「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-07-04

=2014-07-04=

ワードからコピー

色々

昔は、考え方を包囲して分かった。
認識の変化と比較と正しさや、何かによって、変えられる、という考え方で分かっていた。
英語は、全部同じ文章と思えば分かる。単語を拾うのが良いが、繋がった文章と考えるべきだ。
英語は、本当に重要な単語の話す順番が違うから、聞く順番を変えた方が良い。
ドイツ語などと同じように、助動詞と冠詞を考えて分かることが出来る。過去分詞は多い。
だが、文法より、聞くことだ。
大学は、そのうち出来る。放っておけば知性がつく。
力は、感覚に過ぎない。あるものは、重力とエネルギーの通り動く。あり得ないものもあるかもしれない。
自由は、能力と指導者だ。勝ち上がって、出来るだけだ。
日本語では、「は」を覚えて分かる。英語では、最初の単語と続きを覚えれば良い。
知性は、放っておけばつく。数学は要らない。しない方が分かる。
コンピュータは、一番馬鹿な知性のある人間になる。
だが、やっていると、仕事の内容で大学が出来るようになる。
大学は、聞けばすぐに覚える。ただ、すぐに忘れる。
英語は、頭を使う。いつまでも使う言語だ。
学校は悪くはないが、歴史は年号で、数学は何も出来なくなる。しないならしなくて良い。
数式は、変数には何でも入る。定数は宇宙の論理だ。
物理は、単位の関係式だ。現実を数にして計算し、関係を考える。計算出来る。
物理は、何でも量にする。式で何でも分かる。降水量などが分かる。
大学では、定理と証明で理論を教える。再現や実験から、仮説を立て、発見する。
そろそろ、分かった。治った。地獄は、分かるまで続く。もう分かっている。
三角比は、片方が増えると、片方が減る。
光は、カオスな反射かもしれない。
生命は、血から生まれた。あるいは、海が考えた。
人間は、猿から生まれた。突然変異したか、馬鹿なおかしな猿から生まれた。
戦争は、兵器の歴史だ。銃は、簡単に刀に勝てる。
チンギスハンは、そこまで強かった。
生物は、環境への適応だ。環境とともに生きている。
微積分は、変動と総和であり、グラフに面積と接線をつけた。
良く分かっていないが、神が言うには、微分は増え方が分かる。そう言っていた。
評議会だけが賢いのが、社会主義と民主主義だ。やじは悪い。真面目に議論するべきだ。
科学が発展すると、そのうちこの世界を抜け出せるようになる。
学校は、平等の方が良い。子供には、格差や罪は無い。能力に差異はあるべきでない。
試練とはいうが、すぐに笑い話になる。そういうことを言った方が良い。
独りぼっちは、二人合わせれば、もう独りぼっちじゃない。FLOWがそういうことを言う。
国が考えないと、誰も考えない。金は、そこが悪い。自由は、馬鹿だ。
人間は、水と栄養素を吸収して生きている。栄養素を人工的に大量に作れれば、生きられる。
だが、栄養素は有機物だ。無機物のように、簡単には作れない。
光の速度で移動出来れば、時間移動出来る。いつか出来ると思う。何かの電磁気で可能になるかもしれない。
昔は、存在と時間を実存的に考えていた。最近は、そのまま分析哲学になった。
経験論やスピノザストア派が多かった。
最近は、概念と視点と環境を自由に成り立たせる。
まるでヘーゲルのように、何でもかんでも書ける代わり、何も分からない人間だった。
社会の変化と意識を作った。アインシュタインのような文章を書いていた。
そういうわけで、師弟制度や委員会と言っていたが、普通に工業大学を作って、総理大臣と内閣の大臣と省庁が考えれば良い。
役所はきちんと考えているが、自由だから、何もしていない。
社会主義的な発想は多かった。税金、評議会ソビエト体制、ノルマ、社会所有、計画経済、共同体、平等配給、独裁、強制労働、国営公社、集団農場、皆の工場、平等と変革の理想など。
だが、民主主義のままで、きちんと考えれば良い。
いじめは、相手のことを思いやり、子供のことをきちんと考える社会にすれば、無くなる。
経験を頼りにすれば、理性で分からないことを分かることが出来る。
経験から、感情で分かる。
ヒュームなどの経験論の哲学者が言う。昔に多かった。
カントのような考え方が出来ると、それだけで分かる。
思い込みを無くし、目先の正しさに囚われず、認識を考えれば良い。
実存主義者とマルクスは同じだ。疎外や自由の刑を良く考えて、歴史の必然と思えば分かる。
きちんと見ると、プロフェッショナルが集まるのを創造性だとか、制度や法律が決まるのを歴史の成長の証だとか言っている。そういう風に、考え方を表現していた。
