「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-12-23

=2014-12-23=

ワードからコピー

経緯

昔と今では、分かり方が違う。全部分からず、経緯だけ分かれば良い。
社会を知る中で、自分の生きる方向性を知った。
色んな人間と環境を知り、システムを知った。
社会を変えられる、という発想をした。
色んな人間の感情を知る中で、融和し、人生を知った。
ものを知り、意識を知り、関係を知り、可能性を知った。
体験し、モデル化し、システムを知り、客観視した。
意図を知り、価値観を知り、倫理性を知った。
それは、その意図した通り、操作することが出来る。
事前に良く考え、計画し、考え方を知り、予測出来る。
国は、併合した方が強くなるし、大きな帝国は平和になる。だが、戦争は悪い。
会社は、能力と自由な給与によって、働くようになる。
とにかく経験があった。また、理性的に考える力があった。
実地的に考え、理想と現実を考えた。
分かり方と見方を知って、世界を積み重ね、1つ1つ小さな部分から考えた。
積み重ねから、モデルを作って、人間の人生と社会の構造を知った。
世界を知る中で、環境を知り、1つの環境から全ての環境を知った。
体験や経験から認識や意識を知った。認識の裏や構造を分かっていた。
全て出来るようになったが、破たんして、全て消え去った。
もう一度同じことがしたかった。
豊かな人間の会話と認識とデータから世界が分かっていた。
芸術とは、見方を変え、学習し、経験することだ。
生き物は、意識のレベルだ。進化は、レベルの変化だ。
本当に進歩した人間は、人を助け、芸術などを創造するようになる。
本当のマスターは、人に教え、自分に出来ることは誰にでも出来ると考えるようになる。
言語は、言葉遣いだ。
日本語には、冠詞が必要だ。動詞と形容詞を改善出来る。
地球儀や図書館を作りたかった。
ドイツ語やフランス語、ロシア語をしたかった。
楽になりたかった。
スヌーピーが好きだった。
観察などの科学的な方法や、知覚や想像力、カテゴリーなどを考えた。
前世と神から国を知った。
次元とか、量子力学のようなことを言う。ベクトルなどを考えていた。
歴史は、ロシアのようなものを考えていた。共産主義は、実現に失敗した。
生物学は、体の構造と意識だ。遺伝子は、記憶と関係している。
言論の自由があるべきだ。相対的に考えた。
影響力や経験を考えていた。
機械は原理であり、行き着くところは、数学だ。設計図を共有出来る。
会社は、創造的であれ。
本当の楽しさとは、人間的で、不純なもののない、ありのままの自然で幸せな状態だ。
不安を無くせ。自由と平等と正常さと知性を与えよ。
現象はものと状態であり、エネルギーや光は状態の方に位置する。ものとして、あるものは、存在だけだ。
自由とは、具体化と可能性の向上であり、考え方と構造と見方だ。
そういうものしか書いていない。
会社は影響力であり、創造的に社会を変えることが出来る。
相対性と構造性は、バランスだ。
電子は光であり、力だ。
共産主義の失敗は、帝国主義しか出来なかったことだ。無理やり平等と社会主義を実現するために、単純な巨大な権力になった。最初から単純な国の方が、強い。それが、民主主義だ。民主主義が、一番高度だ。
あとは、自由と言って、人生を書いていた。
社会における経験や、教育やいじめなどの社会問題を考えていた。
自由から自由を説明して、自由を成り立たせて、皆を悟らせる。そういう救世主だった。
公理主義の数学と、構造主義の哲学を作って、平等な支配者になって、皆を自由にしていた。
皆、そろそろ本当に自由になって良い。むしろ、なってほしい。
そのためには、自分を止めて、自然なロボットのような人格に戻ることだ。
共産主義の失敗は、人間の「心」を考えなかったことだ。
日本は、頑張った国だ。そんなに頑張るのもおかしいが、日本は頑張ったから、良いことがあるだろう。
頑張って、約束を守ったものには、良いことがある。そういう世界が、この宇宙だ。
あとは、当たり前のことを言って、対象を説明していた。
全ては、影響力と変化の、想像力による相対性だ。体験と感情による、自由な推論と発想だ。
環境と視点と人間を全部作って、自由と科学と社会を成り立たせていた。
作るだけではなく、壊して消せば良い。それも無いと、分からない。分からなくて良いことは、分からないのが良い。もう一度作り直すために、まだ分からなくて良いことは多い。すぐに分かるから、何も分からないまま、放っておけば良い。
自由とは、思い出すこと、そのまま考え、試すことだ。
悪いのは、昔のうつ病だ。うつ病を消すと、まともな人間になる。最近、無くなった。
国民には経験を与え、自分のおかれた状況を正しく教えるべきだが、分からないなら、分からない方が幸せだ。
この文章は、ドイツに対して話している。そういうわけで、ドイツ人みたいになった。
昔は、ロシア人みたいな人間だった。
戦争は、負けると死ぬように見えて、相手に併合されるだけだ。犠牲は沢山出る。つまらないほど、帝国は悪い。フランスやイギリスのように、本当に強い国は、負けることが無い。
日本が戦うのは、戦いでしか勝てないからだ。イランと同じだ。
イスラエルは、もっと人間的になって、世界を平和にするべきだ。出来るのに、しない。皆を馬鹿にしている。
数学は、ベクトルやグラフが改善出来る。次元を高める他、方向と方向の計算、座標の求め方を多様に出来る。だが、そんなものはおそらく要らない。
物理は、もっと法則を良く考えることが出来る。光の反射や、三角比、重力などを考えられる。また、生命の発生に関して、いくらか考えられる。
ドイツ語は、何か、全て分かるために知性を忘れるような言語だ。
科学的方法は、自然な考え方と、研究と推論の方法、実験と原因の説明だ。
自由な方が良い。こういう発想は、しない方が良い。
schwarz1009 2014-12-23 14:37

