「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-07-01

=2015-07-01=

ワードからコピー

偶然でも必然でもなく、相対的にそうすればそうなることを知る。
何がどうなるか、科学的に、理由と因果関係を知る。
そのように、相対的に考える。そして、あるがままを感じる。
偶然でも必然でもない、あるがままを感じること。
書いた方が賢い。書かないと、何も無くなって、馬鹿になる。
書いた方が、何でも出来る。ピアノも書いた方が出来る。
馬鹿になるのは、皆が馬鹿だからだ。本当に自分が一番賢いだけだ。
休まないのはおかしい。いくらか休めばそれで良い。
アメリカの音楽を聴いていると、アメリカはクズだ。ガガと同じだ。怖いだけだ。
アメリカは、ソ連と同じだ。
イスラム教は、最高の宗教だ。イスラムになると、もう全員になる。
イスラム教を広めるのは、こういうことが出来るからだ。
場の変化と意識を考えていた。
町の歴史、社会の変化、根源的な地球の営みの歴史、人間の営みの歴史を考えていた。
客観的に予想して、心理で世界を支配していた。
昔は、そういうアホな人間だった。
皆を自分にせず、相手にすること。自由な関係を構築し、相手を相手として認識すること。
それで、この世界が治る。皆無意味に自分と同じになっている。
平和とは、創造的で自由な社会のことだ。
賢さと正しさから、平和と楽が生まれ、愛と自由が生まれる。
そう言う風に、良く分かる理想の文章を書いていた。
良く分かる文章が多かった。状態と関係と段階を考えていた。
価値観を分析していた。
秩序を作っていた。
科学を、出来るだけ正しく書いていた。
大人になって、努力と反省からこの世界を分かっていた。
あとは、この前ノートに書いた文章だ。
許して、生きる。
滅ぼして、自分にしないと、治る。
滅ぼすのを恐れなくて良いが、滅ぼさなくて良い。
分かるのを止めて、止まれば治る。
止まったままにして、止まるのを止める。
ノートはここまで。
皆は、僕にならなくて良い。僕と対等の関係になってほしい。そして、信じて欲しい。
温故知新だ。古いものに良いものが多い。
本当にその人を愛して、本当にその人のためになることをすること。
父親に、水の循環の話を聞いた。父親は、理科のことなら何でも知っている。
空気は、スポンジのように水を含む。
空気には重さがあって、軽いものが上へ行く。
暖かい空気は沢山の水を、冷たい空気は少ない水を含む。
太陽に照らされた海の水は、蒸発して空気中に含まれる。
暖められて軽くなって上へ行った空気は、冷えて、含んでいた水が、水の粒になって、雲になる。
そして、その雲が発達すると、雨になる。
雨は、生命に水を与え、川となって、海に流れる。それが水の循環だ。
良く分かっていない。良く考えれば分かる。
殆ど全てのことは、数学だ。日本語は数学で分かる。条件が分からないと、何も分からない。人間の言語や考え方から宇宙の法則まで、殆どのことは数学だ。
数学の証明は、公理を使うだけだ。論理の部品を使うだけだから、簡単だ。
条件で考える。出来ると、日本語が分かるようになる。誰でも証明しかしないからだ。
理科と数学をすると、知性がつく。父親と一緒なら出来る。それをした方が良い。
雲の中で、水の粒が一緒になって結合すると、雨が降る。
もう一つの現象がある。水の粒同士がぶつかり合って、静電気を発生させ、雲の中に電気が溜まり、地上との間で雷が起きる。
父親は、気象館の館長だった人間だから、そういうことが分かる。それに、中学校の理科の教師でもあった。姉がプログラマだから、それらが居ると分かる。
僕は、文系を全部書いて作っている。何故かオープンソース哲学史を知っている。
物理には知性がある。自然法則の中で、何が何になって、それがまた何になるかを考える。いつどうなるか、現象を考える。昔は僕もそういう人間だった。
