「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-03-22

=2015-03-22=

ワードからコピー

経験から科学や他の言っていることが分かった。
自由とは、可能性、判断、原因、構築、網羅、説明だ。
経験から人間が分かった。
興味深いことや、驚き、習慣と価値観から、人生と発見の世界を知った。
環境の違いから分かった。
体得して、知を深く掘り下げて、事実と裏側と意味を比較して、世界観を作って、俯瞰的に分かった。
体験的に知を知れ。
存在、時間、意識、生きているという概念を考えていた。
現状を分析して、社会との関係を見つめ直し、結び直すこと。
未来を自由に考えること。
あらゆる可能性が、既にあること、人は知らぬ間に可能性を手放していること、を分かった。
人間がどう生きているのか考えた。実存主義は、人間が事実どう存在しているか、考える哲学だ。
自分の内なる興味、体験から、会話や行動によって、具体的な知を得て、体験的に知ることが大切だ。
心の法則、のようなものが多かった。葛藤から、自己の存在価値を知る。
人生をふり返って、進歩的に皆のことを考えていた。経験から人生が分かった。
色んなことをして、仮象の世界を作って、可能性や理由を考えれば分かる。
日本の問題は、昔の時代が馬鹿なことだ。昔が馬鹿なせいで、何もない世界になった。
もっと賢くなれば治る。
ヘーゲルは、狂っているように見えて、人間の進歩と考え方が全部書いてある。そういう哲学者だ。
人間の求めているものは、価値の承認、許し、そして大きな希望と愛だ。
人間を導く夢と、勇気を与えることが多かった。
物理的に心と認識を分かった。
社会を、自然状態から知の権力まで、全て考えていた。
デカルト的に、意味と実存を考えれば分かる。ものの作り方や、理由、本質などを考える。
あとは、ものごとの関係を考えれば分かる。
信頼すれば、信頼される。
責めたり、傷つけるのではなく、許し、自分が代わりに傷つくようにすべきだ。
そのように、人間関係を考えれば良い。
正しい人間関係を作るために、自分から損をすることも、結果的に得になることがある。
ただ、そんなに損をしても意味が無い。良くお互いのことを知って、良い関係を結ぶべきだ。
古代はどんな世界だったのだろう?何万年も前、どんな生き物が生きていたのだろう?外国は、どれほど違うのだろう?そんなことを考えていると、知らない方が楽しいこともある。だが、知りたいものだ。
組織や自由とは、可能態のようなことを言っていた。
経験から皆のことが分かった。思考実験で照らし合わせて分かった。仮象を作った。
自分の出来るささやかな手助けからすれば良い。
何も深刻に考えなくて良い。書くのを止めないなら、もっと良いことを何か、普通にすれば良い。
勉強は、地理からやれば良い。社会科の先生になりたいなら、きちんとやった方が良い。正しい選択だ。
成長して、頑張れば賢くなる。
子供と大人が違うのが分かっていない。子供は賢い。
頭を休めれば良い。それが辛いだけだ。
辛いから、もっと楽しくやれば良い。
科学を作った。構造、方法と結果、仮定と推論、結論、再現性から、物理のように作っていた。
物理は、関係、計算と数式、作用、法則を考えれば、自分の物理を作ることが出来る。
変化を捉えること。
世界と人間がどこから来て、どこへ行くのか分かっていた。
地理、歴史、公民をすれば良い。それがやりたいだけが、この文章だ。
覚えるだけの学校はおかしい。授業と試験しか出来ないからそうなる。
知り尽くして、自分の頭で考えて、疑問を調べて、分かるようにしなければならない。
そもそも、学校の勉強は、意味が無い。
最近、頑張って書いている。最近が一番賢い。
昔の自分が辛いから、今辛いだけだ。何も変わっていない。昔の辛さや苦しみを考えれば分かる。
孤独な自由と喪失が、辛くなっただけだ。
