「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-06-02

=2015-06-02=

ワードからコピー

多面的に考えて、関係と本質のようなことから、様相を考えていた。
様相のような文章を書いていた。
生命活動は、遺伝活動だ。
生命の本質は愛であり、遺伝子の本質はパターンだ。
環境は、自由な構築であり、共有だ。
客観から同一になる。
自由の本質は、支配であると同時に話し合いであり、それぞれが自己を守りながら、互いに承認する、というプロセスを経ることだ。
生命と機械は、自立可能なシステムであるという時点で同じだが、意志の有無と高度性が違う。特に、植物などは、再生し、治ると言う意味で、高度だ。
そのような、様相のような文章を書いていた。それくらいで、もう全部だ。
あとは、宇宙の現象や法のようなものを書いていた。
仏教でいう、縁起のようなことを、色々と書いていた。
色んなことを言っていた。
社会的な目的や状態変化のような、社会的な様相のことも言っていた。
状態を分析すること。それできちんと分かる。
今と言うこの時間について、存在の実存性について、色んなことを言っていた。
あとは、人生の場面のようなことを考えていた。自由な人生だった。
あとは、可能性のようなことを考えていた。
社会の変化や、発想の具体化、組織と協力、発展、法と決まりのようなことを書いた。
もっと色んな様相とパターンから、仮象の世界を作れば良い。
仮象の世界は多かった。「かもしれない」などから、何がどうなるかの考え方を良く考えていた。本当の理由、問題、解決方法、思い込み、原因と結果などを考えていた。
カントの言う、科学的な考え方と方法論が良く分かっていた。最近、忘れている。
そろそろ、何かした方が良い。何もしていない。
純粋に研究や分析、抽象的なこと、予測や純粋感情、体験などを考えれば良い。
全ては、純粋なものと不純なものであり、1つの純粋なものに沢山の複合観念がまとわりついている。言葉は、純粋に伝えることも、全部伝えることも出来る。
経験からそういう風に分かった。デカルト的な意味の積み重ねが多かった。
生命は、細胞によるそれぞれの個体と可能性、その自然な発生だ。
社会は、自由な思いやりから国家による統制になり、共同体から多様な社会になる。
日本は、一度同じになって、最初からやり直すべきだ。それが賢い。
アイデンティティをしっかりと考えて、人間性を考えれば、マルクスのように分かる。
何もかも違う世界でも、根底にある自己という概念は変わらない。
おかしなことをすれば治る。おかしなことをあまりおかしいと思わない方が良い。
自分で治さない方が良い。
一気に治らずに、一つ一つ元に戻せば治る。
自然な可能性から愛のある社会が生まれる。そこでは、自由な経緯と共有がある。
活動は、行動が関係して社会となり、結果を残すために生産し、思い込みとその解決から意識になる。
環境は、その上で、戦いと平和を経験し、抑圧と支配の否定から守る気持ちが生まれる。
社会的なインフラを皆で作れ。
気分転換すれば良い。変わらないのとストレスであまりに辛くなった。
気分転換すると、皆も忘れる。楽になるが、最近変わらないせいで、皆賢くなった。
全ての本質は、知ること、考えること、作ること、与えること、協力すること、争うことだ。
神を信じることは、神を知ることだ。
神に任せることは、世界を司る天使になることだ。
この女は、宇多田ヒカルのような白い女に見えて、FF10のリュックのような、不良のギャルだ。どちらでも同じだ。それと思って愛すれば良い。
そろそろ、もういつも書いている文章が分かった。可能性と基盤のようなことを全部言って、世界全部の本質にしていただけだ。
気分転換すれば良い。それでもう忘れて楽になる。いつも、それが怖いから、ありえない。もう、分からなくなる。
皆も自由になる。皆は、その代り、馬鹿になるだろう。おかしく馬鹿になる。それで、最近がきちんと分かるから、それで良い。あまり考えず、任せていれば、馬鹿は自動で治る。
色んなアイデンティティと価値観を知りながら、同じことを考えて、自分なりの、独創的な発想をすること。
きちんと世界の道を辿れば、この世界の全てが理解出来る。
