「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-12

=2015-07-12=

ワードからコピー

いつどうすれば良いか、考えて、心のことを分かった。
裏の構造が分かっていた。
賢明になればなるほど、欲や驕りは無くなる。
安心すれば治る。あとは、楽をすれば良い。
止まると治る。それは、分かるだけで、しなくて良い。当たり前のことが分かっていない。
心のことは、全部分かっていた。神みたいな経験があった。理性と体験で分かった。
安心して、止まればまともになる。
むしろ、安心して動けば良い。
辛いまま放っておけば治る。
足を違うように使う。
生かすより、殺して治る。
定義や歴史を書いていた。
もう足は治った。
なれば良い。足はなる部分だ。何にもならないのがおかしい。
色んなものになるのが普通だ。感情で分かる。英語も分かる。
昔は、何にでもなれるという発想が多かった。全部になれるようになった。
何にでもなる文章が多かった。
判断で理解の箱を全部作っていた。
その通り理解して分かる文章だった。
場、制度、プラットフォーム、普遍性のようなことを言っていた。
安心してなると、反応が分かる。黙っていれば良い。
普通、いくらでも反応する。頭は反応したいだけだ。
それが対話になった。
昔は、反応を考えていただけだ。適応と予測を分かった。
あとは、反応の心理学を作っていた。精神分析をした。ビジョンのようなものもあった。
反応を考えれば治る。違ったようにすれば良い。
あとは、記憶を中心に心と行動を分かっていた。
経験から心と行動を分かっていた。
予測して考えれば治る。一度無になれば良い。
心は、体験を予測して分かっていた。
分かる可能性のようなものを考えていた。
体験を作って、場の意識を考えて、人間の可能性を考えていた。
サルトルが、実存は本質に先立つと言うように、人間の可能性を考えていた。
人間がいかにしてそれになるかを考えていた。
グーグルには、金がある。資本主義では、金があるものが強い。
もうこの文章を書くのは終わりにする。意味が無いし、辛い。
人間の可能性のようなものを考える文章が一番多かった。
もう終わりだ。十分だ。それで全部だ。
誰でも、サルトルと同じになれば、人間が全部分かる。最近は、そういう人間だ。
精神分析で、状態と反応と「なる」を考えた。書いて判断して、精神を作った。その作った精神が、そのまま神になった。虫から女になった。
書くのが怖いのがおかしい。それで、楽が怖くなった。書くのは怖くない。
この文章が書けるのは、単純に、怖いからだ。怖いから出来るだけだ。
書くのが怖くなくなると、もう安心出来る。書かない方が悪い。怖くなって辛くなる。
心を減らせば治る。
吸収した人間を全部出せば良い。
もう何もしない。何もしなければ治る。
人間の自由と行動を捉えて、全体の構造と決まりを考えた。
色んな自由な段階を考えた。制限の無い、選択出来る、普遍的な感性の自由だった。
もう終わった。もう何もしない。何もしなければ、楽になる。
そろそろ、全部死んで行く。もう楽になって死んで行く。
自由が怖いだけだ。自由を忘れれば良い。誰かが自由なことを自分に対してするのが怖い。されるのが怖くなった。そういう理由で、自由が無くなった。皆の自由を無くした。
いつも、自由が分かっていた。皆が何をするか、何を思うか、色んな自由な経験から全て分かっていた。だが、ただ馬鹿だっただけだ。
自由なんか、子供の学校とネットにしかない。自由は一番悪い。
自由は悪い。昔は、自由な人間活動と行動が全部分かっていた。そのせいで怖くなった。
自由なんか、要らない。
ただ、自由を良く考えて、制限を取り払うと、それで哲学が出来る。
経験から人間の活動が分かって、自由が分かる。
サルトルは、オープンソースをやっていると、誰でも分かる。
それで終わりだ。自由は悪い。もう怖くなくなる。
怖くなって自閉症のようになる馬鹿が自由だ。本当に、死ぬほど怖かった。
