「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-11-29

=2014-11-29=

ワードからコピー

皆に分からせず、教えず、自分が分かるようにすると、きちんと分かる。
頭が辛いだけの、治るだけになっているから、他のことをした方が良い。
学習を忘れて、頭を公開しない。
反応と意識で、自分を全部分かっていたのが多かった。
宇宙を意識で全部分かっていた。
生命や物質、人種など、沢山のことが意識で分かっていた。
物理的に考えて、言葉や記号のようなものを作った。
考え方を適用した。抽象的に学習した。
居ない人間は、馬鹿になる。それが賢いだけなのだと思う。馬鹿が賢い。
学習を、一度全部忘れた方が良い。
楽を増やすと賢くなる。ただ、楽を消すと、治る。
昔は、全部の反応と意識を考えて分かっていた。
図書館で、英語の本を借りた。
もっと楽にやれば良い。
世界の終わりで、滅びと戦いながら、全てを公開する旅は終わりだ。
何もしないのが辛い。毎日一時間で終わるのはおかしいと思う。
知恵と工夫を吸収して、世界の文化などを分かっていた。社会を知った。
意識を想定して、ネットにあるものや自分の心などを分かっていた。
相手の気持ちを考える。
あとは、膨大な認識のデータベースと、言葉遣いから分かっていた。
自分の経験から色んなものや他人が分かっていた。
人格を吸収して、全員の精神になった。そのまま、永遠の地獄を経験した。
心の作用を良く考えていた。
そろそろ、自分のターンを止める。相手のターンにする。
皆が出来るようになる。
思考のパターンを作った。全てのパターンを書いた。
正しく考えた。原因を把握したり、解決したりした。
頑張って、忘れないように、毎日毎日、文章を書いた。
皆、考えよ。思考せよ。戦え。
そういう風に分かっていた。スキを見せずに戦うのが辛い。
昔から、正しい分かり方や治り方を考えるのが好きだ。
色んな社会やその変化を考えていた。
そろそろ、世界は、滅びる。
色んな人間のことを、ネットの会話などで分かっていた。
サルトル実存主義のように、色んな人間のことを分かっていた。
経験が多かった。
仮想世界を創っていた。
いつも、感情や状態を推測して分かっていた。
そろそろ、推測して治るのが悪い。
認識や経験を推測して分かっていた。
考え方や見方を変えて分かっていた。
あとは、実地的に考え、システムを作り、客観視し、見方を変えると言っていた。
具体的に意識や認識を考えるとか、思考を辿るとか、感情を想定するとか、価値観を分析するとか、自然に体験して分かるとか、経験から見方を変える、などと言っていた。
相手を自由にすれば、自分も自由になる。昔は、その自由を、自然に任せる自由だと言っていた。
皆自由になれ。僕も自由になる。
あとは、場と視点と言っていた。それで全部だ。
分析とは、関係と成り立ちを自由に正しく考えることだ。
あとは、思考や精神や脳の分析を記録して、連想ゲームと判断で分かっていた。
自由な理性で、世界と人間の本質を捉えていた。
ドイツ語のように、書いて知性をつけ、固い言葉で分かっていた。ドイツ語がしたい時期だった。
植物を戦わない生命、動物を自ら活動する生命など、パターンのようなものを全部書いていた。
認識と意識と体験と思考を、全部具体的に書いていた。
あとは、関係を考えていた。
生命が水で生きられるとか、水は循環するとか、それで生命は循環だとか言っていた。
外国人が投資家だと、日本人の労働者や会社が奴隷になると言っていた。株主の奴隷とか、そういう、考え方や関係のようなことを考えていた。
今考えると、むしろ、外貨が日本に入ってくるのは一番良い。世界で有数の市場になると、一番勝てる。普通、そのようにも考える。