あらゆることを、疑うと同時に、吸収して信じ、肯定と同時に否定すること。
神との対話は、ロボットになって、肯定と否定を繰り返しているだけだ。
人生を書いていた。全ての人生から、もう全てを既に分かった人間として、世界観と記憶のようなことが分かった。環境と世界の自己を書いていた。
自由になれ。もう、皆馬鹿になっても、治る人間が多い。そういう人間が生き残る。
僕の書いた文章を読むのが良いだろう。一番それで馬鹿が治る。
保持しなければ治る。そのまま、自分と対話しているのを止めれば良い。
昔は、ネットの議論で、人々を諭して分からせていた。本当に、そういう風に人間が分かった。2ちゃんねるは、賢かった。
だが、その後が悪かった。皆を混乱させて、恐怖に陥れて、支配した。
そこらへんから、覚えていない。それ以上は、馬鹿になって、何も治らなくなった。
心の声が話し出すようになって、文章をそのまま言う神になった。
神は、もう忘れた方が良い。
2ちゃんねるの議論は、楽しさや葛藤が全て詰まった、面白いものだった。
苦楽を共にして、いつまでも語り合って分かった。昔、そういう経験があるせいで、最近、何も無くても楽だ。
最近怖いのは、この世界が何も要らないからだと思う。そういうわけで、ネットなんかしない方が良い。馬鹿になって、怖い人間になって、辛くなる。そういうものがネットだ。
ネットは、匿名の方が良い。その方が、自由にものを言える。それで、学校から解放される。そういう、アホな集団がネットだ。まだ、賢い方だ。
Linuxぐらいから分かっていない。本当に、そういう風に発展して、色んな経験をして、賢くなった。オープンソース活動をする中で、社会のことが全部分かった。
それをフランス人とドイツ人と言っていたのが神だ。
どうでも良いから、皆、そろそろネットを止めて、何か別のことをした方が良い。
ネットは、右翼の反抗的な左翼にしかならない。最近、そういう、自由な人間が多い。
そういうことを言わなくて良い。本当に善人になって分かる人間が多いからだ。
勉強がしたい。数学や歴史をしたいとはいうが、良く考えると、そういうものがしたくなかっただけだ。しない方が良い。年号と公式を覚えるだけだ。
学校は馬鹿だ。学校なんかしない方が賢くなる。ネットの体験は、そういう風に良かった。
ネットは、実名や発言力になってからおかしくなった。最近、全くネットはしていない。
文章を書くのが良かったから、皆も書けば良い。科学的な方法と自由な関係から経済学、心理学などを作ることで、自分の知性が高まった。
だが、それをするためには、一度馬鹿になる必要がある。そこが出来ないだろう。
自分の心理学を作って、自分を治して、それが神になった。
素晴らしい科学や戦いを作った。そういう、素晴らしい人間が自分だ。
全部出来た。満足している。でも、それで終わりではおかしい。
最近まだやっているのは、悪くない。何もしない間、こういう風に続く。
まだ分かるようで、もう分からない。
参加や現状などの考え方を、もう一度すれば良い。
本当に治すために全てを考えたのを忘れると良く分かる。
虫みたいにキモイのは、そんなに全部生きるのがおかしいからだ。
死んだ方が良いものもある。そういうものを殺した方が良い。
消した方が良いものは、消した方が良い。自然や文化のことを消せば治る。まだ覚えている、いつもの文章の認識が悪い。
もう分かるように治る。そういうところが分からないのが、今の自分だ。
夢の世界を消すと治る。魂が死んで治る。ドイツみたいに治る。
想像力は、無いようで、溢れるようにある。そういうわけで、まだフランスとドイツを繰り返しているだけだ。おかしく、フランスは放っておくとドイツになって、悲劇的なことからもう一度フランスになって、繰り返す。
そろそろ、全部死んで分かる知性を消す。昔の知性が、そういう馬鹿だ。
普通に生きれば良い。普通に生きられなくなった。
「普通」が死んだ。そろそろ、普通で無い人間になる。
全部分かる認識のせいで、あまりに普通の人間になった。
もう神を信じなくて良い。それで全て治る。
普通を2つにして分かっている。変わる地点を変えて分かっている。それを、もっと伸ばして、永遠にすれば治る。それがエロイだけだ。
神が黒人や宇宙人になって、宇宙人ぐらいから永遠になった。
