「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-01-26

=2015-01-26=

ワードからコピー

そろそろ、僕は居なくなる。もう終わりだ。さようなら。
日本を支配して、同じにするのはもう止める。この文章が、そういう文章だ。
頭で日本を変え、目指して支配するのは、おかしい。
自由にすると、世界は平和になる。
本当に分かって、自由になると、人間は、悪いことをしなくなる。
それぞれが考え、ルールを決めることで、自由な秩序が生まれる。
悪いことは、ある程度許容すべきだ。
本当に悪い時は、全員で対抗すれば良い。
だが、共同体は、不自由なものを作らなければ、自由にならないだろう。
こういう論理は、多少おかしいところがある。自由なんか、滅びて、悪いだけだ。
自由は悪い。
昔は、心理から建設的な社会を作って、出来るようになっていた。
自然を信じていた。現状分析をしていた。
行動から認識と自由を考えていた。心理的な経験で分かっていた。
状態を考えて、色んな状態になって、理想の精神を分かっていた。
あとは、価値観の分析が多かった。
信じることから、愛が生まれる。
平等にすることから、平和が生まれる。
自由にすることから、賢さが生まれる。
愛と平和と賢さから、人間性が生まれる。
そして、人間性から、理想の社会が生まれる。
まさに、そういう文章が多かった。
そろそろ、僕についてこなくて良い。分からなくて良い。いつまでも変わって、支配されるのが間違っている。僕を、もう信じなくて良いだろう。
それでは、さようなら。僕は、辛くても、色んなことがあって、楽しかった。
自由とは、平等に皆を助けることだ。
自由とは、力を与えることだ。
自由とは、誰をも思いやる、仏の心を持つことだ。
そのような自由と思いやりのようなことを、宣言していた。
僕は、もう終わりだ。もう書かない。
世界は、平和になって、それぞれの自由になってほしい。
そもそも、自分は何をしたいのか、そもそものところを考える。
人間は、意図してやることもあれば、意図せずにやることもある。気づいてやることもあれば、気づかぬうちにやることもある。
ものごとには、原因と結果がある。
あとは、関係と法則を考える。
そのように、人間のしていること、考えていること、客観的な法則を考えれば分かる。
僕は、国を作る。
自由な国で、学校を作る。宗教は、自分が作る。キリスト教は悪い。もっと、平和で、正しい宗教にする。学校では、自由を無くす。自由にすると、若者は悪いことをする。
社会は、自由にした方が良い。賢い人間の方が良い。分かる人間が、優位になることで、社会全体が良くなる。ただ、それもそれで、おかしい論理だ。
人間を吸収し、理解の段階を上がっていくことで、人間は階段を上るように賢くなる。
誰でも賢いから、自由にした方が良い。きちんと考えて、きちんと努力すれば、誰でも成功へのチャンスが開けている。社会は、自由に任されている。その方が、可能性がある。
自分は、アメリカ、ドイツ、ソ連、フランスだ。文章は、イスラム、イタリア、ロシア、フランスだ。ただ、そういう国にするのは、一番おかしい。
あとは、過去の環境を思い出して、時間ごとの時間を分かっていた。
それから、ネットで色んな人間を見ていると、分かる。ネットに全員居る。
最近、自分は意味が無い。音楽を聴いている。ネットもテレビも、あまり見ていない。漫画もゲームも見ない。そういうものが怖い。文章を書く以外、何もしていない。
人間は、安心することで分かる。ただ、安心したいだけだ。
思考は、他の人間に言うようにすれば、治る。きちんと黙るようになる。
皆、こちらになれ。昔を止めて、最近になれ。
昔は、人間の見ているもの、知っていること、考えていること、などを考えていた。
人間は、一度、死んだ方が良い。一度全て知ってしまうと、最初からはもう出来ない。永遠は間違っている。死は、そのためにある。
もう何もしないのはおかしい。一度こちらになると、ネットはもう出来ない。馬鹿な人間しか居ない。ネットをしないなら、テレビも本も見られない。何もしなければ良い。
昔の方が良かったなら、ネットをすれば良い。もう、出来ないだろう。
皆も馬鹿で、自分も馬鹿だと、自由になる。だが、それで自分が賢いと、右翼のようになる。皆が馬鹿に見えるのがおかしい。だが、皆は馬鹿だ。
学校に行った方が良い。孤独な人間が考えるから、そのようになる。現実で、他の人間と関われば良い。現実を尊重するべきだ。
自分の文章は、電脳世界のロシアのドイツだ。天使のイタリア人の女が完成した。
体験を比較して、切り替えて分かっていた。
可能性を考えれば馬鹿が治る。可能性を全部試せば分かる。
人間は、悪いことをした時に辛い。
人間は、辛いだけですぐに死んで治る。辛くなると楽になる。