「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-11-11

=2014-11-11=

ワードからコピー

構築し、習得し、適応し、仮定と結論、原因と結果、反応と実感を知れ。
この文章は、全てを喪失した女だ。二次元のクズだ。おまんこ、くぱぁだ。
まともな人間になりたかった。最近、まともだ。
楽になりたい。いつも通りが辛いだけだ。戦わず、反抗すれば良い。
テレビやネットは嫌いだ。そういうものを倒せば良い。テレビとネットは、滅びよ。
テレビとネットは、僕の一部になれ。
本当にまともな人間になりたい。
日本は、強くなって勝つ、と言う発想をすべきでない。平和な方が良い。
僕も、彼女が欲しい。
世界を支配して、神を信じて、経済を考えれば最近に見える。
世界は、ただの自由をそろそろ止めて、価値観の共有になれ。
行動の自由から、倫理的な共同体の自由になれ。
自分が出来る国を作るためには、自由に色んな仕事の経験が出来て、会社を自由に作れて、王や首相を経験出来るように、社会と教育を作るべきだ。
社会には、それぞれに影響力を与え、自由な中での合意という平等を、より進歩した形で与えるべきだ。
自分の手で社会を構築し、自由な経緯を歩め。
環境と社会的な共有による、可能性と集積を高めよ。
倫理的な自由とは、合意によって構築される、社会と共同性の自由だ。
人間は喪失の中で共同性を自覚する。ヘーゲルが言っている。
この文章は、社会科を考えているが、金と民主主義を考えていない。財閥と銀行や、自民党民主党でも考えれば良い。分かっていないが、おそらく、三井、三菱、住友、安田などが多い。
安倍は、辞めたのにもう一度やる意味が無いが、そのせいで、経済や軍事、税金などを全部やっている。
最近強いのは、小沢だ。民主党は、結構良い時代だった。皆、賢かった。
何故か、元タレントの橋下が強い。馬鹿ではない。弁護士だ。
最近は、全部株式市場、株式会社だ。ライブドアのようなマネーゲームが、本当に多い。
日本に興味が無いのがおかしい。おかしな社会しか考えないのは有り得ない。
きちんと日本と資本主義を分かった方が良い。
日本は、自動車で儲けるしかない。
TPPは、参加・導入したい人間が多い。だが、農業が悲惨だ。耕作放棄地が増える。
原発を止めないのがおかしい。むしろ、本当に小泉と細川で良く見える。首相と知事をやれば良い。原発が無くなる。再生可能エネルギーだけにするしかない。
自分が王になったつもりで、日本をどうすれば良いか考えた。
国境や国が分かれているのは悪い。新しい国際秩序を作って一緒になれ。
想像力からアイデアが生まれる。
セックスが辛い。そろそろセックスを殺すと楽になる。
自分は、視野を広げて、裏を分かっている。
セックスをしない多重人格になると、楽になる。
マイスター制度や、社会経験塾を作っても良い。
単純な国の方が出来る。世界政府や国際条約は、何も出来なくなる。
光の速度で移動出来れば、時間移動が出来る。
光の波は、反射かもしれない。
そのように、科学的に構造で考えて分かっていた。
ちんこが死ねば治る。
セックスは辛い。馬鹿になって辛くなる。セックスをしない人間が賢い。
子供時代にセックスが多いと、狂う。フロイトが言っている。
自動車は、馬より速いし、自転車より楽だ。だが、事故をすると死ぬし、ガンガン石油を使う。
自然環境を大切にした方が良い。
日本の良い点は、銃がなくて、平和憲法がある。日本は、殺し合いは嫌いだ。
日本には、金と技術力がある。自転車や家電製品が作れる。輸出で儲けている。技術力が無くなると終わりだ。
物まねから、品質の高いものを生み出せるようになった。