社会

あとは、社会のことを書いていた。
自由ノルマにして、自分の出来る国を作るとか、法律を皆で決めるとか、トップダウンボトムアップとか、それぞれが王になるか、一体となるか、など。
それくらいを書いていた。秩序を作った。
ルールや価値観、環境を作ると言っていた。
戦わず、選べ。それぞれ支配し、考え方を作れ。
現状を分析し、抑圧を解放し、体験から色んなことを知った。
そのように、昔のように社会を考えると分かる。
差別は悪い。
平等で、全員が自然体で生きられる、自然に任せる、ゆったりとした世界になれ。
本当の自由な存在になるために、考え方を作り、自然に考え、ものと手段を利用せよ。
子供のために、正しく協力し、経験出来る世界を創れ。
自発的に考え、主体的に取り組め。
共有し、応用せよ。
あとは、自然な世界観と発展を書いていた。
自由とは、野望を持つことだ。
宇宙とは、観測と体験と知と概念であり、生命は意識と言葉だ。
遺伝子は個性であり、表現は遺伝子の方法だ。
森羅万象の変化、作用、構築を書いていた。
全部、判断して一度試した。再度すれば治る。
一度全部して、思い出していた。
単純に再度すれば治る。
昔から、いつまでも皆を導く。書き方を変えれば治るだろうが。
自分で考えれば良い。馬鹿を言うと、馬鹿になるだけだ。
聞き流さず、自分で考えれば良い。
自分の現状をきちんと分かって把握すれば分かる。
認識には、方法がある。
時代の変化が分かっていた。
僕は、何も知らないし、自分のことすら分かっていない。
人間と動物は違う。人間の赤ちゃんは、動物のように、すぐに歩いたり出来ない。人間は、言葉を話すし、自立している。
自分は、もう人間以上のものになる。良く分からないが。
自由と支配は紙一重だ。
自由になって、支配して、把握して考えれば良い。何も考えないと、こういう風になる。何も分からない。
努力したものに金を与えるのは、平等でないのが悪い。努力出来ないものも多い。皆、生きている。生活には、金が必要だ。
学歴社会は、意味がない。努力すら、意味がない。
観念を考えれば分かる。
物理には、変化、作用、視点、力、状態がある。
社会には、状況、構成員、考え方、自由がある。
ものごとの先を読め。思考せよ。
自由とは、表現と愛だ。表現とは、伝えることであり、愛とは、受け止めることだ。
自由は、良く考えれば、ものが作れ、組織が作れる。
それくらいの構造を全部書いていた。
基礎の考え方を作って、データを全部作った。
schwarz1009 2014-12-23 20:07