哲学とは言うが、作る自由や変えられる自由、議論する自由が正しいと思っただけだ。
哲学的に見て、自由はただの馬鹿だ。
自由は実を育てるための、社会の状態のようなもので、努力と行動と知見が備わっていないと、意味が無い。サルトルは、自由を刑だと言っている。自由な中で、人はさまよい、何も分からず、選択の強制によって苦しんでいる。
だが、良く考えると、自由は良いものだと言える。そういう人間が昔の自分だ。
可能性のようなものはあるべきだが、それは自由とは関係ない。
自由が無い自由、と言う発想もある。共同体で皆で決める社会を作ることも自由だ。
今日は、サルトルの日だ。むしろ、明日も書いた方が良い。書くのと自由が怖いだけで、何も怖くない。それで、不安は無くなる。楽になる。自由な経験を信じるのが悪い。
場があって、そこに何らかの可能性がある。それは、自由と言うよりは、知見である。知見のある世界では、支配者と国民が賢くなって、賢い社会を作る。そのための手段と実現は、全部考えて知って分かることが出来る。自由は、いずれ、何でも出来るようになる。
昔の自由は、世界のことを何でも実現出来る、何でも出来る自由だった。
それを分かった経緯も、経験と、推論と実験による理性と言う、自由な方法だった。
自由なんか、嫌いだ。本当に、自由なんか要らない。もっと楽になりたい。自由は辛い。
サルトルは参加を束縛と言うが、それは正しい。だが、参加のようなことを、意識と適応を考えて、全部捉えれば分かることもある。昔は、そういう、束縛を全部吸収して分かる人間だった。
自由とは、出来ることを増やすことだ。そういう、自由な制限を、環境とともに、手段や機会によって分かっていた。手段を与え、知る機会を与え、出来ることを増やし、環境を皆の手で変える。そういう、自由にする可能性を考えて分かる人間だった。
今見ると、ただの子供に見えるが、成長が爆発的に多い子供だった。
人間を知る機会と考えて、思考と精神を作って捉えて考えると、人間の可能性が分かる。
そういう風に、全て分かった。あらゆることがきちんと分かって、しかも分かりやすく理解出来て、皆に教えられる、頭の良い、賢い人間だった。人を導いて分からせていた。
あとは、状況における対処のような、知性の考え方で分かっていた。
当たり前のことから推論して分かった。
ハイデガーのように、意識と関心を存在である、とするのは良く分かる。
だが、むしろ、宇宙は異次元まであって、存在はどこまでも無意識の中に続いていく、と考えるべきだと思う。おかしな存在も、確かに存在している。意識の中だけではない。
経緯を分かっていた。経緯を考えて、可能性を高めていた。これも、サルトルのようなことを言いたかった。自由な経緯であるべきだ、それぞれは自由であるべきだ、と言う。
だが、自由なんか、ただ辛いだけだ。自由の無い環境の方が、楽だし、分かる量は明らかに、ネットより大学の方が多い。最近、ネットが賢いせいで、自由が良いと言う人間が多い。おかしくは無い。自由なコミュニティの提供によって、孤独な人間や、抑圧や迫害の中に居る人間を救っている。自由な場はあった方が良い。自由は、現代人の救いだ。
だが、自由が一番そういう馬鹿だ。迫害に迫害を重ねるだけの、ヒトラーが自由だ。
そういうわけで、2ちゃんねるの右翼は、一番悲惨な集団だから、見ない方が良い。
人間のことを良く考えれば分かる。価値観から分かることもあれば、可能性から分かることもある。昔は、自分が出来る、変えられる、から分かっていた。何故か、悪魔のように、人間のことを何でも変えられ、支配出来る人間だった。
人生の解決策や、哲学的な知恵のようなものや、実体験による人生経験みたいなものがあった。人間のことは、完全に分かっていたが、全てネットだった。何もかも間違っていた。そういう、間違った考え方を、神が治した。全て治って、この文章で分かるようになった。ただ、キリストが賢いだけだ。キリスト教を信じると、このように、何でも出来る偉大な人間になる。誰でもこういう風に出来るから、悲惨な人間にしかならない。