日本史のありえない点は、武家と公家が分かれているところ。徳川を天皇にしない。幕府の将軍にして、天皇も居る。そういうありえない発想が日本に多い。仏教神道は、同時に信じている馬鹿しか居ない。ひらがなとカタカナと漢字も同じだ。日本は馬鹿だ。
日本だけ、天皇が長く続く。ここまで王が続く国も珍しい。日本はそれだけが賢い。
日本は、欧米の植民地になったことの無い数少ない国だ。ロシアにすら勝っている。日本はありえないほど、そういうところが賢い。ありえないサムライの国だから、仕方ない。
日本は今でも賢い。ありえないほど機械の技術力が高い。モノマネで賢くなった。
資源が無いのに、輸出と株価で、いくらでも金がある。本当に強い国だ。
右翼が多いようで、左翼も多い。平和憲法だ。戦争しない、軍隊の無い国は、スイスぐらいしかない。スイスもスイスで、平和には見えない。永世中立なだけで、国民全員を軍隊にしているだけだ。
ドイツでも、プロテスタントカトリックが共存しているし、分裂国家だ。
それに、天皇が天の皇帝なのはおかしくない。中世ヨーロッパでは、王権神授説と言って、王の権力を神が与えたことにしている。変わらない。
ドイツなんか、今でもキリスト教民主主義のままだ。社会民主党とまともに争っている。ドイツは革新的に見えて、ドイツ語など、そういうところに古さが残っている。
ドイツはどうでも良い。日本史なら、分かる。島に軍隊が無いのは当たり前だが、自衛隊があるように、日本は憲法なんか何も守っていない。
フランスも古く見えるが、あれは結構新しいEUの国だ。新しいのが悪い。古いのが普通だから、新しいだけおかしくなっている。ただの古い国には見える。一番そう見える。
年号と王の名前でも覚えれば良い。歴史はそれで終わりだ。真面目に覚えた方が良い。
日本史は、時代と将軍の名前を覚えるだけだから、明らかに楽だ。簡単だ。
ナポレオン法典や人権宣言でも分かれば良い。歴史には、そういう、色んな事象が多い。
ピアノは、馬鹿の方が出来る。馬鹿が練習すれば出来る。馬鹿はこういう人間しか居ない。
おかしくはない。バッハなんか馬鹿だ。神父が宗教音楽を荘厳にしているだけだ。
賢くなりたいなら、パソコンをやれば良い。昔の自分と同じになって、悲惨な引きこもりになって賢くなる。賢い人間は、そういう人間しか居ない。アリストテレスが同じだ。
事象が多いとは言うが、書物と仏像などの芸術作品が多いだけだ。
学校の悪い点は、みんなに平等に教えるところだ。自由に1人だけの方が賢くなる。
そういうわけで、この文章は悪い。皆に教えても、分からなくなる。
自由に教えていると賢くなる人間が多いが、そういう人間の方が自由だ。
人文科学には、人物が多い。哲学と同じように人物を覚えれば出来るのが、歴史だ。
おかしくはない。すぐにすれば良い。不思議と、賢くなるとすぐに出来る。そういうわけで、治したいのは馬鹿になるから、悪い。何も無い、何もしない人間になる。
作家は、古代の書物を紐解けば出来る。万葉集をそのまま書いている馬鹿が多いからだ。良く分かっていないが、おそらく多い。そんなに都市伝説を作るのも意味が無い。
万葉集を買えば、作家が出来るように見える。歴史も分かるから、買った方が良い。だが、そんな都市伝説を信じる意味が無い。
父親が一番分かっているし、姉はいつも賢いことを言う。
自分は馬鹿だが、きちんと文系をやったから良い。哲学史を知ってマルクス経済学を作って、適当にパソコンのオタク的なことを知っている。世界史が専門で、キリスト教文学をやった。そういう、いくらでもある人間が自分だ。
おかしい点は、日本のことを知らない。テレビも見ない。そこらへんが全くおかしい。
心理学も多い。自分が治りたいだけで、博士課程ぐらい心理学を考えた。
あとは、政治思想が悪いが、他に悪い点はあまりない。引きこもりは、学校に行った方が良いとは言うが、出来ないなら仕方ない。足を怪我したから、軍隊にも入れない。悲惨に頑張って生きるしかない。自分の物理を作るのが好きだ。毎日文章を書いている。
いじめを解決するためには、ネットのように自由な場とコミュニティを与えれば良い。
