「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-06-29

=2015-06-29=

ワードからコピー

死ぬ気で許すと治る。戦いに勝てる。悪いテレビが倒れる。
皆、精神病になっている。上から支配して抑圧を加えるのが悪い。僕が悪いだけだ。
自由とは、合意、権利、許可、対処だ。
自由とは、行動、協力、意見だ。
自由とは、組織、影響力、助け合いだ。
そう言う風に、自由を良く考えていた。
自由とは、それぞれの自由な意志を尊重し、それぞれが出来るようにすることだ。
自由とは、関係を成り立たせて、相手と自分、支配と決定を考えることだ。
社会制度、宗教、教育などは、それぞれの皆の手で変えられるようにすべきだ。
だが、時に、変えないことが正しいこともある。
西洋の世界は、イスラム教に統一するべきだ。何故なら、預言者にイエスは含まれているし、聖典に聖書は含まれている。
東洋の世界は、ヒンドゥー教に統一する。何故なら、ブッダも神の化身に含まれている。
だが、そんなことはどうでも良い。普通、キリスト教仏教が一番賢い。
戦争は、こういう風になる。辛い。本当に地獄のように辛いが、した方が良いこともある。
理性のようなことを考えていた。
それをどのように認識しているか考えること。
それを本当に正しく認識出来ているかどうか考えること。
理性的に分かっているかどうか、常に批判し、常に客観視すること。
あとは、とにかく詰め込んでいた。詰め込んで、世界を支配して、発展させていた。
意識でものを分かった。意識で色んな宇宙のことが分かっていた。
生命や人生、宇宙や世界史を、聖書のように、言葉で創造した。
自由に対処すること。そこから全ては始まる。
その上で、この世界を自由に考え、自由に行動し、自由に把握すること。
自由な可能性の中で、結果と実を結ぶ方法を考えること。
今日は、書いて良い。何故なら、何もしない。書かないと、寝ているだけで、何もしないのが自分だ。書くのを止めるとは言うが、意味が無い。
宗教は、仏教に統一すべきだ。それで、賢い世界になる。
キリスト教に統一すべきとは言うが、それは悪くない。皆まともな善人になるのが良い。
今日は、楽な良い日だ。農作業に行く時に辛い。だが、毎日農業をやっていると、そのうち慣れる。辛いのは、治るのが辛いのもあるが、こんな人間が農業をやるからだ。
英会話に行きたい。むしろ、これ以外何もしないのは、明らかにおかしい。
いつも、意味が無いほど寝ている。昼まで起きない。それはおかしい。
何もしないなら、学校に行った方が良い。昔行きたくなかったのは、何かしていたからだ。
自由のまま変える、と言う発想が多かった。
自由のまま変えるために、影響力を行使し、それぞれを自由にし、自由に支配し、合意から共同体を形成する。
だが、そういう自由はおかしい。
そういうわけで、自由は要らない。自由なく変えた方が良い。
そうすると、自分にするのも悪い。
倒したり、滅ぼしたりするより、平和にして、協力した方が良い。戦う意味が無い。
テレビには、僕の部下を担当してもらう。
同時に、日本には、世界を平和にする実現力を担当してもらう。
安倍には、日本を美しい国にしてもらう。
そして、僕は、この世界を、全ての夢が叶う、全てのことが出来る、人生が栄光となる、最高の世界にする。
そのために、手っ取り早く、僕と同じことを、違う方法でやってもらう。
この世界は、パラダイスになる。
自分と同じことは、やりたい人間だけがやれば良い。強制的に同じにするのは悪い。
もっと、それぞれの個性の実る、最高の世界にしたい。
何でもあるだけではなく、人生の充実された環境があるべきだ。
辛いことは何も無く、楽しいことはそこまで全部ある。
皆の人生は、ブッダやキリストなどのようになるだろう。
そういうわけで、結局、自分と同じにするだけだから、そんなことはしなくて良い。