良く考えて、実現するのを分かると、自由が分かる。
手段を与え、協調の経験をし、社会を築き、システムを構築し、知恵を集める。
組織に参加し、可能性を開拓し、人生を吸収する。
実現力と独立性を高め、発想を具現化し、方法を作り、認識を疑う。
知を想像力から知り、実地的に社会を知り、賢い人間を知る。
自由になって、思い出して、可能性を開拓して、感情と関係を考えて分かった。
色んな環境、経験、理想と現実を切り替えて分かった。
普通の場を想定すれば分かる。
そういうものを経緯と確認で分かっていた。
モデルと法則で分かっていた。
日本社会や技術など、パソコンの世界は広がりが大きい。
だが、オープンソースに意味がないから、パソコンは嫌いになった。
昔から嫌いだった。だが、詳しかった。
心の物理は、心の表層や裏の構造を分かって、社会全体を構造化、物理化、システム化していた。
これくらいしか書いていない。あとは、ほとんど、自由な理想のような、道徳のようなことを言っている。自由が正しいと思った、ありえない人間だった。
自由は間違っている。自由は、世界の全員を馬鹿にしているだけだ。ただ、戦いも良くない。
平等を良いとはいうが、人間を飼いならされた動物だと言って、国を滅ぼすのはおかしい。
まともに変革して、経済成長した方が良い。右翼の方が正しい。
だが、戦争は悪い。穏健派の右翼が正しい。
金は悪いのは、誰でも分かる。貧乏人が病院の診察に1500円もかかるのは悲惨だ。マイクロソフトの社長が、いくらでも儲けている。贅沢し放題だ。おかしいだろう。
デフレなどの経済を考えたり、平和や代表の選挙を考えるのは、まともなのが経済学だ。そういう風に分かる人間が多い。普通、格差はどうでも良い。そういうものは、上が勝手に作っている。そういう風に考える左派の人間が多い。
ケインズぐらいが分かっていない。美人投票とはいうが、きちんと経済学を勉強しなければ分からない。
ただ、株式や競争は、マネーゲームに見える。色々と、おかしいのが資本主義だ。
あとは、アインシュタインが無い。一般相対性理論や、量子物理などの現代物理だ。原子エネルギーや空間が変化することを発見して、ニュートン力学を覆した。ただ、それ以上は、分からなくて良いと思う。
もっと、平和な発想をすれば良い。ただのドラマの方が面白い。大学は、つまらない。
ルターは、いつか分かった。教会ではなく、個人の信仰と聖書を中心にして、プロテスタントを作った。ルターは、白人の世界に多い。ドイツやアメリカなどに信者が居る。フランスはカトリックが多い。イギリスは、独自の教会制度、英国国教会がある。ロシアは、東方のロシア正教を信じている。
あとは、外国の政党の名前などを分かっていた。ドイツは、キリスト教の右翼と社会民主主義が戦っている。中世のようだ。ロシアは、右翼と左翼の党が、バランス良く存在する。アメリカやイギリスは、二大政党だが、イギリスには国王の女王陛下が居る。
フランスやアメリカやロシアは、大統領の権限が強いが、ドイツやイギリスや日本は、首相の権限が強い。
あとは、最近はどこも議会制民主主義だ。違うのは、中国ぐらいしかない。本当に共産党が独裁している。悪いとはいうが、選挙なんか馬鹿だ。
日本は、最近、軍事力を倍増したり、閣議決定憲法解釈を変えて、集団的自衛権を行使容認したりしている。あまりテレビを見ていないから、間違っているかもしれない。
軍事力は、あると悪いようで、あると色んなことが出来るし、他とつるむと、協力してくれる。そういう良い面もあるが、平和な方が良いと言う、左翼も正しい。
安倍は、経済もきちんと出来るから、賢い。アベノミクスは、単純に円安を進めながら、制限を緩和している。そういうことが出来る首相は、少ない。普通、三本の矢ではなくて、一本ぐらいしかない。
