「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-01-12

=2015-01-12=

ワードからコピー

滅びを殺す。滅ぼす人間を消す。それでもう滅びない。
下に下がって、ロボットになって文章を書いていた。辛くても、頑張った。
自由によって、世界を見通していた。
概念とは、自由な共有と変化と意志だ。
場とは、自由な多様性と創造性の構築の存在だ。
感情とは、自由な恐怖と悲しみの克服だ。
国とは、自由な発展と平等だ。
もの作りとは、自由な設計と構築による機械の創造だ。
研究とは、自由な探究だ。
会社とは、自由な金儲けと技術開発のための組織化だ。
あとは、概念を網羅していた。
自由とは、概念、認識、変化、統一、融和と分裂、因果性だ。
人間は、仏の力によって生かされている。生きるべき間、死なない。
風景や情景は、心の本質を見せている。鏡には、自分が映る。
あとは、可能性のようなことを言っていた。
自動車は、エンジンと言う原理の発明だ。
自由な所有は、いくらでも好きな物を得て、買うことが出来る。
制度は、社会的な発明だ。
社会は、共有と生産手段によって、別の社会になれる可能性がある。
自由とは、制限されず、自由な可能性の中で、限界と基盤を高めることだ。
設計図の共有によって、システムを発展させることが出来る。
科学は、知と発見の方法だ。
生命は、細胞による、自由と平等、愛と循環、生と死の具体化だ。
人間は、言葉によるコミュニケーションと、生産・研究手段と思考と学習の存在だ。
そのように、色んなことを成り立たせて作っていた。
手段と見通しの欠落した自由では、意味のない自由が生まれる。
自由には、賢い意味と手段が存在するべきだ。
あらゆる不平等は奴隷だが、あらゆる平等もまた、奴隷だ。
自由な社会は、奴隷か、無意味か、空虚か、戦いか、孤独によって、関係性と社会性が断ち切られる。
そのような、何かを見なして、説明するようなことから、考え方を分かっていた。
この世界にある宇宙や生命観は、人間の認識と知覚の中にある。本当の宇宙は、全く違う姿をしていて、全く違う宇宙が幾千とあるだろう。
そのような、認識や知覚のようなことを考えていた。想像力と感覚から考えていた。
歴史は、ものや文化から分かる。
人生と生活を構造化すれば、何でも書ける。人間を全員作れば良い。
哲学者は、歴史と数学をするべきだ。それで人間が分かる。
また、哲学者は、外国語と心理学をするべきだ。出来れば、物理や生物も知っておくべきだろう。また、他の有名な哲学者に関して、哲学書などの文献を読むべきだ。
自分を参考にするのであれば、考え方を沢山切り替えて、コンピュータのことをしなければならない。また、経済学や日本のことは、分からなければ、哲学者は出来ない。
哲学者と政治家の違いは、主観と客観の違い、理性と支配や抑圧の違いだ。
賢者と愚者の違いを分かることは、哲学者となるための道と言える。
ただ、哲学者は、そんなに良い物ではない。大人になりきれない、子供のような存在だ。悪く言えば、理性だけにとらわれ過ぎて、悪魔となった餓鬼のような存在だ。
独り孤独となって、社会から一歩距離を置いて世界を見て、色んなことを考えながら、試し、発想して、世界について考えてみて欲しい。そこでは、豊富な情報源を活用して、色んな考え方で考えて欲しい。この世界が何なのか知るために、哲学的に考えて欲しい。
ものの歴史は、重要ではないように見えて、重要だ。ものにも、沢山の歴史があるし、色んな方法や結果が存在する。人間にも、時間軸と経緯がある。そのように時間を考える。
哲学者と宗教家の違いは、真実と嘘、考えることと信じることの違いだ。
信じることは、悪くない。だが、考えないことが悪い。ただ、特に、賢く考えないことが、賢いこともある。宗教家は、悪くは無いが、神と人間倫理についての観念は、哲学的に考える必要があるだろう。
自由に、当然に考えれば分かる。
分かることから、当たり前に考えれば良い。
自由は、個人の自由を尊重しながら、民意に委ねるべきだ。
だが、組織化する自由はあるべきだ。しかしながら、個人の権利は尊重され、平等であるべきだ。
あとは、フッサールは、認識を確信の共有と言う。
そのように、認識の関係や吸収をすれば分かる。
このブログは、公開したり消したりをしている。読者の方には、申し訳ない。だが、公開した方が良いか、しない方が良いか、悩んで、迷っているから、仕方ない。
あとは、経験と感覚と想像力で、洞察すれば分かる。もっと、間違った人間で良いなら分かる。
最近は、世界を支配して、神と戦って、文章をいくらでも書いた。
