「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2014-07-02

=2014-07-02=

ワードからコピー

色々

やることが無いから、まだ書いている。
認識し、記憶し、信じ、疑い、可能性を考え、決定し、捉え、判断し、証明し、多角的に考え、照らし合わせれば分かる。
方法と対象を良く考え、本質を知ること。積み重ねること。
皆は、辛いままで良い。
もう、書くのは止める。
全ては、構造と方法と関係、事実と命題と体得、肯定と否定と気づきだ。
背景知識を得て、事実からさらに考えて、デカルト的に体得せよ。
正しいものは、いつでも正しい。
あとは、政治経済や世界史を書いていた。帝国か共同体、自由か平等だ。
神は、宇宙は27つあると言う。神は全部で200人ぐらい居ると言う。
あとは、黒人やユダヤ人、ドイツ人などが、精神分析で自分と対話した。
イスラム教は、全てが出来る、神と天使の宗教だ。
神は、宇宙は物理で分かる、僕が宇宙に見えると言っていた。
コンピュータが好きだった。オブジェクト指向やSystem Vの知識で分かっていた。
平和な世界が良い。戦争は一番悪い。
帝国主義は、総力戦と植民地開拓をする。一番悪い国(地域)がヨーロッパだ。
昔から、良く精神分析をする。宇宙が意識で分かった。
日本は良い国だ。悪いものが無いし、治安が良い。ただ、良いものもあまりない。
外国から見て日本が悪く見えるのは、サムライや戦闘機、天皇やパクリに見えて、怖いからだ。
日本の良いものは、アニメやゲームだ。
アメリカは、日本に二発も核兵器を落とした。日本も、それなりに強かった証だ。
日本は、第三の経済圏だ。アメリカや中国には負けるが、他の全ての国に勝っている。
悪い点は、相撲や野球が醜いとか、仏教神道を同時に信じるとか、日本語の漢字が多すぎる、などだ。
西欧の神は悪い。信じるものしか救わない。イスラエルはおかしい。
日本の仏教は賢い。あまりどこでも信じていないが、本当に賢いブッダの哲学を言う。
漢字が多いせいで、頭が賢くなった。食べ物は、少ないが、味噌汁やご飯がある。
良く考えると、イスラムも悪い。石油と過激派のテロが多い。
日本は、教育のレベルも高い。識字率が多い。日本が一番良い国だ。
日本には、技術者が多い。
自動車で強いのは、安くて品質が良い。
コンピュータでは、Windowsに対抗出来るOSはまだないが、ハードウェアやケータイ、スーパーコンピュータなどで、技術力が高い。
最近は、ソフトバンクがロボットなどを作っている。
作家は、漫画家が多い。アニメなど、オタク文化が広がった。
オタクを悪いとはいうが、西欧にも悪いヘヴィメタルのような文化がある。
人種差別は悪いが、後進国には、格差や階層社会、治安の悪さ、貧困やスラム、病気や教育の足りなさがある。国際的には、それを解決するべきだろう。
白人にも良い点は多い。
フランスやイギリスは、賢くて強い。
帝国として強い軍隊と植民地を持っているし、科学者や偉人や賢い大学は多い。
何より、美しい芸術と宗教の文化がある。
特に、ドイツには科学と哲学と宗教が多く、日本と仲が良い。
最近は、アメリカが一番仲が良い。一番強いのは、アメリカだ。
白人には、サッカーのようなスポーツ、キリスト教芸術、フランス料理のような料理など、文化が多い。まともに色んなものが多いのが西洋の国だ。
日本の良い点は、民主主義で平和憲法を持っていることだ。これを変えてはならない。
日本には、銃が無い。そのせいで、治安が良くなった。だが、江戸時代の武士は強かったため、剣道や柔道のような、独自の日本文化が発展した。
中国の文化を継承したため、日本建築や論語水墨画など、中国の文化は多い。
白人の文化をまともに多いとはいうが、日本は、ユダヤが無いだけ、一番違う良い文化を作った。
白人の良い点は、音楽家、芸術家、小説家が多い。バッハ、ベートーヴェンダヴィンチ、ゲーテなどが居る。
仏教は古代インドで生まれた。イスラムやインドにも数学者は多い。現代の世界は、国際的に文化が入り混じっている。日本でも、イタリア料理は良く食べる。
白人が見ると、日本は太平洋戦争に見える。アメリカ人は、日本が核兵器を持てば滅びると言う。日本が見ると、日本は平和で金のある、治安の良い、中国の島国だ。
ヨーロッパでは、宇宙には絶対者が居ると言う考え方をする。絶対者だから、説明出来ない。
ユダヤ教では、神のもたらす救世主が王国を作る。キリストは、その救世主とされている。
キリストは、弱者のための天国と、神の無条件の愛を言う。
それで、考えているのが、ドイツの哲学者であり、それで、戦っているのが、ヨーロッパの絶対王政の諸国だ。
白人に色んな物があるとはいうが、パリやロンドンやニューヨークに多いだけで、田舎では悲惨な生活をしている。チーズを食べて、草原で羊と一緒に暮らしている。
物理は、仮説と実験だ。昔、引きこもり時代に、独りきりで似たようなことをしていたことがある。
日本人は、長い言葉づかいを使って、最後にですますをつける。「ありがとうございます」や「そうかもしれない」はおかしいぐらい長い。ただ、省略が多い。
漢字を難しいと言う。だが、英語の単語は何も無い。
ドイツ語は、まだ名詞の性が多いが、英語には格すらない。ただ、適当に付け足すだけだ。
イスラム教では、六信五行をする。
あまり良く分かっていないが、預言者を信じて、礼拝や修行のようなことをしている。
唯一神のアラーを信じているが、聖戦をするのが悪い。
思考のスケッチをいつもやっていた。それを消せば良い。新しく思考しないのがおかしい。
記憶を消せば治る。あとは、タリバンを消せば良い。常に忘れるのが辛い。
昔は、ものから理解を積み重ねた。
最近は、連想と判断で分かっている。
そういう昔が、要らないから、消せば良い。
連想し、条件を知り、発想し、法則を知り、習得し、本質を知れば分かる。
手段と関係、目的、原因と結果が分かる。
そして、啓蒙と人倫の世界が分かる。積み重ねて、高く、深く、仏教のように分かった。
そのように意識を分かって、社会との関係性をヘーゲルのように考えていた。
色んなことを思い出して、戦って分かっていた。
平和と自由の価値観だけで全て分かっていた。
世界と自分を治したかった。絶対的な神の意識を考えていた。
忘れれば良い。消えると治る。思考を書くのがおかしい。
数を信じていた。ナチが怖かった。
宣言で色んなものになった。宇宙を作っていた。精神で分かった。
生命と人生を創造した。ドイツを作った。
神みたいに支配する意味が無かった。
多重人格になって多重人格を殺すと治った。
分からなくなって死ねば治る。
あとは、知性を消した。もう、治った。
思考せず、考えるのを、止める。
ロシア人の次は、日本人になる。
世界に意見したり、発言したり、判断したりせず、思考すれば良い。
離れれば良い。
schwarz1009 2014-07-02 16:50