もっと普通のことをやれば良い。可能性のある世界になれば良いと思う。
夢のような世界になる。理想の、自然から分かる、哲学的な世界になる。
だが、むしろ、僕は皆を自分にする以上のことは、出来ない。
それなら、皆と協力して何かすれば良い。
自分1人だけでやっているから出来ないだけだ。
もっと皆の意見を聞いて、良いことをすれば良い。
それは、明らかにテレビが分かる。
景気を良くして、楽にする以上のことが出来ないのはおかしい。
そうすると、役所や政治家に任せているのがおかしい。
アメリカやフランスやドイツやロシアにも、何か担当してもらう。
ただ、もう僕は疲れた。本音を言うと、これ以上のことはしたくない。
もっと、全てを達成して楽をすれば良い。
そうすると、皆、栄光の革命や戦争をすれば良い。
だが、そうすると、何も良くならない。地獄になる。
自分と同じことを体験するために、地獄になる必要はない。
もっと、本当の意味で楽な、賢くて平和で自由な世界になれば良いと思う。
昔、理想の世界はきちんと分かっていたが、最近覚えていない。
自由で、悟るように分かる、正しい人間性の共同体を作る、最高の世界だった。
宇宙人のように進歩した世界だった。
だが、それは意味が無い。明らかに、それでは悪い。ソ連に見える。
皆、ソ連やドイツにはしない方が良いと言うはずだ。
ありのまま、自然体にすれば良いのかもしれない。
テレビには、手っ取り早く、皆をありのままの自然体にしてもらう。
あとは、歴史を紐解いたりしながら、良い世界にしていけば良い。それ以上は、むしろ、自分だけではなく、皆と一緒に考えれば良い。それなら、独裁者に見えない。
宇宙人のような世界は、いつも言っていた。不思議と、本当にそれくらいの文章だった。
もっと、人間を、己のことを大切で、重要で、主人公だと思えるような世界にしたい。
それこそ、それ以上、冒険や人生の喜びのようなことが、沢山あるようにしたい。
経験から他の人を理解し、この世界の構造を理解して、色んなことが出来るようにしたい。
それ以上は、まだ考えていない。もっと、それぞれの理想がぶつかりあう中で、調和と知性のある協力が行われるようにしたいが、争いを解決するのは難しい。
国民が主人公ぐらいをやるのが良い。今やると、安倍に勝てる。テレビにやってもらう。
そろそろ、この文章はもう書かない。禁止するのが良いが、それは辛いからしない。
最近は、頑張る意味が無いのに頑張っている。努力する意味が無いのに努力している。
昔は、判断基準を作るぐらい、徹底して考えていた。発想法や正しい考え方を作った。
神は、自分を2人に分けて、フランス人とドイツ人にした。
自分を2人に分けるから、分からないだけだ。そこをそろそろ消した方が良い。
フランス人とドイツ人になるのは、神が見てクズだからそうなる。
僕は、フランスが好きで、ドイツも結構好きだ。
もう書けない。もう書かない方が良い。書いても、そういう馬鹿しか書かないから、もう止めた方が良い。ただエロイだけを繰り返すのが、そこまでキモイ。
白人が好きなのは止めた方が良い。一番悪い、本当のナチに見える。
国民が主人公になれば良いが、それ以上は皆に考えて欲しい。僕はもう分からない。
昔は、良く考えて、全体像を見て分かっていた。
最近、記憶と概念から分かるようになった。そこが出来ると出来る。
哲学者が出来たのはありえない。誰もしたくない。
哲学は、ただ、何も分からないから出来ただけだ。
平和な世界になってほしい。
神を信じる世界には、なってほしくない。ただ、終わっているだけが神だ。
自由な世界は、そろそろ止めた方が良い。テレビが一番馬鹿に見える。
平等な世界は、おかしくない。平等が一番自由だ。皆がそれぞれ自由になって、それぞれが出来ること。そういう、それぞれのことを考える社会になれば良い。それが平等だ。
昔は、それぞれが過ごす時間の違いとか、出来事の関係とか、今と言う時間の共有とか、時間のことを良く考えていた。
