「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-22

=2013-11-22=

ワードからコピー

カントの言う道徳律と経験による認識は、まともな人間になるための条件だと思う。
普通、そういう人間だ。
また、視点を変えれば、ものの見方は変わってくる。
ヘーゲルは、弁証法と知の体得を言いたいようだが、僕も、それは沢山書いた。
それから、知性あるところを全て考えると分かる。
ヘーゲルの言う、主観、客観、絶対の精神は、自分にも多かった。
良く覚えていないが、体得と環境と経験から分かっていた。
分かったことは、忘れた方が分かる。分かってしまえば、忘れた方が良い。
昔は、何でも歴史と思っていた。歴史と構造を知れば、何でも分かると思っていた。
それから、時代や環境を意識や想像力で分かっていた。
環境と世界観の原因と結果から、変化や支配が出来るようになっていた。
あとは、抽象的に手段と方法の「出来る」を積み重ねていた。
モデルになった。
そのまま、正しく支配して、平等にし、解放し、おかしな対話が起きた。
全ては、意味のあることだった。間違いは、何一つ無かった。
「何でも出来る」とはいうが、立場や手段を吸収していただけだ。
図書館や大学を、自分の手で作りたかった。巨大な地球儀を作りたかった。
想像力で考えなさい。変化と理由を考えなさい。それで出来るようになる。
言葉で考えなさい。名前をつけて、構造にして考えなさい。それで全て分かる。
忘れなさい。思い出しなさい。それで、賢くなる。
世界モデルと方法は、人間の側にある。
正しく文章を書いて推論した。定義と証明の説明が多かった。
生まれ変わって赤ちゃんになっている。
血液に老廃物やストレスが溜まっている。
文字が読めるようになった。
だが、楽しいことが何もない。
文章を書く書かないと戦いながら、意味の無い生活をしている。
たまに怖くて辛い。食欲も無くて、食べるのも辛い。
ツリー構造の文章で、すべてのパターンを作った。
人間、生命、国、世界、神、科学、地球を作った。
神と対話し、国家モデルを作り、可能性の自由を書き、支配して戦い、世界と自己を治した。
人間は、信じれば分かる。
色んなことをしたようで、何もせずに分かった。
全ての文章を書いた。
人間は、死ぬと時や見ているものが止まる。だが、そのままで思う。
そのまま、他のものに変わる。ものは光であり、光は考える。
全ては、次元と歴史だ。時と空間だ。
全ては、対象と主体だ。
全ては、色んなものの視点に立って、意識で考えることだ。
僕は、もう全て分かった。満足したから、もう死んでも良い。
光の可能性と能力は大きくて、光は何でも出来る。
人間は、能力を制限して生まれる。思い出して、自己を知る。それが人間だ。
光は、人間の魂を救済する。
光は、本当に自由に望みを叶える。光は、自由で、平等だ。
正しいことは、その正しいという意味においてのみ、正しい。
信念は、本当にその人のためになるもので無いと、その人は不幸になる。
愛とは、正しく考えた、本当の真実だ。
本当の価値は助けであり、本当の勝利は克服だ。
死ぬと分かる人間が多い。光になると分かる。
宣言しても良いことは無いが、望みが叶う。
だが、最近は、もう何も叶わなくなった。これ以上変わらない。叶う意味がない。
環境は、意識と適応であり、想像力と言葉だ。
ものは、原子と観測だ。
時間や歴史は、人間の中にある。
世界に意味なんか、最初から無いのかもしれない。自分も、世界も、ただ悪かっただけだ。
力は、間違いではないが、つまらない信念だ。
自分が変わるのが怖いだけで、やる気がしない。
気力が続かない。波もある。死にたいとも思う。
だが、最近、馬鹿な代わり、元気だ。最近、やる気がある。
価値を判断して、文章を書くのが多い。
そんなに自分を責めても意味がない。自分は悪くない。
誰も何も悪くない。善悪の考え方が違うだけだ。
悪いものは悪い。そう思うのも自由だ。
だが、自由は悪い。
身の回りにあるものは、関係と背景知識があり、特徴と価値がある。
自由は、正しい目的だが、平等は、最高の目的だ。
ハイデッガーは、存在と人間を関係しているものとして、世界と世界の関わり合いを言いたいような気がする。
ただ、世界観や環境、意識と言う言葉で、僕も同じことを言いたかった。
環境と環境の関係性、世界観と世界観の関係性で、世界と世界の関係と吸収が分かる。
テレビと家庭、職場と学校、交通や店などは、世界と世界が関係している。
足は、腐っている。生き返れば、治る。
ヤスパースは一番良く分かる。
超越や包括者の声を聞きながら、状況と自分の立場を知り、本来の自己に立ち返るのが、昔僕もそうだった。
子供は、自分の置かれている立場を知らなければ、分からない。
自己を反省することも必要だ。生きていくためには、懸命に真剣に考える必要がある。