本当に人間のことを完全に分かっていた。実体験と根拠の理性と心から分かった。
経験と理性で分かったのは、思い出して分かっていた。思い出して、環境と人間がどのようになって、環境がどのように変わるか、意識がどう出来るか、などを分かった。
影響力から、人が自然になるとか、自然に任せることで自由になるとか、分かっていた。
許してやると、良くなる。助け合いは、再構築出来る。そういう自由だった。
あとは、断言して、分からなくして分かる、分かった人間が多かった。
考え方とは、平和、自由、言論、存在の、実現、助け合い、関わり合いである。
理性とは、考え方、自然、相対的な場と決まりと人間像による、理解と精神である。
全ては、変えられ、実現出来、移り変わる。
1つ1つの細かい点にも、注意を配ること。
どれだけ自由にするかによって、その制限と自由度は変わってくる。それによって、世界全体の限界値が変わってくる。自由な中で分かることは、世界の中の一部である。
そういう風に、理性的に考えれば分かる。もっと、分かった人間が本当に多かった。
あとは、言論の自由や組織への参加などから、本当に自由な人生を生きること、与えること、教えること、辿ることは、一体何なのか、どのように出来るのか、を考えた。
これで、いつも言っている内容が良く分かる。
思考を辿るとは、そこまで人間を吸収する、世界観のことを言っている。
もうそろそろ終わりにしたいが、そうでもない。もっと続けた方が良い。まだ分かる。まだ、何も書いていない。
適応とは、世界構造を作って、皆のことを理解する、精神のようなことを言いたかった。
こういう風に分かると、それで終わりだ。やる意味が無いから、やらなくて良い。そういうわけで、そんなに害はないのが、この文章だ。感情で分かるようになる。
こんな文章を真面目に頑張るのがありえない。本当に何もしていないから、本気で考えている。適当にこなしながら、本気で努力している。そういう馬鹿が、今の自分だ。
森羅万象を、基盤的に考えれば良い。
調和、誇り、潜在性のように、ただ普通に考えれば良い。
普通、支配や反抗が悪い。自由に何かのために従うのは、良い人間が多い。
ロシアはおかしい。盲信的に従うだけの馬鹿な国になっている。
自分を本当にすると、やみつきになる代わり、悲惨な人間になる。
多様な場を作った方が良い。多様な環境から何か分かるように見える。
自分が勝つと、皆何も出来なくなる。しても意味が無くなる。
悪いことはすべきではないが、もっとそれぞれが出来る、自由な社会にした方が良い。
最近のWindowsを見ていると、マイクロソフトはおかしい。狂っている。
最初から勝つことを約束された、意味の無い会社と製品だから、仕方ない。
LinuxGNUも、それはそれで馬鹿だ。最初から負けることが決まっている。悲惨に、それは、その方が賢い製品になる。Linuxは賢くなった。
Linuxの問題は、普通、あれは動かないのを頑張って動かすのが面白いのに、最近、何をしなくても勝手に動く。使う意味が無いから、誰も何もしない。意味の無いものになった。
神は、大学は3年で出来て、馬鹿が治ると言っていた。この文章のことを言っているようで、そうでもない。放送大学を今からやるのを言っている。
LinuxGoogleがつるむのは、おかしくない。敵の敵は味方だ。人間を機械と一緒くたにするのはキモイが、Googleが勝つしかないだろう。それで終わりだ。
日本が作った方が良いとは言うが、OSなんか誰も作れない。
コンパイラだけで一年かかる。作れるわけがない。
調和や誇りは良いと言うし、潜在性は自由だ。そういうものを、適当に考えれば良い。
森羅万象のことを、決まりと基盤から考えていた。相対的で、どのようになるか、どれだけそうなるか、いかにして対象がその対象になるか、人間やものになるか、のようなことを考えていた。どうやってそれをするか、いつどのように出来るか考えた。
いつ何が分かるかが分かっていた。神のようで、悪魔のような考え方だった。