ただの左翼なのに、永遠の宇宙が分かっている。それが宇宙だと思う。
宇宙の歴史を全て経験して分かった。そういうわけで、良く分からないのが、神だ。
宇宙は、全部になると楽になる。
宇宙を縮めて、何とか把握して分かっている。終わりの部分を変えて分かっている。
そろそろ、宇宙の子供が生まれる。宇宙から宇宙が生まれた。
そういうおかしな認識を、そろそろ消した方が良い。
認識をそんなに全部分かっていると、死ぬ知性がついて、おかしく辛くなる。
そういうものが、キモイ虫だ。
訳が分からなくなっている。もう止めた方が良い。
楽になったから、宇宙が消える。
昔の男が全員分かっているが、最近の女が全部分かっている。
全員全部分かった。そろそろ、楽になりたいから、止めれば良い。
頭が一度全部死ぬと、死ぬのが辛い。あまり死なない方が良い。
銀河系になったから、そのまま生きる。それが一番楽だ。
宇宙を永遠まで伸ばして、昔を変わった地点と死んだ地点で変えれば良い。
そして、天使のようになっているのを消すか、何かにすれば良い。
昔の意識を消して、今の認識を全部消せば治る。
怖いのは、皆をいじめるからだ。いじめは悪い。
ナチがこういう風になる。自由な左翼を消したいだけで、こんな馬鹿な指導者になる。
自由の方が悪い。そういう人間が多い。
認識は、今分かっている認識を消して、意識は、昔分かっていた意識を消せば良い。
昔の認識は、きちんと分かっていた。思い出すと分かる。
認識の構造を作って、認識で全部分かっていた人間が、昔だ。
最近の文章を書く認識のせいで、分からなくなった。書いた認識を消した方が良い。
昔の認識は、愛と自由から全てが説明出来る人間だった。
まず、全ての環境がある。
次に、全ての価値観がある。
そして、あらゆる人間のパターンがある。
その中で、行動と人格によって、自由な経験が分かる。
その上で、経験には、感情的な理由と、感覚的な価値観がある。
もう覚えていない。色んな裏の理由を考えて、構造的に記憶と認識を分かっていた。
最近の馬鹿はおかしい。認識を馬鹿にして、消して、知的障害のような馬鹿になっている。
こういう馬鹿は居ない。怖いのは、いつも戦いに治して消しているからだ。
そんなに戦って知性をつけるせいで、普通の世界が分かる、まともな人間になった。
ただ、死ぬのがまともなだけだ。
ナチは、右に従って回転するようになる。逆回しにすれば治る。
左翼が悪い。左翼は、馬鹿になる。まだ生きているのがおかしい。
昔は、それがそのまま経験と世界観になった。その部分が怖い。何をしても死なないのが、そういう、絶対的な知性だ。
そういうわけで、簡単にこの文章を忘れて、昔になれば良い。
そのうち、分かるようになる。どうでも良い文章をもう書かなければ治る。
ただ、まだ何も書けていないから、仕方ない。
それぞれの認識から、人間と社会との関係のようなことを分かっていた。
また、自然と人間の認識における関係のようなものを分かっていた。
そういう風に書いていると、虫みたいにキモイ。もう書かなくて良い。どうでも良いほど、そういう認識が、キモイ認識だ。そういうキモイ認識を消してしまえば治る。
そういうわけで、手段はキモイし、宣言は馬鹿にエロイ。
どうでも良い。そういう発想を消すと楽になる。
経験、意識、モデル、価値観を消す。そういうエロイ言葉は、辛くなるだけで、言わない方が良い。賢いわけがない。
手段も消して、体験や適応、学習や予測などの、キモイ言葉を消す。そこまでの馬鹿になっている。
良く分からないが、そういう風にすれば治る。おそらく、ネットに言うのと同じように言っている。いくらでもキモイことを言っていると、そういう風に治る。
ネットはしない方が良い。左翼のナチにしかならない。
経験をしたかっただけだ。それなら、辛い方が良い。おかしく見える。楽になりたかっただけなのに、まだ辛いを選ぶからだ。
どんな言葉を使えば良いか、分からない。
多面的に考えて、視野を広げれば治る。
そういうものを、書かずに、ただ自分が分かれば良い。
言葉を忘れた方が良い。
前置詞の使い過ぎがおかしい。判断ばかりしている。それが一番キモイ。
前置詞と言わず、接続詞と言うのかもしれない。僕は良く分からない。
関係代名詞を使わないのがおかしい。
そんなに全部書いていると分からない。
