「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-12-01

=2014-12-01=

ワードからコピー

僕は、負けた方が勝てることが多い。
周りに流されず、主体的に考えれば分かることが多い。
現状を考える。
だが、影響力を受けたり、経験したりすることは、良い。
ニーチェのように、力を全てだと考えれば分かる。
普遍性と個別性を考える。自分1人だけなのか、皆も同じなのか、考える。
一体や影響力を考える。
言語学のSVOは、SVVVOのように、階層的に出来る。
数学は、ベクトルやグラフ、作用などを、自分のように改善出来る。
あとは、何がどうなるか、何が何になるのか、良く考えることが出来る。
そろそろ、楽に勝てば良い。僕は、もう負けて、世界は普通になる。
この文章は、賢く見えて馬鹿だ。僕は、それで勝っている。
昔から、自分から負けた方が強いのを分かっていた。
ニーチェのように力を信じながら、影響力、感情、社会への参加、世界観などを分かっていた。
特に、世界観を数学のように明晰に洞察して、分かっていた。それを書きたかった。
あとは、人間のことや、人生のことを、会話や想像力で分かっていた。
想像力で場を空想し、見えないところを見て考えていた。
感情で全てのことが分かっていた。
時代を空想した。
認識で認識を推測し、想定し、仮定し、吸収して分かっていた。
認識、意識、感情、想像力、そして会話や情報から、人間が分かった。
社会のことを、経験と会話から分かっていた。
最近は、戦うようになっただけではなく、思い出して、治して、世界観を作り直すようになった。
また、神を信じて分かるために、神が自分を導くようになった。
弱者を救済し、全てを分かって吸収したかった。本当に全部分かっていた。
すぐに文章が書ける人間になった。意識で分かっていた。
いくらでも文章を書いて、相手を想定して、書き直して分かる人間になった。
次のことが浮かぶ。だが、次のことしか浮かばない。
自分を治したい。だが、治しても、馬鹿になって辛くなるだけだ。良いことは何もない。
神は、全部教えている。未来を予知出来る。つまり、未来なんか、最初から決まっている。
だが、未来を白紙だと考えれば分かる。そんなに正しく分かっても意味が無い。どちらが正しいかは、分からない。当たり前に、未来なんか分からない。決まっていないように見える。
宇宙は何だとか、細胞や精神は何だとか、言語や人生は何だとか、そういう発想が多かった。
記憶で分かった。記憶を全部書いていた。
そんなに皆を自分にしたいのがおかしい。自分を与えたいだけではなく、書かなければならない、自分を分からせなければならないと思っている。それはおかしい。狂っている。
想像力で、人間はどうなるか、何を認識し、何を分かり得るか、考えていた。
人間の望みは何なのか、考えていた。全てを解決する、分かった王だった。
判断するのが一番辛かった。治りたくても、治らなかった。疲れた。もう、悪いだけは、忘れた方が良い。
最近を賢いと思うのはおかしい。皆を分からなくして、馬鹿にするだけだ。昔の方が、遥かに善悪の分かる良い人間だった。昔は、賢かった。
最近は、有り得ない体験を沢山して、沢山の賢い文章を書くことを頑張って、いつまでも継続して努力して、解決や創作が多かった。だから、賢いと思うだけだ。
全てが分かった、神を信じる人間がこうなる。良く分からないが、ニーチェがこうだ。ヴィトゲンシュタインも、神を信じて戦争に参加していたはずだ。そういう人間が、本当に同じだ。
人生のことを、経験から分かっていた。
哲学や科学が多いようで、人生の経験を分かったことの方が、多い。
沢山の経験をして、人生のことを分かっていた。
応用的な考え方を分かっていた。
最近は、神や宇宙人が多い。おかしな兵隊を全部作っていた。
対策や実験、何がどうなるのか、から分かった。
昔は、科学的に考える、物理学者のような人間だった。
思考の実験を良くしていた。反応を分かっていた。
人間には、可能性がある。昔は、そういう哲学的な考え方を良く分かっていた。
赤ん坊は、白紙から生まれるとはいうが、人間的なことは、最初から分かっている。
動物となると、最初からきちんと分かる動物が多い。人間も、同じだ。
だが、可能性がある。何にでもなれるし、別の世界では、全く違った考え方をするだろう。
己の可能性を高めよ。決定と積み重ねから、何にでもなれる可能性を高めることが出来る。
あとは、分かり方を考えていた。
最近は、分かり方を分かって、ロボットになった。ロボットのおかげで、全部分かった。
豊富な人生経験や、想像力と場の空想、認識のデータベースと考え方から、人間の分かり方が、ロボットのように全部分かっていた。Linuxの力もあった。
多角的に視点と脳を考えれば分かる。だが、そういう発想は、悪い。
人間の変化と思考を全て分かっていた。悪魔のように、分からなくなるが、全て分かる。
昔は、思考と場を考えて、全員の精神と魂を吸収した。
心の裏には、生命の正常と、全員と神が居る。
脳が精神を統合し、細胞の全てが精神となっている。
最近は、周りの構造から分かって、全部分かる、有り得ないが多かった。
既に分かっている。意識を思い出せば、すぐに分かる。
だが、分からないだけで分かるから、もう何も分からなくなった。