大学をした方が良いとは言うが、日本語すら分かっていない。最近、まともに本も読めるようになってきたから、そのうち出来る。そういう、賢い馬鹿は、治る。
マイクロソフトを馬鹿とは言うが、本当に強い。最初から勝つ。負けることを知らない。そのせいで、馬鹿になっている。キモイ会社になった。
Linuxなんか、普通、工業大学の学生がUNIXを学ぶために使う。他のことには使えない。ビジネスで使うのはありえない。色んな制約から、標準的にワードしか使えない。
Linuxも悪くは無い。2ちゃんねるの僕が書いた文章を見ると、システムが分かる。使えないようで、きちんと分かって使うと、いくらか楽しい。だが、意味が無いと思う。
工業大学の学生が使うとは言うが、姉が見ても、Javaは普通Windowsで使う。Linuxは姉が見ても馬鹿だから止めた方が良い。要は、自分に出来るものが他になかった。まさに自由だ。使うのは、本当にカーネルコンパイラオープンソースな条件が必要なところで使う。Javaの研究をするのに使うとは言うが、誰でもWindowsが標準だ。
人工知能で使ったりするように見える。IBMは、スパコンに使っている。低コストで高性能なスパコンが作れる。どうでも良いから、Linuxは好きにならなくて良い。好きなのは、自分だけで良い。当たり前だ。
サーバーに使うと言うが、最近はWindowsも安定しているせいで、WindowsASPを使うことの方が多い。姉がいつもそういうものを開発している。
IBMを賢いとは言うが、何百人体制で、莫大な金と時間をかけて作るだけだ。
Linuxは悪くない。開発体制が自由だ。オープンだ。悪くは無いが、キモイ点が多い。
特に、GPL汚染がキモイ。オープンにするなら、勝手に欲しいまま、パブリックドメインにすべきだ、と言う人間が多い。Linuxが好きな人間にも、GPLが嫌いな人間が多い。
ただ、永遠にオープンソースにするために仕方ない。
そういう、キモイOSだ。中身は賢いとは言うが、明らかに、本当に負けている。技術的には、ただUNIXをパクっただけだ。パクることしか出来ない、日本のようなOSだ。
放送大学には、情報コースと言うものがある。他のコースでも、科目は自由に学べるが、情報コースは、コンピュータやプログラミングのことを教えている。やった方が良い。それでOSが普通に開発出来るようになる。念願の夢が叶う。あとは、姉に教われば良い。
放送大学は自由な大学だから、自分が選んでいるのではない、他のコースの科目も、学ぼうと思えば好きなだけ学ぶことが出来る。
情報コースは最近出来た。ソフトウェアからハードウェア、基本から応用まで、色んなことを教えている。工業大学ほど賢くは無いが、それでもやれば良い。
Linuxは、よってたかって開発した、バザール開発と言う開発体制が革新的なだけで、技術的には、古くからあるUNIXだ。安定はしている。工業大学の学生なら、誰でも作れる。本当に誰でも作れるように見えるから、馬鹿なものにしか見えない。Windowsは難しい。
ただ、Windowsなんかただの馬鹿だ。DOSMacのパクリを乗せただけだ。安定なんかしていない。Appleよりは安定している。それくらいの馬鹿だ。
全部実体験で分かっていた。
大学は、馬鹿だから止めた方が良い。本当に何も分かっていない。
大学なんか、概略を見ているだけだ。本当に研究している人間は、もっと違うことをやっている。本を読んだ方が賢い。
そういうわけで、本を読むときちんと分かる。自分が一番きちんと分かっている。
大学もおかしくは無い。概略を見ているだけなのは、基礎の講義だ。専門的な講義になると、研究内容が高度になってくる。ただ、賢くは無い。普通のことをやっているだけだ。
一度、今までの知識を捨てて、ゼロから考えれば分かる。
ものと空間があるだけだ。
FLOWも言っているように、あふれた情報の中で、自分の眼で世界を見極めることを止めてしまっただけだ。もっと、ゼロから、何も無いところから考えるべきだ。