むしろ、固定化された格差が悪い。格差が何世代も固定化されると、それは明らかにカーストの奴隷だ。
アフリカやアジアなどの新興国は、外貨と投資を求めすぎる傾向がある。それは、危険だ。奴隷になる可能性がある。
狂った人間は、したくないことをしている。もっと、自分のために生きた方が良い。何か、しなければならないとか、義務感とか、そういうものがあるのも悪いが、むしろ、無いのもそれはそれで悪い。
ピアノは、作曲と練習、五線譜だ。
Linuxは、カーネルとプログラムと共同開発だ。
そのように、成り立たせて実現を分かっていた。
イスラムには、金がある。ソ連には、金は無いが、理想があった。
金と力があるなら、イスラムはアメリカに勝てるかもしれない。
だが、テロは悪だ。自由と自由が戦って、ゼロサム戦争、何も残らない戦争になるのではないか。
ソ連には、正義があった。ただ、あれも、悪の帝国と言われた、独裁と強制収容所の国だ。
悪は負ける。いつも通り、正義のユダヤとアメリカが勝つだけなのだ。
最近、CMを見ていると、本当にマイクロソフトが悪い。すぐにパソコンを無くすべきなのに、マイクロソフトのせいで無くならない。
世界は、世界を正すべきだ。それがすぐに出来ない民主主義はおかしい。
最近、そんなにパソコンが嫌いで無くなった。そのうち、全て解決して良くなる。パソコンは、もっと良いものになるだろう。価値のある機械だから、あった方が良い。
自由を否定するのは良くない。自由な中で、優れたものが勝ち、努力したものに報いがある。そういう普通の世界が、戦後の国際秩序を形成した。一番良い世界だったはずだ。
それに、本当の自由は、きちんと知見のある世界になるだろう。
江戸時代の侍や、大日本帝国ソ連なんか、自由の無い、全く意味の無い世界だ。
そういうわけで、悪いのは、自由や平等を否定する右翼だ。
自由の方が良い。だが、明らかに、悪いものは悪い。それは、ただ、最近の先端技術を悪いと言いたいだけだ。あとは、会社の自由を悪いと言いたい。それは、分かっていない。そんなに皆が馬鹿で、判断力が無いと思うのがおかしい。そういう人間が悪い。
皆に任せて、自由な世界にするのが良い。それが一番良くなる。自由は、正しい。
ただ、明らかに、馬鹿が多い。そういう馬鹿も、賢いと思うしかない。本来は、そういう普通の人間のための世界のはずだ。賢い人間に判断力や経験があるわけが無い。賢い人間は、居ない。
それに、自分をそんなに賢いと思うのがおかしい。世界なんか知らないし、知識も経験もないのに、賢いと思っている。賢い人間は、明らかに、知識や経験がある。そういう人間が賢く考えると、自分なんか馬鹿だ。
民主主義が賢いと思う。自分は、賢い人間が陥りがちな、全部自分が馬鹿なだけになっている。
ただ、悪い人間が多い。悪い人間を否定するのも悪くは無いが、悪い人間に賢い人間が多い。悪い人間に任せると、先住民を追い出すとか、植民地を作るとか、そういう不平等な発想になる。それは悪いが、自由とはそういうものだ。
自由が良い。きちんと戦わなければ、良い世界にならない。悪いものを否定するのは簡単だが、良い発想は馬鹿なことが多い。本当に、賢い方が良い。悪い方が世界が賢くなることは多い。
自分が楽や豊かさを享受出来るのは、他の人間が賢く考えて、努力したからだ。
だが、理想はあった方が良い。
慈悲と慈愛の精神で、受け入れ、許し、助け合い、思いやること。
秩序を作って、本当に自然な精神になること。
理想は、人間を賢くさせる。理想があって、多少他より悪い人間が、一番賢い良い人間になる。
そういう発想が、キリストだ。
自分は賢くない。大学生は、どの専攻でも、普通、自分よりは賢い。工業大学や専門学校でさえ、きちんと分かる。自分は、馬鹿すぎる引きこもりのクズだ。