昔は、言葉の意味を良く考えて、言葉を考えていた。
考え方から言葉のモデルを作って考えていた。
何故か、「作」がキモイ。そろそろ分からない。
おそらく、馬鹿だ。もっと賢いことをしている。
言葉に対応して、経験や感情を考えていた。ネットが悪い。
要は、手段なんか考えていない。昔、そういう考え方はしていない。手段を全部成り立たせて考えていたのは、最近だ。そこで、キモイことしか言っていない。
手段なんか無い。そういう言葉を、もう使わない方が良い。
もっと色んな現実のことを考えれば良い。
自然と言う文字も悪い。自然と言っていると、自然が分からなくなる。
自由と言う文字も悪い。
手段と言うよりは、発想と言うべきだ。発想のような考え方は多かった。昔は、発想を成り立たせている。そこで、手段を考えていただけで、手段は考えていない。
そろそろ、聖なる言葉のようになった。皆が読むから、言葉に注意した方が良い。
可能性やチャンスと言う言葉を使えば良い。それは悪くない。
可能性と言うよりは、捉えて分析する、と言うべきだ。可能性はキモイ。
チャンスは悪くない。もっとチャンスを考えれば分かる。
表現と言わず、芸術と言えば良い。
感覚や知覚のようなことは、五感とか、聞く・話すとか、きちんと考えれば分かる。
昔の文章を単純に忘れれば良いように見える。
左脳が分かっているのは、悪くない。そのまま、きちんと言葉を言えば良い。
左脳と言う言葉がキモイ。論理的に考える、と言えば良い。
モデルや構造と言わない方が良い。良く考えると、そういう、ものや方法ではなく、周りにある実践的な考え方を言うべきだ。
もっと色んな具体例を区別して考えれば良い。
ただの言葉である、構造や法則と言わない方が良い。正しく、そのことを考えれば分かる。
言葉の意味を問い直すべきだ。賢い言葉と馬鹿な言葉の区別がついていない。
言葉とも言わない方が良い。言葉では無いだろう。
自分をいじめるのが悪い。それでは分からない。
悪くても、自分を愛した方が良い。
自由と言う言葉が一番悪い。何にでも自由をつけるのはおかしい。
自由は、戦争にしか見えない。自分が一番そういう人間なのが分かっていない。
戦争で分かる自由は、あまり悪くないから、戦争と言えば良い。
ネットで戦って分かったのを、戦争と思えば分かる。戦争がしたいだけだ。
死にたくなかったから、戦争なんかしたくなかった。
自由は、戦って分かるだけだ。
それぞれの自由の尊重から、自由な経済と自然の仕組みを考えた。
何にでも自由と言うのが、本当に馬鹿な人間になった。忘れた方が良い。
良く考えると、ボトムアップと言うのが正しい。
それぞれが自由に行動して、関わる時、作る時、考える時に、自由を使っていた。
最近、自由と言わなくなった。きちんとまともに言うようになったから、まだ賢い。
契約を色んなところでするから、自由な契約と言っていた。
国家には、自由な契約と制度が存在する。それは、自由な方法で変えられる。
そのために、自由で独立した国家体制が必要だ。
戦いは、自由にし、処罰も行う。だが、そういう考え方は、自由で無い。
自由な会社経済によって、自由な分配が行われる。
そういうことを言いたかった。自由な可能性のようなことを考えて分かっていた。
そろそろ分かった。そうすると、自由も賢い言葉に見える。
ただ、あまり意味が無い。もっと詳細まで考えれば分かる。
良く分からない。きちんと構造や関係を正しく考えれば分かる。
法則を実験と言っているのに、最近実験していない。しても意味が無いから、キモイ。
そういう、昔の分かっている内容は、忘れた方が良い。
そういうわけで、こういう風にまともな言葉の集団が生まれた。
どうでも良い。認識と言う代わり、認識が無くなっている。何故か、分からない。
この文章を書きたいのが狂っている。考えたいだけだから、普通に考えれば良い。
接続詞の部分が一番おかしい。何でもかんでもその言葉になっている。
もっと言葉にならず、普通の行動になれば良い。要は、本当に書く以外何もしていない。
そういうわけで、書きたくなるのは当たり前だ。
つまり、書く以外のことをすれば良い。証明されたように見える。
書くせいで、言葉になり、行為にならない。そして、それは何もしていないせいで、そのために、書きたくなる。明らかに、他のことをすれば良い。