総じて見るようなことを言っていた。実現とは、全体像を見ることだ。
大学は、止めた方が良い。本を読めば良い。
ただ、大学と本は矛盾しない。本を読みながら大学をすれば良い。
大学は、研究機関だ。最初から、それぞれが己の賢さで研究することを目指している。授業では、何も教えていない。知識は教えているが、道案内をしているだけだ。
そうでもない。大学は、普通、全てのことを教える。賢い機関のはずだが、あまり賢くない。概要しか教えていないのは、専門的で高度な授業でも同じだ。
本を読めば良い。そうすると、それでプログラミングなんか誰でも出来る。大学で出来るはずがない。大学の情報は、自分の作った人工知能のようなプログラムを作る人間が多い。
大学の研究なんか、いつもこの文章と本でやっている。自分が一番大学に見える。
昔のLinuxの調査研究が、大学と全く同じだ。むしろ、会社なんか同じだ。
会社では、大学しかしない。大卒を雇うのは、大学と同じ会社だからだ。
最近の経済や哲学は、もう作家になっている。賢い作家になった。
そういうわけで、これ以上は、本をもっと読めば良い。
そうでもない。哲学はもう知り終えた。もっと歴史をやれば良い。
そんなに読まなくて良い。もう読んだ。全部正しく分かっているから、賢い。
本を読めば良い。それに、勉強は悪い。勉強と思わずにした方が良い。
昔のUNIXと同じと思えば、出来る。大学には、そういう、やりながら分かっている人間が多い。自分と何も変わらない。自分は、哲学者の詩人だ。
概略とは言わない。基礎を教え、研究する。
大学には、いくらでも本を読んでいる人間が多い。辛い人間が多い。
父親の物理の本がたくさんあるが、あれを本当に全部読んでいる。
辛いから、しなくて良い。大学は、誰もが一番辛い。
もっと本を読めば良い。不思議と、大学なんか誰でも簡単に出来る。すでに全部読んで知っている人間が一番多い。大学の知識が欲しいなら、本をあたることだ。
環境の必然性を良く分かっていた。
大学が有用だと思うなら、すれば良い。基礎をざっと全て知るのには有用だ。
この世界のことを色々と分かると、良く分かる。だが、馬鹿しか居ない。
2ちゃんねるのクズから、マイクロソフトの社員まで、全部馬鹿だ。
哲学者すら馬鹿だ。つまらない世界だが、馬鹿に分かる人間が多い。本当に馬鹿が賢いのが良く分かる。馬鹿は、良く考えれば賢くなる。無明や煩悩で無い馬鹿が多いからだ。
社会と環境の必然性から、推論、証明、解決をした。
昔は、色んなことが分かる人間だった。
大学は賢くない。本当に、放送大学が賢いわけがないから、悪い。
いや、結構、放送大学も、賢いものだ。きちんと基礎が分かる。それこそ、知識を知りたい中高年に教えているから、自然と、大人向けの基礎の知識が全部分かる授業になる。馬鹿が治る。放送大学は、悪くない。
わたしの哲学入門に、語学習得の道が書いてあった。毎日単語を書いて、文法を覚えて、何時間も勉強して、何か月もかけてやるのが語学だ。出来なく見えて、そこが出来ないと、何も出来ない。
サンドイッチメソッドは、あまり効果が無かった。そういう風に、毎日猛勉強すれば、語学は出来る。それをするのが良い。
哲学なんか、もう終わったから、しなくて良い。歴史をするとは言うが、全く出来るように見えない。語学が良い。この著者の人のギリシャ語やラテン語と同じように、繰り返し単語を覚えれば良い。
そういうわけで、単語を書けば良いのが分かっていない。ユメタンをやれば良いだけだ。
毎日何時間もすれば良い。何か月もかかって出来る。勉強はそういうものだ。
昔は、数学的な体得や、知識や考え方のようなものもあった。それが、相対的な関係を考えていただけだ。
英語をやるのが良い。毎日8時間勉強して、3か月はかかる。この著者の人は、英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語ギリシャ語をきちんと読めるようになった。ハイデガー存在と時間などの哲学書を、ドイツ語で読んでいる。大学は、賢い。