社会の問題を考えて、解決していた。本質を見抜いて、洞察して、別の可能性、別の社会、解決方法を考えていた。想像力と経験が豊かだった。
工業大学の実技演習を増やすとか、中小企業に入れるとかいう選択肢もある。
ヴィトゲンシュタインは、限界や言語と言う。
プラトンアリストテレスは、イデアや形相と言う。
あとは、概念やパターンが多い。
スピノザは、表象と直観と言う。
カントは、仮象と様相と言う。
アリストテレスは、可能態と現実態と言う。
哲学はどれも同じだ。ものの概念と応用と可能性を考えているだけだ。
良く考えると、誰でもカントやヴィトゲンシュタインになる。
理性や悟性、アプリオリ、像や言語ゲームを考えれば分かる。
哲学は、カントだけで出来る。きちんと科学的に原因と命題を考えれば、誰でも分かる。
ただ、生の哲学実存主義は少し違う。
人間の可能性と意識を考える。
ヘーゲルキルケゴールサルトルハイデガーなどが、それに当たる。
ヘーゲルは、精神現象学と法の哲学で、人間と社会を全部考えた。
歴史を絶対精神の展開とし、哲学の弁証法を説いた。
ただ、世界全部を考える代わり、人間の心や魂が無い。そうして、キルケゴールが、実存主義を始めた。
宗教的なキルケゴールの哲学から、実存主義の代名詞であるサルトル無神論実存主義や、ハイデガーの存在の哲学が生まれた。
あとは、宇宙や社会のことを、カントやヘーゲルが考えている。
理性の限界や、絶対精神など、人間の持つ全ての力とその限界、辿って行く歴史を考えた。
あとは、ものの相対的な自由は、物理学者であるアインシュタインが考えている。
サルトルは、マルクス主義に傾倒して、自由を刑であると断言した。
ハイデガーは、ナチに加担して、ユダヤ人を迫害した。
哲学には、そういう、負の側面もある。
マルクスは、皆のものにする平等の国家を作って、権力や階層を無くしたかったが、その結果、巨大な国家権力の国であるソ連が生まれた。
イギリスの経験論や、古代ギリシャストア派などに、賢い人間が多い。
哲学には、人間観や宇宙観が存在する。スピノザ、カント、ヘーゲルなどが、そこらへんを考えているから、参考にすると良い。スピノザは、宇宙には目的も意志も無く、ただあるだけだと言った。
デカルトは、宇宙と人間をメカニックな二元論にしたが、スピノザは、全てが神である一元論にした。そういう、神か、ものかの対立が一番多い。
哲学には、色んな用語が出てくる。サルトルは、対自的、即自的といって、有機物である生き物や人間と無機物であるものを区別する。
あとは、おかしな考え方をする。ハイデガーは、意識の中に存在があると言う。サルトルは、実存は本質に先立つと言う。プラトンイデアを真実の正しい世界と言い、アリストテレスは、それは実体の中にあると言う。
哲学は簡単なことを難しく言い、言葉を人間にする。
昔は、社会をどう出来るか、個人的に、社会構造的に、どう変えることが出来るかを良く考えていた。
平和な社会は、合意と価値観の共有、自発的な努力、継続、自己の承認や協力から生まれる。
もっと、社会的に発想を共有し、解決のために分析するべきだ。
本当に解決出来るためには、方法を1つ1つ積み重ね、理由を分析する必要がある。
喪失から共同性が生まれる。それは、自我をより先に進める自覚となり、精神意識となって、全てのことを意識で分かるようになる。ネットが参考になる。
色んな社会と人間を知ることから、全ての知と経験が得られる。
神は居ない。あるのは、そこにある、唯一無二の存在と、その全ての可能性だけだ。
神は、自分で創り出すものだ。
あとは、人生を書いていた。
人間を全員融和し、未知と不可知、可能性と確実性から、方法と原因を理解せよ。