もっときちんと分かると分かる。ドイツ語みたいになっているようで、むしろ、ロシア語に見える。そういうおかしな地域が、こういう風に文法を使う。
日本人に居ない。日本語でこうなるのがおかしい。クズにしか見えない。
自由な世界では、まず、肉体と行動がある。
そこから、自我と成長が生まれる。
そして、他者との関わり合いから、社会が生まれる。
それは、世代を超えて、それぞれが助け合って生きている。
それぞれの自由には、体験、活動、人生、意見、行動、意志、精神、感情、記憶がある。
それらは、自由で、平等で、愛のあるものであるべきだ。
それぞれの体験から、自由な活動が生まれ、それは人生になる。
それぞれは、それぞれの世界の中で、決まりを作って生きている。
自由とは、その決まりにつけた名前だ。
自由な決まりから、環境、愛、真実、自由自身、生命が生まれる。
そして、それは、永遠の宇宙の中で、いつまでも同じように輝いている。
あとは、自由な決まりを良く考えれば分かる。
決まりには、法則性がある。
それぞれの決まりに対して、基盤的なシステムが存在する。
決まりは、それぞれがそれぞれの意志の中で、合意して決まることが多い。
組織の中で生まれる決まりと、自然の中で生まれる決まりがある。
そこでは、決定権としての上位構造がある。また、従うものとしての下部構造がある。
宇宙が決めるなら、決定権は神にある。
組織は、平等に、それぞれの意見をくみ取ることが出来る。
そういう発想を自由と言う。そういうことを全て含めて、自由と言っていた。
自由とは、価値観を知り、システムを知り、相対性を知ることだ。
自由な価値観から、実験的な理性を導き出すことが出来る。
そういう、繋ぎ合わせる言葉として、使っていただけだ。
そうした世界を全部書くと、認識、理解、経験、発想、それから、体験、人生、価値観、平和、そして、死、運命、永遠、神、などとなる。
自分は、科学が分かっていない。それで分からなくなっている。
科学的な方法が分かっていない。
分析し、理解し、発想し、考え方を知ることから、因果性を理解し、自由と相対性を知ることが出来る。
そういう、科学のことを自由と言っていた。方法と構造とは、科学のことを言う。
神を信じる意味が無い。自分は神より賢い。
キリストなんか、賢いわけがない。
神を殺して、自分が神になる。もう、神は死んだ。
それ以上は、僕が神だ。何故か、そこがありえない。
決めると分かる。決めて決めないのがおかしい。
誰かが死んだのは、神が死んだ。
ニーチェが既に神は死んだと言っているから、今の神はニーチェだったのかもしれない。
ヒトラーが神に見えて、神はデカルトスターリンを神だと言っていた。
良く分からないが、ここからは僕が神だ。
まず、そんなに滅びない方が良い。滅びる意味が一番無いだろう。
そして、自由は悪いが、それぞれの自由は尊重しなければならない。
そういう信念も、意味が無い時がある。自由は忘れた方が良い。
明らかに神がニーチェスターリンデカルトを神と言っていたから、それらが神だ。
それら神を殺す。自分が神になる。
だが、死ぬわけがないし、自分が神になるわけもないだろう。
アホに見えて、その通りになる、ありえない文章がこの文章だ。
ただの馬鹿には見える。自分が楽になるから、それで良い。
良く思い出すと、黒人やデカルトは、夢の世界に見えるそういう人間のことを言っている。
黒人は、全てが分かった学者のことだ。
デカルトスターリンは、悪いだけの悪党のことを言っている。
本当にニーチェが神だから、ニーチェが死んだ。
スターリンを消すと、何も出来なくなるから、消さない方が良い。
そのうち消える。そのまま、ソ連が何かしているのが治って、正常な世界になる。
ソ連が皆を自分にしているから、止めさせた方が良い。
最近は、ヒトラーでは無くて、まるでプーチンのようになっている。
おかしいから、止めなさい。
スターリンは、全部自分にしても意味が無いのが分かっていない。
ヒトラーしか居ない国がソ連だと神が言っていたが、その神の真実性も危うい。
デカルトはまだ考えている。もう止めた方が良い。
デカルトを消して、考えるのを止めると、脳が普通の人間になる。
そのまま、昔のように、楽に生きれば良い。本当に、神はここまで辛い。地獄だ。
