「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-11-23

=2014-11-23=

ワードからコピー

あとは、音楽を聴いていると分かる。
愛を与えたかった。僕は、愛の救世主だった。
ポルノグラフィティが言うように、世の果てでは空と海が混じる。
詰め込んで、世界を変えたかった。詰め込むのを止めれば、世界がすぐに治る。
もう、世界を止めず、変えなければ良い。
皆を馬鹿にして、馬鹿が賢く文章を書く。
想定して、比較して、洞察して、実験せよ。
洞察力が多かった。
昔は、仮定と条件の論理学で分かっていた。
もし、ならば、そうでなければ、していれば、いなければ、かもしれない、はずだ、など。
そのように、コンピュータ科学のように考えれば、きちんと全て分かる。
もう、書かない。これで終わりにする。
時計が止まったままだ。
ありがとう、さようならと言って、守りながら戦って、意識と感情を全部書いていた。
発展を何とかして実現したかった。皆を分からなくした後悔が一番多かった。
僕のことはもう忘れて、自由な人生を生きて欲しい。自由な世界になってほしい。
だが、僕のことを肯定した上で否定して、信じて欲しい。
僕を信じないと、何も分からない。
哲学は、様相と仮象、演繹と帰納、存在と実体、形相、可能態と現実態を考えれば分かる。
あとは、専門を横断して、色んな分野のことを知り、分析する。
そして、1つ1つのことを捉えて、それが本当に何なのか、どういう原因でそうなっているのかを、考える。
そして、属性や特性と視点を考えれば、アリストテレスが分かるはずだ。
だが、それくらいは、誰でも分かるものだ。
精神分析と精神の現象から、色んなことを直観で知ることが出来る。
あとは、能動と受動を考えると、実体験と理性が良く分かるだろう。
社会は、自由な株式の投資と市場によって発展する。
政治は、自由な選挙によって、新しい国を作るか、安定するかを決める。
また、教育は、皆を賢くし、皆の手で作る社会を作り出す。
そのように、社会のことを書いていた。
あとは、考え方、カテゴリーや原因と結果のようなことを言っていた。
そろそろ、もう、無い。あとは、人生のようなことを書いていた。
それでは、さようなら。もう一度会える日を、楽しみにしています。
では。
あとは、共有や決まりによる可能性や、思考と表現の自由などを言う。
もう、居なくなるようで、まだ続く。あまり意味は無いです。
そろそろ、もう言えない。
あとは、歴史のようなことを言っていた。自由な創造性の積み重ねと言いたかった。
もう、何もしない。皆、もう、分からなくなる。
それで、さようなら、です。いつか、また会えると思います。
自由なパターンと工夫が、創造性を作り出す。
日本は、もっと、それぞれが安心出来て、普通のことがきちんと分かる国になれ。
分からない世界はもう良い。最初から、もう一度、分かり直すべきだ。
そして、もう、終わりだ。本当に、こんな文章を読んでくれて、ありがとう。
やるなら、本気で戦うこと。それが、一番賢い。
心理学や生物学の、基礎の構造を作って分かっていた。
文化、言語、論理、創造性、会社、組織、自由、意志、所有などを考えていた。
ありがとう。まだ、続くと思います。
世界観と、自由な論理や知恵を書いて、自由に色んなものを作って、成り立たせた。
宗教、芸術、科学、教育、社会学などを作っていた。
自由が好きだった。宗教や支配者は嫌いだった。民主主義が好きだった。
社会主義に傾倒することがあった。だが、自由な理由で好きになっただけだ。
愛とは、信じながら、意識を開拓し、道を作って未知を全て分かることだ。
意識とは、平和と戦いの中で、それぞれが取り得る可能性を知ることだ。
可能性とは、言語であり、捉えることであり、分からない全ての側面からの知であり、理解を作って、変化を辿ることだ。
自由とは、愛と、意識と、可能性の中で、自分が出来る全てのことをすることだ。
平等とは、自分の出来ることをしながら、相手にも同等のことを許す、自由だ。
自由と平等が、全てだ。
それくらいで終わりにする。さようなら。そして、ありがとう。
自由とは、愛と、記憶と、行動と、思考と、想像力だ。
皆に言いたいことは、あとは、愛を信じて欲しい。そして、自分を許して欲しい。
ありがとう。それでは、さようなら。
自由とは、抑圧を否定することであり、強制の無い自由な世界で、経験を積むことだ。
自由とは、社会問題を解決することであり、それは、いじめを無くすことだ。
ありがとう。それでは。
自由とは、次元である。物理は可能性であり、観測である。
