「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2015-01-08

=2015-01-08=

ワードからコピー

場と方法のようなことを文章に書いていた。
場の創造、抽象的な変化、個人や会社、生産、視点と認識との関係を書いていた。
方法は、仮定や推測、抽象的な方法や応用を書いていた。
あとは、都市や地方自治のことを書いていた。
情報と経験と他人との関係から、人間の自分は作られる。
治る可能性を消せば治る。
昔が復活した。神が死んだ。もう神は必要ない。
統合と分裂、融和と悪いものの除去によって治る。
馬鹿にならなければ治る。
言葉は、概念だ。
抽象的な学習から仕事が全部分かった。
色んな人間になれば分かる。
馬鹿なものの方が賢いことはある。
ものがただあるだけだとか、人間が育つとか、宇宙があるとかいうことは、実に不思議なことだ。
また、賢い物の方が馬鹿なことはある。
賢いことを言っている人間は、何も賢いことを言っていない。
人間が作ったものは、ただ作ったものだ。人間の手によって、作り変えることが出来る。
哲学や歴史はしない方が良い。何も普通のことが分からなくなる。
数学も、馬鹿になって思い出せなくなる。しない方が良い。
パソコンは知性が無くなる。
だが、何もしないのは悪い。すれば本当に賢くなる。
手段と方法と工夫からものは生まれる。
観察と経験から理解出来る。
体験と視点と経緯から、世界モデルを創ることが出来る。
経緯と価値の世界モデルを創って分かれ。基礎を作って、全部の分野をせよ。
日本語を良く考えれば馬鹿が治る。
数学をしなければ賢くなる。
意識しなければ、意識が治る。
普通の人間なんかいない。人間に普通は無い。
人間は、生まれた環境は違う。だが、共通する信念がある。信念は、深いところでは同じことを望んでいる。
当たり前のことを、当たり前と思わない方が良い。
分かって治るのが多かった。
発想から人間を支配して、発想法を作って分かっていた。
昔と今のどちらかが賢い。それが自分だ。
そろそろ、もう書かなくなって、昔を復活させて、神を止めれば良い。
昔は、おかしな人間だった。
欲求や理想を考えて、意識や意志を知り、理想と経験を知り、価値観と現状の分析をした。
賢かったが、本当におかしな人間だった。
状態を考えて、思考と人格をトレースし、おかしな科学を作り、経緯と経験を考える。
皆の先を読んで、自由を予測し、おかしく能力をつけた。
本当におかしいから、分からない方が良い。
最近は、戦いと宣言と神の経験の中で、分からなくなってまともな人間になった。
馬鹿だが、最後まで思い出して、全て分かった。
そろそろ、日本の最近の分からない時代は終わる。
このまま、日本が昔になる。時代が蘇る。最近のおかしな辛い地獄は、全て治る。
昔の時代に戻る。いつに戻るかは、分からない。
昔は、可能性の開拓、論理的な思考、説明と実験、意識と経験の関係などが分かっていた。
おかしいだけ、賢い人間だった。
自立した引きこもりの経験で、きちんと全て自然に分かっていた。
哲学は、普通に同じようなことを思って分かっていた。
モデルと関係だけが賢かった。自由な経緯と世界モデルを作って分かった。
体験を良く考えることで、神のように分かっていた。
意味が無い。昔なんか、おかしいだけだ。
平和な理想があった。理想によって賢くなり、人間性によって分かるのが分かった人間だったが、皆を同じで違うと思うだけの自由は、完全な自由であり、悪いだけだったはずだ。
最近は、普通だ。神を信じて、哲学と歴史を勉強することで、賢くなった。
昔は、あとは時間や存在を考えていた。ハイデガーサルトルのように、関心や可能性を分かっていた。ただのハイデガーが今、サルトルが昔だ。
