「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-12-03

=2014-12-03=

ワードからコピー

終わらないのが心理的に辛いだけだ。
自分の頭を使って考えれば良い。
自分でやれば分かる。
能力や経験を自由にし、判断せよ。
与えるべきだ。
言論や職業選択を自由にせよ。
止めたいのにやっていると、心理的に辛くなる。やった方が楽だ。
世界ごと自分が止まれば楽だ。
最近の方が多い。神は最近を普通と言っていた。
書いていると、精神が治る。
自由にせよ。判断力を経験と実地的に高めよ。そういうことを言っていた。
書いた方が良い。その方が、楽になる。
あとは、心理分析が多かった。止めたいなら、止めた方が良い。そういうことが分かっていた時代が多かった。脳と知覚を経験と想像力で分かっていた。
分からなくしているから分からないだけで、分かるようにすれば分かる。
宣言して、色んなもの全部になった。
そんなに、辛く、出来るのを頑張る意味が無い。損失や危険があった方が楽だ。
毎日同じになった。それで馬鹿になっている。昨日と違う日を生きれば良い。
神は、本当に永遠みたいに、長い時間だった。
書いた方が良いと思うと、何も辛くない。地獄になっているのは、治りたいからだ。
神と話すのを止めて、治らず、書き続ければ楽になる。ただ、神はまともにしているだけで、神は、全部自分だ。今の自分を、神と言っている。
昔から、僕は科学が好きだ。ただ、学校は嫌いだ。前世や精神分析予知や神や宇宙人は多かったが、科学と矛盾しない。科学の方が好きだ。それに、そんなものは正しいわけがない。体験はあったが、宇宙人は信じていない。
昔と今の、悲惨な社会を考えていた。いじめが起きるのは、経験が無いせいだ。最近は、経験はあるが、皆が違うせいで、何も分からなくなっている。ビジョンや見通しが無い、不確かな世界になった。昔は、経験や理性が無かったが、最近は、ビジョンや希望が無い。もっと、良く考えたい。
数学は、=を「は」から「で」に変えるべきかもしれない。「一足す一で二」にすれば良い。
日本語が分かっていない。もっと大人が良く考えれば分かる。「は」を覚えて、説明する言語が日本語だ。この文章で説明して、分からないのがおかしい。こういう風に言うようで、言わないから、分からなくなった。
自分のことから、皆が分かっていた。自分のすることや思うことから、分かる。
ブログで昔の文章、本で自分の人生が分かる。
自分の愛を否定し、希望を取り戻すために、世界に現れた。
そこまでの人生を全部言って、自由な世界を創った。
平等な方が良い。そして、皆に、全てのことを全部教えたかった。
自由は悪い。皆、平和で、正しい世界になれ。労働量を等価にし、品質の高いものに支援せよ。それくらいをするのが良い。侵略国には、全員の国際自衛隊で対抗する。各国の軍隊は、無くすべきだ。働くのは、自由ノルマの全員雇用にして、いじめは、対策員を作れば良い。学校は、自由に離脱や参加が出来るようにする。ノルマは、好きなものをいつでも好きなように選べるようにする。
あとは、経験から分かる段階を書いていた。想像力と意識から、認識と知識を知り、段階的に感情を分かる。経験は、全ての方法になり、知識は工夫から生まれる。そして、価値観から共同体が生まれる。
永遠の弁証法は、理由を全部書いて、説明しただけだ。
逆から読めるようにして、思考を永遠にし、全部一つ書いて、試していた。
昔は、矛盾と思考から、正しい解を分かっていた。
あとは、支配を言いたかった。支配や強制は悪いが、処罰はすべきだ。
独立か一体、マイスターか共有と考えていた。どちらかが良いはずだ。
社会の可能性と方法を考えていた。
言語は、言葉遣いと分かるシステムだ。
足が治った。楽になった。話が終わる。
記憶は、物質の形状と状態を保持し、想起するものだ。
思考は作り、捉えるものであり、記憶は元に戻り、認識するものだ。
原因は状態の作用であり、結果は状態の認識と実現だ。
そういう風に書いただけだ。
昔は、想定して、実現して、思い出して良く考えて、感じて分かっていた。
自分からやって分かっていた。
価値ある体験は、何でもすべきだと考えていた。
人間を辿り、社会を吸収する経験が多かった。
人間がどう出来るのか、分かるのかを考えて、理想と自分の自由を考えていた。
何でも出来て、全て分からせることが出来た。思考とネットから分かっていた。
感情を想定し、経験から創造性が分かっていた。環境と視点を実現した。見方が分かっていた。
おかしくなると、何も出来なくなる。おかしくなくなると、出来るようになる。
神は、肝臓だ。肝臓が話している。肝臓は、そこまで出来る。肝臓は、分かる。
決める対象とその前提を良く考えていた。
意識で、歴史や地域、場や人生を分かっていた。人間の人生が全て分かっていた。
場面と学習を考えて、色んな立場と視点と心になって考えていた。
具体的に分かって、発想し、人間を分かっていた。
実存的に知と人間を分かっていた。環境の変化を知って、意識を自在に分かった。
雲を分かったり、思い出して良く分かったりした。
社会や経営のことを分かった。
断言するのが悪い。出来るだけ決めつけず、思うをつけて考えれば良いと思う。
頭は、分かっているからこうなる。ただ、一つ一つ書いただけだと思う。
やっていることと、思うことや言うことが、逆になっていると思う。