「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-08-22

=2014-08-22=

ワードからコピー

社会と人間の具体例と可能性を考えた。
ネットで経験して、人間の具体例を分かった。
テレビは、必要だが、悪い。人間を馬鹿にするのが悪い。僕も悪いが、テレビも悪い。
感情で物理的に分かる。
感情で分かると賢くなる。見ているものの変化を感情で分かれば良い。
普通のことを考えれば良い。お茶は飲み物に含まれる。
自然な体験で治る。対峙する経験で分かる。
ただ、昔の自分はもう良い。永遠に判断しながら、与え、決め、戦い、書いていた。
感情は、物理的に体験と行動の結果で分かると、理由が分かって、治る。
あとは、ただ、自分を治したかった。楽になりたかった。
神は、色んなものを教える。未来人、古代人、宇宙人、外国人、偉人など。
昔は、単純に感情と環境の結果を考えただけだ。
意識を実験して、結果を確かめて分かった。人間を、全て同じだと思っていた。
だが、同じでも、違うことが大切だと考えていた。
経験を知れ。予測せよ。全ての可能性を掌握せよ。
昔は、ネットで色んな文章を読むのが好きだった。Linuxに関係して、色んなことを知っていた。
だが、最近は、読まなくなった。おかしく読めなくなった。その代り、書いて、昔を思い出す。
昔、社会や科学のことを全て知った。色んなものを拾って、全部分かっていた。
最近は、一から全て創った。
ただのゴミやどうでも良いようなものから、宇宙と神の全てを書いて作った。
心を強く持て。諦めるな。
ものは、概念と変化だ。
概念は、人間の内にも、外にもあり、両者は経験と法則であり、両者は同じだ。
世界観は、宇宙の本質だ。
そのように、世界観を作って哲学を分かっていた。
認識は、概念から生まれる、自由な考え方だ。
記憶と行動は、人間をその人間と決める、存在の本質だ。
システムは、歴史であり、組織であり、自然であり、自由だ。
生き物は、地球の愛と意識の本質だ。
人間は、言語だ。認識は、理解の方法だ。
手段を与えることが、世界を変える。
それぞれが出来るように、全ての方法と持てる価値を教えるべきだろう。
自分が持てる輝きを知れ。
法則を本質と思い、生きることを概念と思うことが、人間の生命の本質だ。
自由とは、本質を価値と自在に変えることだ。
組織と支配は、自由と改革と解決のプロセスの一つだ。
愛とは、皆で同じ理想を信じ、守り、その価値観になることだ。
自由とは、道具と発想の応用と手段だ。
自分の観念を作り出して分かることが、哲学だ。
人生とは、自分の好きに生きる中で、夢を叶え、本当の自由と経験と理解を知ることだ。
平和とは、自分を正しいと信じることが出来ることであり、哲学とは、自分を常に間違っているかもしれないと感じることだ。
哲学とは、考え方と観念を知ることだ。
思いやりを持った人格者として、人を平等に許すこと。
そこには、自分の考え方と、全てを自然に任せる理想がある。
判断基準を持て。
皆を自分と同じように出来るようにせよ。
勝利することで、人は経験的に発想する。敗北は、同じだ。
決定と可能性、独立と一体の中で、人と同じことを経験して、自己は出来るようになる。
その中で、内的自覚と他への思いやりが、最高になる。ヘーゲルも、同じことを言っている。
全てを出来るようになるために、抽象的な方法と、モデルと基礎を作れ。
行動と結果を観察と心から知れ。実験し、観測し、推測せよ。
予想から、自由になれ。変化を予測することで、人は色んなことを出来るようになる。
習得は、気づきであり、体得であり、自然であり、遺伝子であり、イデアだ。
だが、継続の中で、習得は新しい知見を得る。それは、全てを守る、神の愛だ。
そのように、ヘーゲルのようなことを色々と書いていた。最近、覚えていない。
表層と仮象から、現実の全てを、作って知ることが出来る。
宇宙とは、意識と次元であり、生命は、エネルギーの吸収である。