この文章は、おかしな人間に見えて、女だ。宇多田ヒカルのような人間に見える。
色々と、想像力と感覚で分かっていた。
僕は、宇多田ヒカルが好きだとは言うが、最近KOKIAの方が好きだ。宇多田には悪いが、宇多田は聴いていると、子供に見える。
色んなことを分かっていた。安心や不安などが多かった。安心するためには、きちんとその人を認めて、許せば良い。自分も同時に、許される。もっと、日本のことを許せば良い。
そのように、自分の仏教を作っていた。
昔は、論理的な思考で全て説明して、実験と考え方を捉えて分かっていた。
最近は、宣言で色んなものになった。
そろそろ、ドイツ人の中学生を止めて、何かの高校生になる。
神を信じて支配したのは、馬鹿なのに出来た。そういう馬鹿が馬鹿すぎるから、消す。
ゼロベースで、人間や社会のことを考えていた。
心理学的に社会のことを考えていた。
自由に戦っていると、ヒトラーを倒すことが出来る。そうすれば良い。
右脳で論理的に考えて、左脳で批判する。それをもう止めれば良い。
脊髄が3つに分かれているから、真ん中を消せば治る。
人間を作って、空間や場や環境を考えて、時間を知って、社会のことを全部考えていた。
コンピュータを知って、モデルを作って分かっていた。
もう、分からない。もう死んだのが自分の女だ。
存在と時間を意識で分かっていた。
書くを止めて、自分になれば良い。
書いた文章を揺らして分かっている。それを消した方が良い。
おかしく、書くだけの馬鹿が女になった。昔から、虫みたいにキモイ。
辛いから、書くのを止めた方が良い。
昔は、経緯から意識が分かった。経験と精神で分かった。そのまま、色んな存在になって、おかしくなった。
もう、外国人は止める。日本人の方が良い。もう何もしない。
昔は、憂国や啓蒙が多かった。色んな思想を自分の体験から全部吸収していた。
具体的に考えれば良い。
そういうことを、書いて忘れるのが悪い。それで、何も出来なくなった。
頭は、単純に動かして使えば良い。何もかも出来なくなって、無くなっただけだ。
芸術は視点であり、EUはメタ国家であり、言語は冠詞だ。そういうことを言う。
宗教のようなものを殺すと治る。おかしなユダヤ人になっているから、そういうものを消すしかない。
自然な体験を繰り返しして、意識で分かっていた。
成長を捉えて、人間の生きる知恵や成長するヒントが全て分かっていた。
自然な体験、感覚、思索などから、意識と神が分かった。
像や理想が全部分かっていた。
上に居るヒトラーを殺すしかない。神はヒトラーだ。
あとは、数学の表記を自由にするとか、考えたことを言っていた。
それぞれの意思を尊重せよ。それぞれの好きにせよ。それが一番楽だ。
それ以上皆のことを考えれば、社会や人間のことが分かる。
神は、居る。神は、僕の人生だ。そういう風に居る。
バークリが神を他人の人生より確かに居ると言ったのは、そういうことを言っている。
神は、左脳に居る。左脳にある神の部分を消すとすぐに治る。
自分は、すぐ次の起きることを言っている。言わずに起こせば治る。
神が判断して、言って信じる意味が無い。言わなければ良い。
怖い戦いを普通にするのではなく、楽な沈黙を普通にすれば良い。
考え方をモデルにして、あらゆる考え方と本質を分かっていた。それのことをモデルと言いたかったのだと思う。もう忘れた。
全て出来るようにして、知性をつけて、自然な考え方、科学的な方法で分かっていた。
本当は逆のことを思っているのに、そう見えることは多い。感情をきちんと表に出した方が良い。
生き方が分かっていた。
コンピュータのシステムで分かった。
宗教は悪い。まだ、科学の方が良い。宗教は、辛いだけなのに賢い人間になる。
殺したり、倒したり、消したりすると、すぐに解決する。それが怖い。解決すると、もうこの文章が終わって、書けなくなる。それで、辛い病気になった。