認識を作って物理を分かっていた。物理法則のようなものを作った。
自分のおかげで、世界がまともになった。
あとは、思考や行為のようなことを言っている。
神は復讐する。ヒトラーでしか勝てないから、こういう風になる。キリスト教はナチだ。
あとは、跳ね返るのが治った。もう神が居なくなる。
イギリスは悪い。色んな国にイギリスの国旗を付けるのは、止めた方が良い。
今日は、ピアノ教室に行った。作曲の方法を学んだ。
僕は、弾いて出来るのや、覚えるのより、作るのや残すのに向いている。
以下に、今日習った方法を書く。
左にドミソが使われている時は、ドミソを使う。ドミソから始めると間違いが無い。左手に合わせる時はそうする。
Aと、A'(Aと同じだが、最後が違う)、Bを作る。和音にメロディを乗せる。ドミソ、ドファラ、ドミソ、シレソのようにする。
曲に固有のモチーフを作る。
和音の性格を考える。ドミソはきちんとして、ドファラは「やったー」のようで、シレソやシファソは不安定な音である。シファソからはドミソに行く。シファソからドファラには行かない。
曲を真似して作る。書くこと。
以上が作曲の方法だ。
イスラム教に変わった。キリスト教は止めた方が良い。白人はヒトラーだ。
イスラム教の5人が話すだけになる。最初からそういう宗教がイスラムだ。
おかしくはない。自分を創った創造主がアラーだ。いつでも自分を滅ぼし、あらゆることを完全に実現出来る。そういう発想だ。
いつも製造業とマーケティングをすべきと言っていたが、自分はしていない。そのまま作家になったありえない人間が自分だ。
ただ、神を言っただけだ。何を分かっているかは誰でも分かるのに、誰も出来ない。
出来るわけがないから、それで良い。何か、自分と同じことが全部分かる。
モデルにすれば良いだけだ。それが出来るようで出来ない。何をしているかと言うと、ただ変化や関係を考えているだけで、何もしていない。
そろそろ日本語が賢くなった。ドイツ語が終わったから、アラビア語になる。
全部中東にすると面白い。神は黒人だ。黒人が神だ。良く分からない。どうでも良い。
そういうわけで、中東が勝つ。
あまり意味が無い。普通に金はある。自分に金が無いのが悲惨だ。
中東には金がいくらでもある人間しか居ない。その理由で、戦いや戒律が多いように見える。金があるから戦うだけだ。
神は、右翼の心理学者の黒人だ。そういう馬鹿を殺せば良い。
そうすると、ユダヤ人のキリストが死ぬ。もうそろそろ、死ぬべきだ。
イスラム教は、良い人間になる。すぐに全部壊す。それを作り直すだけだ。
自由とは、信じることだ。疑いの余地の無いように信じることで、自由が生まれる。
だが、自由とは、全てを疑うことだ。それによって、この世界の真実を全て知る。
そう言う風に、定義を書いて、テーゼとアンチテーゼ、ジンテーゼにしていた。
それは、平和で、可能性だ。可能性を知ることは、信じることと疑うことのバランスだ。
あとは、イスラム教を信じていれば分かる。そのうち、きちんと出来る。
キモイ女に見えるのは、それがイスラム教徒だ。
神は、死んだ。目を突き刺して死んだ。
自分が勝った。青、赤、白の、緑と黒の自分が勝った。自分の勝利だ。
イスラム教の最初にある、アリフ・ラーム・ミームとは、自分のことを言っている。
どうでも良いから、イスラム教が勝つようになる。
キリスト教は、ナチだ。クズだから、要らない。キリストを殺すしかない。
上の方にキリストが居るのがおかしい。
キリストが何かやっているから、止めさせた方が良い。僕を使って何かやっている。
キリストが爆弾で死んだ。タリバンのように死んだ。キリストは、火の海になっている。
キリストは悲惨だが、色んなことをやって死んだ。
僕も僕でおかしい。変な女に見えてキモイ。
そろそろ、そういう女のキリストは終わりだ。
キリストは、「身を清めよ」と言っている。まだ言っている。
もう分からない。自分はキモイ女に見える。
見ていると、宇多田ヒカルみたいにキモイ。
虫みたいにキモイ。そういう発想は止めた方が良いと思う。