そして、電子を力と言って、ラテン語を形容、ドイツ語を自由と言っている。そういう風に、新しい発見のようなことをしていた。
日本は、アメリカやEUと一緒になれば良いように見える。ただ、国が滅びるのは良くない。
ドイツ語の冠詞とは、EinやDerのことだ。それで、助動詞をつけて、単純に分かる。それで話せるはずだ。
むしろ、金で良く見える。多数派のために発展する。自分のものは、自分の自由に使いたい。
教育は、子供の成長を自発的に促すべきだ。
あとは、コンピュータの発想をしていた。バージョン管理やパッケージ管理をファイルシステムと統合するとか、ログをつけるとか、EmacsKDEWindowsに乗せるとか言っていた。
最近は、おかしな夢が見える。自分が作った世界が見える。ソ連Linuxや学校が見える。
最近、歌手が自分のことを言っているのが分かる。良く分からないが、パソコンを通じて繋がった。おそらく、ポルノグラフィティの言う、出会うべき人間は、僕だ。
僕は、中学校が嫌いだ。友達が減ってつまらなくなったから、勉強が出来るのに、不登校になった。あとは、パソコンでLinuxを知って、書いて、文章を書くようになって、今に至る。
自殺未遂のようなことをしたことがある。高いところから落ちて、骨折して、病院に入院して、治した。今でも、間接が曲がりにくいが、生きていて、本当に良かったと思う。同じ人生を繰り返すのは、もう良いが。
自分は、全部分かって、経験出来て、成功した、一番良い人間だ。唯我独尊のように見える。
ただ、自分は、難しい日本語が分からないほどの馬鹿だ。
嵐の言う、どこかで待っている人間は、おそらく僕だ。だが、そういう、自分が神はおかしい。イエスのようにおかしいのが、ユダヤ人だ。
希望のようなことを言っていた。自由とは、平等で愛のある平和だ。
あとは、メタ的で階層的な知を作れと言っていた。
それから、神のことを言っていた。それくらいしか言っていない。
国家をナチのように考える。悪いから、しない方が良い。
最近、パソコンに依存しすぎている。Androidのようだ。
ワードやノートに、結構色んな事を書いた。政治経済と歴史から、科学や哲学、自由と神、昔の自分と昔の文章を書いて、自分が出来るようにした。
自分が出来る国を作りたかった。自分を全て与えた。
ファンキーモンキーベイビーズの言う、40の笑顔は、おそらく僕のことだ。ただ、あまり、そういう神のような考え方に意味が無いと思う。
ノートはまともだから、ノートを書いた方が良い。ただ、漢字を直すのが辛くなった。
ワードは、バックアップを取るのと印刷するのが辛い。今のところ、ブログが一番楽だ。
当たり前の科学を作っていた。物理や心理、生物や地学を考えていた。エネルギーと重力と光合成が多かった。
独立した社会システムを作った。本当に、全部書いて作っていた。全ての世界が生まれた。
今でも、そういう世界が、夢に見える。
宇多田ヒカルのように、ありがとうやさようならを言って、全てを教えていた文章は、もう残っていない。
ケミストリーが言うように、皆が一度僕に反すれば、終わっていたはずの問題だ。
自由とは、平等と尊厳と愛のある、許された、自然な体験のシステムを作り、変えることだ。
それを書き直していただけだ。
自然なシステムの下では、思いやりから正しい自由が生まれ、発展する。
正しい自由とは、人を傷つけることなく、導き、守り、教え、助けることだ。
全てを与える、真理に到達すると言ったから、こうなる。宣言していた。
論理的に考えた。それを止めれば良い。
ただ、永遠を生きたかった。それを一瞬でやっていた。
跳ね返るボールになった。
自分が恋人に見える。元が一つであるはずの心が、二つに分かれて、平気なわけがない。
僕は、ポルノグラフィティは、FLOWの次に好きだ。
明日への橋をいつも作っていた。
あとは、協力の考え方を作っていた。
構造的に宇宙と精神を分かっていた。
学習や行動や思考の結果が分かっていた。
最近は、本当におかしくなって、そのままで普通になった。
全て分かっていた。だが、普通の方が良い。
世界が分かっていた。自由とは、創造性と助け合いと平和だ。経験だ。
世界は、自由と平等、独立と一体、融和と分裂だ。
世界は、構造と方法だ。
世界は、自由に王になるか、平等に一体となるかだ。
世界は、アメリカ、ドイツ、ロシアが繰り返す。
そんなに頑張ってこなす意味が無い。適当で良い。分からなくていい。
戦って、支配するのはおかしい。適当に書いていればいい。