出来ないようなら、聖書を信じて、文章を書いて戦えば良い。書くことが無いなら、自分のことを書いて、考えたことを思い出して書けば良い。
AAAが言う、偽りを塗り固めた箱庭の、終わりのない迷宮だ。
塗り重ねただったか、出口のないだったか、ちょっと分からない。AAAは、自分のことは言っていない。
昔がハリケーン・リリで、今がボストン・マリで良く見えるが、まさにどうでも良い。
最近は、昔へ逆戻りする。それが難しい。
物理は、全体と一部を見ながら、特性、分類、作用、一部を考えれば良い。
やりたいことが無い。哲学は、気づきになるだけで、したくない。
フランス語やプログラミングがしたかったのは、今見るとしたくない。
フランス語の本や、C言語の本を読んでも、何も思わない。全くしたくない。
数学や物理も同じだ。全くしたくない。テレビもネットも見たくない。
音楽は、AAAは本当に良いと思う。コナン(アニメ)と感じが良く似ている。
哲学は、意味が無い。少年が2ちゃんねるをして同じことが分かるだろう。
なるか、ならないか、含まれるか、除外されるか、包括されるか、突出するか、などを考えれば良い。
本当にそうか、違うか、一部か、ただ一つか、いくらかの集団か、全体と一部の違いは何か、などを考える。
あとは、可能性や普遍性を考えれば分かる。それから、矛盾から本質を考えれば良い。
何もしたくないのはおかしい。普通、出来るようになりたい。もっと、職業のようなことをして、道を究め、技術力を高めれば良い。要は、本当に実用性の方が良い。要は、仕事や労働の方が良い。
昔から、感情で状態を考えて、どうなるか分かっていた。
自分を変えれば良い。いつまでもおかしな劣った自分で居たいのがおかしい。
制限の無い、自由な空を自在に生きれば良い。
ゲームはつまらない。昔は、ゲームを作りたかっただけだ。ゲームなんか、要らない。
音楽を作る、という発想は無い。それでも良いようで、顔が不細工だから止めた方が良い。
本当にやることがない。哲学なんかしたくない。ただ、まだやりたいのは、唯一哲学だけだ。
哲学はつまらない。2ちゃんねるの昔の自分に見える。本当に、何もしたくない。
パソコンや大学はもう良い。もうしたくない。そんなものは、もう終わった。
何か、楽しいことをすれば良い。だが、ゲームや漫画、スポーツなどの娯楽はつまらないと思う。
楽器は、家に電子ピアノと安物のバイオリンがある。あとは、スケッチブックはある。ノートとペンと本もある。それで芸術でもすれば良いが、出来ないと思う。
テレビでホームレスにパンを与える物語をやっている。僕は、格差社会は嫌いだ。
世界が馬鹿なのがつまらないだけだ。言う意味が無い。
21世紀の資本と言う本は、読んだことは無いが、流行っている。格差社会は、貧民に利益をもたらさない。格差社会は、一番悪い。
この社会はおかしい。誰も考えていないし、分かっていない。皆、悪くは無い。皆、何も出来ないだけで、救いを待っているだけだ。政治家には、分からない。
姉はプログラマで、ゲームやオセロに強い。だが、自分は先日、オセロで姉に三連勝した。自分は賢い。新聞の間違い探しも、この前すぐに7つ見つけた。
オセロのコツは、角や取られないところを取って、相手に取られなくすることだ。打てなくすると、終盤で自分のペースになって、オセロで勝てる。
ヨーロッパやアジアなど、それぞれの州別に自治区を作って、世界政府の委員会を作り、思想は民主主義にすれば良い。ただ、労働だけは平等にする。
数学は、全ての方法をエクステンションにして、基本数学と応用数学を拡張的に分けて作る。
ただ、そんな発想が現実になるわけがない。昔から、そういうおかしな発想をする。
会社は、必要に応じてその時作られるような、そういうものになる。
昔は、何もしていないが、賢い。
今は、馬鹿だが、頑張っている。
どちらも経験が多い。どちらが賢いか、分からないが、どちらが賢い。
昔は分かる人間だった。最近は、戦いと意識の地獄を克服した。
賢くない。パソコンすら出来ていない。
本当は違うところが素敵なのが自分だ。AAAが言う。
あとは、力業や回想や気づきで分かっていた。良く思考し、仮定した。経験から想定した。視点を変えた。
自由と経験と積み重ねと掘り下げで分かっていた。
ネットで社会と人間を知りながら、空想した。感覚と想像力で考えた。
最近は、判断と文章で、一瞬で永遠が出来るのを作った。分かる。それが辛いだけだ。
最近は、ロボットだ。思考のパターンの機械だ。
社会の倫理観を考えれば分かる。
自分のことを考えず、相手のことを考える人間だった。何でも改善出来た。