「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-01-13

=2015-01-13=

ワードからコピー

昔は、概念や理性や考え方の羅列のようなことを書いていた。
全ては、経緯と集積だ。
全ては、なるかならないかだ。
全ては、意味と記号だ。
全ては、運動と決まりと関係だ。
全ては、時間と存在だ。
全ては、観念と原理だ。
機械は、技術、原理、工夫、発明だ。
ものは、工夫と手段から生まれる。
施設は、娯楽と共有の実現だ。
自然は、確率と場合だ。
価値観の違いから、全員が分かる。
自由は、信じ、考え、決め、作り、与えることだ。
あとは、自由な変化と可能性や自然を考えていた。
組織化から、多様性が生まれるが、個人の自由の方が、平等になる。
価値観の共有から文化と多様性が生まれる。
手段と組織によって、実現力が生まれる。
考えられるか、捉えられるか、変えられるか、信じられるか、知ることが出来るか、が全てだ。
全ては、人生と哲学と理解だ。
認識は、記憶と経験に由来し、人それぞれ違う。認識を考え、比較することで、色んなことが分かる。
もっと謙虚に、素直に考えれば分かる。
今の自分の状況を見て、概念的に考えれば良い。
受動感情から脱すること。それで、きちんと分かる。
Linuxとネットの神が賢者の神ミーミル、神と黒人の対話の神がニョルズ、文章を書く神がウルズだ。
ウルズが辛いから、ウルズを消せば良い。それで楽になる。
あとは、女と人格の神がシーフ(シヴ)で、自分で作った科学の神がイズーナ(イズン)だ。
それくらいの神話だ。
あとは、哲学と経済と歴史の神がオーズル(オーズ)で、永遠と未来と地球の神がナンナだ。
ウルズを消すと、すぐに楽になる。もう、楽だ。
あとは、自由と人間の学問が多かった。自由で人間を全員分かった。全て神のように分かっていた。
だが、あれは、引きこもりのクズだ。
法律はGPLで分かった。数学はLispで分かった。そういう風に、コンピュータが全部の学校の代わりをしてくれた。友達は、2ちゃんねるとブログに多かった。
人間の全員を世界観と関係と人生で分かる、人間の経験学、人生学が多かった。
ソ連に自由な会社なんか、ない。ノルマ生産だ。この文章で分かったりはしない。社会主義は、会社経済なんか、しない。自由が好きなら、マイクロソフトが自由に作れるだけ、良いと思うべきだ。
僕は、自由が好きだ。自由にしなければ、考えたり、作ったり、発想したりする、意味が無いだろう。手段を与え、自由を許して、作り、築き、発想するべきだ。
自由には、必要なものが全部あるし、それぞれ賢い。生きられるようにはしないが、代わりに、賢く豊かにする。理想は何も変わらないから、自由な方が良い。
きちんと働けば、強制労働に見えても、あとで楽になる。法律で平等にし、終身雇用にすれば、自由な会社でも平等に出来る。日本は、そういう、頑張って働く国だ。ソ連と何も変わらない。
日本は、一致結束して団結するから、まともに賢いことが出来る。白人は、すぐに暴動や革命をするから、何も出来ない。日本は、島の団結の価値観が優れている。争わず、和やかに協力する。それを目指していたのが、社会主義だ。日本が一番、そんなものは必要なく実現出来ている。
ソ連の良い点は、団結して平等になる。賢い仕事や楽な仕事は無くなるが、辛すぎる仕事やホームレスのような無産者も無くなる。日本は、団結とはいうが、皆を同じにして戦争しているだけだ。
日本は、良く考えると怖いだけだ。
ソ連には何も無い。文豪や映画監督が居ないから、つまらない。そういうものは、アメリカやフランスにある。ただの格差だから、無い方が良いだろう。野球選手なんか、居る意味が無い。
そろそろ、理想的な社会主義者を止めた方が良い。平等なんか、悪いだけだ。