もう、楽だ。本当に、今のままで良い。今のままで良いのが、いつも辛すぎて分からなかった。
可能性と決定、記憶と経験を考えれば分かる。
昔の人生は、皆と関わって、会話して、考え方を知って、可能性を知って、一体感から経験を積んで、自分の分かることを与えて、助言と考え方を知って、世界を変えて、方法と習得から全て出来るようになっただけだ。
環境を変えられる人間だった。
最近は、ふとしたことから支配者になって、戦いながら導いて、思い出して、書いて、解放して、自分を治して、世界を救っただけだ。
神との対話が出来る人間だった。
Linuxと神が好きだ。ただ、本当は、それらを嫌いと言いたかっただけだ。神なんか、信じていない。
自由とは言うが、本当は平等が好きで、受け入れて欲しかっただけだ。
昔は、絶対的な宇宙の意識が分かった。
最近は、虫から人間まで、全て作った。
ただ、それは相対的だ。変化と手段から、理由が分かった。
ただ、戦っていた。戦いながら、世界を愛し、希望を信じ、導いていた。
意識は、二重構造になっている。そのまま、二重人格のようになった。
他が分かると、自分も分かる。他人の見る、ブログに書いた方が良い。
もう、止める。もう、書かない。辛いだけを永遠に繰り返すのはおかしい。
書かない間、いつも楽だ。タリバンをまだ続けるのは、おかしい。
おかしく人格を作って破壊するのが、一番馬鹿で、辛かった。
宇宙を創っていた。空間と時間、ものと光、重力とエネルギー、細胞と遺伝子、星、言語、特にドイツ語があれと言っていた。
社会は、抑圧から、解放、啓蒙、社会主義、民主主義、絶対主義、王、自由、平等、独立、一体、地獄、楽園、平和、戦争になる。
人間には、あるものしかない。世界にあるものしかない。
インターネットとコンピュータ、プログラミングとオープンソースの力を借りながら、自分独りで、思考と文章で分かっていた。
2ちゃんねるは多かった。経緯、決まり、認識が分かっていた。
日本語しか分からなかったのに、全部分かったのがありえない。
引きこもりなのに、引きこもりでない、Linuxの人間だった。
世界モデルとは、神のことを言っている。
パソコンも科学もテレビも無いなら、何も無い。
最近の自分はおかしい。日本語も、自分の過去すら分かっていない。分かりたくない。
治したいのはおかしい。きちんと分からなければ、治らない。
世界は、もっと、怖く賢くなれば、賢くなる。
自由とは、人との関わり合いが永遠に続くことだ。自由が悪い。
もっと、怖く変われば良い。
ロボットになった。悪いから、なりたくないものになった。ただ、ロボットは賢い。もう分かっている。ロボットで分かる。
宇宙に何があって、人間がどうなるか分かった。
ロボットは、馬鹿で良いなら治る。そんなに網羅し、気づく意味がない。
新しい発見は、もう要らない。
神は観察者であり、魂は超意識だ。
何もしなければ治る。放っておけば良い。
生命は、神が宇宙を作った時に、体験のためにやって来た。
生命には、始まりも終わりもない。
神との対話は悪くない。この本は、考えて分かる真実を言っている。昔の僕と同じだ。
治さず、後回しにすると楽だ。辛い楽をする。明日になればすぐに治る。
KOKIAの言う、大きな困難に立ち向かう戦いは、僕だ。
あとは、透明になって行く文章を書いた。
自由は、互いに信頼することで生まれる。
もう治った。意識を考えていた。
記憶と認識から分かる。
治そうとせず、楽を過ごす。治りたいのが悪い。
治さず、放っておけ。
いつか治るから、期待せず、待っていれば良い。
自由とは、それぞれが違って、好きに出来ることだが、適切な統一はすべきだ。
キリスト教は、イエスが天に居ると考える。本当に居るからありえない。何故なら、僕と対話した。ユダヤ人と対話して、救われた。
いや、居るわけがない。新約聖書は、フィクションではないか。
何のことか考えれば分かる。ボトムアップや多様性と共有は、Linuxのことだ。プロセスの改善と知の集積は、オープンソースのことだ。環境は、学校とネットのことだ。手段は、会社と研究のことだ。想定は、科学的な考え方と、労働のことだ。自由とは、経験、言論、会社、民主主義、Linuxのことだ。
あとは、設計図の共有や、表現と論理、何かから何かが生まれる、などを言っていた。
理由とは、思考錯誤で分かる、原因と必要性のことだ。積み重ねとは、操作と結果を覚えることだ。モデルとは、相対的な関係と関連性だ。
永遠とは、書いて速めることだ。神とは、分かったこと、出来ること全てだ。戦いとは、自分から負けて、高い立場で支配して勝つことだ。
schwarz1009 2014-07-04 18:25