意味を良く考えれば良い。自由なら、それは自由だ。出来るなら、それは出来る。
そこから、社会全体を、自由な構造にすることが出来る。そこでは、関係を考えられる。
あとは、歴史や場の意識のようなものを考えていた。
そろそろ、そういう、馬鹿すぎる昔は、忘れた方が良い。
賢く全部分かったのは、善のイデアを信じていたからだ。まさに、ありえない。
英語の勉強をした方が良い。何か書けば良い。難しくは無い。努力すれば楽になる。
計画的に努力すれば良い。毎日、4時間ぐらいで、何週間かすれば、ユメタンは出来る。
自分は、自由な代わり、そういうところが出来ない人間だ。
神を信じると、こういう人間になる。永遠の地獄になって、馬鹿になって分かる。
神が馬鹿だから、そうなる。神になっているだけだ。神から見て、戦う王が賢い。
神をもう止める。神の言っていることをまだ覚えている。もう忘れるべきだ。
勉強したい。英語と歴史の勉強で良い。何もしていないからだ。
出来ないかもしれないが、やってみることだ。当たって砕けろ、だ。
社会の同じと違うのようなものをいつも書いていた。
人間には、同じものも、違うものも居ない。
グーグルはおかしくない。みんな違うから世界は楽しい。
学校を見ていると、そういう風になる。
皆と比べてどうか、なんて意味が無い。解答は人それぞれ違う。
そういう風に考えれば自由だ。自由な方が良い。
神は忘れた方が良い。
神を信じると、何も無くなって、虚無のようになる。神が一番辛い。
神は、昔から、そういう、ドイツのキリスト教の神だ。
昔は、分かっていたから簡単に覚えられた。想像力もあった。
今は、何も覚えなくなって、馬鹿になっている。知性が無くなっている。
今、ユメタンを書いている。1つの単語を3回書いて、発音して、25単語書いた。それくらいで休めば良い。まだ30分ぐらいしかしていない。もっと頑張りたい。
昔は、あとは、実践や行動のようなことを分かっていた。
今日は終わりで良い。25単語書いた。明日も続けば良いと思う。きちんと覚えられたかどうか、不安も残るが、続ければ良いし、何度も何度も繰り返せば良い。反復が大事だ。
母親と一緒に、歴史の本の音読をした。
頭を使わないと、賢くならない。これで日本語が分かるようになる。
経験から意識で分かっている。ここまでの人生で分かるから、賢いのが自分だ。
そういう賢いを、もう止めた方が良い。
経験は、信じてはならない。経験を、疑い、批判しなければ、何も分からない。
それだけで分かる。それも、経験も経験で因果性がある。
そういう風に信じないと分からない。経験だけは信じてはならない。
古代の神話を考えてみると良い。ロキやフレイなんか、居るわけがない。
あとは、経験から分かるところも確かにある。
経験は、上手く使うことで、全てを枯らす毒にもなれば、全てを悟る愛にもなり得る。
だが、単純に言って、経験は信じるべきではない。
ベーコンの言う、帰納は悪くは無いが、もっと理性的に帰納を分かるべきだ。
観察や実験のようなものは、何も分かっていない。もっと、正しい宇宙の姿が、どこかにある。異次元にある。それを普通、イデアと言う。
昔から、今まで、何も変わっていない。経験を信じない人間が賢いだけだ。
神なんか居ない。神と言っている馬鹿は、馬鹿を言っている。
文献なんか信じなくて良い。地球の現象は、数学でしか分からない。地球の現象なんか、信じなくて良い。人間なんか、何も分かっていない。哲学者は、そういう人間が多い。
そういう、理性的な視点から自己と認識を考えると、人間のことが良く分かる。
もちろん、デカルトやカントのようなことを言っている。
経験論なんか、経験を信じない方が分かる。
経験は、信じない方が良い。それだけで賢いことが全部分かる。
経験なんか、自分がそうなっただけだ。他もそうなるとは限らない。
そういう発想が、悪魔だ。経験とは、悪魔のささやきだ。
ヒュームもヒュームで、経験が分からないだけだ。
ただ、そういう合理主義の人間が、良く考えて経験するのは、あまり悪くない。