皆を賢いと思うなら、平等の方が良く見える。そうでもない。自由に任せた方が良い。賢い人間が、きちんと出来るからだ。
もっと、人間や人生、心のことを分かった方が良い。自分より賢い人間は、どこにでも多い。
白人より日本人の方が馬鹿と言うことは無い。むしろ、違う文化の方が賢くなることが多い。
どれも悪くない。全部良い。だが、それはそうでもない。それぞれ違って、悪い点や良い点がある。それを無視するのは、最悪に悪い。
馬鹿な人間は、悪くない。自分の信じる、自分の道を行けば、それで良い。僕は、僕で満足している。だが、満足するのは、時に、一番危険だ。
アメリカを悪いとはいうが、機会の平等は、普通の価値観を成り立たせる上で、重要だ。賢い人間が賢く、正しく、新しく出来る社会は、アメリカの思想のおかげで成り立っている。無くなると、すぐに滅びる。
キリスト教を信じて、皆に自由にやらせると、ここまで出来る。民主主義とは、そういう正しい世界を成り立たせるための基盤だ。そういうわけで、意味のない馬鹿な社会主義にやらせると、すぐに馬鹿な世界になる。
ただ、共同体も自由の1つだと考えることは出来る。社会主義は、むしろ、自由主義より、保守主義に近い。何も出来なくして、平和で安定した世界になるのを目指している。
もう、そういう昔の発想は要らない。変わった方が良い。
ただ、明らかに、馬鹿は馬鹿だ。馬鹿は意味が無い。昔は、それぞれ馬鹿だったが、最近は全員馬鹿だ。
理想は、皆を賢くして、理想の世界にすることだ。不可能には見えない。皆が知を共有して、皆で考えれば、いつか出来るのかもしれない。
保守と革新は、同じだ。そういう風に考えると、王が変えて、共同体にして、実現力を高めるべきに見える。
あとは、理想を考えると良く分かる。
人間や生命は、奇跡だ。自然に考えても、神秘的に考えても、奇跡の存在だ。
自分がそんなに出来るように、皆も出来る。そういうところに、神の存在が居る。
だが、神は悪い。もっと、正しく言い表すなら、現象的な奇跡と言うことが出来る。
憎しみの連鎖は良くない。悪い相手も、悪い自分と何も変わらない。復讐は悪い。許すべきとはいうが、簡単に許すことは出来ない。それが難しい。
要は、許すのは悪い。許すのを善とはいうが、そういうことは無い。理想的に見えて、そうでもないだろう。
偶然なんか存在しない。無駄なことは1つもない。
神や平等は、単純な理想だが、正しい理想ではない。もっと良く考えると、もっと正しい理想が見えてくる。
本当の善悪は、理性的なものだ。だが、そんなに賢いものを信じるのも、間違っている。全員が良いと思うものが良いことが多い。
平等が良い。強制や支配は悪い。そういう、本性的で、自由でない不平等が、一番悪い。
皆同じ人間だ。だが、行動は自由に許されている。そこから考えるべきだ。
平等なんか、ただのロボットだ。人間を機械にしたいだけだ。そういう発想が悪い。
高い視点に立って、普遍的な善悪を良く考えれば分かる。
自分の分かったことや、出来ることは、自分でなければ出来ない、と言うわけではない。誰でも分かれば出来る。だが、人間はそんなに平等ではない。だから、手段と機会を平等にすべきなのだ。
昔は、本当に分かる、という発想が多かった。
原因や執着を取り除いて、想定して、裏の理由を知って、正しく捉えて分かる。
世界のあらゆることが、モデルと基礎と関係によって分かる。
あとは、認識を推測して、環境に適応して、感情で分かっていた。
正しい考え方と、知恵や工夫が分かった。
自然な体験と共有で分かっていた。
それくらいの人間だった。
理想も多かったが、理想は悪い。賢く分かるようで、普通のことが分からない人間になる。
普通の人間の方が、普通のことが分かる。最近は、そこが賢い。
事故をして、楽になった。一度死を経験すると、人間は治って楽になる。