また、町と家、列車のような、空間のようなことを良く考えていた。
世界を司り、皆と対話する、賢い王だった。
皆は、もう愛や自由を止めて、孤独に1人考えて、自分の人生と栄光を歩み出すべきだ。
自衛隊は賢くない。2ちゃんねるは、自衛隊が書いている。こういう人間が多い。
もうこの文章は書かなくて良い。もう終わりだ。
存在のようなことを良く考えていた。最近、自由と存在を書いて、存在を全部吸収した。
そろそろやることが無い。皆もやることが無いはずだ。皆、悲惨だ。
もう、考えて、終わった人間が多い。楽も悪いから、このまま何も出来ない世界になる。
理想の世界からかけ離れている。戦争なんか誰もしたくない。
放っておくと、僕のようになる。おかしなことを永遠に続けて、出来るようになる。
そろそろ、神と対話するのを止めた方が良い。それで時間やスケジュールも治る。
治したいのは、諦めた方が良い。治るわけがない。
足を怪我しておかしくなっただけだ。治らない。その方が賢い。
ふり返るのは、辿りついてからで良い。いきものがかりが言っている。
もう治さないなら、すぐに賢くなる。もう全て分かっている。馬鹿に、全部分かった。
何をしても治らなかった。あるいは、もう全て治っている。もう治さなくて良い。
Linuxを作りたい夢はもう良い。何か、そういうことを新しく夢にすれば良い。
ポルノグラフィティが言うように、元は一つだった心が離れて、平気なはずがない。
自分を2つに分けるのは止めた方が良い。それで何も分からなくなった。
治らない。治すのは、諦めた方が賢明だ。それで賢くなって、きちんと出来る。病気なんか、誰でも多いだろう。治さない病気は多い。馬鹿ではない。いつも皆より賢い。
病気なのを馬鹿と思うのはおかしい。そのうち、何かしていれば、今のままでも賢くなる。その方を信じれば良い。今のまま頑張れば、賢くなる。治す意味が無い。
治すと、おかしくなる。理性は戻って、辛くなる。治さない方が良いのが最近分かった。
キモくなると、分かる人間が多い。キモイと、普通元に戻る。
フランス語がしたいなら、すれば良い。日本語と同じだ。言葉遣いなんか、そんなに多くなる。昔から、フランス語やドイツ語がしたかった。
もう治さないと、治った。不思議と、完璧に全部治った。あとは、怪我をした部分に違和感があるだけだ。もう終わったから、何かすれば良い。
ピアノは悪くない。ピアノとフランス語をすれば良い。ピアニストになれば良い。
自然な平和から、可能性と秩序のある自由な社会が生まれる。そういう社会にしたいから、そういうことを言う。そういう、信じて言う希望の文章が多かった。
フランス語は、さすがに出来ない。昔なら出来たかもしれない。英語をすれば良い。
自然な協調性から、愛と守る気持ちが生まれる。そういう文章が多かった。
生命は、地球と環境の一部だ。相互に助け合って、吸収して生きている。
殺されれば治る。
心を作らないのがおかしい。豊かな心を作れば分かる。心を作れば良い。
集団と集団は、環境によって区分される。
あとは、言葉遣いと言語的に分かっていた。
人間は、経験の中で実存的に生きている。サルトルのように、自由は刑である。
もっと、哲学をすれば分かる。誰でも同じように考える。
何か知りたいなら、歴史は悪くない。
知りたくないのはおかしい。誰でも知りたいだけだ。
物理の構造のようなことを言っていた。全ては、力と作用、重力と質量、物質、計算式、熱と温度、光と電磁場、物理法則、数学的な正しさ、仮説と実験だ。
自由とは、生きること、その中で考えることだ。
人生とは、夢を見ることと治すことだ。
希望とは、社会の発展を信じることだ。
神は、今の自分を普通と言う。多くは無いが、普通の人間だ。
自分は、普通の人間に見える。普通の女に見えるが、僕は男だ。
全てのことは、行動と経緯から見えて来る。
全ては、歴史から分かることが出来る。
アイデンティティとは、自由に個人主義の価値観を信じることだ。