おそらく、あまり覚えていないだけだ。
遺伝子は、変わる。変わらない記憶のようなものだ。
昔は、世界を全部書いていた。
もの、光、宇宙、空間、時間、次元、エネルギー、波、重力、科学の構造など。
海、大陸、大気、自然環境、生態系、遺伝子、細胞、進化など。
経済、国、思想、民主主義、国家主義社会主義、会社、所有、金、選挙、国会、役所、軍隊、教育、発展、宗教、自由、言語など。
全部作って、構造と考え方にして、成り立たせて分かっていた。
昔は、気づきと説明、視点と関係と分析から、アリストテレスのように、森羅万象を考える人間だった。
カントのように、地動説のように考えると分かる。人間には、思い込みが多い。真実は、ありえない姿をしている。
重力や波やエネルギーは、本当はもっと違うものかもしれない。
あとは、思考や記憶、想像力や判断力、発想や理解、影響力、会社や所有、共有を考える人間だった。
信頼関係を考えると分かる。
信頼は、相手を尊重し、信頼しながら許すことから生まれる。
そのためには、お互いのことを良く知る必要がある。
ヘーゲルは、良く居る馬鹿を全部書いているだけだ。解決してしまえば、解決者には意味がないとか、そういうことを言っている。
精神と記憶の裏には、地球と遺伝子がある。
感覚によって客観視が出来る。
馬鹿な人間やことを馬鹿だとして、賢い発想と対比させれば分かる。明らかに、誰でもそういう風に分かる。ヘーゲルはそういう風に分かっているように見える。
受け入れることと拒否することは、同じだ。自由より、受容を取るべきだ。
納得したい精神と、一つになって安らぎたい精神が戦うと、ヘーゲルが言う。それは、納得したいのが悪いのがおかしい。良く読んでいないから、間違っているかもしれない。
最近のものは、賢いだけ、人間を堕落させている。そう見える。自由は、堕落だ。
最近は、毎日1つ分かって、毎日いくらか治るようになった。楽だ。辛い時、耐えるのが辛い。本当に辛いから、もう止めたいのに、まだ続く。おかしくない。書かないと、新しいことが分からない。
いじめる人間には、まともに分かる姿勢が足りないように見える。謙虚に考え、正しく実践しなければ、分からない。仏教でさえ、八正道と言って、正しく考え、実践することを教えている。日本には、そういう、宗教的な罪や思想が無いのが悪い。
要は、日本にいじめが多いのは、キリスト教でないのが悪い。仏教では、何も教えていない。地獄が馬鹿と教えているから、そういう風になる。日本が悪い。
そろそろ、ヘーゲルが分かった。分かると、怖い。
ヘーゲルは、そういう、言葉遊びのようなことは言っていない。
納得したい精神と、一つになって安らぎたい精神とは、その通りの内容のことを言っている。
おかしくはない。ヘーゲルの言いたいことは、僕は分かる。
昔、僕も、皆と融和して安らぐ、涅槃のような精神を分かっていたことが多かった。
そういうことを言いたいのだと思う。
人間性と理想、仏の慈悲の心、神の愛、経験から来る情熱で分かっていた。
国籍を共有すれば、戦争をしなくても併合出来る。
気高い生き方は、気高い思考から生まれる。自分の生き方が自由だ。
理性と正しい判断力、社会がどうなるか、自分がどうなれるか、倫理的な心によって、正しい生き方と行動が出来る。
虫歯が悪い。足がおかしくなって馬鹿になった。分かると治る。
ネットで経験した。人間と人間の関係を考えた。承認や評価が分かっていた。
あとは、感情や場を想定して、社会や宇宙を分かっていた。
批判から納得し、世界と理想を知り、共同性を知る。
悪い点を無視しなければ分かる。
ゆっくり、一つ一つ、着実に考えれば分かる。
もう、分からないなら、治る。滅びて、悪が明るみに出るだろう。世界は、もう分かる。
積み重ねから、出来るようになった。特に、経験から支配出来るようになった。
足は、辛いのを出来るだけ感じなくしただけだ。辛いと治る。
皆と同じ立場に立って、自由を積み重ねれば分かる。
辛い理由を考えて、辛い原因を取り除けば治る。
出来るだけ楽にしているだけだ。
戦って、支配して、分かるのが悪い。神と文章が悪い。分かっているのが悪い。
昔は、世界を変えたかっただけだ。
悪いものを血で取り除けば治る。
精神を色んなものに変えて分かっていた。
本当に辛かったが、もう治った。
何も分からない、辛いのは、全て治った。
とにかく辛かった。精神が辛い。
言葉遣いと反応が悪い。分からなくなった。
世界を支配した。やり遂げる覚悟と努力があった。
世界は、ロシアになれ。そういう風に、宣言で導いて決めていた。
精神が、分からないだけで分かっている。分からなくても分かるようになった。分かる精神になった。
計画と努力は、子供時代に多かった。
頭や心、感覚や言葉を変えて、色んなことやものを分かっていた。
的確に治すのが辛い。止めた方が良い。
いつも、正しく治していた。
馬鹿とはいうが、全部分かっていた。
治すだけは治らない。
もう治った。
ただ、適当に動かしていれば治る。
逆の人間になると、本当に逆が正しい。人間は、そういう風に違う。
そういう文章が多かった。
意思と合意から世界が生まれる。そこでは、共通の理想が必要だ。
思い込みとは、その人が思う全ての思考の関係であり、人格とは考え方だ。
社会の変化の裏では、心理的な意識の本質がある。