沢山の経験から、自分の出来る最高のことをせよ。
あとは、自由とコミュニケーションの積み重ねによって、構造的かつ相対的に世界が分かる。
システムを構築し、環境に適応し、視点と場を広げて理解せよ。
記憶と経験から、認知的、感覚的、知覚的に理解せよ。
自分の心と気持ちがどうなるか、相手とともに、客観視し、考え、人間を理解せよ。
社会を構築し、変えよ。環境は、変化し、支配し、戦い、導くものだ。
UNIXのシステムを知れ。自分の出来ることを全部やれ。
あとは、有用性と功利主義が多かった。
あとは、思い出せば分かる。
認識と考え方を作って、自分の科学を作っていた。
引きこもりになって、環境を思い出して、自立して、実体験から世界を分かった。
悲しかった。ただ、悲しかった。
自分のすること全てに後悔と罪悪感を感じて、何度もおかしなことをした。
その後に、戦って、女王のようになった。
命を失わない、言葉での戦いをした。
おかしくなって、治して、そして今がある。
全て分かった、哲学者の作家が自分だ。
神が好きだ。いつも、神が自分に色んな事を教えていた。
神との対話と言う本を読んで、自分でも出来ると思って、ノートに書いて対話した。
神は、僕の疑問に何でも答えてくれた。
失敗は無駄じゃない。諦めない限り、その問題はいつまでも、自分の解決までを受け入れている。
もう、戦いたくない。支配したくない。
もっと、皆は、それぞれが独立して、支配者を否定して活動すれば良い。
自由を悪いと言うなら、何も出来なくすれば良い。
あとは、世界観が多かった。
世界は、本来、自由に全て任されている。
生まれ変わる時を告げる。皆、僕のように生まれ変われ。
僕は、女に見えて、何故か男だ。自分でも有り得ないが、自分は最初から男だ。
要は、昔の方が男だ。そういう、カップルだ。
人間は、戦い、議論することで分かる。そのため、2ちゃんねるだけをやっていると、哲学が出来る。
2ちゃんねるで分かったことを、全て否定すれば分かる。
テレビや人間関係を2ちゃんねると思うのがおかしい。2ちゃんねるの普通は、普通じゃない。
普通、皆が好きで、色んなことをして、勇気を出せば、皆信頼する。そのように考えれば良い。
批判なんか、誰もしない。皆、自分の味方だ。だが、イエスは、褒め称えられる時をわざわいと言う。
普通、怖くない。2ちゃんねるは、おかしい。
誰も批判なんかしない。自分の居場所は、家族や日本の中に、いつもきちんとある。
傍にいる大切な人を、大切に思うべきだ。
怖いのは、ネットには本当に2ちゃんねるが多いからだ。
僕のせいで2ちゃんねるが増えた。僕が消せば消えるから、2ちゃんねるを消す。
自由なのに自由が無い、タリバンの戦闘員が2ちゃんねるだ。
そろそろ、昔の自分は要らない。昔の自分を思い出すのが一番怖いから、思い出さない方が良い。
動いて、話して、書きながら考えるのがおかしい。何も出来なくなった。
最近だけにすると、爽快な人間になる。そういう、白くて青い女に見える。
ものを考えて、そんなに言葉で分かる意味が無い。
考えず、知れば良い。もっと色んなことを知りたくないのがおかしい。
心臓がおかしくなっている。心と体がうごめくようになった。
宇宙とは何か、人間とは何か、可能性、関係、独立、許可、合意から考えれば分かる。
楽になったから、精神と血が治る。心臓がおかしいのは、そのためだ。
最近は、ドイツ語のような固い言葉や、英語のような全てを把握する言語を使う。
出来ないのに無理をしているから、辛い。もう、止める。
判断や思考を文章に書いて、相手のことを想定して、言葉に出来ない想像力を頑張って言葉にしていた。
認識の虫を消せば良い。全部同じになって、全部虫になった。