あとは、ジョブズのように、自由な発想法を自分なりに分かっていた。
そして、具体的なものが多い方が良い。設計法、法則の具体例、実体験などから分かる。
色んな仕事と想像力、自然な体験や意識を経験することで、良く分かる。
具体的な方法と経験から、可能性が開けるだろう。
挑戦せよ。成長せよ。自立せよ。
戦いに勝つために、努力せよ。報いの無い戦いでも、信じることだ。
経験と記憶や、仮定と結論が分かると良く分かる。
殆ど全ては、経験的なものに過ぎない。
自由な中で、それを信じて、認識して、積み重ねたものだ。
記憶とは、自由な考え方をしながら、他者と関わる中で、精神的に分かることだ。
あとは、主観と客観、普遍と個別、能動と受動、演繹と帰納などを考えれば分かる。
生命は、同じだ。魚にも人間と同じように骨がある。違うのは、想像力と意識のレベルが違う。
ものは、特性と作用だ。人間は、想像力と論理力だ。
生命は、環境性と自立性のバランスだ。
生命は、いつか同じものだったのかもしれない。
賢い人間になると、暗闇のような意識になる。馬鹿の方が、楽だ。馬鹿は、正常だ。
むしろ、戦いは悪くないだろう。自分が勝てば、それで良い。勝つ人間が賢いだけだ。
自分は馬鹿だ。子供になっている。
魚になったり、虫になったり、爬虫類になったり、宇宙人になったり、神になったりする、有り得ない精神の体験が多かった。
あとは、ドイツ人になったり、スターリンになったりした。自分の未来のことを言っていた。
楽しかったようで、ただ辛かった。地獄のように辛かったが、今よりはマシだったと思う。まだ、賢かった。きちんと賢いことをいつも言っていた。ただ、怖かった。本当に自分が世界を支配するのが怖い。
昔は、皆のことを見て分かっていた。見る想像力があった。最近は、言葉で考えて分かる。構造的な論理把握力がある。そこまで分かれば、分かるのが最近だ。
具体的に分かるために全部作る。もう分かっていることを、いくらか考えて、思い出せば分かる。昔つけた知性を、頭が勝手に使う。放っておけば、言葉にするだけで分かる。最近は、言葉にして分かれば出来る。
自分や理性には、限界があると考えれば、分かることが多い。
最近は、治して分かるようになった。
いつもの文章を分かるために、不可能に挑戦している。そういう人間が賢くなる。
書くなら、むしろ、馬鹿な方が続く。
僕は、戦う馬鹿になって書いていたために、継続が出来た。
永遠に書くために、全部の力を使って、下積みを永遠に頑張れば良い。
作家は、自由な職業だ。
ネットで色んな人間のことを見て、知って考えていた。
会話して分かった。本当の楽しさとは何か、本当の価値とは何か、分かった。
最近は、文章に書いて、全員創った。言葉によって、あらゆるものを決めて創っていた。
人間を精神で全員創った。
基礎と応用を作っていた。相対的な関係と構造を作っていた。秩序を考えた。
いつものロボットが、そろそろ悪い。
人間性の無いものや、極端な思想が悪い。
自分を犠牲にする賢さもある。
学習の本質と結果や、考える方法を考えれば分かる。
構成要素と歴史、方法と環境で分かる。
自分から何かすれば、ロボットが治る。
いつも、きちんと考えて治していた。分かる力があった。
絶対に負けられない戦いだった。少なくとも、譲れなかった。
自分は悪い。それが知られるのが怖かった。
皆をロボットにしたのが悪くて、ロボットになるのが怖かったから、ロボットになった。Androidのようだ。
科学は、言語学から作るのが良い。順番でも考えれば良い。
フランス語は、一番順番が違う。ドイツ語は、日本語と同じ順番だ。
世界がそうなっている理由を知れ。
それは、何故そうなのか?
人間に何が出来るのかを知れ。
それは、どうすれば出来るのか?
