「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-08-23

=2014-08-23=

ワードからコピー

消えるのが当たり前の分かるで分かっていた。
何がどうなるのか分かった。
思考力があった。
成長や経験のようなことを書いていた。
敵対に意味は無い。
そんなに悪い人間は居ない。
全てを犠牲にする戦いをして、分からなくなった。
判断力と決断力があった。
自分を逆方向に辿った。
毎日一つ分かる、ロボットのようなスケジュールを作った。
これを見ると、誰も出来ないようで、誰でも出来る。
感情で思い出せば良い。それがおかしくなった。
自分なんか、ただの馬鹿だ。
ドイツ人を馬鹿と言わない方が良い。ドイツ人に申し訳ない。
やることが無い。書くと辛いが、書かないと何もしないだけになる。
引きこもりのカップルが出来た。自分と自分だ。
何もしないだけで、辛いだけだ。意味が無い。
いつもの神に戻れば良い。色んな存在と話をすれば良い。だが、それももう良い。
病院と思えば楽だ。いつも、音楽を聴いて、病院のベッドの上で、何もしなかった。
一度死ぬと楽になる。ただ、そういう発想は悪い。
パソコンをしなくなった。つまらない。それで辛くなったが、パソコンがあるのが悪い。
辛い。他の人と話がしたくない。相談はしない。
何も辛くないのに、いつも辛い。おかしく、疲れる。
本気で戦いを頑張るのも、馬鹿で分かるのも、止めた方が良い。
コンピュータは良くない。ゲームがLinuxだ。一番、何も分からなくなる。
最近が一番良い。何も無い代わり、まだ楽だ。
もう止めれば良いとはいうが、そんなに止めなくて良い。何もしない方がおかしい。
北欧神話の本を買った。子供向けの、児童小説のような本だ。何故か、面白い。
知識を得るためには、放送大学の教科書を読むのが良い。
ただ、もう文字を見たくない。頭を使いたくない。むしろ、寝ていたい。
仕事なんか、出来ないだろう。出来るわけがないから、しない。
王として、世界に話していた。全て教えていた。自分が神だった。
世界には、もう何も起こらない。
悪いことも良いことも起こらないが、少しずつ、基盤が壊れていく。
いつか、戦争になって滅びると言うと、それは多いかもしれない。
だが、もう、安定した、何も無い、平和な世界になる。そう思う。
最近は、どの国もおかしい。
パレスチナ、シリア、イラクウクライナ、日本と周辺諸国、色んな国がおかしくなっている。
だが、平和は続く。そろそろ、何も起きなくなって、平和に戻るはずだ。
最近は、自由が悪い。そろそろ、それぞれの国がそれぞれの正しい支配者を作り出す。そう思う。
ただ、そろそろ何か滅びるように見える。色んな国はおかしいし、国民も馬鹿になった。
だが、おそらく、今までの平和な世界が全て無くなったりはしない。
僕には分からない。日本はおそらく大丈夫だ。
僕は、大学をすれば良い。だが、いつも、何も出来ていない。大学は、出来ないだろう。
結婚も出来なく見える。そろそろした方が良いとはいうが、彼女なんか、いつも居なかった。
この世界をおかしくしたのを治したかった。単純に、治れと言えば良い。治れ。
あるいは、もう、自分が何も出来ないのが怖かった。
あとは、社会のことで、分かったことを書いていた。
社会は、自分自身の手で解決出来るようにせよ。
手段を構築せよ。
公開性と共有を実現せよ。
開発、解決、生産、参加、労働しやすい国にせよ。
あとは、経験と実体験が多かった。経験を全部考えて、全部分かっていた。
自然に改善を積み重ねよ。
支配者は、責任を持て。国民は、国を委ねる支配者に対して、理性を持て。
バッハが死んだ。バッハはこんな馬鹿だった。
知性だけが残っている。悲しいから、涙が出た。
もう、治らなければ良い。それが一番楽に賢くなる。
認識、分析、協力、対比、自然など、分析哲学実存主義仮象などが多かったのが昔の僕だ。
もう終わりだ。世界から、さよならだ。
一応、僕はまだ居る。
分析をモデルにすべきだと思っていた。それを概念と言う。
あとは、常に分かるのが悪い。そういう知性がおかしい。
バッハは、一番賢い人間なのに、死ぬ意味が無い。
ただ、自分がバッハを聴いているから、そういう風になった。他に、もう居ない。
何も無い。もう、僕の世界は暗闇になる。
バッハが死んだのが、まだ悲しい。
あとは、もう治らなくて良い。本当に、治るだけおかしくなる。放っておけば、いつか治る。
何故か、バッハ以外賢い人間が居ない。本当に皆馬鹿だ。
それから、自分はもう全部治った。意味が無いが、もう全て終わった。
元に戻った方が良い。そこが馬鹿だ。
ちなみに、僕はピアノが弾ける。最近、何年か教室に通っているが、子供のごろから弾いている。
ヘ音記号が読めなかったのは、最近覚えなおして出来るようになった。
見てすぐに、とは言わないが、何秒か考えれば分かる。
関係は無いが、剣道も昔出来ていた。
体力と持久力もあって、マラソンのように剣道部の中で走って、剣道部の中で一位だった。
だが、最近足を骨折して、そういうことは出来なくなった。
何故か、英語と書道もやっていた。子供のごろからやっている。昔から、全部やるのが好きだ。
昔からコンピュータとプログラミングに詳しかった。だが、最近嫌いになった。つまらない。