馬鹿になるのを止める。それで知性と意識が高まる。放っておけば、いつか賢くなる。
あとは、時計の学習がおかしい。何もしないのが悪いが、何もしなくても分かるようになった。
もう、落ち着けるようになった。精神病が治る。
虫を、虫でないと思えば良い。世界がキモイから、そういう病気になる。
自分の意志や行動を捨てて、任せていれば良い。
心臓が治って治っている。それが辛い。心臓を治すと、治るから仕方ない。
心が落ち着くようになれば良いと思う。
外国がキモイからこうなる。日本人が白人になりたいのはキモイ。
あとは、男で女はキモイ。これでは、男はただの馬鹿だ。
全部の人種、完璧な2人になりたいのはおかしい。
そんなに沢山の体験を全てする意味が無い。分かっても意味が無い。体験なんか、しない方が楽だ。
経験を積み重ねて分かる男が、昔のように多い。
信じて分かる最近の女が、何故か、賢いのに辛い。
心臓が、グゥと言って治った。最近、そういうことが多い。トイレで治る、怖いで治るのが、一番多い。
心が治ったから、あとは頭だ。自由に動かせば良い。治ると、賢くなるが、同時に、馬鹿になる。
最近は、世界を全部把握して、本気で治す人間が多かった。
心臓がまたグゥと言ったが、珍しい現象ではない。
対話を永遠にするせいで、何でも言えるようになった。それをもう止める。
時計の機械になっているのが、まだ治らない。あとは、何かすれば、すぐに治る。
もう最後まで終わったから、いつも通りに直る。いつも通りが一番賢かった。3人で、8人に分かれる。多重人格になれば良い。
あとは、役人と役所ぐらいが書いていない。税金を取って、尊大な態度を取っている。やっていることは、国の管理や行政サービスをやっている。ハコモノを批判するのは良いが、役所は必要だ。
国の教育方針は馬鹿だ。いじめなどの今の問題は、分かっていない。古い頭で考えているから、仕方ない。解決はしない。ただ平等にしているだけだ。
子供は、平等が嫌いだから、自由ないじめをする。皆でもっと平等を受け入れるしかない。
戦わない、殺さない、倒さない。そういう革命を起こして、マスコミに意見して戦っていた。
そのまま、世界と自分を全て治し、解放し、導き、そして対話の神になった。
宇宙の歴史が全部分かった。ヒトラーと対話して、生まれ変わっていた。
書くとキモイが、そういう有り得ない体験が多かった。
社会主義の経済を考えた。有り得ない計画経済や、自由ノルマなどが多かった。
いつでも世界が解放出来る支配をやった。自分の分かることを、全て詰め込んで、忘れた。
不安は自分を守るための感情であり、楽しみは自分を生かすための感情だ。
可能性は、統一から生まれる。
真理を知れば知るほど知性は高まる。
言語は多様にし、意味と表現と順序の自由を、冠詞、形容詞、動詞の視点から増やせ。
数学は、グラフとベクトルと行列と作用に関して、もっと沢山の改良が考えられる。
この文章が、セックスや裸の女に見えるのがおかしい。それも、アニメの女に見える。僕は、人間の男だ。
認識、場、見方、目線が全てだ。
最も理想に近い言語は、多様なドイツ語と日本語だが、ロシア語も知恵の多い哲学的な良い言語だし、フランス語は言葉が多いし、中国語は漢字が賢い。
生命は、生態系の循環によって、ものを動かし、吸収し、放出し、助け合う。
アラブ人は、全てを知りたい民族だ。ロシア人は、全てを解決したい民族だ。ドイツ人は、全てを作り出したい民族だ。アメリカ人は、全てを改善したい民族だ。フランス人は、全てを考えたい民族だ。
力は動き方であり、宇宙の法則の1つだが、本当は何なのか、分からない。ただの力だと思う。
存在を考えれば分かる。
