「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-06

=2015-07-06=

ワードからコピー

この文章は、もう書きたくない。辛い。辛いことは、普通しない。
普通、何をしても楽しい。何かすれば良い。全部して考えれば良い。
怖いのは、忘れるのが怖いだけだ。
何でも楽しいから、何かした方が良い。
塗り絵のようなことをやった。大人の塗り絵、と言うものがある。それも悪くない。
全部の視点のようなものを書いていた。
全ては、経済、組織、会社、意思決定だ。そういう、構造の説明を作っていた。
権力は分散させて、その上で統合すると強くなる。会社を沢山作る。
会社は、意見から生まれる。
仮のものを作って、改善すれば、オープンソースのように良いものが出来る。
変化を追って考えること。
子供は、こういう風になる。わけも分からず分かる人間が多い。
嫌いなものは、嫌いな方が楽になる。僕は、野球、自民党、アニメ、テレビが嫌いだ。
ただ、昔は野球も好きだった。イチローが好きだった。
世界を止めただけだ。世界が止まっているから、動かす。
皆には、もう関与したくない。皆、勝手に生きれば良い。それで治る。
自由が悪い。自由だから分からないだけだ。不自由なロボットになると、分かる。
基礎の関係と考え方を作って、自由自在に考えていた。
だが、自由では無かった。ロボットのように考えて分かっていた。
そう言う風に経験した。経験で分かっていた。
ドイツは、単純な馬鹿な国だから弱い。フランスの方が高度だから強いだけだ。
この文章を書くのは、楽しいから仕方ない。やることが無くなって途方に暮れているが、むしろ、没頭出来る趣味があるのは良いことだ。
辛いとは言うが、辛い。だが、考えて、作って、書くのが面白い。
自由な経験から分かると良い。世界観を知り尽くすと良い。
そこから、人間のことが分かる。心のことや人生のことが分かる。
色んな人と関わることだ。それが一番大切だと思う。
むしろ、書いた方が良い。今日はこれで楽だ。これで良い。
辛くなることもあるが、仕方ない。
放送大学の勉強をすれば良い。僕は、哲学と歴史と文学のコースがしたい。
それに、社会科学や心理学のようなコースも良いと思う。
放送大学は、自由に科目を取れるから、好きなものからやれば良い。
ただ、難しい。入るのは簡単だが、出るのは難しいと言われる。
辛いのは、賢いからだ。馬鹿になって全部忘れれば、楽になる。
皆も、賢くなって辛いだけだから、馬鹿になった方が良い。
楽しいことをすれば良いが、何でも楽しいから、色んなことを何でもした方が良い。
自分のしたことやしなかったことを考えれば良い。自分は、何もしていない。
辛くなって賢くなると、誰でも悪くなる。悪い人間は辛い。そういうわけで、皆馬鹿になって良い人間になれば良い。最近は、そういう、馬鹿な楽な人間が多い。
馬鹿になると、誰でも良い人間になる。何故なら、楽だ。そういうわけで、馬鹿が良い。
今日みたいに、書いて良かった日が多い。書いた方が楽にも見える。だが、辛い。
おかしいのは仕方ない。おかしな人間に賢い人間が多い。
賢くなりたかったはずだ。だから、こうなる。賢くなくて良い。もっと馬鹿で良い。
賢くなるのは、もう終わりで良い。もっと馬鹿な方が楽だ。自分が今一番賢い。
だが、誰でも、馬鹿にはならないものだ。馬鹿な方が良いのに、馬鹿にならない。最近、そういう辛い人間が多い。