前提と条件を知れ。状況を分析せよ。
全ては、分裂と融和であり、独立と関係だ。
部品にして、統合せよ。
コンピュータと思えば分かる。
本質と変化を知れ。喩えれば分かる。
論理と実現と共同体が、自由だ。
実現と工夫と創造性が、自由だ。
意志と体験と認識が、自由だ。
政治は、思想と権力だ。
社会は、皆の生活を守り、影響力を高めることだ。
教育と報道は、人間に知性を与える。
地球は、自然だ。
数学は、考え方であり、色んなところに隠れている。
あとは、皆を見ていれば分かる。
物理は、宇宙の設計図だ。
遺伝子は、人間と生命の設計図であり、システムだ。
全ては、関係であり、何が何の一部なのか、属しているのかを分析することだ。
何がそれを決めているか、何がそれに作用しているか?
共有と価値観によって社会が成り立つ。
インフラは応用であり、発想は考え方と具体化だ。
あとは、経緯と手段、システムと前提を全て分かっていた。
認識と認識の関係を考えていた。
信念が形成される経緯を分かっていた。
信念は、裏では同じだが、家族や家庭環境、教育や人生の世界観によって違う。
人はそれぞれ違う。完全に客観的になることは、出来ない。
何でも、分かってしまえば、作り変えることが出来る。人間は、正しさと法則の中で、自由に支配出来る。
全ては、思考から生まれる。全ては、記憶だ。全ては、経験と設計図だ。
全ては、芸術だ。全ては、科学だ。全ては、言語だ。
社会は、言葉遣いと実感と世界観で理解出来る。
意識と方法で、自分で世界が分かる。
協力を良く考えて、世界を構築出来るようになれ。
情報の整理と考え方から、本当の世界が見える。
モデルにせよ。関係を成り立たせて、きちんと分かる。
ものごとは、応用と出来事の関係と分析だ。
全ては、表現だ。絵と言葉の表現から、自分の心を残すことが出来る。
国会は、議論の場だ。独裁者を許さない自由だ。
神に教わったことが多かった。
微分は、増え方が分かる。
世界は、滅びれば治る。
自分は、全ての病気になって、治す。
フランス人には、デカルトしかいない。
宇宙は、27個あって、神は、200人居る。
もっと、沢山のことを教わって、全部分かっていた。
社会の中で、どうしたら良いか、能力や常識のようなことを分かっていた。
芸術や科学の発想をして、自分の手で世界を変え、倫理的なことを知り、仏のような人間になった。
神は、ギリシア神話を正しいという。12人居るからだ。キャラクターを作るのに良い。
英語をやると馬鹿になるとか、数学をやると意味が無いとか、馬鹿になると治るという。
最近の僕のことを言っている。
神は、スターリンになれとか、ドイツ人になれとか、中学生になれと言う。
最近の僕のことを言っているだけだ。
また、オックスフォードが、自由か共産主義をすべきだと言っていた。
国家主義でない共同体主義をすべきだと言っていた。
ナショナリズムの高まりは、世界を滅ぼす。
自分は、菩薩だ。自分を犠牲にして、他人のために行動する。
想像力で意図と本質を考えて、実現し、見方を変え、構造化した。
その人の自由にさせて、分からせることから分かった。
分かる基盤を全部作っていた。最近、分かっていない。
自由に考えれば分かる。それは、何かから、何かになる。
もし、ならばの条件から分かる。
結果が分かるようになった。
それになったつもりになれば分かる。
何もかも疑って、真実だけを信じて、分割して導いて分かる。
小さなところから全体が徐々に分かる。
あとは、検査し、実証する。デカルトが言っている。
小さな問題の積み重ねから、全てが分かる。
色んな仕事や学問を経験して、何もせず考えて、自分の守る戒律を作る。
デカルトが言っている。
頭の中に考え方とモデルの数学を作る。認識から思考力と予測力をつける。認識の方法を知る。
イメージから概念を知り、判断から方法を作る。
認識の比較と実体験から想像力がつく。
自由は、対応力がある。
国王より大統領の方が、賢く柔軟に決められる。
王国より、共和国が良い。
連邦にし、独立すれば良い。
だが、自由とはそんなに良いものだろうか?