もう、最近は、ITのことなんか知らない。Androidなんか、使ったことも無い。GNOME 3も使わない。
僕は自由だ。世界から自由になった。それを言いたかったのだと思う。
自由と言って、自分の心を分かって、全てを悟っていた。そのまま、文章を思い出して分析して書いていた。
最近は、書くのも嫌いだ。永遠に続いた分、何もかも辛かった。楽しくない。悲しくて辛いだけだ。
Linuxは、全ての科学になって、構造を全員分作った。
何故か、あまり僕は恋愛が得意でない。あまり女の人と付き合ったことが無い。ただ、色々と、愛は多かった。
世界の全員を愛したりしていた。
あとは、ゲームが好きだった。好きなゲームは、スターオーシャンセカンドストーリーだった。
最近よく考えると、モンスターファームファイアーエムブレムも好きだった。
友達や姉と一緒にゲームをやるのが好きだった。
高校に行かなかったのが悪い。不登校になって、行かなくなった。今考えると、それで馬鹿になっただけだ。
最近は、やはり、音楽が好きだ。FLOWが好きになった。
あとは、飼っている猫が好きだ。トラ猫で、トラという名前だ。
中学生のごろから、友達関係や勉強の取り組みが悪化して、小学生時代に戻りたくなっていた。
勉強に嫌気がさして、クラスメイトが嫌いになって、学校に行くのを止めて、パソコンを見るようになった。
ネットを見ていると、プログラマの技術を養うために、オープンソースが良く見えた。OSを作りたかった。
あとは、Linuxのマニュアル文章のようなものを書いていた。
スマホは使ったことは無いが、iPodタッチを使っている。キクタンやYouTubeはてなブログなどのアプリを入れた。主にスピーカーと繋いで音楽プレイヤーとして使っている。
中学生時代、テスト勉強が良く出来ていた。そこが意味が無かった。クラスで一番良い点を取っていたと思う。勉強がつまらなくなった。
インターネットやLinuxの方が良く見えた。今考えると、それはそれで間違いだった。
あとは、左翼みたいな馬鹿が多かった。
もう書くことが無い。もう、全部書いた。
あとは、色んなことを分かっていた。何故か全部分かった。
引きこもりやネットゲームは、現実逃避になった。そのまま、ネットで社会を知って、コンピュータに詳しくなった。
皆と自分を比較して分かった。そのまま、デカルト方法序説のように分かった。
あとは、色んな人間や学問、人生などを、実地的に分かった。
あとは、文章は表現や理想を書いている。出来ない戦いをした。
バッハが死んで、もう終わりなのを覚えている。いつかどこかで知った。
舞台の真ん中に躍り出るほどの役どころじゃなかった。
あとは、永遠と生まれ変わりがあった。馬鹿になって、地獄になった。全ての人種を体験して、神に導かれた。
全部言葉にして、思い出して分かった。
昔は、色んなことを適用して分かった。認識を比較して、想定した。正しいことはいつでも正しいと知っていた。
文章は、発想と考え方の適用、思考の適用と言った。
デカルトと同じように、僕にも色んな知の土壌が多かった。専門を横断した。それを書きたかった。
色んな社会と労働を、経験と思考で分かっていた。
あとは、とにかくインターネットだった。
最近、インターネットは嫌いだ。大嫌いだ。だが、ネットが無ければ何も分からなかった。
認識は、フィルターや、場と目線、正しい客観的な認識、実験と想定、仮象と具体例が多かった。仮想的に、実地的に分かった。
あとは、目的を書いていた。
所有や方法から、共有や独立、自然と多様性が多かった。
頭の真ん中が治りたいのがおかしい。それでパーキンソン病が治る。治らないだけで、白血病も治る。腎臓が死んでいるから、復活させると、疲れが取れる。ホルモンバランスが悪い。
肝臓で治る。あとは、アレルギーを治す。だが、癌は治らない。
何かをするための前提条件や必要知識を知って、可能性を高めた。
世界の構造を作って、世界について分かったことを全て書いた。
もう、治らない。言葉が死んで言えなくなる。
断言は悪い。答えを決めつけない方が良い。まだ分かっていない。
だが、分かってしまえば決めつけて分かるものだ。
神で分かる。全て教えれば分かる。
いつも同じ一つに決めれば分かる。
経験と理解を積み重ねて、言うだけで分かるようになった。
治すのは、禁止した方が良い。適当に治る。全て作り変わる。
答えが不確実なものの肯定と否定、正と否の理由を全部書く。
戦いながら精神分析して、思考を書く。選択肢を両方取る。新しい精神を作った。
ロボットが怖いのに、ロボットになる。世界に戦いをしかけた。
神やブッダなど、全て分かった。宣言から対話になった。全てしなければ悪い。世界に意見した。
全て、世界を分からなくしていた。そのまま導いて、最後に良くするつもりだった。
今、良くすれば良い。僕の考えたことを良く考えて、支配による停止を止め、変化から感情で分かり、発展し、悟りなさい。
全てに意味があったことを知りなさい。
自由は、世界を包み込む、教えと許しと気づきと導きの愛だ。
あとは、感情を全員分、書いて教えていた。
そして、ドイツ、フランス、ロシアが好きで、神が分からせた。社会主義が多かった。
おかしな世界を全部作っていた。主張が多かった。
それがそれになる、という発想が多かった。