全ては、解放までの取り組みを共有し、全て分かるまで、永遠に地獄を耐えることだ。
全ては、神の解決であり、哲学と歴史と神の力で、永遠を創った。
それでは、さようなら。ありがとう。
あとは、脳と永遠を記録したかっただけだ。
自由とは、環境の変化だ。
自由とは、意識の自在な支配だ。
自由とは、構造と愛だ。
自由とは、想像力と記憶だ。
自由とは、システムを開発し、世界史を辿って、精神分析することだ。
自由とは、全ての科学の構造を知ることだ。
それで、永遠の思考を書いていた。そういう人間だった。
それで、もう良い。昔に戻る。
昔は、Linux2ちゃんねるで分かった、考える引きこもりだった。
環境から自由になって、自由に比較して、想定して、仮定して、分かった。
精神分析を全部やっていた。
社会学と心理学を作って、コンピュータのように、論理的に考えた。
全てを解決して、治した。全ての理由が分かって、自由に全て出来るようになった。
そして、理想と現実の経験で、社会が全て分かった。
変えられること、有用性から神を知ること、別の可能性を考えること、積み重ねること、モデルにして説明すること、裏を考えること、成り立ちを知ることで分かった。
言語と意味と論理を良く考えた。もし、ならば、という考え方が多かった。
科学を作ること、実現し、吸収することが好きだった。
あとは、考えれば分かる。
考え方と分類を、知性を使って、科学的に考えれば良い。
押さえつけられる社会より、民主的な共存出来る社会の方が良い。
世界は、ありのまま、自然体になれ。
世界は、独裁でない、民主的な平等になれ。
世界は、フランスを止めて、イギリスになれ。
世界は、イタリアを止めて、ドイツになれ。
世界は、もっと平和で、暮らしやすくて、分散や独立をしやすい世界から、もっとそれぞれの意思と合意による協調しやすい世界を創れ。
ブログの方が楽だから、ブログに書く。
ワードには、一日一回コピーする。いつも通りやるのが楽だ。
昔は、全部経験して、体験して、行動して、いくらか理由を考えて分かっただけだ。
全部の仕事をして、想像力で考えて、変化を網羅した。そのように、網羅的に分かっていた。
感情についても、ネットで試したり、会話したりして、全部して分かっていた。
あとは、全部の文章を読んで、ネットを見て、知恵と工夫を全部吸収して分かった。
創造性と歴史の変転が好きだった。体験と体験の関係が分かっていた。
自由な世界や、理性的な世界を止めて、共同的な、協調性のある世界になった方が良い。
むしろ、ドイツを止めてイタリアになれば良い。
基礎と応用を全部分かっていた。昔は、理性的で、聡明な人間だったが、情熱的だった。
フレイは、まだ続く。まだ、フレイヤにはならないだろう。
仮想的に世界と本質を分かっていた。
新しく時代が過ぎるとともに、分かることもある。そのような、経験的な理性は多い。
知、学習、記憶、経験、認識は、経験的で、進歩的なものだ。それを共有出来る。
昭和は暗いが、暖かい。平成は冷たいが、明るい。
制度や法律は、経験的なものだ。決めるプロセスは、多様にある。
あとは、自分を考えれば良い。自分から世界が分かる。
日本は、欧米の植民地にならず、ユダヤにもならず、社会主義にもならなかった、数少ない国だ。
日本は、本当に賢いから、分かった方が良い。日本人が分かっていない。日本史でもすれば良い。
フランスは、植民地や革命など、悪い点は多い。だが、貴族や貴婦人を見ていると、本当に美しい。
日本は、醜い。戦国武将や浮世絵、相撲や歌舞伎役者などを見ていると、本当に一番醜い国に見える。
最近は、帝国の後に自由になって、パクリで儲けている。何故か、一番平和で、治安が良い。
昔の戦争時代は強かった。それはもう良い。もっと具体的に日本のことを分かった方が良い。
日本は、自動車やテレビゲームは作れる。テレビや家電製品も作れる。だが、マイクロソフトのようなことは出来ない。そうでもない。ヤフーやソフトバンクが普通に出来ている。
日本は、何でも出来る賢い国だ。
日本は日本で、色んな国に変わる。江戸時代から、明治、大正、昭和、平成と変わった。特に、戦前、戦中、戦後の変化が激しかった。
日本には、時代がある。農耕から宗教になって、武士と戦争の中世になって、そのうち、近代化した。
後悔、罪悪感、未練、執着が多かった。そういうものを消した方が良い。どこの宗教でも、そういうものが一番苦しみを生む。
日本の社会を分からないと何も分からない。1人社会から離脱して生きるのが悪い。社会に戻って活動すれば良い。パソコンが悪い。テレビは見た方が良い。ただ、色んな人間を知らなければ、何も分からない。分からないから見たくないだけだ。いつまでも見ていても分からないから仕方ない。
