「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-07-17

=2014-07-17=

ワードからコピー

色々

やることが無い。
これ以上の世界はおかしくなるだろう。
皆、自由になって良い。
英語は、意味を知らず単語を覚えれば、聞き取れるかもしれない。
認識を増やせば治るかもしれない。
理解し、体験し、構築し、習得し、適応し、考え方を知り、世界を変えると良いはずだ。
一つ目で知り、二つ目で分かり、三つ目で覚え、四つ目で理解する。
僕は、二つに分かれるべきでないだろうと思う。
僕は、昔から、自由が分かっていた。
もう、分からなくなるが、自由になるべきだ。
赤ちゃんは、本当に一番辛い。止めた方が良いだろう。
意味を知らず単語を覚えるとは、子供のように、単語をそのまま覚えて、人に話せば良いということだ。
死ぬのは止めた方が良い。治らなくて良い。子供の頭は、馬鹿だ。
そのうち、普通に治る。治さなくて良い。あまり考えなくて良い。もう分かっている。
赤ちゃんにだけはなりたくない。治さなくて良い。今、楽なはずだ。
成長すれば治る。感じると、世界やものがきちんと分かる。
治さなければ賢くなる。治すと馬鹿になって、辛くなる。完治はしない。
十分治したはずだ。
書かなくなると、何もしないだけ、つまらないほど辛い。
完治すると、赤ちゃんになる。一番辛い。分からないのに、辛い。
治らなくて良いなら治る。すぐに悪い部分が死んで、楽になる。
心理的なことをロボット的に分かれば、分かると思う。
僕と同じことは出来ない。内容が違う。
自由とは、自分には理解、解決、習得出来ると信じることだ。
理解と発想は密接な関係にある。
それくらいを書いていた。それくらいが昔の自分だ。
色んな事を洞察した。歴史や環境、方法、オープンソースなど。
ネットで地域や社会などを知り、考えて行動し、変化を知り、経緯を辿った。
教育や社会を知り、創作活動し、世界観を知った。
相手の立場を考えて、世界を把握した。感情と感覚による考えの積み重ねから、思考になった。
皆と自由に共有したかった。参加が好きだった。
全てを感情で掴んでいった。自分を変えて、実感を得て行った。
オープンソースが好きだった。
ネットを見ながら成長し、コミュニケーションを知った。
言語と宇宙観に興味を持った。意識を知った。
あとは、定義を書いているだけだ。
創造とは、体験と発想であり、実現だ。
体験とは、経緯と自然と運命だ。
平和とは、信じることだ。
そして、創造、体験、平和は、同じ「自由」という概念のパターンだ。
パターンとは、可能性だ。自由とは、意思を持つことだ。
発想とは、記憶と可能性だ。
全ては、発想と体験の可能性だ。
自然に成長せよ。
だが、それらはもう終わったことだ。もう、いつか終わったことしか、言っていない。
平和は、皆の手で築き上げるものだ。
信じることは、1つ1つ、自らの手で正しさを構築することだ。
平和とは、相手をきちんと愛し、信じることだ。
実現可能性は、発想から生まれる。
発想は、原因と結果、手段、理解から生まれる。
理解は、実地的な環境から生まれる。
それは、多様で、自然に構築可能な、方法と変化である。
そういうことを言っていた。
全ては、体験と、理解と、神と、運命である。
schwarz1009 2014-07-17 07:32

環境と経緯

環境の変化と、今へと至る経緯を知れ。
体験、方法、理由を知れ。
全ては自然に任されていて、いつでも、誰でも変えられることを知れ。
裏の理由や、社会の裏側を知れ。
自分の正しいと思う人間になれ。
意思を持って、実現出来る人間になれ。
独自性と違いを大切にせよ。
正しいことは、本当に正しい。
自由とは、多数決と意思と分裂であり、平等とは、全員と一体と融和である。
自由とは、道具を作り、分配し、生産手段を成り立たせ、それぞれが意思を持つことだ。
社会を改善し、抑圧を無くし、手助けし、必要なものを与えること。
正しい秩序を構築せよ。支配者は、必要ない。
支配者は必要ないこともあるが、あることもある。そうも言える。
考えようによっては、逆も正しい。
矛盾を全て作って、集めて、矛盾のない絶対知を作った。
永遠を体験し、全てを宣言した。
神は、僕に全ての理解を与え、導いた。
全ての信念を包括して理解した。世界モデルを作って、全員がそれぞれ正しいことを知った。
それぞれが、それぞれの世界で生きている。その関わり合いが世界だ。
人間は、まだ何も分かっていない。まだ、何も始まっていない。
だが、もういくらか終わった。終わった人間が、僕のように多い。
その人になったつもりになって、経験、認識、正しさ、思い込み、世界観を考えた。
心を治して、死ぬ。反応せず、そのまま言えば良い。
全てに理由があり、全てに答えが幾らでもあり、正しく解決出来るのを知った。
導き手になれた。そのまま、社会を導いていた。
経験と記憶、意識と認識を、色んな経験と、疑い、信じる理性で考えた。
正しく、思いこまず、客観的に考えることが大切だ。
本当の理由を知り、考え、疑うこと。思い出して、反省して、きちんと考えることが大切だ。
経験を良く考えること。人生を分析し、相手の気持ちと視点に立って考えることが大切だ。
真剣に考えること。真面目に向き合い、驚き、正しく反省することだ。
理想と洞察から知と理解と正しさが分かる。
だが、適当に考えることや、不可能に挑戦することも悪くない。放っておけば、分かるものだ。
馬鹿は悪くない。最近、馬鹿なことを幾らでも考えて分かるようになった。
神と対話するのは、悪くない。自問自答には、全ての答えがあった。
継続は良いが、悪いことはすべきでない。あまり、戦わない方が良い。何もしないのも悪い。
何も覚えていない。分からなくなった。でも、もう分かりたくない。
schwarz1009 2014-07-17 11:03