ネットで、人間や社会のことを経験して分かったのは、悪くない。
だが、そこでも、経験が悪魔なのが分かっていない。2ちゃんねるが普通の人間や社会のはずがないし、オブジェクト指向なんか、ネットは何も分かっていない。
そういうわけで、デカルトのように、経験は全て疑ってかかるしかない。
つまり、経験を否定することで、おかしな認知症状は治る。全て経験が悪い。
昔は、経験のような観念を理性的に考えて分かった。確かにそうだった。
だが、自分の体験は、自分だけの、それも今の自分だけ、そして今のこの世界だけの体験であることは、分かっていた方が良い。
それが分かると良く分かる。歴史のことや地球のことが、存在や時間と言う単位で見えて来る。デカルトからハイデガーまで、どれも同じだ。哲学者は、経験を疑うだけだ。
そろそろ哲学も出来たように見える。デーブは終わりだ。歴史と哲学はきちんと出来たのが自分の大学だ。もっと本を読みたいなら、読めば良い。良く考えて、目的から本を選んで読めば良い。
目的や手段のようなことを考えると良く分かる。応用や共有が分かる。共通の認識のようなことも分かる。体得や無限性、段階的な知と法則のようなことも分かる。
もっと考えると、知の属性や因果性のようなことが分かって来る。きちんと思考すれば分かるものだ。
あまり、そんなに言い過ぎるべきではない。昔なんか、それで経験がいくらでも、いくらでも多かっただけだ。経験は、過度や極端ではないならば、すべきだ。
最近は、おかしなキリストのような体験をした。本当に、神のような人生体験をした。それも、1つではなく、いくらでもした。自分が一番良かった。神は、そういう風に、キリストのような人間像で、宇宙に1人居る。本当に居るかは分からない。キリスト教は、それを作って分かっただけの、フィクションの宗教だ。
スピノザのように考えれば良い。宇宙には、目的や意志は無く、ただあるだけだ。
また、ヴィトゲンシュタインのように考えても良い。全ては、言語ゲームだ。
語り得ないものについては、人は沈黙すべきだと言うが、こんなにそれを語るのが、一番愚かしいのが、自分の文章だ。
そして、カントやヒュームやヘーゲルは、科学的に考える中で、精神が成長していく。
ものは、意図、手段、実現の潜在的な可能性、新しい発想と目的から生まれる。
そういう風に、観念的にこの世界を見れば分かる。経験を排除して、分析すれば良い。
もっと分析すると、全てのことは、合理的に共有出来る。
そういうことを言いたかっただけだ。
全ては意図、関係、物質、意識である。決まりを皆で作る、と言う考え方がある。
共有することで、多様性と実現性が生まれる。個別では出来ないことが、集団によって実現出来る。また、工夫を共有出来る。自然から、改善の積み重ねにすることが出来る。
ある意味で正しいものは、全部それなりに正しい。
科学は、必ずしも正しいとは言えない。
科学も、人間の研究と経験の産物だ。そのうち、すぐに変わる。
ニュートン力学も、今では間違っている。昔は正しかった。
そういう風に考える文章が一番多かった。
認識は、心と重なり合って、涅槃から煩悩まで、あらゆる現象を起こす。
認識は、経験によるものと言うよりは、ただの馬鹿な子供であるとした方が良い。
それ以上は、キリストのようなたとえ話から、カントのような仮象の世界になり、行動を捉えて考えることで、道徳律やヘーゲルの精神や良心のようなものになる。
もう、全て分かった。哲学がきちんと分かって良かった。昔をすると、すぐに心が治って、知性がつく。足も治るかもしれない。
ヒュームのような観念の大掃除は、すると良く分かる。昔、純粋感情のようなものから、印象のようなものまで、哲学的な頭の構造を分かっていたことが多かった。
あとは、哲学者になるようで、もう終わりだ。
神は、ここまで分かった人間の、自分のことを言っている。こういう風になる。全て、神のおかげで、分かる体験が起きている。そういう人間は、地獄になる。