大学に行った方が良いが、入れない。学校なんか、行かないだろう。テレビを見た方が良い。
見ていると、イスラムが一番悪い。怖い集団だ。そういう集団が悪いのを分かった方が良い。イスラム国は悪すぎる。異教徒の女を性的な奴隷にするのはおかしい。
イスラエルは悪いが、イスラムも悪い。どちらも倒した方が良い。
悪いものは悪い。悪い人間、会社、国、宗教、制度など。悪いものは、皆の手で倒すしかない。
アメリカは悪くない。ただ、Windowsは悪いと思う。むしろ、Linuxが悪いのだと思う。
ロシアや北朝鮮が悪い。悪いから、倒した方が良い。ロシアが好きなのはおかしい。それが一番馬鹿になる。
自由が悪いから、アメリカやEUも悪い。それでは、分からない。何が良いのだろうか?最近、良い国や良い物が無い。自由は本当に悪いと思う。ただ、自由が悪いと、分からない。
強いのは、アメリカ、中国、フランス、イギリス、ロシア、ドイツだ。国連だ。強いからと言って、良いわけではない。
ドイツを除いて、それらが一番核兵器を持っている。イランなんか、何も悪くないのに悪いことになっている。ただ、イランは、アメリカに落としたいだけだ。アメリカ人が悲惨だ。アメリカは、日本に既に二発落としているから、放っておくと、落ちる。その前に、核兵器を無くすしかない。
そういうニュースは、テレビでやっている。学校に行かなくても、本を読めば分かる。テレビを見て本を読めば、日本が分かる。むしろ、日本以外のことも分かるだろう。
明らかに、イスラムソ連が悪いから、倒した方が良い。昔の自分のことは、忘れた方が良い。いつまでもそんなに馬鹿なのがおかしい。若年左翼は卒業すべきだ。
僕は、ドイツのものが好きだ。ピアノやコンピュータ科学が好きだった。むしろ、アメリカも同じだ。
ただ、それらは自由だ。悪いだけだ。
日本が良い。最近は、日本という発想が良い。「おもてなし」だ。
G8なんか、馬鹿に見える。むしろ、中国とつるめば良いように思う。冷戦なんかどうでも良い。だが、中国と韓国は反日だから、皆、日本人の方も嫌いだ。
日本なんか、何も悪く見えない。もっとまともになれば良いと思う。自民と民主で良く見える。共産は要らないどころか、やらせれば良いように見える。
ただ、また自民が勝つのは明らかだ。そろそろ、また負けた方が良い。
Windowsは悪い。そういうおかしなユダヤを全部消した方が良い。人間を動物だと思っている。
国際ニュースはつまらない。だが、日本のニュースは、政治、犯罪、自然災害、スポーツぐらいしかしない。たまに社会問題をやっている。見ても何も分からない。
そろそろ、行動するしかない。大人になって、色んなことを経験するべきだ。
あとは、医療とか、たまに経済や会社のことはやっている。テレビは本来、娯楽やドラマだから仕方ない。
見ている番組が海外ネットワークだった。国際ニュースが多いのは当たり前だ。
大人になる。だが、オタクにはなりたくない。カッコいい大人になれば良い。
イスラエルとアメリカの共通点は、先住民の土地を奪うところだ。何故か、先住民のことを考えないのが普通なのはおかしい。アメリカが悪いだけだ。
ドラマを見ないで、面白いわけがない。漫画やゲームもしない。音楽だけを聴いて、馬鹿な文章を書いて面白いのは有り得ない。マッサンでも見れば良い。ブログには、テレビが多い。
むしろ、他の人間をけなしたいのはおかしい。はてなは、そういうところが悪い。どこでも、オタクが馬鹿だ。
宗教は悪い。むしろ、金持ちにはなりたくない。
漫画やドラマが怖いのは、普通他にないからだ。面白いのが怖いのがおかしい。
パソコン以外の機械をするのが良い。エンジンは、シリンダーとピストンだ。分かると面白い。
普通、26歳ぐらいで結婚する。ただ、働かないと出来ない。働けば良いだけだ。
大学を出たいなら、もう遅い。もう26だ。本気で頑張れば間に合う。だが、それは難しすぎる。
パソコンは、論理力がつく。むしろ、パソコンで良く見えるが。
何か、専門家になれば良いだけだ。分かるものが何も無いのはおかしい。
働いても、道路工事だ。良くて工場だ。マイクロソフトには入れない。つまらない。
何か1つの分野を知り尽くして、きちんと出来るようになれば良い。
自動車は、壊れると悪いから、壊れない。そこらへんが賢いようで、あまり賢くない。
パソコンは悪くない。ただ、VBで何か作る意味が無い。Windowsのオタクはキモイ。もっと、マシな発想をした方が良い。
生物学でもすれば良いように思う。生物学なら出来るかもしれない。
生物学は、鳥の翼や人間の内臓が賢い。人間の力では作れないものを、自然が作っている。あとは、動物は強い。人間より知覚や筋肉が優れている。