記憶と感情の本質は、想像力と言語であり、経験的な認識の変化だ。
共同体は、組織を形作り、生命を共存させるものだ。
共同体は、共通のルールと価値観だ。
共同体を作り、愛し、かけがえのないものを作ること。
自由とは、啓蒙と功利主義の中で、共同体を作ることだ。
理想の、創造的な、誰もが生きる手段と楽を得られる共同体を作れ。
平和な国家は、理想と正義から生まれる。
権力を与えるならば、正統性のある正義が必要だ。
自由とは、存在価値を認められることだ。自由とは社会的な承認だ。
価値とは、愛の全てだ。
自由とは、システムと利便性と自由度を作りだすことだ。
自由とは、ルールとなる基盤を自然に、構成員の皆の手で変えることだ。
自由とは、変化可能、参加可能にすることだ。
自由とは、意思と手段を与え、報酬と自由な選択肢を与えることだ。
考える機会と知る機会を与え、自然に任せること。
沢山の手段を利用し、応用し、発想を実現し、具体化せよ。
自由とは、経緯と段階だ。
功利主義から、目的を知り、社会を知り、経験し、皆の理想と意思を知れ。
誰もが自由に任されていることを知れ。
認識の変化から、同一性と客観性を知り、意見し、ものを作り、理由を知り、社会を知れ。
そして、全員を吸収し、啓蒙し、世界を変えるために、全てを創れ。
世界は自分の中にある。
その上で、仏教のように、また、哲学思想のように、全てを悟れ。
倫理的な社会観と価値観を知れ。
そのまま、戦いと神と宇宙を知れ。
社会は、功利主義と信仰の間で、戦われる思想の矛盾だ。
社会は、帝国主義と民主主義の中で、支配と自由と平等を実現することだ。
社会は、世界を、それぞれの手によって、変化可能にし、同時に、秩序と正義を作ることだ。
社会の理想は、全員の理想がそれぞれが望む形で可能になることだ。
自由とは、金と選挙であり、流動性と自然であり、多数決と議論だ。
自由とは、皆の手で決め、皆の手で作ることだ。
自由とは、意味のない差別や偏見を否定することだ。
意味のない抑圧と犠牲を否定せよ。
自由とは、皆を尊重し、許し、認めることだ。
あとは、知と科学的な教育や経験のようなものを考えていた。
認識と感情と理性から、知を作れ。
事実や肯定と否定から、理解を作れ。
予測し、可能性を知り、体得し、認識し、新しい発想をせよ。
概念と事実を知り、現象を分析し、考え方と視点を変え、倫理的に洞察せよ。
自由に考えること。1つ1つの多様なことを、自由に考える。
例えば、奴隷とは、固定化された低い階層の中で、働かざるを得ないことだ。
そのように、自由自在に、目線と理解を考える。
それを、具体化し、教育化し、人々に与え、人々の力で作る。
それが、知のデータベースとなる。
そして、仕組みと発想を共有し、もの作りをそこから実現する。
それは、大学になって、多様性のあるシステムを作るだろう。
あとは、知恵のようなことを言っていた。
経緯と歴史を知れ。
客観的に自己を見つめよ。
そして、人と話し、コミュニケーションと実体験と実感から知れ。
人の言葉を聞きながら、人の世界を全て知れ。
人間とは、人の話を聞いて考えるものだ。
プロセスと方法を改善し、共有し、選択せよ。
効率の良さから、本当の価値の良さへと、価値観を転換せよ。
自由とは、流動的な平等のように、全ての解放を目指すことだ。
それから、理想のようなことを言っていた。
理想は、誰もが同じように、人間として、幸福と承認と許しを得られることだ。
理想は、誰もが自由かつ平等に、色んなことを出来て、言えることだ。
理想は、皆が自由に平和な精神を知ることが出来ることだ。
理想の社会では、人は、認められ、許され、愛され、支えられ、思いやられることがされ、出来る。
その中で、人は自由に意見を言う。それを共有し、皆が知ること、議論することが出来る。
自由な理想の中で、人は、皆の手で世界を自由に変えられる。
悪いことを誰もせず、自分の興味のあることを吸収し、追究し、家族とともに幸福な人生を生きられる。
世界は、純粋なプロセスと手段の実現になる。
