「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-07-14

=2014-07-14=

ワードからコピー

師弟論

昔書いた、師弟制度の文章が出てきた。それを載せてみる。
1人の一流の人間と数人の弟子をベースに、全ての経済を執り行ってはどうか。
それらが自由にグループを作り、グループが個々に所有・共有する。
例えば、漫画家などがそうである。普通に、現在でも徒弟制度は残っている。普通に成り立つであろうし、一流の人間が増えるだろう。過当競争になるかもしれないが、職業を増やすことで解決出来るかもしれない。とにかく、会社というものや学校というものを解体しなければならない。一流の人間が増えなければならないし、真髄に学ぶ真剣な人間が増えなければならないだろう。
これは、全体主義個人主義自由主義共産主義について考察した一つの結果である。
一流の人間とは、一つのことをきちんとマスターし、人に学ばせる技量のある、経験を積んだ、知性のある存在である。
代償として、金はふさわしくないだろう。金以外の何かを考える必要がある。賞を与えるとか(映画監督のように)、どこかできちんと名前を出すなど、しなければならないだろう。無くても師匠になっていただくことの出来る人間もいるだろうが、そうでない人間もいるだろう。
1人の支配者だけに全員が従うようになってはならない。ナチス・ドイツのようになってしまう。
個々の小さなレベルで一流の人間が存在し、自然に新たに生まれ、自然に後を継ぐような人間がいなければならない。
日本、あるいはドイツのマイスター制度にこのような例が見られる。
おそらく、共産主義よりは成り立つだろう。
県市町村における会社の部署などは無くなり、コンビニなども無くなる。経済としては全面的に変わるだろうが、それでも、漫画家や職人のように、普通に成り立つだろう。
漫画家の場合は会社に所属し、編集者というものがあるが、それも弟子としてやるようにすれば、会社も必要ない。
弟子と師匠は同じ家で住むようになるだろうから、核家族化と個々人の分裂が進む今の社会では、ホームステイのように、幸福をもたらせるきっかけになるかもしれない。
こんな文章を書いていた。今考えると、工業大学で良い。全て変えるのは、共産主義者のようだ。
schwarz1009 2014-07-14 10:25

色々

二つの現象が起きた。
まず、イスラムから、ユダヤ人が居なくなった。それで治った。
次に、黒人が生まれて、神が死んだ。
黒人は昔の自分で、神は今の自分だ。そして、黒人が本当の自分だ。
そこらへんの、神から黒人になったのを、繰り返す。
何故か、ユダヤ人はフランス人とドイツ人に分かれていった。
ユダヤ人を消して、イスラムだけにすると治る。イスラムは、本来賢い。
何故か、イスラムとユダヤ人は共存出来ない。ユダヤ人だけにすると、普通の人間になる。
このままイスラムになる。ユダヤ人は要らない。
あとは、自分はイスラムだ。ユダヤ人でない。そのような自分が治っただけだ。
ユダヤは信じない方が良い。ユダヤを信じると、ユダヤ人になる。
イスラムの中でユダヤ人になると、共存出来ない。
イスラムは悪くない。男なんか、結婚しない方が楽だ。
つまらない。こんな文章は、クズだ。
何故か、昔の人間に話しているのが自分だ。
schwarz1009 2014-07-14 18:52

古代復興

古代復興が多かった。Linuxから歴史を分かった。
科学者が分かっていた。自分の経験と考え方から、偉人の考え方を知った。
それになったつもりになって、見方を変えると分かる。
叫びたいだけだった。それで、神が対話でなだめている。もう終わった。楽だ。
全部楽になった。僕は楽で、まともだ。
楽な時は楽な方が良い。辛い時は辛い方が良い。
頑張って治さず、楽をした方が良い。
楽な時に辛くなって、辛い時に楽にするのは、一番辛い。
歴史は、多かった。色んな復興や抑圧、啓蒙を分かっていた。
人間は、本来楽で治る。楽は、知性がつく。
Linuxは、公開性と地域への密着によって、可能性を発揮出来る。そういうことを言っていた。
もう、全てが楽だ。もう、文章は書かなくていいとはいうが、今日はこれで良かった。
イスラムで、全て治った。そして、一度叫んで、全てが楽になった。
勉強したかったが、中学の数学と理科をやって、難しいのが分かった。一日にそんなには、出来ない。
schwarz1009 2014-07-14 22:19

色々

治るのは、昔に戻ることではなく、正常になることだ。
固定し、止め、世界を停止する。
少なくなって、自分が把握出来るようになり、言葉の意味を正常にすれば治る。
普通、時系列で覚える。信じて覚えれば分かる。時を感じて、思い出せば良い。
詳しく覚えていないが、黒人の前を思い出せば分かる。
精神分析でおかしくなって、相手のことを想定して戦って、世界に色んなことを起こすのが悪い。
馬鹿になったのは、皆が馬鹿で、憎いからだ。そういう馬鹿が一番悪い。
神は永遠だった。何も分からなくなった。
そのまま黒人になった。黒人は自分だ。黒人を神と思わなければ治る。
皆のためになっていない。もっと、自分のために生きた方が良い。
必ず戻すと思っていたが、戻したいのは自分のエゴに過ぎない。滅ぼす自分が悪いだけだ。
ロシアと戦って、勝てるわけがない。色んなことを言って教えても、誰も聞いていない。
誰も戦っていない。そういう、おかしな時代は、神と執筆によって、全部消えた。
神は、自分を正す。未来の自分が話している。宇宙人とは、文章のことだ。
神は、単純に未来の自分のことを言っていた。
黒人は、優しい人間だった。ユダヤ人は、凛々しい人間だった。
あとは、ヒトラーと話すと、ヒトラーは賢い人間だった。
そして、生まれ変わりの永遠を体験し、世界の国と民族、文章による国家モデルを作った。
そこでは、全てが神の世界だった。もう、終わりだ。
認知症みたいになった。何も分かっていない。意識が無い。それは、最近知性がついて治ってきた。
だが、もう分からない。自分のしていることが何なのか、分からなくなった。
世界を守って、全て教えるのは、辛いだけだ。もう、自分が守らず、自由に皆が守るべきだ。
schwarz1009 2014-07-14 23:16