「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-03-25

=2015-03-25=

ワードからコピー

なんだかんだ言って、まだ書いている。
最近楽になったから、書いて良い。悟るのと、構造が辛いだけだ。
知り尽くして、仮想的な世界を作った。
本質と方法を想定した。
設計図と考え方を全て知った。
人生経験があった。パソコンで分かっていた。
人生を知った。皆の人生経験を考えていた。
不思議の国のアリス、という古典の本を買った。面白い。
ただ、文学は、意味が無いと思う。大学は、つまらない。
最近は、宇宙の全てを創って、経験した。
皆、もっと色んなことをすれば良いと思う。
そのためには、世界を遮断して、自分だけの世界になることが必要だ。
日本史は、する意味が無い。これで、日本がしたいのがありえない。
経済学や世界史は、自分で全部作ったから終わりだ。
もう終わったから、死んで良いのが自分だ。
まだ生きている間、楽しいことをすれば良い。
最近は、つまらないが、世界とは関係なく生きれば良い。
アリスに意味が無いなら、文学は何も無い。つまらない世界だ。
いつもの王の自分は、二度は出来ない。王として、世界を導いた、最高の人間だった。
昔は、賢者だった。
世界を見ながら、賢いことを積み重ねることで、社会と人生を経験的に分かった。
パソコンはもうしたくないし、文章もそろそろ終わりにしたい。
何か、次にすることを考えた方が良い。
自分を犠牲にしてでも、大切なものを守る。それは、おかしくはない。
安心から融和して、自然体になる。それも、良い考え方だ。
昔は、学習や意識を根源的に考えたりしていた。
パソコンは、本当に好きだった。
最近嫌いなのはおかしい。僕の全てがあったのが、パソコンだ。
全部見て、数学と社会ぐらいは出来た。パソコンが数学、文章が社会だ。
ヨーロッパは、面白くて賢い歴史だから、すれば良い。日本史は、つまらない馬鹿な歴史だ。
ヨーロッパの歴史なんか、ヨーロッパ人にしか分からない。
そういうわけで、歴史はしない方が良い。
政治経済でもすれば良い。それが良いと思う。経済学がしたかっただけだ。
文学は出来ない。普通、勉強というより、面白く読むのが文学だ。
政治経済の本を読むことにする。参考書を見ると、何故か本当に賢い。
日本史や世界史、地理は、あとでした方が良い。
絶対王政や絶対主義は、まだ分かっていない。無いと、クリープの無いコーヒーに見える。
フランス革命や人権宣言も分かっていない。
マルクスやレーニンもあまり分かっていない。
アメリカや、植民地と独立のアジアやアフリカなどの歴史も分かっていない。
そういうものは、政治経済にいくらでも出てくる。それで、きちんと、全歴史が分かる。
政治経済が分かると、きちんと知識人に見える。むしろ、日本史は、きちんとやれば良いだけだ。
昔から、科学や数学を自分で作っていた。
哲学、心理学、教育学、数学、物理学、生物学、社会学言語学、などが多かった。
そういうものは、コンピュータ科学をやっていると出来る。自分は、オープンソースのおかげで、全ての経済学を作ることが出来た。
そういうわけで、経済学をすれば良い。そのまま専門にすれば良い。自分の高校の先の、大学を作ることが出来る。専門は、経済だ。それで良い。
哲学、歴史は、終わった。何か分かったように見える。ドイツやロシアも分かったし、哲学者を一通り全部知って、覚えたから、全て良かった。楽しい、書くだけの、辛くても楽になる大学だった。
昔から、おかしな歴史学が多い。古代や地球の始めなどを分かる。おかしいが、それが一番好きだった。
基本的に、自分で作って分かる。それを、そろそろ止めれば良い。きちんとインプットした方が良い。アウトプットは、多すぎて意味が無い。
マルクスによると、国家の歴史的分類は、奴隷制国家、封建制国家、絶対主義国家、資本主義国家、社会主義国家、となる。原始共産制社会から、階級社会になり、生産力の発展した高度の共産主義社会に再びなる。
また、機能的分類は、警察国家夜警国家福祉国家となる。警察国家は、君主によって抑圧のために警察力を乱用する。夜警国家は、国家の任務を治安や国防など最低限のものとし、市民社会を自由放任にする。これもまた、1つの理想である。僕は、昔、それを良いと思っていた。福祉国家は、国家が貧富の差の拡大の是正など、弱者の生活を保障する。これは、社会民主主義的な考え方だ。
政治経済は、内容が多い。全部はすぐには書けない。
Mozillaのおかしい点は、JavaScriptXULで動いている。これは、Lispだけで動いているEmacsと全く同じだ。
あとは、GPLは、再配布と共有が出来るせいで、ディストリビューションが発展して良かった。
人間は、まだ何も分かっていない。全てのことは、解明されていない。その内、また覆るだろう。
S式とXMLは良く似ているから、兄弟のようなものに見える。
コンピュータは、テキストがそのまま動くありえない機械だ。コンパイラをOSとくっつけると、良くなる。そういう発想が多い。
ナチは、大衆に訴えかけて、感情に訴え、一方的に、絶対的に、同じことを繰り返せ、と言っている。それが一番悪いのは、テレビだ。
S式とXMLなら、XMLの方が賢い。タグのパラメータと内容は、分けた方が良く見える。だが、実行は出来ない。JavaScriptを介して実行するのが、馬鹿と言えば馬鹿だ。
フランス語は、男性形を昔、女性形を今とした。
最近、頭だけが生きている。
頭が死んだ。そして、頭が死んでいるのが治った。
コンピュータで馬鹿になった。コンピュータ以外のことをすれば治る。
方法を作り、構造化し、実証して、発見せよ。説明し、考え方を知れ。
神は、自分に全て応えるだけの、感情と言葉だ。
言葉でそこまで全部作っていた。
ゆっくり考えれば分かる。
弱くなると賢くなる。強いのは悪い。
系統的な体を全部書いていた。