皆の人生を参考にすること。
何もしないなら、感情を豊かにすれば良い。それが一番良い。
Linuxは、カーネルなど、オペレーティングシステムの本を読めば、誰でも作れる。
賢くない。Linuxは何も賢くない。オープンソースは、ただの2ちゃんねるだ。
最近が賢いだけだ。作家はきちんと賢く見える。
認識、体験、共有、感情、応用、理想、習得、考え方、価値観、自由、契約のようなことを考えていただけだ。そういう、することや作ること、考えることの中で、浮遊するように多いことを考えていた。
自由とは、意見することだ。
自由とは、社会の中で関係し、生きることだ。
自由とは、手段を得て、可能性と意味を分析することだ。
そう言う風に、自由と言う言葉で、自分の持つ理想を考えていた。
自由とは、存在することだ。
自由とは、言葉にすることだ。
自由とは、未知と既知を捉えることだ。
自由とは、可能性を知り、自然な発展の可能性を知ることだ。
自由とは、社会を経験から作り、心理的かつ応用的に理想の社会を構築することだ。
経済と社会の考え方のようなものが多かった。
自由とは、組織になって、それぞれが努力し、努力に見合った報酬を給与として与え、会社と社会全体が発展することだ。
だが、自由な人生のようなものも書いていた。
宇宙を作っていた。宇宙とは、自然と言語から生まれる、概念だ。
あとは、人生のようなものを全部作っていた。
人生は、愛であれ。
人生は、協力するものであれ。
人生は、戦うものであれ。
人生は、コミュニケーションするものであれ。
人生は、社会とともに、自覚から生まれるものであれ。
人生は、合意と社会形成から、王となり、社会参加するものであれ。
そのように、人生を全て決めて考えていた。
あとは、考え方のようなことを言う。再利用とか、人間と自然とか、人工とか、人間に分かったことは自分にも分かるとか、可能性とか、理性と現実のようなことを言う。
それくらいの作家だった。詩人のような科学者だった。
ニーチェのような、生の哲学も多かった。強く生きる詩人だった。
あとは、社会のことを全部作っていた。共同体から、グループの合意のようなこと、コミュニティの形成のようなこと、自然な社会モデルの変化のようなことを考えていた。
自由をモデルにして、心理学のようなものを作っていた。
行動、判断、関係、システムだと言っていた。
平等で自由な、経験豊かな国や王のようなものを作っていた。
そろそろ終わりだ。治すのも終わったから、何かするようになる。
本を読めば良い。色んな本を買った。ロシア語の本もきちんと読んだ方が良い。
何か知りたいなら、今から知れば良い。まだ何も知らないからだ。
ネットは見なくて良い。2ちゃんねるは、しない。
ネットは、する意味が全くない。いつもしていない。
皆も文章を書いた方が良い。それが一番楽に自分が出来る。
あとは、国の構造のようなものを作っていた。
一番上に、議会と憲法がある。そこで、法律を決める。
議会の議員は、国民による選挙によって決まる。主権在民である。
そして、役所が政府に従う。
会社は、資本主義の金で独立した上で、法律に従う。
警察が法律を守らないものを処罰する。軍隊が国を守る。
そして、内閣の大臣が考える。そこでは、閣議決定と、国会での決定がある。
決定には、国民が従う。国民は税金を払って、労働者として生産する。
選挙は、国民の代表を皆で選ぶ。
それは、普通、自分が出来るのが良い。皆で決めて、選ぶ。自分の影響力を行使出来る。
選挙民は平等だ。そういう平等は悪くない。国民は平等で、自由な方が良い。
平等が嫌いな人間は、良く分かっていない。平等を自由だと勘違いしている。
どのように比較するか、どのように認識するか、考える。
そういうことを、真面目に言えば分かる。
どのように比較するべきか、比較の方法がある。それをきちんと考えれば良い。
時間が存在しなかったとしたら、どうだろうか?