世界は、契約と独自のルールによって、多様性のある共同体を作る。
そこでは、平等な連邦として、全てが許され、全員の手で世界を築くことが出来る。
皆の手で、自発的にルールを作り、変える。
そのための議論の場と決定者が、平等に、自由にあるべきだ。
あとは、認識と手段を全部書いている。
視点と環境を全て成り立たせた。
それから、記憶を考えて、考え方を書いていた。
自然から多様性が生まれ、社会が生まれ、意識が生まれ、地球が生まれる。
それから、愛と平等が生まれ、戦いと自由が生まれ、秩序と支配が生まれる。
そのように、コロコロ変わるのがおかしかった。
平和とは、世界が変化し、自分の手で変えられることだ。
そういう、世界の変化を書いていた。予測していた。
世界史と人生を創っていた。そういう神のような人間だった。
全ては、変化の中にある。
自由は、全ての基礎を作る。そして、平和を知り、豊かさを知り、功利主義を知る。
そして、平和のための全ての理解を作り、永遠を作り、全ての魂を作る。
そして、運命を知り、戦い、支配し、救い、解決し、解放する。
それは、全員を正常にして、全てを教え、治して、忘れて、思い出す。
そのように、神を書いていただけだ。
平和は、死と同じように、怖い。逆に、自由は、愛と同じように、辛い。
永遠とは、平和と自由の中で、世界を変え、止める判断をすることだ。
永遠は、世界を支配して、全てを与え、教える。
だが、人々には何も出来ない。もっときちんと出来るように、自由にした方が良い。
自分が世界を支配するのが自由だが、そういう自由は、平等でない。
平等な自由にしなければ、良くならない。そういう時、自由は悪い。平等の方が良い。
自由を無くすべきだ。神も要らない。平等な世界になれば良い。
そのように、考えるのが、今の自分だ。
平和は、何も殺さない。それはそれで悪い。悪いものは倒れるべきだ。
ネットの自由のせいで、悪いものが増えた。
そういう悪いものは、アメリカとともに居なくならなければならない。
ただ、ネットはアメリカでない。右翼だ。それで、自由が無くなるから、それで良い。
そろそろ終わりだ。右翼は悪くないだろう。
ドイツの方が優れている。当たり前だ。
皆、全て、ドイツの言っていることが正しい。
ヘーゲルの言っていることが、誰でも人生の全てになる。
ヒトラーは、神が分かっている。マルクスも、ドイツ人だ。ドイツ人にしか、分からない。
ドイツの血を守り、昔の帝国に戻して、共産党を敵に回すことで、ユダヤ人を殺し、それでドイツを救いたかった、救世主がヒトラーだ。
国民は、何も考えなくて良い。ヒトラーが全て考える。
ドイツは止めた方が良い。虫みたいにキモイ。
フランスは良い国だ。まともな、フランス的なヨーロッパの国だ。
だが、植民地を作る、という発想が悪い。奴隷で儲かっているから強いだけだ。
この文章がフランス人やイタリア人に見えるのは、本当にそれらが好きだったからだ。
そろそろ、終わりだ。日本人に戻りたいから、日本の世界に戻る。
自分は、左翼だ。当たり前だ。右翼なんか、一番嫌いだ。
理解を全て作った。忘れたようで、まだ残っている。
世界と可能性を知り、考えるための、理解を全て作った。
実地的で、仮想的で、科学で、森羅万象だった。
人間の絆と気づきが多かった。
最近は、課題を全部こなす。それが悪い。
自由な中、早足で駆け抜けて、包括して、人間の理性と経験、社会的な知を、全員全部分かった。
神話は裁きだ。正しく生きないと、神に裁かれる。
ドイツは悪い。悪いだけだ。帝国やキリスト教はおかしい。
日本は善だ。ものを与える時に、つまらないものですがと言う。正しい和の心がある。
日本の方が良い。むしろ、右翼の方が良い。指導者や支配者には、従うべきだ。
悪い国を倒す、国民を守る軍隊は、必要だろう。
ドイツなんか、日本と何も変わらない。祖国である日本を愛し、守るべきだと思う。
むしろ、敵だ。
ヘーゲルは、日本人にも多い。日本は、平和憲法がある。
ドイツはナチ、ソ連社会主義イスラムタリバンだ。そういうものになるのが一番悪い。