そういうわけで、こういうユダヤが多い。ユダヤは、良いものだ。世界を滅ぼす代わり、本人が全てのことが全部分かる。ユダヤは、悪くない。ユダヤ人は賢い。
あとは、影響力と受動・能動でも考えれば分かる。テレビやネットは、何も分かっていない。皆を馬鹿にしている。そうでもない。結構自分より分かっている。テレビはこれくらい、誰でも分かる。
大学は、そのうち出来る。哲学なんか、誰でも出来るだろう。簡単だ。出来ない人間がやる意味が無いが。そろそろ、この文章も終わりだ。もう、死んだ。永遠は終わりだ。
いつか、時間に終わりが来るまで、もう何も起きないのが、宇宙だ。
予測して、構造や関係を考えれば良い。それで想像力がつく。
この世界は、関係に満ちている。全ては、複雑なようでシンプルな、無常、縁起、空の概念から生まれている。相互に関係し、依存し、融和して起きている。だが、分かってしまえば、美しい、良い世界だ。そこでは、経験を疑いながら、良く考えて経験から結果を知れば分かる。経験を、遡って、さらに前の経験を疑う。それで分かる世界だ。
あとは、社会のことを情熱的に考えれば分かる。人間は、社会を変革したいと思うものだ。そのために、自由な参加と、変化可能な組織が考えられる。だが、自由も疑うべきだ。
もっと疑えば良い。信じないべき部分を、どんどん信じなくなれば良い。それで賢くなる人間が、どこにでも子供に多い。
大人は、分からなくなる。自分の言動を盲信している人間が多い。盲信や妄執は悪い。自分のことを疑い、反省し、謙虚に向き合うべきだ。そして、集団に没することなく、今の自分の置かれている状況を知るべきだろう。
どこへ向かうかは分からなくても、どこから来たのかは分かる。そこから考えれば良い。
自分を馬鹿だと思いながら、選択肢の賢いものを取り、選択肢を自ら作り、反省し、考え方を変え、信じることを慎重に選ぶこと。それが正しい自由な人生だ。
正しい見解や意見を持つこと。正しく瞑想すること。正しい行いを持つこと。仏教では、そういうものは八正道と言う。それによって、不安と煩悩が無くなるだろう。
あとは、繰り返しネットで体験し、色んなことを考えてする経験を持ったことで、マスターのようになった。意識で全てが分かった。それをすると良いかもしれない。
あとは、視野を広げて、そして、正しさを積み重ねて、自由を捉えれば分かる。
哲学が出来て良かった。英語は出来ないかもしれない。哲学の著者のやり方も、1つの方法に過ぎない。もっと他の人間は、出来ないように見える。同じことは出来るように見えないだろう。自分は、そんなにしたくないと言っても良いが、何もしていないだけだ。
時計と日付のスケジュールは、すでに、分かるだけに変わっている。自然に狂って分かった。それが出来ないと、最近は出来ない。世界と戦って狂う必要がある。むしろ、そんなに自分と同じにするのはおかしい。そういうわけで、狂った方が良い人間も居る。
環境の外側で無いと、分からないことも多い。そういう、環境の内と外への適応は、昔多かった。そういうことを言いたかった。
もう分からない。今日はこれで終わりだ。また明日にすれば良い。
歴史のようなものも疑うことが出来る。いつかどこかに居た誰かのことを考えられる。どんな社会だったのか、分からないが、確かにそれはあって、今に続いている。その、今に続いている、と言う視点が重要だ。
目が死んだ。もう想像力が治った。目が死ぬと、もう文字が見えなくなる。終わりだ。
出来事の関係のようなものも考えられる。この社会には、沢山の人間が居る。それら1人1人が大切な存在だ。それらが関わり合って、助け合って、この世界が成り立っている。そこでは、1人1人の認識と経験から、全ての場、環境、組織が生まれている。それぞれの組織こそ、それぞれの場であり、現実である。
そこに、意志と目的と習慣がある。人間の本性のようなものがある。
平和とは、大学と、哲学者と、宗教家で分かることだ。
あとは、不可知のようなものが多かった。人間には何も分からない。
あとは、完全な自由な社会も、支配された平等な社会も、どちらも理想だと言っていた。