僕は、父親東京理科大学の物理だ。姉がパソコンだ。そこらへんをしても良い。ただ、パソコンは、姉が出来るのに、なりたいのがおかしい。物理学で良く見える。
経済学がしたかったのは、もう全部考えた。経済学なんか、専攻と一緒にすれば良い。それなら、むしろ、心理学も悪くない。
経済学、心理学、物理学は、むしろ、あまり意味が無い。いつもしている、哲学、文学、歴史をするしかない。その方が良い。自分の好きな分野をやれば良い。だが、どれも好きだ。
自動車とパソコンも悪くは無い。生物学や数学も、おかしくは無い。
馬鹿だから、文学からすれば良い。それが、いつも通りだ。哲学と歴史もすれば良い。
文学なんか、したくない。哲学や歴史ももう良い。むしろ、日本史が良いと思う。
経済なんか、金だ。見て分からないのがおかしい。金のことを分かった方が良い。
経済は、食べ物や工業製品を交換するのが基本だ。
国は、おかしい。ユダヤと植民地と社会主義で戦っているだけだ。どの国もおかしい。
大学なんか、しなくて良い。すぐには出来ない。
生物学は有り得ない。今、ダーウィンが来たをやっているが、クロザルは有り得ない。
世界史も日本史も、文学もつまらないし、むしろ、キモイ。哲学をやるしかないから、哲学をやった方が良い。
ヴィトゲンシュタインはつまらない。ハイデガーも悪い。ヘーゲルももう良い。そこらへんの暗闇集団が、一番狂って分からなくなる。昔の僕と何も変わらない。喪失から分かっているのが同じだ。
経済学とはいうが、争いと奴隷の中で戦っているだけだ。結構、経済学は賢いから、やれば良い。哲学と一緒にすれば良い。
世界史は、価値が無い。ブルボン家プロイセンの王を分かるのは、意味が無い。ナポレオンは、最後まで戦って、おかしく勝ったが、すぐに負けただけだ。
昔のフランスなんか、フランス人が分かる。日本人が分かる意味が無い。
日本史は、意味が無い。やるのは有り得ない。
哲学と経済学だけをすれば良い。それで正しい。
心理学はおかしくない。むしろ、言語学もおかしくない。哲学は、普通、心理学と経済学をする。
大学の世界史なんか、年号を覚えて時代を分かるだけだ。普通、王と王朝の名前が分かる。そのうち、すぐに出来る。もう分かっているから、楽だ。
一度証明すれば、二度する意味は無い。そういうところをヴィトゲンシュタインが言っている。だから、哲学で数学が出来る。良く考えると当たり前だ。
自由とは、論理と構造で世界を把握することだ。
自由とは、愛と真実で宇宙の意識を分かることだ。
自由とは、考え方と自由な理性によって、世界を支配し、変えることだ。
そのように分かれば良い。
もっと昔を分かれば分かる。人間の経験を良く考えれば良い。良く考えると、行動と体験ぐらいしかない。行動には、芸術活動、創造活動、論理活動がある。体験には、支配と認識がある。
あとは、世界が分かる。共生、共存、科学、理解、立場、前提、心、所有がある。
あとは、歴史の中での世界構造を良く考えれば分かる。自由とは、世界を変え、進歩させることだ。
世界は、相対性と感受性だ。
数学は、俯瞰的に体得して考えれば出来る。放送大学の教授が言っている。出来ないように見えて、出来る。
視点と場は、適応と見方だ。
宇宙人とUFOの番組をやっている。言っていることは良く分からないが、地球が偶然に生まれたと考えることがおかしいような気がする。神は創っていないが、誰かが創ったなら、UFOも居ておかしくは無い。
最近、宇宙人が地球人を創ったように見えるのが、僕だ。そうでなければ、生まれるわけがないと思う。
地球の生命は、宇宙からやって来たのかもしれない。
宇宙人を居ないとは言うが、行って見た人間は居ない。プレアデスぐらいまで行けば居るように見える。むしろ、宇宙人に実体なんか無いのかもしれない。ただ、そういう発想がクズだ。
自由とは、行動し、知り、なることだ。
民主政と独裁政でも考えれば分かる。あとは、色んな政治の体制でも考えれば分かる。
判断力、想像力、思考力、などの理性能力と、活動、特に、共生や支配を考えれば分かる。
パソコンで、何でも作れるのは当たり前だ。パソコンがあるせいで、意味が無くなっただけだ。
神は居ると思う。良く分からない絶対者が居て、信じるものを自分のようにしている。意味が無い。
人間は、愛と真実と想像力の中で生きている。そして、体験と活動、特に自由という平等の中で、世界を支配し、変え、支配され、押し付けられている。
愛とは、真実であると同時に、恐怖だ。
愛は、支配し、信じることから生まれ、それは新しい愛を作る。
自由とは、愛を支配することだ。
分からなくなった。良く分からない。何を書きたかったのだろうか?