支配した方が、強くなる。独裁者の方が、平等になる。
ファシズムナショナリズムは、まともだ。
国は、昔から、普通カースト身分制度だ。
自由は、金にして選挙するだけだ。ポピュリズムマネーゲームだ。
何より、学校の勉強がつまらない。
テレビなんか、悪いだけだ。
ただ、自由を無くすと、人間がものや機械のようになる気がする。日本のせいで、そう思える。
だが、自由が一番ロボットだ。
自由な中で、自由をしないのが良い。それがまともな国だ。英国のようにすれば良い。
機械にすれば、それで良い。ソ連とは言うが、日本やドイツの方が悪い。ソ連の労働者は、支配者のいない、心の平等をしている。だが、頭が無い。
まともでないのは、ドイツだ。日本は、強くしたいだけの、単純な普通の帝国だ。何かが悪いのは、国民を人間と思っていない。
ドイツには、魂がない。だが、アメリカには、知性がない。
自由な国が良い。そういう、自由でない発想は、誰が見ても、僕が見ても怖い。自由な国にしたくないのは、おかしい。
そういう風に書くと悪く見えるだけだ。平等が悪いわけがない。いつか訪れる完全な平等で無階層な社会を目指しているだけだ。ドイツは、勝ちたいだけの、持たざる国だ。イギリスやフランスはまともな強い国だ。日本は、ただの普通の帝国だ。
日本が最近右傾化しているのは、ただ弱くなっただけだ。
政治は、意味がない。
そろそろ、まともな国にして終わりなのが、憲法を変えた日本だ。
軍隊を無くすのも、おかしいだろう。
僕は、ポルノグラフィティとケミストリーが好きだ。その方が良い。音楽は普通だ。
日本は、民主主義でまともな人権がある国だ。最近はそれだけだ。悪かったのは、勝ちたかったからだ。
日本には、機械や奴隷にされて逆らう人間がいない。結束して団結し、戦う。
全員兵隊なら、勝つように見えた。総力戦という、ありえない戦争をやった。今見ても怖い。
アメリカには、優秀な人間が多い。本当に皆豊かだ。だが、殆どの富は、極僅かの富裕層が持っている。資産的な平等はない。
日本の教育や社会が滅びるのは当たり前だ。帝国に戻るしかないのかもしれない。
政治は馬鹿すぎる。普通、書いていると右翼になる。辛いからだ。
日本には、良い点が多い。ユダヤでないし、平和だ。
ドイツは、血縁や遺伝子を、進めたような馬鹿なことを言っている。自分こそ一番と言いたいだけだ。ユダヤ人と変わらない。ユダヤ人がユダヤ人を殺したいだけだ。
日本は、全く滅びていない。最近は、かつてないほど豊かに栄えている。東京には何でもある。広島は復興した。モノマネで賢くなった。
明らかに、ドイツが優れている。だが、大量に殺すのは悪い。反省しているから、評価出来る。
昔は、答えや解決策の分かる、すぐに答えられる人間だった。
最近は、聞いて答えるだけだ。自分が自分に答えるだけだ。分からないと言えば良い。
ナチは、殺すしかない。クズだ。もう、そういう発想はもう良い。
民主主義が正しい。
どうして、何で、と聞いている。もっと他のことを聞けば良い。自分は何者なのかを聞けば良い。
言葉を統一して分かるのがおかしい。それを治すと良くなる。
自分の頭を使えば良い。
何でも経験的に分かるのが人間だ。見方を変えて分かる。多角的な視点を持て。
視野を広げ、裏側を考えて、理想を実現せよ。社会の現実を見よ。
昔は、言葉を決めずに分かっていた。最近は、全部決めるようになった。
コンピュータの発想をしたとか、そういうことを言っていた。
言葉を全部作っていた。自由とは、決定とは、考え方とは、何か。それを全部消した方が良い。
書いて科学的な世界観を分かっていた。生物、物理、政治経済など。
もう足が治った。
言葉と計算を作って、想像力で把握して、コンピュータに命令すれば分かる。
コンピュータは、命令のシステムだ。
経験と理解から意識がついて、人間は賢くなる。
良く分かるとそれを吸収出来る。