ツンデレみたいにキモイ。
良く分からない。キリストが死んだから、この文章も終わりだ。
キリストが書いているありえない文章がこれだ。
虫みたいになると、脳が再生する。
そろそろおかしい。変な女になった。要らないから、消した方が良い。
アメリカみたいなものを全部消した方が良い。それで治る。アメリカが悪い。
アメリカは、皆死んで行く。悲惨だが、アメリカは馬鹿だ。
アメリカは、恐怖に陥っている。自分が怖いだけだ。自分は、もう何もしない。
歴史がしたいから、文学作品を読んだ方が良い。それで作家も出来る。
もう終わりだ。アメリカと戦って、死ぬ。それで終わりのはずだ。
音楽家がインスピレーションと言っているのは、自分のことを言っている。
それをもう止める。もうそろそろもう良い。自分の世界は終わりだ。
セカオワが言うように、方法ではなく、目的を考えれば分かる。
そんなに方法が分かっても意味が無い。
あとは、修羅のように戦うようになった。何でも切り捨てる。それを止めた方が良い。
辛いだけだ。もう、皆も治る。馬鹿になっているのは、虫になると再生する。
キモイと賢くなる。そういうわけで、キモイが賢いだけだ。

こういうキモイ紋章を昔作っていた。神のつもりだ。
今見ると、神と言うよりは、虫に見える。
虫みたいにキモくなると、脳が再生する。そういうわけで、ナチが一番治る。
ナチを殺すナチが良い。それが一番治る。
ヒトラーはクズだ。クズ・ヒトラーだ。まさに、キモイ。
そういうわけで、意味が無いが、終わりだ。
自分が王になれて良かった。そろそろ、日本が勝つべきだ。それが一番良い。
そろそろ誕生した。この世に生れ出た。
右脳が消えた。左脳だけで考えれば良い。それで左脳がつく。
右脳があるのがおかしい。そんなに右脳で考える意味が無い。
アメリカは、死んだ。
時間が経てば治る。自分のせいで、時間が過ぎなくなっている。
時間が過ぎれば良い。いつものように、時計を感じていれば良い。
そのうちいつか、まともになる。いつか普通の時間が過ぎるようになる。
左脳は、数字を考えると治る。
時計を見れば良い。チクタクと時間が過ぎる。
本当に、自分のせいで世界が止まっている。それを治してやれば良い。
全部無くなるだけの会話が悪い。
時計の通りやっていると、こうなる。何も無くなって、死ぬ。
辛いから、この時間を過ごすだけが悪い。もっと別の時間を過ごせば治る。
同じ時間、同じ日、同じ年しか出来なくなった。
毎日一秒しか過ぎていない。毎年一秒かもしれない。
一年に一秒しか過ぎない、悲惨な世界になった。
その一秒を戻せば治る。どんどん遡る。それで治るかもしれない。
午前7時ぐらいになれば良い。それくらいで終わりだ。
時計の針をいくらか戻して、正常に動くようにする。それで治るかもしれない。
あとは、もう死んで行くのが辛い。最近、いつもそういう風に辛い。
時計が止まった。そろそろ時が普通に流れるだろう。
自分は、妖怪ウォッチのようになった。妖怪の時計だ。漫画にもそういうものが多い。
右脳は時計になって、左脳は喋っているだけだ。
もう疲れた。休みたい。ただ辛かっただけだ。もう何もしない。
自分は、アメリカを見ているだけだ。アメリカが、恐怖の帝国になって狂っている。
分からない。そろそろもう何も無い。
自分は、微動だにしていない。前にも出ず、後ろにものけ反らず、ただ前を向いてこれを喋っている。一番おかしなロボットになっている。辛いだけだ。
分からない。この文章を書くのがおかしいだけだ。
時計にまとわりついているものを消した方が良い。
そう言う馬鹿が、何故か、ナチになっている。時計を普通にすれば、良い。
もっと、この文章を、時計ではないものにする。
時計の針をぐるりと一周させる。それで、治った。もうきちんと一秒が過ぎる。
時計を一周させると、最後の方が無い。まだ分かっていない。その辺が、ミミズのようになって、自分に話している。おかしい。
そのうち、最後の方になる。もう三時間過ぎれば分かる。いつも7時ぐらいにはなる。