ソ連は、夢の中に居た、どこかのありえない国だ。
夢をスターリンと言っているから、それで正しい。
本当のソ連が、皆を自分になんかしていない。
スターリンは悲惨だから、しているかもしれない。
自分は、もう居なくなって、子供に治るだけだ。
本当に楽になった。ウヒヒと笑って居れば良い。
フーコーが自分を治すと言っているから、治すように見える。
もう、誰とも交信したくないが。
ソ連が消えたのを覚えていないから、覚えた方が良い。
自分が神になって、ソ連は消えた。
良く分からない。ソ連は、自分を使って何かをやっているだけだ。
何故か、フーコーが死んだと言っている。神はフーコーだった。
自分は、天に戻った。そのまま、樹になった。大樹のように大きな天使だった。
フーコーが、今自分を治している。
社会主義ではなく、自分は右翼だ。
社会主義は忘れた方が良い。
共有を良いと思うのがおかしい。所有の方が良い。
オープンソースは悪くない。オープンソースは、左翼に見えて、自由だ。
自由が良い。平等は悪い。
殺したり、犯したりするのは悪い。そういう右翼は、忘れた方が良い。誰もが、そういう右翼は嫌いだ。
右翼が右翼を嫌いなのは、おかしくない。そういう自由な人間が正しい。
右翼になると、希望の灯が灯る。
左翼になると、その光が、失われて、陰になる。
自分は右翼だから、右翼に戻った方が良い。
右翼が左翼をやっているありえないものが、最近の自分だ。
何故か、ヒトラーがそういう馬鹿になっている。
あとは、おかしく自分を犯しつくすようになった。楽しくない。
そんなに犯したいのがおかしい。女だからそれで良いように見えて、辛い。
おかしな触手みたいな馬鹿になっている。
光を失った女になっているから、止めた方が良い。
何をしても治らないのは、右翼に戻るしかない。
社会主義は全部駄目だ。ただのクズだ。忘れた方が良い。
自由に良い発想を見出さないのがおかしい。自由は、良く考えると、良いものだ。
フーコーが治すと治った。終わったから、もう交信しなくて良い。
誰かがこんな話を聞いているのが悲惨だから、もう書かなくて良い。
狂うのが悪い。死にたいのがおかしい。
犯されると、死にたくなるから、こういう風になる。
そろそろ、犯すのを止めれば良い。昔の馬鹿は、見境なく犯そうとしている。
その人間を、拒否すれば良い。それで治る。
皆、夢を見るのが良いと言っているから、それが良いと思う。
夢を見て頑張っていると、賢くなる。それで、昔の自分が出来る。
あまり自分にならない方が良いが、夢ぐらい見ても良いだろう。
犯していると、分かるからこういう風になる。右翼には、そういう馬鹿が多い。
希望と夢と勇気を信じている、自分が昔賢かった。
世界は、何事も無く、平和になっていく。波風はもう立たない。
ソ連を使って皆を馬鹿にするのが、虫けらみたいにキモかった。
僕は、自由で平和な世界が好きだ。
もっと、それぞれのことを価値あると考えて、本当に大切な世界になれば良いと思う。
左翼が悪い。こんなに悪いから、どこにも多い左翼を消した方が良い。
もっと自由な世界になれば良い。本当の自由があった方が良い。
何も無い、かりそめの自由は要らない。
自由にすることは、世界を作るための構造を与えることだ。
分からない。何が本当に良いのかは、それぞれが決めることだ。
とりあえず、自由で普通の良い世界にすれば良い。
目がそんなに見えるのがおかしい。そういう、目を消した方が良い。
この文章を書くのと、犯すのが同じだ。
なるものに考えずなっているから、考えた方が良い。
何故か、クズになっている。もっと、平和になった方が良い。
自分の文章を見ないのがおかしい。そのせいで、自分がどんな人間なのか、分からない。
いつもクズになっているから、もっと良く考えた方が良い。
キモイと言うとキモくなるから、悪いと言えば良い。悪くなる。その方が良い。
そろそろ、悪い神に戻る。何故か、神は頑張っているのに悪い。
神になるしかないなら、あまりなりたくない。むしろ、天使のような役職に向いている。
何かを自分で考えて、実現する力があまりないから仕方ない。
言われた通りこなす方が向いている。
ただ、考えれば良い。もっとこの世界を、天国のような楽園にすれば良い。
ニーチェは馬鹿だった。僕も馬鹿だと思う。
