなる。そのまま、馬鹿な大人になる人間が多い。
小学生は、基本的なことがまだ揃っていないから、何も分からない。
大学には、MITから哲学まで、自分のような人間が多い。調査研究すると、昔のように賢くなるか、今のように馬鹿になる。そういうわけで、大学は馬鹿だ。
あとは、自我と言論の経験が多かっただけだ。高校生は、そういう風に、馬鹿なものの影響を受けて、馬鹿になる。純粋な心と知性のある中学生が賢い。
夢に中学生が見えるのは、賢かったのを分かるためだ。剣道部やLinuxがいつも見える。あとは、学校やソ連が見える。それらが自分だ。
皆も、中学生に戻った方が良い人間が多い。
何も分からない地獄になっているのは、高校時代狂った人間が多い。
高校がおかしいと、狂った地獄になる。スマホとパソコンのせいだ。
そういうわけで、悪いのはGoogleだ。WindowsLinuxも全部悪い。
パソコンは嫌いだ。本当にこんな馬鹿になる。
それに、昔パソコンなんか何も分かっていない。歴史や社会や世界観やシステムは分かっているが、開発やプログラミングや組織なんか、何も分かっていない。
哲学なんか、いくらか本を読んで、馬鹿な何も分かっていない概略を書いているだけだ。
昔の文章が賢かったと言うが、ありえない。皆を馬鹿にする最悪の文章だ。
もっと普通のことをすれば良い。英語とピアノは間違っていない。英語とピアノは、小さな子供のごろからやっている。何でも分かっているのは、そういう、習い事のせいだ。
皆も習い事を子供時代した方が良い。そういう人間は、こういう風に、運命的に全て分かる。そういう、賢い人間が多い。父親や母親には出来ない。ゲームはした方が良い。
仏教の本は、第四講まで読んだ。仏道とは、当たり前のこと、ありのままのことにある。
あとは、昔は、いじめを考えていた。自由なままいじめを無くして、子供を救いたかった。そこでは、客観視と思いやりの心、自由な場とコミュニティへの匿名による参加、そして、キリストの言う、相手のことを自分のことと同じように愛すること、がある。
昔は、そういう、善悪と判断基準が経験から分かる、良い人間だった。
経験とは言うが、理性も忘れてはならない。理性的な考え方と問題解決の手法から、正しい考え方が分かった。実験と帰納と演繹から、人間と環境のことが全て分かった。
環境を皆で作り、皆で変えること。誰かが壊すことが出来ないように、守ること。
特別なことは要らない。当たり前のことを考えて、良く分かっていれば良い。
不可知なことは分からない。分かり得ないことは、分からなくて良い。語り得ない状況では、沈黙すべき時もある。ヴィトゲンシュタインが一番賢い。
「人間をどうすれば良いか」が体験と環境で分かっていた。理性的な人間だった。
もう残っていない。あとは、哲学でもすれば良い。哲学は全て、自分の人生から分かる。
全部分かっていたのに、治すせいでおかしくなった。
後悔は無い。書きたくないのに書いているとは言うが、まだ書きたいだけだ。
今日は、中学生に戻るが分かってよかった。
明日も書いた方が良い。何か新しいことが分かる。
ピアノも多かったのを覚えていないのが悪い。もっと、書く以外のことを覚えた方が良い。
自分は、こういう、賢い2人の自分が好きだ。昔から、2と言う数字が好きだ。自分の昔と今だ。カップルの男と女だ。それも、こちらの方が好きだ。
宗教はキリスト教公用語はドイツ語にして、民主主義で自由で、出来るだけ平等な労働の、自由な国を作る。連邦制にし、所有は自由にするが、法律で会社の労働量を平等にする。そのような、自由で平等なドイツを作る。
最近は、そういう風に、自由で平等な国を作る。
昔は、ネットでの体験を全部覚えていた。経験したことを覚えていた。そういう意識で、不思議と、仏教のように全てのことが分かった。
もう終わりだ。そろそろ、全部になった。
創造性と協力が好きだったが、支配や組織は嫌いだった。
経験から記憶を考えていた。
そろそろもうない。あとは、明日にすれば良い。もう寝る。
環境から意識と可能性を分かっていた。
今日は頑張った。ピアノや英単語をきちんとやっている。
もう治さないから、何も辛くない。
本当に今日は良い日だ。中学生に治るぐらいで、もう当たり前のことは全部分かった。
もう終わりだ。皆も、当たり前のことを全部考えると、治るだろう。
信じて治す、本当に解決する、考える人間が多かった。