この世界には、人間である、それぞれの存在しかない。
自分の世界と、自分の存在は同じだ。
環境や場と関係して、色んな人の事実を吸収して、生きている。
あとは、認識を作れば分かる。
1つ1つのことが分かる際に、数学のような体得を行うことが出来る。
数的に分かり、学習的に分かり、方法的に分かり、普遍的、観察的に分かることが出来る。
そのまま、試して、可能性を考えて、実現することが出来る。
存在の意志と視点を考えると、良く分かる。
存在は、行為し、外的な作用によって楽しみを得て、人を支配し、心理的に操作することが出来る。
そこから、理想の関係と信頼や協力が生まれる。
あとは、読んだものをそのまま書けば良い。
フランス絶対王政の王で、太陽王と言われる、ルイ14世は、朕は国家なりと言った。
フランスの最盛期の王だ。絶対主義の絶頂期であり、黄金時代だ。
ブルボン朝、第三代の国王である。
絶対王政の王だから、国王個人の力が強い。
彼を支えたコルベールとともに、重商主義を行った。
1.従来のギルド的な工業形態を規制し、輸入品の製造をマニュファクチュア形態のもとに保護した。
2.保護関税政策によって貿易を促進し、植民地の開発を積極的に行った。
3.国内関税の改革・運河の開通などによって、国内産業の発展を図った。
4.海軍力を高め、諸種のアカデミーによって文芸や科学を保護した。
あとは、軍制改革と侵略戦争を行った。南ネーデルラント継承戦争オランダ戦争、ファルツ戦争、スペイン継承戦争だ。だが、侵略戦争は、スペイン継承戦争を除いて、十分に目的を果たすことが出来ず、多くの国費と人間とを浪費して、フランス衰退の原因となった。
また、ナントの勅令を廃止したため、ユグノーが国外に逃亡し、経済の衰退の原因となった。
ルイ14世だけでは、フランスは分からないが、その後にフランス革命による共和政とナポレオンによる帝政が起きて、フランスは動乱の時代になった。
従来の産業ではなく、輸入や植民地などの貿易で儲けるのは、戦後日本と良く似ている。
その後に、いくらか絶対王政の王が続き、フランス革命が起きる。
フランス革命は、特権身分と第三身分の対立から生まれた。
三部会、国民議会、立憲議会、バスティーユ襲撃、人権宣言、ヴェルサイユ後進、オーストリアやプロイセンへの宣戦、ジャコバン派など、色々な諸事があって、恐怖政治(第一共和政)の後、ナポレオンが台頭して皇帝になった(第一帝政)。
ナポレオンは、多くの内政改革を行ったが、ナポレオン法典と呼ばれる民法典の制定が特に重要だ。
ナポレオンは、ヨーロッパと戦争して、大帝国を作った。ナポレオン的ヨーロッパが出現した。
ナポレオンは、ロシア遠征で失敗し、没落した。ライプツィヒの戦いで同盟軍がナポレオンを破り、ナポレオンはエルバ島に流された。
その後は、王政に一度戻って、ウィーン会議が開かれた。ヨーロッパの新しい秩序である、ウィーン体制になった。だが、フランスでは七月革命が起きて、ウィーン体制が解体された。
七月王政では立憲君主政だったフランスでは、王党派と共和主義者による対立が起きた。また、社会主義の思想の影響もあった。二月革命が起きて、第二共和政となった。
その後に、ナポレオン三世によって、第二帝政が行われた。
よく読んでいないので、間違っているかもしれない。
その後に、色々と沢山のことがあって、パリ=コミューンによる社会主義的政策の実施や、第三共和政が実施されている。イタリア統一戦争によるイタリア王国や、ビスマルクなどによるドイツ帝国などが統一した。
良く分かっていない。拾い読みと言うよりは、いくらか眺めて分かった。もっと、諸事の出来事が多い。革命から各国統一まで、色んなことがあった。