人には、個性がある。それぞれ違うから、それぞれを自由にした方が良い。だが、組織や立場が無いと、何も出来ない。そういうものが自由だ。
団結なんか、しない方が良い。それぞれ好きにした方が良い。そういう発想が、アメリカだ。
ユダヤ人を悪いというだけ、自由が無い。もっと、自由な発想をすれば良いのに、自由が嫌いになるおかしな国がドイツだ。悪い自由が多い。
ドイツやソ連のようなものが悪い。アメリカ的なものの方が、何故か賢くなる。
ただ、そんなにアメリカと言っても、ソ連を言っているようにしか見えない。国なんか、分からない方が良い。
存在価値と尊厳、存在理由と根拠を分かると、理由と全体像が分かって、頭が賢くなる。
フランスで、デモが起きている。テロが悪い。自由を奪うなと、全世界が宣言している。自由は、皆の理想だ。
イスラムを消して、ロシアを消して、ドイツも消すと、何も残らない。おかしな国がアメリカだ。
アメリカは、全ての自由が好きだ。完全な自由が好きな人間が多い。
だが、アメリカは、結構保守的だ。キリスト教の右翼が多い。
自分と何も変わらない。自分と思えば、アメリカが分かる。
アメリカは自由な国だから、ギャングや麻薬が多い。色々と悲惨だ。
真面目に考えると、そういうアメリカが一番悪く見える。そういう発想が、日本だ。
日本は、まともにそういうものを無くす。社会主義や自由やユダヤに汚れていないから、そうなる。
日本には、おかしなものが多い。おかしく廃墟のように怖いから、仕方ない。魑魅魍魎に見える。
アメリカの良い点は、良い国なのに大国だ。移民の国で、経済的に帝国のように反映している。マルチカルチャーの文化が多い。
アメリカを悪く書いても、意味が無い。何も書けないから、アメリカは書かない方が良い。
僕は、アメリカとソ連が嫌いだ。いつも好きだったのは、ドイツとフランスだ。今では、日本が良いとは言うが、むしろ、イタリアが良いと思う。良く分からないからだ。
スイスは良い国だ。永世中立国で、ドイツも、ソ連も、自由も、戦争も、全部距離を置いて接している。平和だが、平和とも距離を置く。
そろそろ、何も無い。アメリカが一番悪いと思う。日本は、アメリカのせいでおかしく狂っている。特に、コンピュータのせいで、精神病になっている。ただ、自分も悪い。そういう理由で、僕はそういうものが嫌いだ。
本当に日本が良いと思う。最近、また日本が好きになった。嫌いになる意味が無いだろう。
日本の武士より、ザビエルやルターの方が、馬鹿に見える。
自由と民主主義が優れている。自由が無い国はおかしい。そういう風に考えるしかない。
皆で団結する自由は、クズだ。
戦いは要らないが、反抗はたまに必要だ。
ただ、そういう反抗的な発想は、賢くなると、正しい理想に変わるようになる。
日本語は、本当に難しい。日本人が見ても、日本人が日本語が出来るのが一番有り得ない。
自由は悪い。悪いだけだ。だが、平等も悪い。
本当に全てを超えるために、世界はもう一度、最初からやり直して、自由になれ。
平和とは、神を信じることだ。
神は、世界を正す、絶対的な理性だ。
考え方は、自由、平等、汚れ、愛、真実、嘘、平和、戦争だ。
構造は図形、などと言って、ものや社会のようなものを作っていた。
あったことを全部書いて、分からなくなった。
神を消した方が良い。神はおかしい。
文章を全部分かるのが辛いだけだ。それが神だ。
文章にするから知性が無いだけだ。
情熱に生きるのが良い。そういう発想が良い。
楽しく生きるのは良いが、理性的でなければならない。
良い世界にすれば良い。正常な世界にならないのがおかしい。
分からなくて良い。
日本は、美しくしないところが良い。
日本は、楽園になる。ただ、その前に、何故か地獄に堕ちる必要がある。