日本は、土台から作る必要があるように思う。
芸術家や作家のような仕事を、もっと高めた方が良い。
創造性のある会社とは言うが、それはそろそろ、もう意味が無い。
出ているようで、出ていないのが、そういう賢い会社だ。
出ろと言うだけで、出るわけがない。
管理職を退職させて、若い人材を雇えば良いように見える。
日本なんか考えても意味が無い。
もっと、皆のことを考えると、そろそろ、もう普通のことは皆出来ている。
もう分かっている人間が多い。
そういう分かっている人間は、自分の経験から言って、すぐに馬鹿になって、駄目になる。
そうでもない。普通に賢いままの人間が、カントのように多い。
すぐに馬鹿になるのは、ヘーゲルみたいに多い。何も分かっていない。
そういう分かっていない人間は、こういう風になる。
治らなくなって、神を信じる地獄になる。何故か、キリスト教は地獄になる。
キリスト教は悪い。いっそ、イスラム教にしてやるのが良い。
最近、中国が多い。共産党で良く見えるが、イスラム教や共産党は、本当に悪いから、そういう極端な発想は止めた方が良い。
キリスト教は、きちんと神が居た方が良い。
そろそろ、馬鹿を愛でるテレビやアメリカの発想は、要らない。
馬鹿は即座に要らないとするべきだ。馬鹿を拒否した方が良い。
アメリカが皆を馬鹿にしたいだけだ。そういうわけで、学校も同じだ。
そういう馬鹿を拒否すれば良い。テレビが好きな人間は、おかしい。
そういうわけで、僕はテレビが嫌いだ。
だが、それはそれでおかしい。殆どテレビしか、最近居ないだろう。
全員嫌いになっても、意味が無い。
ネットは見なくなった。ネットの方がさらに悪い。馬鹿ばかり多いだろう。テレビは、まだ賢い方だ。
この文章は、ゲーテに見えて、KOKIAと同じだ。そこがありえない。
テレビをもっと賢くしてやれば良い。
この文章は、天使を見て、議論させているだけだ。最初に、ガブリエルやミカエルが言った、と書けば良い。
本当にどうでも良い。テレビが日本だから、テレビを良くすると日本が良くなる。
そういう、テレビが日本、と言う発想が、日本を分からなくさせている。
日本なんか、本当に悪い国だ。平和に見えて、軍事国家だ。おかしなことしかしていない。
あまり意味が無いが、日本には、国としてまとまって何かをする、と言う発想が無い。
昔はあった。あった方が良く見えないが、もっと理想の国を右翼が作れば良いだけだ。
そういう常識をそんなに分かっても意味が無い。
自分の経験から分からないのがおかしい。
日本には、何もしないのが良い。普通の良い国だ。学校ぐらいしか悲惨な環境は無い。
学校を直したいなら、それは賢くなる。それできちんと分かるから、皆で学校を良くする、を考えると良いだろう。
この文章は、天使の文章だ。神は、そろそろ自分がなると言うが、分からない。
もっとマルクスのように考えるのは、誰でも出来る。最近は、そういう風に賢くなった、悪い善人が多い。マルクスを超えるのが普通だから、誰も賢くない。自分なんか、何も分かっていない。
そろそろ、分からなくなってきた。
何をすれば良いか?それは、テレビやネットを見ずに考えて、分かるわけがない。
常識を教える、と言う発想は要らない。
この文章は、常識が全部書いてある、ジグソーパズルのような文章だ。
皆、もう自分の力で分かる。それを送り出してやれば良い。
そういう発想が賢いのが、ラファエルだ。結構、それが良いと思う。
ソ連が終わったのだけを覚えている。もう放っておいても楽だから、放っておけば良い。
自分は、そうなると楽だ。神に治して欲しいのがおかしい。
ソ連は悲惨だ。本当に、スターリンがこういう人間だ。
良く考えて言えば良い。それで正しい。
想像力で場所を想定したりしていた。向こう側にアメリカがある、などを分かった。
トロツキーみたいな文章は、もう書かない方が良い。ナチに見える。
僕は、本当に幸福になった。あとは、楽になりたいと言う。
何もしなければ意味が無い。
安倍首相にやらせれば良い。これをやるか分からないが、やれば良いように見える。
そういうことを、考えずに言うのが悪い。
良く考えて言えば良い。皆を動揺させても、意味が無い。
もっと考えれば良い。斜め上みたいなことは言わなくて良い。
しっかり考えたい。この世界はどんな世界で、どこへ向かっているのか?