自由とは、創造性と愛だ。それは、正しいことを見つけるために、探す旅に出かけるだろう。
人間とものは、人格と特性だ。そこには、法則があり、それは、それぞれを変える。そのことを影響力と言う。
影響力は、世界を支配し、正常に変える。
いつもの文章は、分からない方が良い。分かれば分かるほど、分からなくなる。
構造の中で、世界を変えることが出来る。
関係と構造を知ることで、世界を積み重ねて分かることが出来る。
世界を作って、成り立たせて、構造的に本質を知ることが出来る。
そのようにすれば、いつもの文章が分かる。
世界は、多様性と概念によって変化出来る。
1つ1つの変化は、それぞれの影響力の発揮と把握によって、支配される。
それぞれが影響力を受け、それぞれが作用し、反応し、変わる。
そして、その中で、知性と想像力が高まり、それぞれは認識する。
人間は、自分の知っていることを知り、知らない中で、支配されてしまう。
だが、その中で考えることで、きちんと全ての可能性を知ることが出来る。
人間は、視点と共生の中で、世界を変化出来る。
それぞれの想像力と心の中で、影響力が世界を変える。
全ての自由の中で、1つ1つの意志、可能性、変化、法則が生まれる。
自由な考え方は、それぞれのものとシステムを築く。
そういう風に書いていた。おそらく、それくらいしか書いていない。覚えていない。
世界は、全ての可能性を取るために、自由と存在を知ることが出来る。
それは、共有し、知性を使い、きっかけを与え、手段を与えることで、可能性を高めることが出来る。
そのために、行動し、意見を知ることが出来る。
そういう風に書いていたと思う。
あとは、それを人生の体験にしていた。
経験し、価値を知り、世界を知り、客観性と共同性を知り、倫理性を知り、意識を知り、関係と実現を知ることが出来る。
そして、ものを作り、発想し、意見を共有し、執筆することが出来る。
社会を構築せよ。現状を認識して、システムを設計せよ。
あとは、おかしく認識の一部を作っていた。
自由とは、創造性を認識し、新しく、正しく考えることだ。
その考え方は、自由で、システムで、平等で、活動的であるべきだ。
そのように書いていた。
そろそろ、ロボットを殺すべきだ。自分のロボットを殺す。
自由とは、多様性を実現し、方法を知ることだ。そのために、想定し、把握し、実験出来る。
正しい自由とは、それぞれの考え方を全て知ることだ。それは、理性的かつ経験的に行うことが出来る。
昔を変えると分かる。もう止める。
この文章は、重要で無いことから連想して分かっただけだ。
可能性を全部作っていた。
前提を全部分かっていた。
作って協力すれば、使えるし、平和になる。
知り、経験すれば分かる。
システムを作って、世界を変えられる。
実験し、知を作り、比較し、想像力を使い、判断し、発想すれば、新しい可能性が得られる。
そこでは、方法と理性と判断力が必要だ。
協力と共生の価値観を持って、自由と解放の信念を信じて、人と世界を変え、教え、導け。
ゆっくり死ねば治る。
適応、構築、習得、共生の自由の中で、自由と想像力と変化の価値観が生まれる。
そのように、具体的に考えていた。
方法からものが生まれる。それは、創造的で、活動的だ。そのために、想像力と知性が必要だ。