「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-08-25

=2014-08-25=

ワードからコピー

それぞれの人間が、していること、出来ることを考えた。
人間は、良いことをすれば良い精神、悪いことをすれば悪い精神になる。
良い精神では、良い状態を体験し、その後に、次の精神を体験する。
悪い精神では、辛いことを体験し、良い精神に戻る。
辛い体験の中では、己が望んだ通りの死が起きる。
良い状態の間、人間は、死を体験することなく、平和な状態を体験する。
通常、良い状態では、どんどん次の状態を体験するが、死の中では、それが体験出来なくなる。
本当は、もっと、賢く分かったが、覚えていない。夢の中だった。
良いことをして、良いことを考えれば、楽になる。
習得と分析で、人は出来るようになる。知恵と経験で、人は分かるようになる。
社会を良くすれば良い。
共同体の意識と良心で、人は賢くなる。
思い出して世界観のようなことを書いていた。
表現と助け合いと組織の改革が全てだ。
発明の共有とコンピュータが全てだ。
そういうことを言って、分析していた。
伝統と新規性とか、自由と平等とか、平和とか、集積とか、色々と考えていた。
これでもう、書くのは止める。
本当にその人間の視点に立てば分かる。現実と思考をトレースして分かる。
抽象的に、自由自在に、経験的に、感情と想像力で、厳密に、人間を積み重ねて分かった。
当たり前に、科学的に考えた。
怖いだけで治る。怖いのは、悪くない。
あとは、歴史的に過去の時代を意識で分かっていた。
それぐらいだ。
科学を作っていた。
照らし合わせて分かった。
心で世界を支配した。
対話の神を信じた。
馬鹿の方が賢いから、馬鹿になる。
角度と視点を変えて、多角的に考え、視覚化すれば分かる。
永遠を生きた。
もう何もない。皆が死ぬなら、自分も死ぬだろう。
抽象的な概念と方法を考えた。
具体例が多かった。
その場所で何を考えるか、意識するか、想定して考えて分かった。
一つ一つの大切な知を、捉えて、残して分かった。
もう終わったと結論付けたり、決めつけてレッテルを貼ったりするのは、まだ早い。
認識の推論と実験をして分かった。
パソコンは、終了を遅くして、起動を早くすべきだ。