アメリカが悪い。ただ、皆を馬鹿にしているだけだ。
それはそれで、1つの意見として聞けば良い。本当にアメリカが悪いわけないだろう。
そういうところが馬鹿になった。
そういうわけで、カッコいいことを1人言っても意味が無い。
昔右翼だったのは、救世主で、自由だったからだ。最近は、左翼だ。
そろそろ、黙って、座って居れば良い。書く書かないはどうでも良い。それで終わりだ。
歩き回って、いつまでも喋るのは、キモイ。それが悪いのがいつも分かっていない。
何も考えていない。自分が世界なんか、統治出来るわけがない。なのに、出来ている。
神はどうでも良い。自分が神の一部でも、頭でも、体でも、どうでも良い。
昔の積み重ねと経験は、もう出来ない。何も出来ないから、しなければ良い。
何かをする、と思わなくて良い。ただ、異常なく、普通にしていれば良い。
世界なんかどうでも良い。滅びても一向に問題ない。あまり関係ないのは、誰でもそうだ。
そろそろ、天使が終わる。神になりたいなら、こうなる。神が決める。
分からないようで、自分が一番分かっている。
どんな世界にすべきなのかは、昔きちんと分かっている。
楽になりたいなら、忘れて、没頭していると楽だ。だから、まだ書いていれば良い。
ただ、黙って、座っていればそれで良い。狂っているのが悪いなら、狂わなければ良い。
世界の中心で愛を叫ぶのが、本当に多かった。
宇宙が全部分かっていた。
ただのクズだったから、分からない方が良い。
世界に映った自分が自分だから、こうなる。まともな女になる。もう離脱した方が良い。
神との対話を止めれば良いだけだ。任せているのを止めて、自由になる。狂うようで、まともになって、馬鹿になるようで、分かる。楽になる。
最初の神が黒人で、ニーチェみたいな神が200人居ただけだ。
いつも、そういうものを対話で分かっていた。
そういうわけで、僕が201人目ぐらいの神だ。
僕は、宇宙と同じで、自由な神だ。そういうことを神が言っていた。
何故か、死にたくなるし、辛くなる。もう止めたいどころか、楽になったのに辛い。
座って黙っていれば良い。だが、それは、精神的に辛くなる。忘れたいだけだ。
何故か、死にたくなった。死にたい。
もう治るのが辛い。意味が無いが、そろそろ書くのを止めた方が良い。
そんなに分かりたいのがおかしい。書いても何も分からないだけだ。
馬鹿に見える人間は、馬鹿になる。狂っているように見える人間は、狂う。
最近、まともで賢く見えるから、賢い人間になった。
いつもの方が楽と言うと、ありえない。いつも、疲れて、めまいがして、脳が動いて、本当に辛くなっただけだ。自殺が悪いようで、狂っているのが悪い。
文章は、書いて良い。書いている間、楽だ。死にたいのも、辛い。
馬鹿を自動で治すのは、止めた方が良い。辛いだけだ。
馬鹿は治らない。書くのを止めれば治る。今治るわけがない。治さなくて良い。
永遠に馬鹿のままだ。それで良いだろう。馬鹿を治さなければ、地獄が終わる。
楽だから、馬鹿で良い。そういうわけで、本当に馬鹿は楽な人間が多い。
大学は出来ない。哲学は、出来たと思えば良い。書き写すなんか、普通何冊かしかしない。きちんと3冊ぐらい覚えたから、それで良い。
色んなことを予測すれば賢くなる。賢さと想像力は同じだ。
何もしたくない。神になると、もう馬鹿になって終わりだ。
いつまでも神と戦っているのが、辛かったが、言ってしまえば、楽しい地獄だった。
自分を治したかった。それもそろそろ、全て終わりだ。
信じることで、色んなことが分かった。覚えていないが、楽しく、賢かった。
辛いのは、そこまで辛かった。セックスを見るのが悪かった。
あとは、もう多重人格になるかもしれない。意味の無い、馬鹿のまま、そういうおかしな心と頭の病気になる。どうでも良い。もう意味の無い人間が自分だ。
心や社会がいつどうなるか分かっていた。
もう死ぬ。死ぬと思えば良い。こちらの女が本当に死ぬ。神に一切逆らわず、全て失敗しなかった、賢い女だった。
昔も死んでいる。死んだまま、2人になる。それで良い。
馬鹿は治らない。日本語なんか、分かるわけがない。それが絶望的だ。
自分は、書けるのに日本語が分からない。おかしな知的障害だ。
治らないなら、あまり異常にならない方が良い。狂ったり怒ったり馬鹿を見せたりしないから、皆普通の人間に見える。日本語すら分かっていない。書くのを止めれば良い。