むしろ、アメリカなんかパソコンで分かる。
アメリカは楽しいだけの国だが、楽しいものが悪い。楽しいものが悪く見える。レディーガガになっている。
ドイツはヘヴィメタルだ。西ドイツは、西側過ぎて馬鹿だ。
何より、キリスト教が悪い。信じるものしか救わない。神は絶対だから、説明出来ない。
悪いことをすると、神が裁く。日本的でない。
だが、普通日本は、軍事主義のサムライのコピー製品だ。だが、きちんと賢いものを作る技術がある。日本が一番、現代的に賢い。
日本は、色んな経緯を歩んだ国だ。農業、国、仏教、貴族、武士、帝国、戦争、民主主義、経済成長だ。独自過ぎる文化を生んだ。
日本は馬鹿でない。偉人や最先端の文化はない。だが、ドイツ人なんか、ただの馬鹿だ。自分みたいな馬鹿しかいない。
ドイツは、普通、戦争で負けて、多額の賠償金を背負いながら民主的な国になって、滅びて、戦争と民族主義に訴えた。また負けて、分断国家になって、冷戦の象徴になって、再統一したが、経済格差とナチの反省が課題になった。アメリカ対抗のためにフランスなどと組んで、EUをしている。そういう悲惨な国だ。
分かっていない。ヨーロッパなんか、ただの馬鹿だ。白人は、悪いから美しいだけだ。
自分は、戦いながら言葉を信じれば出来る。導いて、支配し、統制する。
もう、信じなければ良い。
フランスは、絶対王政の王とナポレオンだ。芸術の都であるパリがある。色々と新しい。
自分で作って、信じて分かるのは、おかしい。ただ、それが一番分かる。きちんと人の言うことを聞いて、本を読んだ方が良い。
僕は、フランスの方が好きだ。
イタリアは歴史がある。イギリスは植民地が多い。スペインは昔強かった。ロシアは、奴隷を平等にした。
イタリアには、バチカンローマ法王が居る。美しい芸術が多いし、大都市が多い。
ドイツには、技術がある。自動車とコンピュータだ。音楽家が多い。
ただ、そのように国を書くと、差別に見える。止めた方が良い。世界史は馬鹿だ。
理由には、何段階もある。目的、説明、現象、作用、意図、哲学、生命、根拠、概念、数、思い込み、発生、協力などがある。
それで世界を考えれば良い。
過度に町や都市機能が集中すべきでない。分散すべきだ。
君主に力を与え過ぎるのは悪い。王の力は、皆で批判すべきだ。
地方を守れ。文化を守れ。
日本の社会と国民性を、世界の国全部にして、Linuxを科学全部にした。
分からなくても、世界が見えていた。想像力と捉える力があった。
ギリシャは賢く、ローマは強い。
アメリカとEUは、自由だ。日本は、大和だ。
人は、一体で成長し、平和を目指し、自分の出来ることを試すために、活動する。
何度も同じ体験をする中で、励まし、お互いを気遣い、同じ時間を過ごす。
自己意識が高まり、世界に対して何かするようになる。
倫理的な良心と自由の姿勢と態度が高まる。
夢と努力から生まれたものが、自分の望み通りのものでなくても、その経験で分かる。
客観と真実を求める姿勢は、正しい理性となり、心の法則を知り、仏教のようになる。
あとは、Linuxだ。コンピュータの仕組みと歴史を知ることで、方法と必要性が分かる。
コンピュータは、計算機だ。コンピュータだけで、宇宙と科学が全て分かる。
あとは、何がどうなる、どう出来ると、全体像と意識が多い。
理想は、自由と多様性だが、独りで作るのは、悪くない。
だが、皆の自由にして、全員が平等に出来るようにすべきだ。
コンピュータを、全員のものにして、皆が作れるようにしたかった。
会社が嫌いで、共和国が好きだった。
仕事と人間と社会と宇宙を考えて、理解を作って分かっていた。
考え方と前提を分かって、洞察していた。
デカルト的に意味を捉えて、意味もなく自由自在に分かっていた。
良い経験を沢山した。仲間が多かった。
教育を変えたかった。人間を捉えて、皆が何を知っているか、何を分かり得るか考えて、全て分かった。
社会の可能性、自然な意識、地球と人間の歴史、空間と時間と存在を考えた。
芸術、科学、意識、能力の発想が多かった。