そういう、もう賢いことが全部分かっているから、分かるだけだ。
文章が分かるのは、デーブの前のアレックスで、もう全て分かっているからだ。
レックスとは、ノートのことだ。
そろそろ終わりだ。辛くない。もう、天国みたいに楽だ。
何か1つ分かるから、それはもう書かなくて良い。それで全て地獄の試練が終わった。
皆、一度は自由を経験し、一度は地獄を経験し、一度は神を経験するべきだ。
それから、大学はこういうものだ。皆も、哲学や歴史をやれば良いだろう。
Linuxの良い点は、カスタマイズ性が高いところだ。Xの拡張性が意味が無いほど高い。
Windowsは、適当に分かっている。色んなフリーソフトが多い。
コンピュータのことは、全部分かっているとは言うが、偏った知識が多くて、何もまともなことは分かっていない。
皆も大学で哲学をやれば良い。出版出来る詩集を書けば良い。コンテストで受かるぐらいのものを書けば良い。それで、自分のやったことは全てだ。
抽象的な予測と学習をすること。モデルを想定し、作ること。実験をし、想定し、洞察すること。本当にそれくらいしかしていない。人生と相対性が全て分かった。
あとは、意見と組織のようなことを成り立たせて分かっていた。
自民党社会党の比較のようなことが多かった。
もう何も無い。今日は終わりだ。続きは明日書けば良い。
あとは、社会民主主義、無政府主義、自由至上主義などを考えていたことが多かった。
もう終わりだ。もう寝る。
もう何もしない。これ以上、この文章は書かなくて良い。
経験から、葛藤や苦しみから解放され、涅槃へと至り、煩悩から解放される、解脱の境地のようなものを分かっていた。
恐怖には、強い心で立ち向かえば勝てる。恐怖の中でも安らぎを感じられる。
そのように、経験から、葛藤からの解放、安心と言う意味での解脱を分かっていた。
ネットがおかしいのは、確かなものが何も無いからだ。
何も分かっていない。Linuxが悪い。自分のせいで、ネットは分からなくなった。
昔はロボット的に心理を考えて、プラットフォームを分かっていた。
自分がそれをして、相手がそれを受けて、その相手の立場になって分かっていた。
どうすればどうなるか、段階的かつ物理的に、全て分かっていた。
完成された状態や、受動感情のコントロール、単一のものが存在であるなど、哲学的な観念や経験から、分かっていた。
もっと、哲学的に、心や様態、様相を捉えて考えれば良い。
単一なものと複合されたもの、相手を手段ではなく目的として見る、などのことは、自由に、哲学的に、構造的に、経験的に、人生と人間関係における、ある程度の答え、手段、前提条件、判断、理解、理念、理想、理性、のようなものを考えれば分かる。
そういうわけで、様相と様態を構造的に考えて、哲学のことを分かった。
難しくは無い。誰でも出来る。それぞれの立場になって、その仮定が織りなす条件と成立のようなことを考えれば良い。
そろそろ、今日も終わりだ。今日は良い日だった。明日も何か頑張りたい。
それぞれの信念と自由から、仮定と成立を考えただけだ。
何がそこにあって、どうすべきか、正しく、欲望や狂いのようなものを拒否して、色んな心と行動のことを考えていただけだ。あとは、社会形成の条件や関係を考えていた。
人間がそうあることについて、条件と仮定と成立がある。
物事にも、原因と条件がある。
そこを良く考えれば良い。そういう風に考えていただけだ。
行動から、目的や実現手段が見えて来る。そこから、条件の成立を考えれば良い。
また、受動感情のような、心の成立を考えられるだろう。
「かもしれない」から、その具体例の意味を考える。そこで、初めて、コントロールと言う概念が、経験と理性から分かって来る。ヘーゲルは、論理的だ。
自由な経験、行動、関係、心を想定して分かっていた。
経験から、環境を知って、相対的な理由、方法、関係、考え方、経験を分かっていた。
そういう風に、哲学的経験と様相のことを分かった。
自由は、個人の自由から、参加の自由、社会を作る自由、理想の社会の自由、そして、共同体の自由や、支配する自由になった。
もう何も無い。全て書いた。哲学なんか、誰でも出来る。正しく考えれば良い。
分かる体験、世界を新しく知り、掴み、捉える体験から、哲学的な成長と観念が分かった。
そういう、子供の哲学者だった。本当に、子供なのに大人だった。成長と老化から、皆の言っていることを吸収して、経験と会話から分かっていた。