最近、そういうことが多い。時間が意味を無くしている。ポルノグラフィティが言う。
最近、時間に意味が無い。全ての時間を総合して、全体像の設計図を言うだけだ。
社会の全体像を見るのは悪くない。客観視して法則を考えれば良い。
選挙で代表を選ぶのが一番自由だ。
自由は、そういうものだから、関係と目的から集団と個人を分かることが出来る。
何をどのようにすればどんな結果になるか、どのように見えるかから、法則を考えられる。
自由とは、参加や意見から、変化することだ。
自由は、会社と委員会を成り立たせるべきだ。国家モデルを作れ。
そろそろきちんと勉強した方が良い。歴史は悪くは無いが、もっと別の分野の方が良い。
詩人とは、こういうものだ。
認識の本質のようなことを考えていた。
マクロ的に歴史を見て、時代のようなものを書いていた。宇宙人の歴史だった。
もう終わったから、多重人格になる。
何もしたくない。それもおかしい。好きなことをすれば良い。好きなように、好きなだけすれば良い。好きなことを作れば良い。全部嫌いなのは、おかしい。
普通、人間には好き嫌いが多い。自分は、全部嫌いなのがおかしい。
あとは、言語のようなことを言っていた。前置詞や、「よって」や「ために」、「もし」や「ならば」で分かることにしていた。英語的な順序が良いと言っていたが、今考えると、省略しない、英語のように全部言う日本語があっても良い。
自由とは、この世界を愛することだ。
自由とは、存在と存在の結合性を知ることだ。
自由とは、相手と自分の共同性を知ることだ。
自由とは、思考と感覚から法則を知ること、作用と関係を知ることだ。
作用の中で、どのような現象が起きて、それはどのように作用しているか、考えること。
自由とは、独裁者を倒し、正しい社会システムを作って、参加することだ。
自由とは、戦争と革命で世界を変えることだ。
自由とは、殺さずに、投票と議論で平和的に国を変えることだ。
そのように、世界にあるものを、正しく捉えていくと、いつもの文章が書ける。
宇宙の法則は、経験的に分かる。方法から結果が生まれる。そういうことを言っていた。
全部捉えれば書ける。
全ては、客観視、法則性、環境、自然、関わり合い、視点、場、関係、影響だ。
全ては、行動と同時に受け入れることだ。
イスラム教の聖典である、コーランを読んでいる。聖書も読みたい。
ただ、そんなに色んなところに手を伸ばし過ぎない方が良い。継続して読むべきだ。
学習は、因果性と法則と環境から、抽象的かつ具体的に行うことが出来る。
応用から、基礎が分かる。認識から記憶が分かる。方法から概念が分かる。
僕は、もうキリスト教徒ではない。キリスト教は止めた。
そろそろ、イスラム教徒になるようで、豚肉は食べる。本当の信者ではない。
キリスト教も悪くは無い。きちんとイエスの言葉を信じて分かる、良い宗教だ。
存在とは、習慣と自由である。
人間とは、受け入れることと影響を与え合うことである。
集団の意見を知ることから、それぞれの集団の比較が出来る。
ネットは必要ない。ネットは何も賢くない。
社会は、それぞれの手段を成り立たせる、自由な契約である。
社会は、指導者に従うか、能力を重視するか、平等にし、弱者を救うかだ。
社会は、上が勝つか、下が勝つか、上が決めるか、下が決めるか、自由に決めるか、平等に決めるか、だ。
神を信じなさい。それも、イスラム教の神を信じなさい。
自分は、全て、愛である。愛だけが自分だ。
自分は、人格である。
自分は、宇宙である。
自分は、永遠である。
自分は、ドイツ人の女だ。
自分は、考え方と価値観だ。
自分は、秩序と反抗だ。
自分は、モノクロとカラフルだ。
自分は、もう一度言うと、愛である。
考え方を変えること。
成長と青春の経験から知ること。
自分には、悲しみは似合わない。喜びと涙と笑いが似合う。
自分は、辛いようで、もう楽になった。
全員、イスラム教徒になれ。
全員、神と対話せよ。
全員、自由に戦え。独自の自分の戦いをせよ。