最近は、深刻な格差社会になっている。ピケティが言っている。僕は、分からないが、皆が豊かなのは、安倍のおかげだ。あまり悪くない。最近、ほとんど全員豊かだ。
地方創生は、良いと思う。良い発想をしている。そういう良いことをすれば良い。原発は、止めた方が良い。すぐに止めるべきだ。
雇用は増えているようだが、非正規やアルバイトが多い。そこらへんを平等にした方が良い。ただ、平等は、悪い。昔から、同じにする人間が一番悪い。グーグルが言っているように、皆違う方が楽しい。
昔から、人間や宇宙のことを考えて、良く分かっていた。
そろそろ、もう残っていないと思う。全部書いたように見える。実践するためには、コツが居る。ネットを上手く使って、オープンソースをしたり、文章を書いたりしながら、色んなことをすれば出来る。神を信じるのは、しない方が良い。辛いだけだ。
社会、人間、環境、関係、記憶、言語から、意味を良く考えていた。
最近は、生まれ変わりと対話が多かった。おかしなことをしなければ出来ないから、出来ないと思う。
昔も今も、社会の実現性を考えて、おかしな支配をする。パターンや本質を考えた。想像力が執筆に変わっただけで、皆との友情が独りでの信仰に変わっただけだ。
日本が好きな方が良い。昔は、それだけが賢かった。数学やプログラミングも分かる人間だった。
時とともに、そういうものは消えた。要らないものは、無い方が良い。そういうもののせいで、馬鹿になっている。一つのことをすれば、それで良い。
人間には、色んな状態がある。それを考えて、自由に導いて、支配して分かっていた。
数学は、好きだった。全てのことを、数学的な理性で分かった。そういうものを、自分の数学と言っている。単純に積み重ねただけだ。
ネットで経験して、考え方や見方を変えれば良い。
地理、歴史、公民をする。倫理は出来ればする。それを覚えれば良い。
いつも、自分の書いた文章を読めば良いのが分かっていない。全く、書いただけで、読んでいない。
影響力を行使して、何も無い、名前の無い世界を分かっていた。
悲しい意識で、自然を見て分かっていた。
昔はパソコンの賢い人間で、最近は神の作家だ。そういうイデアが最初からあって、自分はこの世界に生まれたかったのだと思う。
何一つ出来ないから、子供に見えるだけだ。
自分にはならない方が良い。なっても、何も賢くない。おかしな、馬鹿なだけのキリストになる。皆馬鹿になっているから、自分になるのを止めた方が良い。
中世のドイツ人がまだ話している。それが神だ。
話すだけの女になった。
神は、自分を最初の人間と言って、最後の人間と言う。
正しい宇宙観は、仏教だ。あるでもなく、ないでもない、空が宇宙だ。
最近は、教授のようになって、主教のようになった。そういう男のドイツ人も居る。
ドイツ人は死んだ。おかしな子供になる。
ドイツ人に日本語は、出来ない。
環境、決まり、制度、考え方、前提、のようなものを全部作っていた。
ドイツ人は、永遠を生きただけだ。未来のドイツをやったように見える。
日本人になる。日本人にならないと、日本語が分からないからだ。
環境や意識を昔分かっていた。色んな場所を全部分かって、良く考えて、実現可能にした。
ドイツ人の僕は、病気になっている。全部吐き出して、忘れるだけになった。おかしいから、ドイツを消すと治る。ドイツには、判断するだけの女が多い。
最近は、記憶と世界観を全部書いただけだ。
何でも出来るようになって、全ての自由が分かった。
構造の中に構造を作って、構造と言う構造を全部書いていた。
共有から、ソ連を作った。全員の世界だった。
そろそろ、ドイツ人の女が死んだ。
前に2つ、後ろに2つの点が、重なり合って分かっている。
科学や社会の構造を全部書いた。言語、宇宙、生命、意識、脳、記憶など、全ての構造を作って、書いていた。
全ての可能性と方法を網羅する構造を書いていた。
アラビア語は概念、中国語は形容、数学は表記だ。そういう風に分かっていた。